ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
Ripp さん

DVDは8月です!是非見てみてね。

この映画の現代は「他人の生活」みたいなタイトルなんですよね。「善き人のためのソナタ」は、劇中に出てくる楽譜のタイトルです。
本当に上手い邦題だよね。

これとあわせて「グッバイ・レーニン」も見てみると、東ドイツについて知らなかった事が、けっこうわかるよ。作品的には、「ソナタ」の方がかなり上だけど。
投稿者:rippletonefrench
ごみつ様

これは上映を見逃してしまって、
DVD待ちしてます。。。
邦題が私はすばらしいと思いました。
ふつうヘンテコリンな邦題になるところを、
なんと素敵なタイトルなのでしょうか。

はやくDVDにならないかな…。
ホントに映画館に行けばよかった!と痛切に思ってます(泣)
投稿者:ごみつ
なつ さん

楽しい一日を、本当に有り難うございました。
普段、宅配ピザしか食べなれてないんで(汗)、本格的なピザ、本当においしかったです。
パスタにはとにかく目がないので、また是非おいしいイタリア料理に、ユーロ高にも負けずに、イタリアワインを飲みましょうね!(笑)

しかし、ふりかえると冷戦時代って、何だったんでしょうかね・・。
ソ連解体とともに、相変わらずの民族紛争が勃発してるし、人間ってそう簡単に変わらないって事なんでしょうね。
色々と考えさせられた作品でもありました。

投稿者:なつ
ごみつさん、こちらこそありがとうございました。
私の方の記事に、こちらのアドレスを追記させていただきましたので、ご了承ください。

>ヴィースラーを演じた東ドイツ出身の俳優のウルリッヒ・ミューエは、自身もシュタージに監視された経験を持っていた。(妻に10年以上にわたり密告もされていたらしい。)

そんなことがあったとは…。
東西統一から十数年。歴史を振り返り、芸術作品に出来る時期に、今さしかかったということなのでしょうね。

トニーノで食べたナポリターナは、マルゲリータ+アンチョビだから、ほぼ基本のピザというわけですが、あらためて美味しいと思いました (^^)
機会があったら、別の種類食べたいですよねー。ワイン込みで(笑)
私が前行ったディナーの時は、イタリア人のカメリエーレ(ギャルソン)でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ