ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
ウォルター さん

コメントありがとう。
XXXの部分、ネタばれになるかしら?
でも一つだけバラしちゃうと、復活して皆が大喜びなのはタチコマだよね。(笑)
今回、タチコマについて触れられなかったのが残念。
それと菅野さんの音楽もね!
それと如何にこの作品が「マトリックス」に影響与えてるとかも書きたかったな。気づいたシーンがいっぱいありましたよ。

「ヴァーチャル・ウォーズ」って未見です。
キングの小説は読んだけど。
気になるので今度見てみようかな。

投稿者:ウォルター
本作における今日的トビックの微妙にも感じられる織り込みには、惹き付けられるものがありますし、人物相関設定の確固さやコンセプトに基ずいて綿密に練り込まれた設定考証には唸らされずにはいられません。『STAND ALONE COMPLEX』シリーズの中でも、一際空恐ろしく感じる気がします。
"XXX"さんが義体化したのはかなりショックです。なんて、"バトー"さんも、私もセンチメンタルなのかしら...。それと、"XXXX"の復活は小踊りするほど嬉しいです。益々人間味(ゴーストを宿すということは、揺れや迷いを抱くようになるということでもあるのかしら...ゴーストの囁きが導くのは...)が出て来ている気がします。
所詮は人が創出した事や物としても、必ずしも認識掌握し得るとは限らなかったりするのやも知れません。せめて独善や悪意さえ介在しなければ...と思います。
知ってか知らずか、問題を生じさせては、必死に解決を試みるということを繰り返すのは、人類社会の人類社会たるゆえんでしょうか...。
スティーヴン・キングの原作短編小説『芝刈り機の男』(未読ですが、『ナイトシフト〈2〉トウモロコシ畑の子供たち』〔扶桑社文庫刊〕に収録されているそうで、映画化作品は相当脚色が施されているとのことです)をブレット・レナード監督が後に5代目"ジェームス・ボンド"に任命されるピアース・ブロスナン主演で映画化したSF作品「バーチャル・ウォーズ」が霞んでしまって、可愛そうな気もします。
毎度のことながら、支離滅裂なコメントでスミマセン。

http://filmemory.seesaa.net/
投稿者:ごみつ
Ripp さん

今日は!
「アップルシード」私は映画版見ました。
これも世界観が好きで、なかなか面白かったです。
やっぱ、原作も読みたいな〜。

攻殻機動隊はホント良いよ〜。
劇場版は押井守が監督なので、テレビシリーズがお勧めではあるんだけど、見るのちょっと大変かな・・。
Solid State Societyはテレビシリーズ見てないとちょっとわかりづらいかも・・。

それと!別件ですが「ツイン・ピークス」のDVDもレンタル開始になったね!又、見ようかな〜って思ってます。


投稿者:rippletonefrench
ごみつ様

攻殻機動隊はまだ観てない&読んでないです。

士郎正宗さんのものでは『アップルシード』を
読みました。
アップルシードもかなり舞台背景が練りこんであって
おもしろいです。
でもなぜか今家でアップルシードが行方不明…(泣)
なんか攻殻機動隊も気になってきました。
ごみつ通信誘惑いっぱいです(笑)

『善き人のためのソナタ』、8月ですね!
絶対レンタルします!
『グッパイ・レーニン』も観ておかないと〜♪

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ