明けましておめでとうございます!!  

2010年始まりましたねぇ〜
年明けどんなかって・・・
飲んで、食って、飲んで、食って!!!!!!
そして昨日、あれっれっ・・・熱発
年始早々へこみましたよぅ・・・・・
年末から喉がちょっと痛いなぁ、と思っていたのですが、やっぱり
しかし今日は復活してますよ
昨年末は気分が落ち込む日々でブログをサボった日々でしたが、
今年は心機一転です。
何でもやっていきますからねー

さて初夢って1月2日の夢のことですよねっ
なんと、なんと祐一郎様がっ
まじ出てきましたっ
これって今年何を表しているのかしら
とっても優しく、穏やかな祐一郎様とのやりとり・・・
うっとりです
ホント、幸せな時間でした
なんだか、年始から安心できる道しるべって感じです
そして今年も自分らしくやっていこうと思います。
乞うご期待ですね。

では今年もよろしくお願いします
0

パイレート・クィーン観劇11月28・29日  

28日、29日連日帝劇に通った。
連日観劇は夏のヴァンパイアぶり。
かなり疲れたけど、2日連続で観たことで、作品が理解できて良かった〜
実は初日「これって、ディズニーのショー?」など否定的な気持ちが強く残り、
これから観続けていけるのかと不安が・・・
しかし2日目は「なんだか、いいぞ!」とじんわりと良さを感じることができ、これからの変化を期待していきたくなった。
新しい演目って、演じている方々も緊張しているので、本来の力が発揮できないこともあるだろう。また観ている方も話や歌についていくのに必死。次は何が起きるのか、とこちらも緊張している。2日目となると緊張が解け、観ている方も落ちついて観る事ができて、だんだん本来の良さを見つけることが出来るのかな。


では、それぞれの日について思い出してみる。
28日はファンクラブでとった席。
通常最前列A列。今回はオケピがなく、3列が客席になっているので、
正式には最前列ではない。
しかも一番下手端。かなり視界は偏っている。
船の中でシーンは観えないところもあった。
でも下手に捌ける道が直ぐ真横。
ティアナン祐一郎さんやエリザベス涼風さんを真近で観ることができ、
なかなか初日にこんな席で観れるなんてないので、ワクワクだった。
涼風さん、きれいだったですぅ。
(ファンクラブの席は・・・いつも微妙な席が多いので、ほんとラッキー!)
そして肝心なお芝居はというと・・
まず見せ場がどこか分からない?
アドベンチャー物と言いながら、殺陣がなんだかコントっぽい?
祐一郎さんが青年海賊ティアナンをやらなきゃいけない理由はあるのか?
エリザベスとグレースの和解があっけない?あれだけって感じの最後で、物足りなさが募った。など「う〜〜〜ん」のポイントが沢山。
良かったポイントは
アイリッシュダンスは観ているだけでも楽しい!様々な場面でダンスが入ってくる。
生活の一部だったのでしょう。ホームページでイベントのときのダンスが動画で見れたので一回だけ観た・・・皆の服装が黒だったためなのか、なんだか地味なダンスだと思い込んでいて、期待していなかった。しかし、全く違っていた。いいです、気に入りました。
またお葬式や結婚式、洗礼式などから、海に生きるアイルランドの民族の風習を少し知ることが出来きた。正式なものではないだろけど、こちらも文化の違いに触れることができる良い機会。アイルランドって自分ではきっと行かないと思うので、こんな形で知ることができてよかった
それから時折バイオリンと笛の方が演じてい中に入って演奏するところがある。その形がこれまた新鮮で、更に音色と心情は合っていて良かった。
初日はここまでが精一杯だった。

29日もファンクラブで確保した席、上手側サイド。
前日は気がつかなかったけど、ティアナン祐一郎さんは上手を向いていることが多かったので、しっかり表情を観ることができた。実は前日は青年を演じる祐一郎さんを観ていると、正直気恥ずかしさを感じ、直視できていなかったかも。妙にぴょんぴょんしてたり、ニカニカした表情が無理してない?って思ってしまうほど。でも29日は見慣れたのか?祐一郎さんの演じ方も落ち着いたのか?青年祐一郎さん、なかなかじゃんと思えてきましたよ。歌もソロが2曲?かな。一幕のソロのバラードはいいです!!この曲のために青年祐一郎さんが存在しなきゃ、って思えるくらいです。2幕目のソロの曲は、話の流れも表情も「彼を帰して」のバルジャン?もう少し聞き入りたい感じです。そのほかの歌は歌いにくそうな曲がありましたが、技術で歌いこなしているのでしょうか。グレース保坂さんとのデュエットもとてもいい感じ。それぞれ実年齢と、設定の年齢と差が大きくギャップは否めないですが・・・でもこのようデュエットの場面はやはり、ベテランの強さで魅せてくれたなと感じましたね。

そしてグレースの保坂さんの舞台は初めてです。女アンジョルラスって感じの人望厚く、男勝りの役、いい感じで演じていらっしゃいました。1日目よりも2日目は伸びやかに歌っていて、これからも保坂さんらしさを魅せてほしいですね。
ドゥブダラ今井さんは、一族の長の風格、グレースの父としての暖かな感じをしっかりかもし出してくれています。
エリザベス女王涼風さんは高音の難しそうな歌をきっちり歌い上げる技術は流石。女王の気品とプライドの高さもきっちり演じられて、涼風さんの持ち味がいかされているのかなって思ってしまいました。
ビンガム卿石川さんは・・どうも教授が頭から離れない・・・けど、今回のずるがしこく、エロさも、おもしろく演じ、これもはまり役になりそうですね。
ダナール宮川さんも、初めて観させていただきました。歌自体は少なくて、まだ充分聞き入っていないのですが、なさけないダメ男のダメ度をしっかり観させていただきます。

あと12月に2回観にいく予定です。どちらも2階席。全体を観ることができ、照明も楽しめそう。中盤と千秋楽なので、もっともっと変化していることでしょう。今回、舞台って変化していくものだと改めて実感し、その変化を楽しめて本当に良かったと感じました。

さて初日のカーテンコール。ほんとラッキーな出来事でした。これまで様々なイベントに応募しても、当選したことがなく、運のなさを感じていたのですが、この日のために運をとっておいたのかもと、ビックサプライズに呼吸が止まりました。
幕間、トイレから帰ると私の席の前に舞台に上がる階段がおかれていました。これってヴァンパイアみたいに、ダンサーの方が客席降りするためなのかな?と思いながら、2幕を観て、そしてカーテンコールへ。演出の山田さんが司会進行。そのときに、この階段の意味が分かりました。客席で観劇していた脚本や音楽を作ったアランさん、アイリッシュダンスの振り付けのキャロルさんが壇上に上がるためだったのです。なるほど、と思いながらお話を聞き、再度アイリッシュダンスとなりました。下手にずっといた祐一郎さん・・・次の瞬間、下手の道こちらに向かってを歩いてくるではありませんか。更にその階段を2段くらい降りてきて、手を差し出してくれたのです。真っ白な手でした。思わず、握り締めちゃいました。もう、もう、感触など覚えていません。頭が真っ白くなっていましたが、舞台から今井さんが「あらあら」という表情で観ているのが、おもしろくて我に返った感じです。握手が出来たのは周辺、数名。ヴァンパイアでは客席降りがあったようですが、今回も凄いサービス!!こんなことに遭遇することはもう2度とないだろな・・・最高の思い出、祐一郎さんありがとう。

付け加え・・・
今井さんや石川さんもアイリッシュダンスのスッテップ、かなり頑張ってやっているのに、祐一郎さんのステップは・・・なんだか違うステップのように見えるのは私だけかな?こちらのステップの変化もしっかり見届けていかなきゃ!
0

夢?ティアナンと・・・  

今日は盆と正月が一緒に!まさにそんな日だった。
ティアナン祐一郎さんが・・・
カーテンコールの最後・・・
目の前に・・・
キター
そして握手
しちゃいました
夢のような瞬間の出来事・・・
詳しくはまたゆっくりと。

実はまた明日、観劇!!
明日の席は、そんなことは全く無縁の席ですが、
じっくり観て来ます。
0

初挑戦  

11月28日から、山口祐一郎さんの新しい演目「パイレート・クイーン」が始まる。
アイルランドの海賊の話だ。
どんな舞台、歌、衣装なのか楽しみ!!
ホームページでの予習もしなきゃ。

楽しみなんだけど、実はちょっとした悩みがあった・・・
11月12月の公演なのに、チケット確保は半年前から始まっていた。
これまで帝劇での初日は、希望してもなかなか取ることは出来なかったので、
あちこち掛け持ちしてチケット確保対策。
そしたら今回はなんと、ファンクラブとチケット会社、2箇所で取ることができ、
うれしいやら・・・でも一枚はどうしようと、悩みになっていた。
私はラッキーなことに2枚も確保できたけど、
初日を楽しみのしているのに、手に出来ていない人もいるだろうと思い、
チケットセンターで売ることを決意した。

以前エリザベートでは、(いつもコメントしてくれている)reonmininekさんにお願いし、オークションでチケットを確保したことがあった。
そのときは全過程、reonmininekさんにおまかせしてしまうありさま・・・
この手のやり取りには、何だかしり込みしてしまう。
正直、どんな相手か分からない人とのやり取りが怖かったのである。
でも、チケットセンターは手数料を取る代わりに、やり取りの仲介をしてくれて、
スムーズな流れで手渡すことができた。
チケットセンターから送られてくるメールには、買い手のコメントもあり、
とっても喜んでくれている様子が伝わってきた。
あのチケットで初日を楽しむ人がいるんだ、と思うとちょっとうれしくなった。

抵抗感があったことが、一つクリア。
やってしまえば、そうでもないのにね。
これからも、上手く利用して、チケットを売ったり、買ったりしてみたくなった。

後2週間、祐一郎さん!インフルエンザなど体調に気をつけて、
お稽古頑張って〜!
私も仕事をちゃんとやろっ!
0

今年も、満開です  

クリックすると元のサイズで表示します

去年もレポしましたが、住宅街の中の田んぼのコスモス。
今はこの写真より、更に満開です。
仕事にむかう朝。
朝日があたるコスモス畑は、素晴らしい一場面。
これから始まる一日に、笑顔をくれます。
気が重い日も、瞬間は「ホッと」して、仕事へ。
こんな、粋なことをことをしてくれる田んぼの持ち主さん、
ありがとう。
毎年楽しみにしちゃいます。
0
タグ: コスモス




AutoPage最新お知らせ