俳句の風景

季節の自然や花などの写真に合った自作及び俳人の俳句を載せています。また、時々、クラシック音楽をお楽しみいただきます。

 
    リンクはフリーです。姉妹ブログの「クラシックのひととき」もご覧ください。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ページ/アクセスランキング

最近のトラックバック

掲示板

ブログランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

カレンダー

2017年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:wtmJWhkoTcn
Thanks for sharing. Alwyas good to find a real expert.

http://www.google.com/
投稿者:819maker
819readerさん、確かに歳時記には載っていませんので一般的な季語としては認知されていないようです。
これはこの木(ヒトツバタゴ)自体あまりなく、見る機会がほとんどないからかもしれません。
ただ、俳人協会編の「現代俳句選集」(平成13年)には3句載っていますし、句会でもときどき見かけますので、句に詠んでもよいかと思います。
なんじゃもんじゃの花を見れば詠まずにはいられなくなります。
投稿者:819reader
なんじゃもんじゃの花はまだ夏の季語になってないと聞きましたが、その後変わったのでしょうか?きれいな花なので気になってお尋ねします。
投稿者:819maker
俳句勉強中さん、珍しい木が並木になっているんですね。
深大寺に確かになんじゃもんじゃの大木がありますが、咲いているところは見たことがありません。
この花は5月に咲きますので、夏の季語としてよいと思います。
投稿者:俳句勉強中
我家から2キロ弱のところに「なんじゃもんじゃ通り」と言う車道があります。その名の通りなんじゃもんじゃの並木です。今年は見に行くのが遅かったので、花は終っていました。以前深大寺に満開の時に行ったことがあります。大木なので雲のようでした。私は春の季語だと思っていました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ