2017/10/15

伏線が上手く使われている、Spectacular SPIDER-MAN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

Spectacular SPIDER-MAN (“Spec”)の3号、4号についてレビュー。

前号から続いて、筋書きをChip Zdarsky、画をAdam Kubertが担当。Kubertの画は全体的にしっかりしていて、安心して読める。添付画像はKubertによるKing Pinの図。King Pinの悪らしい表情が良いな。

次は粗筋。謎のスマホを追ってKing Pinの事務所に潜入したSPIDER-MAN、HUMAN TORCH、そしてPeter Parkerの妹(?)Theresa。King Pinとその部下たちと対決した後に、現れたのはTinkerer。Tinkererを退けたものの、Theresaはお尋ね者となってしまった。その情報を嗅ぎ付けたマスコミの雄J Jonah Jameson (“JJJ”)。

今回も気に入ったシーン、台詞等を紹介。Inhuman族のKarnakによるSPIDER-MANの弱点分析が伏線だったのは上手い。即ち自分の正体が秘密であることが弱点だとSPIDER-MANは思っているが、そうでなく眼だというもの。戦闘の時に、視力が失われたらひとたまりもないと、Karnakは文字通りのことを言っている。後半King Pinのホログラムによる目くらましに対し、眼で見えるものを信用するなとSPIDER-MANは解釈している。

粗筋でTheresaをPeterの妹(?)と書いた。んー。彼女の初登場であるグラフィックノベルFamily Businessでは、どちらともつかない終わり方だった。個人的には本当の妹であった方が何倍も楽しい。

天才少年UatuとSPIDER-MANの会話も全体として楽しい。長ったらしいお喋りの後に漸くUatuと挨拶するのは、如何にもSPIDER-MANらしい。

謎のスマホの開発者がTinkererであったのも、当然の帰結か。散々彼の兄だか弟だかMasonを登場させていたからね。

ご無沙汰とまでは言わないが登場機会の少ないJJJが再登場している。昔のキャラを活用するのは、それまでの歴史を知っていて馴染みのあるファンに取っては朗報だ。彼のウェッブサイトの名前がThreats & Menaces(どちらも危険なものの意味)はJJJらしい。Kubertの描くJJJはちょっと若過ぎか。

もう二人昔馴染みが登場Robbie RobertsonとBetty Brant。JJJの持ち込んだTheresaに関する情報に関し、Robbieが興味を示さなかったのはちょっと疑問。彼のロジックもそれ程説得力がない。JJJは昔からAgenda Driven(証拠があって、その結果結論付けるのではなく、最初から結論ありきで、証拠や議論等どうでも良い。)だったからね。Bettyの独自の情報源から、JJJに加担するのは頷ける。

Spec 4号はちょっとページ数稼ぎで、中身がないのが残念。特にSPIDER-MANがお笑いショーに出演するシーンはいらない。

残念ついでに今回のKing Pin全然悪くない。もう少し、裏で企んでいる悪巧みをハイライトして欲しかった。どっちかって言うと不法侵入のSPIDER-MANとHUMAN TORCHの方が悪ものに描かれているもんね。

1

2017/10/14

有機野菜の品質の高さにビックリ、三軒茶屋「つけ麺竹川」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
世田谷区太子堂2−1−1
2017/10/09

この日は、世田谷パン祭りでパンを買いに三軒茶屋に行った。並んで買って3時間費やし、もうクタクタ。元気を取り戻すため、ちょっと遅いお昼を食べにこの店に直行。「特製竹川つけ麺」 1,150 yenを注文した。

具は、シナチク、白葱、サツマイモ、紅シグレ大根、ニンジン、モロッコインゲン、小松菜。特製になるとチャーシュー、鶏増し、味玉付き。自慢の有機野菜だけあって、ひとつひとつの野菜の品質が高い。柔らかい甘さ。勿体無くて半分以上は塩だけで食べた。チャーシューは、2枚分ぐらいの肩ロースをゴロゴロと切ったものと写真でわかるように、生ハム状のものの二種類。ハムの方は塩味、ゴロゴロと切ったほうはもう少し強い味付けだな。どっちも美味しい。それから鶏のつくねが4個。味玉もそれだけ食べたほうが良いぐらい。しっとりした黄身は文句のつけようのない好みのもの。

麺は、大中小(50g刻み)同料金。大で250g。断面が正方形の太麺。写真の通り凄く綺麗に盛ってある。ところどころに小麦の粒が確認できる。最近は250gでもちょっと多く感じて良い感じ。

スープは、濃厚鶏(だけじゃないと思うけど鶏の味が強い)白湯。大蒜の香りがする。変に動物臭くない上品なスープ。上品さには鰹節も一役買っているか。これだけでも十分だったが最後に備え付けのカレールーを溶かしてみた。美味しいけど、そんなことしなくても、十分美味しい。

店内には8席しかない。店主一人で切り盛りしているので、これが限界かな。価格設定はちょっと高め。今回特製を注文しちゃったけど、野菜が嫌いな人は普通のつけ麺を薦める。
0

2017/10/8

Bunnの紡ぎ出す台詞は結構好き、X-MEN Blue 9, 10号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今回はX-MEN Blueチームの (“XB”) 7号と8号について。

筋書きをCullen Bunnと画を9号の画Cory SmithとThony Silasが、10号の画をGiovanni Valletaが担当。二人のアーティストの分担はあまり好きじゃない。

添付画像はXB 9号の表紙。Arthur Adamsの画。昔のX-MENでは欲しくて欲しくてしょうがない、X-MEN 50号の表紙へのHomage。50号の画はJim Sterankoが描いている。POLARISの初登場号。Sterankoは、本当に凄い画を描く。そして今なお、デザイン力は衰えていない。今年会ってますます好きになった。Adamsも良いんだけどね。

まずは、粗筋から。XB 9号は、8号からの続き。Emma FrostとXornに囚われたX-MENを救うべくJean Grey、Jimmy Hudsonらがサンフランシスコの沖にある島Utopiaへと施入。Emma等と戦う。10号では遂にBEASTの秘密が詳らかになる。Goblin Queenと結託していた。Goblin QueenはBEASTを利用して悪魔の仲間を呼び寄せた。

いつも通り、気に入った台詞、シーン等を気ままに書いていく。Jimmy HudsonとJeanがPOLARISに追い出された時のJimmyの台詞。”MAGNETO’s daughter. Now I see the resemblance.” “the”が重要。二つの意味にとれるな。そもそも二人とも磁力を使えるので、似ている点はある。力で言うことを聞かそうとする点をJimmyは指摘しているんだろう。

この号の前半では、Emmaの力が異常に強いことを匂わせている。例えば、テレパスのXornを言うことを聞かせる一方で、Fire Star、Marrow、Wolfsbane等を同時に支配している。その謎が解けたのは良かった。Emmaは、Cosmic Cubeの欠片を持っているらしい。面白い。

もう一つ面白いのは、HAVOKがEmmaの力ではなく、自分の意思で行動しているらしい点。(わからないけどね。)

XB 9号での最大の謎。Miss Sinisterとミュータントを敵視しているBastionとEmmaが手を組んでいること。意味わからず。

続いてXB 10号。目の見えないミュータントBlindfoldが。BEASTの悩みを聞いているシーンが妙であり、楽しくもある。彼女の指摘は痛いな。”You are not as smart as you would like to think.”

そう言われなながら、全然BEASTは意に介していないのはダメダメだけど、お約束か。次に話が続かないからね。

Goblin Queenの登場は歓迎。結構好きな悪役。彼女がBEASTを使って召喚したX-MENモドキをHex-menと呼ぶのは楽しい。駄洒落だけどね。

CYCLOPSとJeanの間は何故かどんどん急速に進展している。若いものの恋はいつでも楽しい。

最後ANGELの台詞。X23との恋がどうなったかわからないけど、Jimmyに優しいことと、掛けて、”I’ve got soft spot for WOLVERINES.”と言っている。Bunnの台詞は結構好きだな。

0

2017/10/7

500 yenという価格設定が良い、大つけ麺博 2017  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
大つけ麺博 2017 新宿区歌舞伎町2−43
2017/10/01

漸く秋らしくなったと思ったら、もう「大つけ麺博」の季節。今回は価格設定と量が変ったので、二杯食べることにした。

まずは、福たけ「オマール海老、カラスミ、アンコウのどぶ汁つけ麺」480 yen、得製 300 yenにグレードアップ。

具は、青葱、水菜、山椒の実×4、5個、ノリ×2枚、アンコウの肝、チャーシュー×2枚、味付玉子1個。でっかいチャーシューが嬉しい。基本のつけ麺でも1枚入っているもんな。鮟肝はラーメンには珍しいな。飲みたくなる。山椒の実は口が爽やかになる。

麺は浅草開花楼製。断面が長方形の太麺。こういうイベント用に麺がそれ程長くなかったな。確かに、麺を皿から、つけ汁へ移動させるのが楽。ただし、つけ麺の何か醍醐味みたいなのが、ちょっと失われてしまったのが、寂しい。そう言えば、浅草開花楼の関係者、不死鳥カラスさんがお手伝いしていた。相変わらず、かぶりものを被っていた。

スープは、メニューの通り、オマール海老、アンコウなのだろう。半固形のトマトペースト入り。これが結構良い。超濃厚。かつ苦みが優れたアクセントになっている。この苦味若い衆わかるかな。そう言えば、カラスミは気付かなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
続いて、大阪のきんせい「伊勢海老の黄金塩ラーメン」480 yenに角煮 150 yen追加。

シナチク、青葱、チャーシュー×3個。バラ肉の普通のチャーシューと角煮2個。味付けはどちらも甘め。バラ肉のチャーシューの味付けは、福たけさんのより、オイラの好みだな。角煮150 yenという価格設定は、ちょこっと足して満足度はそれ以上。流石大阪コスパに抜かりなし。

麺は、平べったい中太麺。これもイケるね。

スープは、前者とは対極のアッサリした印象。伊勢海老なのってぐらい、日本的お出汁感の強いスープ。これはこれで美味しい。和だしに拘ったって自分で言うだけのことはある。

今回の大つけ麺博の新企画、参加料100 yenの抽選会はラーメンを注文する前にすべし。ハズレの場合でも100 yen相当のトッピング券になるからね。ちゃんと事前に確認すれば良かった。

500 yenという価格設定と麺の量は2杯注文して欲しいという主催者側の意図。実質値上げなのだが、折角同じ場所で多くの店があるのだから、色々試したいというファンには良い制度。また、男女ペアで来る場合、女性の方が私は少食なのとアピールできるメリットもある。総合的に考え非常に良い制度。因みに、事前にセブンイレブンで券を買えば20 yen引きの制度は今年もあり、家族で来る場合や一人で二杯食べる人には嬉しいサービス。
0

2017/10/1

Stegmanが描かないのはちと寂しい、SPIDER-MAN RYV  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

Renew Your Vows (“RYV”)の9号、10号についてレビュー。

9号のプロットをGerry ConwayとRyan Stegmanが担当。Stegmanは両号の筋書を担当、9号の画をJuan Frigeri、10号の画をNathan Stockmanに任せている。添付画像はStockmanの10号の表紙を採用。Harry Osbornの死前後の息子Normyは常にSPIDER-MANを悪者に仕立てて人形遊びをしていたその伏線を漸くConwayとStegmanが使い始めた。

Stegmanには画を描いて欲しいな。寂しい。

粗筋を紹介。前号からの続きのRYV 9号では、Mary Jane (“MJ”)の奇妙な振る舞いを見て、Peter ParkerはSPIDER-MANとなり後を付ける。悪人を殺すところだったMJを寸でのところで止めたSPIDER-MAN。MJに力を供給していた装置(悪人Regentの開発したもの)を使いVenomの力を弱め、MJをVenomの支配から救う。10号では、LizardがNormyの会社Oscorpを襲う、SPIDER-MANと娘Annieはそれを防ぐ。

今回も、気に入ったシーン、台詞等を紹介。BoEMの一人Miss Mistressへ、爪を使って反撃しようとしたWOLVERINEを蜘蛛糸で引き戻したSPIDER-MAN。緊迫した戦いの中でも彼の責任感が現れた良いシーン。また、その後のWOLVERINEを注意する台詞も粋。”Wanna make a good impression on potential students and parents, Wolvie? 中略Keep the bloodshed to a minimum.” (新入生やその親に良い顔見せたいときは、流血は最小限に抑えないと。)

Venomを打ち負かした後のMJの啖呵がカッチョ良い。”I’m a wife, a mother, and a business owner. Do you know what that means? It means I’m in charge.” 最後の文は、(全てを)仕切っているのは私みたいな感じかな。

PeterがMJのコスチュームを見てVenomを疑わなかったのは、この話の最大の欠陥。そう言えば、最初のRYVでVenomを倒していたもんな。この世界に存在しなかったので、Venomを疑わなかったのだと勝手に解釈していた。

その後も、”My powers aren’t being tapped.”ってPeterは言っている。つまりMJはSPIDER-MANの力を使わなくて悪人と戦っていたことになる。気が付くのが遅い。

前回のレビューでLizの悪意を書いたが、単に息子のNormieを守りたいからなのか。

続いてRYV 10号。Clone ConspiracyでLizardは自分の息子Billyのクローンを守るため、Lizardになる薬をBillyにも使った。その伏線をStegmanがRYVで使っている。面白いね。奥さんはどこなんだろう。RYVでは親子の関係を中心に置いている。今回は、SPIDER-MANとAnnie、Normyと死んだHarry、LizardとBillyの3組の親子の絆を上手く使っていると思う。

NormieはGoblinになるための薬、Goblin Serumを使い始めていることが判明。んーん、ここはあまり好きでないプロットだな。こんな子供なのに。

正気ではない時のHarryがNormieにSPIDER-MANはいつも余計なお節介ばかりすると語りかけている回想シーンは好き。また、NormieがSPIDER-MANを倒したいかを明確に書いているところも気に入った。”Why didn’t he save you (Harryのこと)?”と言っている。いずれにせよ、これが次号への伏線のページ。
0

2017/9/30

自ら名乗るように、確かに深い味わい、市ヶ谷「旨辛ラーメン表裏」  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
千代田区九段南4−7−19
2017/09/24

この日は、半蔵門で落語のイベントを見学。その帰りのお昼は、当然のラーメンでの腹拵え。市ヶ谷では評価が高いこの店に初挑戦。歳も歳なので、あまり辛いのは食べられないので、「ピリ辛拉麵」 800 yenを注文することにした。

具は、モヤシ、ニラ、大蒜のすりおろし、味付玉子×2/2個。え、チャーシューはどこ行ったの?寂しい。帰りに、券売機をちらっと見てみたけど、チャーシューのトッピングボタンはないみたいだった。

麺は、太めの平打ち麺。モチモチとした食感は確かに自慢するだけのことはある。

スープは、ピリ辛。辛さはこれで十分。見た目の二郎系感とは違う、深い味わいのある呑ませるスープ。「旨辛」という店名に偽りなし。

何故、チャーシューがない。(くどいか?) スープも麺も合格なのに、本当に悲しい。
0

2017/9/25

ハワイ(オアフ島)のアメコミ屋さん情報  アメコミ

先々週ハワイに行って来て、アメコミ屋さんをのぞいてみたので、早速レビュー

クリックすると元のサイズで表示します
@ Other Realms
1130 N Nimitz Hwy, Honolulu, HI 96817
ワイキキ・ビーチと空港の間ぐらいの位置にある。駐車場は無料。周りはあまり治安が良いとは言えない場所。だけど、古いコミックブックは揃っているので、訪れる価値はある。

おいらは、当初の目的通り、Short Boxを数函買った。日本から取り寄せると送料だけでも馬鹿にならないので、お得感あり。それから、Amazing SPIDER-MAN (“ASM”)の古いものを少々購入。SPIDER-GWENのTシャツに良いのがあったのだが、白地というのが気に入らず断念。

クリックすると元のサイズで表示します
A Collector Maniacs
3571 Waialae Ave, Honolulu, HI 96816
ダイアモンドヘッドから北上した場所にある。駐車場が有料なのが玉に瑕。古いコミックブックがそこそこあり。

@で買ったASMの続きの1冊を購入。

クリックすると元のサイズで表示します
B Gecko Books & Comics
1151 12th Ave, Honolulu, HI 96816
上記Aのすぐそばにある。(郵便番号を見てもわかる)新刊中心。それから、Trade Paper Backsが多い。ただそれだけだったら、秋葉原のBlisterに行けば良い。

ASM 252号があったのだが、ちょっと予算外。諦めた。
1

2017/9/24

生きていたのか、Astonishing X-MEN 1, 2号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
X-MENの付くタイトルとしては3番目のAstonishing X-MEN (“AX”)1、2号を読み終えたのでレビュー。

筋書きをCharles Souleと画を1号の画をJim Cheung、2号の画をMike Deodato Jr.が、インクを多数、1号の彩色をRichard Isanoveが担当。添付画像はAX 1号の表紙。Cheungはちょっと前のSPIDER-MANのClone Conspiracyで一皮むけた印象。今回もその勢いで非常に品質の高い画を描いている。よっぽど蜘蛛が気にいったのか、Shadow Kingの腰から下は蜘蛛だ。

その余韻も冷めぬまま、AX 2号でDeodato Jr.がCheungの画が屁でもないような凄い画を見せてくれて、眼福。Uncanny X-MEN 136号のPHOENIXの死をEmmaに変えて描かれている図がクライマックス。凄い。

次に粗筋。ロンドンに居るPSYLOCKEを Shadow Kingが突如襲う。彼女は巨大な蝶となり、彼女の周りの人間を精神的に襲う。どうやら、PSYLOCKEはShadow Kingのアンプの役割を果たしているようだ。近くにいたX-MENの面々は彼女を助ける。そして、Shadow Kingと戦うため、アストラル界へX-MENが送られることになった。

今回も、気に入った場面や、台詞を紹介。PSYLOCKEから奪い取った巨大なエネルギーを無力化するためBISHOPへと受け渡したROGUEのキス。このシーンが綺麗。AX 1号での山場だな。

綺麗と言えば、他のX-MENへ救いを求めるためのPSYLOCKEの分身が蝶。これが綺麗。おいら自身あまり、彩色担当に興味がなかったが、この人が絡むと画が豪華になるというIsanoveが今回も良い仕事をしている。

そして、標題の生きていたのかは、Charles Xavier教授。アストラル界にいるから、生物学的に生きているかは何とも言えないけど。そして、Shadow Kingに囚われているという設定も面白い。

AX 2号の出だしは、アストラル界でX-MEN達を過去の記憶に中に捕らえようと、Shadow Kingが試みている。死んでしまったMadrox、CYCLOPS(絶対死んでないはず。)、Jean Grey等が出ているが、生きているメンバーもいて、最初よくわからなかった。

そして、もっとわからないのが、BEASTがRavenに途中で変わってしまったこと。これは、囚われているX教授が、Shadow Kingを騙しているのか。

そして、Shadow KingとX教授との取り決め。X教授が勝てば、X教授がX-MENを殺すというもの。面白い。3号以降どうなるんだ。

Shadow Kingが邪悪過ぎて、個人的にはShadow Kingの出ている話はどれも好きではないのだが、この話は好き。
0

2017/9/23

麺と魚の仕上がりが良し、「揚州商人」赤坂店  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
今週は、2回目のラーメン屋さん。1回目はすっかり忘れて、同じ店、同じメニューを注文してしまった。ゼロリセット後のやり直しは、3年前に来たことのあるこのお店に再挑戦。「揚州塩魚麺」 850 yenを注文した。

具は、白葱、アオサ、白身魚のフライ×6個。魚は身がしっかりしていて、臭みがなく、大きく、食べた感あり。この価格でこの量と質は嬉しい。しかし、フライの入っているラーメンは初めてだな。過去のレビューを読み返してみたが、ここの具は、あまり種類を入れない方針みたいだね。

麺は、細麺、中太麺、刀削麺から選択可。中太麺を選択したが、出来上がりの塩梅が非常に良い。

スープは、淡い塩味。鶏ガラか。写真の通り、透明度が非常に高い清湯スープ。美味しい。

本当は、冷やしラーメンがあるかと期待していたのだが、もうなかった。(冷やし坦々はあるが)グズグズしているうちに「冷やしラーメン」の季節は終わってしまったみたいだ。

写真の白いレンゲの下に、穴の開いた金属製のレンゲが隠れている。これが結構重宝した。

席数は多いのだが、店員さんがどうも慣れてないな。人手不足を身近に感じた1日だった。
0

2017/9/17

Doc Ockを書かせたら右にでるものはいないDan Slott、今月のSPIDER-MAN   アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

Marvel夏祭り、Secret Empire中のAmazing SPIDER-MAN (“ASM”)2冊を読み終えたので、レビュー。

筋書きDan Slott、Christos Gage、画をStuart Immonen、インクをWade von Grawbadgerが担当。添付画像は31号の表紙を採用。Alex Rossの手によるもの。30号のデザインは退屈。赤を基調にした31号のデザインがすごい。(31号の話と実は繋がっていることが読了後にわかる。)

最初に粗筋。悪の秘密結社Hydraを率いているCAPTAIN AMERICAの前にヒーローたちがワシントンDCで破れてしまった。Peter Parker = SPIDER-MANは、Hydraと手を組んだDoctor Octopus (Doc Ock)と戦う準備のため、DCを離れ上海へ向かった。

さて、いつものように、気に入った台詞やシーン等を順不同で紹介。

寝返ったCAPTAIN AMERICAに対するPeterの台詞。ちょっと長い。”He’s the man who never gives up. Never wavers! He’s the man who always finds a way.” 過去形でないのは、彼がまだCAPを信頼していることの表れか。その後、自分自身を振り返って。”So am I.”と続けるところも良いな。ちょっと芝居がかってるけど。(SlottもしくはGageの台詞はどこか芝居がかっている。)

MOCKING BIRDからデートの誘いを受けるPeterを見落とせないな。(二人の関係が進展するのは、歓迎だな。本当はMary Janeとよりを戻してほしいけど、QasadaがMarvelにいる限り無理らしい。)

上海にはHydra軍団(=Army)を連れて来なかったことに対し、Doc Ockが”I already have all the arms.”と叫ぶ。ここも芝居がかっている。”arms”には武器の他、まんまの意味だが、Doc Ockの触手と掛けている。座布団一枚かな。

最後にParker Industries (“PI”) 社のロゴについていた無限のマークに言及していた。面白い。Doc Ockの本名のイニシャルOOから来ていたみたいだ。(最初オイラは、タコの8本の足を意味しているのかと思っていた。)

31号での上海PI社の従業員に対するPeterのメッセージは好きだな。折角成功している会社を悪の秘密結社に渡さないため、潰してしまう意思を明確に打ち出し、従業員もそれに呼応する。

Peterがその時に言った中で、洒落てるなと思ったのは、”We’re facing a hostile takeover. Literally.” 経営陣の意に反した企業の乗っ取りを指すのだが、Doc Ockの敵愾心に満ちた乗っ取りをこう表現している。

その前のDoc Ockの台詞も好き。Doc Ockの技術を利用してきたPeterを指して、”All this time you’ve been acting like an inferior copy of me.” Peterの身体に憑依していたことを横に置き、Peterを質の劣ったコピー呼ばわりするDoc Ockは大したもの。

Hydraに褒められても、口では光栄ですと言いながら、心の中ではやはり、自分こそはと思っているDoc Ockも彼らしい。こいつを書かせたら、Slottの右に出るものはいないな。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ