2017/8/12

淡い塩味で、どこか甘いスープ、秋葉原「饗くろ㐂」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
千代田区神田和泉町2−15
2017/08/07

この日は、ちょっと遅めの誕生日休暇。そんな平日には、並ばないと入れない人気店のこの店を訪問。ミシュラン誌で、Bib Groumandとして掲載されている店。 「味玉塩そば」1,100 yenを注文した。価格設定は高めだな。

具は、シナチク、紫玉葱、韮、小松菜、トマト、チャーシュー×3枚、味玉×1個。味玉は黄身までシッカリと味が染みているもの。野菜は全部新鮮、かつ、その野菜の本来の味が味わえる。トマトが特に良かった。チャーシューは低温で調理されたハム2枚と真ん中にオリーブが入った鶏肉。流石お洒落だね。

麺は、細麺か平打麺から選べる。当然の平打麺を選択。ピラピラとした平打ち麺は本来つけ麺用か?暖かいスープでも十分イケる。

スープは、鶏ガラと魚介。鶏の味が強いか。淡い塩味で、どこか甘い。具に濃く味付けをしなくても大丈夫。ここら辺は若い衆にはわからないだろうな。(若いお客さんも実はいて、この人達はセンスが良い。)限定麺狙いのお客さん多数。本当はこっちにしたかったけど、絶対また来ると近い、まずは基本のラーメンにした。常連さんが色々教えてくれる。

10名ぐらいで満席。家族で行ったのでテーブル席に案内され、ゆったり食べることができた。並んで40分で、正午ちょっと前に食べ始められた。平日に来られて良かった。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ