2017/11/11

複数の材料からなる濃いスープの存在感がすごい、「麵や庄のgotsubo」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新宿区新宿1−32−15
2017/11/04


市ヶ谷の名店の支店、だけど、ここはここで独自のラーメンを出しているらしく、世間の評価は非常に高い。そんなこの店を訪問してみた。「塩らーめん味玉付き」 890 yenを注文した。

具は、シナチク、青葱、カイワレ大根(?)、チャーシュー×2枚、味付玉子×1個。チャーシューの内1枚は、肩ロースの生ハム風。最初にスープから救い出し広めの丼の縁に載せておくべき。生ハムと違ってやや厚く切ってあり肉を食べている感を味わえる。薄目の味付け。もう一つのチャーシューは、八角の香りのある濃い味付けのチャーシュー。こちらも捨て難い。

麺は、断面が長方形の細い平打ち麺。小麦の香りが嬉しい。ところどころに小麦の粒が確認できる。

スープは、黒豚、丸鶏、煮干し、牡蠣、鰹節ここまでは、店内のポスター参照。同じくポスターに書いてある大豆、トウモロコシも入っているのかな。嫌味やしつこさはないが強力な存在感のあるスープ。塩とかそういうんじゃなく濃い。

店名のgotsuboは五坪かな。確かに狭い。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ