〜自転車と旅行とラジオと…
2006/10/31 | 投稿者: abechan

10月も今日で終り…早いですねぇ〜
明日からもう11月かぁ〜。今年もあともうすぐで終りですね…何かやだなぁ。

今日仕事から帰ってくると「The Voice of Russia・ロシアの声」からベリカードが届いていました。
8月21日に受信し、24日に航空便で送ったぶんです。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2006,08,21 22:25-22:57(JST) 7175khz にて受信


分厚い封筒にいろいろ入ってました。
ベリカードに、新しい周波数表、番組表、お手紙、モスクワのマップ等等…

お手紙には「大変遅くなりました…」と。また、9月26日のお頼りのコーナー「お便りスパシーバー」の番組で、私の受信報告書を読んでいただいたそうで…あぁ〜聞き逃していたなぁ〜(涙)。


2006年10月29日〜2007年3月24日まで下記の周波数になるそうです…

21:00〜22:00(JST) 5995KHZ・5940KHZ
22:00〜23:00(JST) 6005KHZ・5995KHZ・5940KHZ


郵送してから約2ヶ月で届いた事になりますが(ちょっと遅いですね)、でもサービスはとてもいいですね。久しぶりのロシアの声(学生時代はモスクワ放送)のベリカードを手にして嬉しかったですわ…
0

2006/10/30 | 投稿者: abechan

On The Road 2006-2007・京都会館のコンサートに行ってから更に浜田省吾へのファン熱が上がってしまっている今日この頃です。
今年でファン歴20年を迎えますが、この間学生時代・社会人を通じていろいろな事がありました。その中で必ず浜田省吾の音楽があったことは私にとって、とても大きな財産です。

この1週間、浜田省吾のアルバムをいろんな場面で聞いています。車の中・嫁はんが寝てしまった後の真夜中・仕事で嫌になった時…などなど。
でも、聞けば聞くほど自分自身が何故か奮い立たされるんですね。


「がんばれぇ〜」と。

幻想の中の言葉かもしれないけれど、でも自分自身で納得しているんですね。それは、20年のファン歴の中で蓄積された浜田省吾が伝えたい事を、自分なりに解釈しているのかもしれないけれど…それはそれでいいんです。

さて、今日は仕事が終わってから「The Moment of the Moment その永遠の一秒に」のアルバムを聞いていました(いや、今も聞いています)。


クリックすると元のサイズで表示します「The Moment of the Moment
  〜 その永遠の一秒に 〜」

1.境界線上のアリア
2.傷だらけの欲望
3.最後のキス
4.悲しみ深すぎて
5.ベイ・ブリッジ・セレナーデ
6.こんな気持ちのまま
7.星の指輪
8.裸の王様
9.初 秋

1993年に発売されたこのアルバム。
社会人となって初めて転勤を命じられ(金沢)、遠距離恋愛がスタートした時だった。会社以外に友人はまだ数少なく、毎日が淋しさの連続だった。

そんな時に「こんな気持ちのまま」や「初秋」など当時の私の胸に…ズシリ…と来る曲・歌詞を聞いた時、ホンマに「あんた、なんという曲を書くねん!」と、冗談交じりにうらみましたよ(笑)

あれから、13年を経った今日でもこのアルバムを聞くと、あの頃の切ない想い出が甦ってきました。


0

2006/10/29 | 投稿者: abechan

今日は久しぶりの休日…家の中と部屋を掃除していた一日となった。

丁度1週間前の10月22日(日)は浜田省吾のコンサートに行っていた。
あれから早いもんで1週間が経ったが、いまだに脳裏に焼き付いている。この1週間は仕事の行き帰りの車の中で浜田省吾のCDを聞きまくったなぁ〜古いアルバムから新しいアルバムまで。浜田省吾の歌は何時聞いても、その時の状況にあった感動を与えてくれる。

今日は掃除をしながらアルバム「on the road」「sand castle」「road out "tracks"」「my first love」を聞いていた。どれも素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します


また、自分のホームページにもあの時の感動を忘れないうちにツアーレポートを掲載しました。また読んでね!
これからも浜田省吾を追いつづけていきたいと思っています。
0

2006/10/26 | 投稿者: abechan

祝!北海道日本ハムファイターズ!!日本一おめでとう。

前身の東映フライヤーズ以来44年ぶりの日本一だそうな…しかしこのところパ・リーグの強さが目立ちますね。昨年は我がタイガースが千葉ロッテに4連敗だったし…

さて、今回の懐かしのベリカードは「Voice of Asia…アジアの声」でっす。中華民国台湾の台北から流れていた放送で、英語プログラムを受信していただいたベリカードです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1986,03,13 10:30-10:40(UTC) 5980khz English Program


当時の中華民国(台湾)と言えば、自由中国の声が有名だったでしょうね。もちろん日本語番組もあったし、この放送局の存在すら知らなかったのですが、確か「ラジオの製作(ラ製)」のBCLのコーナーで”日本で聞きやすい英語放送”と言う特集の時に知って聞いた覚えがあります。
たった10分の受信時間(それしか聞き取れなかった…)でも、このベリカードと番組表、ステッカー等送られてきました。かなりサービスは良かったですね。今でもまだあるのかな??
0

2006/10/25 | 投稿者: abechan

本日は久しぶりにゴルフに行ってきました。
前回は8月23日でしたので、ホント約2ヶ月ぶりのラウンドとなりました。

前回のラウンドの時はゴルフをはじめて4年。やっと100切り(スコア94!)を達成できたラウンドでその後その感触が忘れないうちに…と思っていたのですが、時が無情にも過ぎ去り、気が付いてみれば2ヶ月ぶりのラウンドとなってしまったんです…

ゴルフサークルの方からプライベートのお誘いがあり、男性2名・女性2名でのラウンドとなりました。場所は初めてのコースで三重県にある『随縁カントリークラブ・キャニオン上野コース』でした。気候も申し分なく良く、またコースも素晴らしくきれいなところでした。



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
両手に華(!)の状態でっす…ラウンド前にパチリ


今回ももちろん100切をめざしてスタートしましたが、やはり2ヶ月のブランクは大きく、最初のPar4でいきなりの8叩き…その後は調子を取り戻すも、前半55、後半49、トータル104で100切ならず(涙)。惜しいホールも何度かありましたが、こんな状態でも後半に40台を出せたのは、まぁ収穫でした。

クリックすると元のサイズで表示します
最終18番(OUT)ホール。ほんときれいなゴルフ場です


やはりゴルフは「ラウンドしてナンボ」ですね。やはり2ヶ月もブランクを空ける事はよくない。今回も前半は体も回らんし、やはり緊張感からか全体的に張りが出なかったね。次回行く時はなんとしてもまたあの「100切の感覚」を味わいたいです!
0

2006/10/23 | 投稿者: abechan

もぉ〜余韻に浸りまくっております。
昨日浜田省吾on the road 2006-2007「My First Love is Rock'nRoll」が京都会館で行われました。今年は大阪には来ないのですが、友人からチケットを頂き行き間ました!もう、ホントに最高の夜をもらいました。

昨年発売されたアルバム「My First Love」中心のライブ構成でしたが、浜田省吾がソロデビューとなって今年で丁度30年。昔の曲や映像等も多数演奏・上映され30周年をみんなで祝いました。


クリックすると元のサイズで表示します





On The Road 2006-2007
『My First Love is Roc'n Roll』


今回のツアーパンフ
デビュー当時から現在までの写真等が満載で120ページにも及ぶ豪華パンフレットです






今回の京都会館は浜田省吾がプロとなってはじめて舞台に立った思い出の会館。当時は吉田拓郎のバックバンド(愛奴というグループ)のドラム担当でした。その後1976年にアルバム『生まれたところを遠くはなれて』でソロデビューし、今年で30年を迎える。
私も浜田省吾のファンになって今年で20年…何か合い通づるものがありますねぇ〜。

今回は京都と言う事もあって、宿泊しました。翌日(今日)もライブがあるので、朝再度京都会館へ足を運び、止まっているツアートラックを写真に収めました。



クリックすると元のサイズで表示します
今回のツアートラックです!  

詳しいライブの詳細は私のHPでもアップしますので、また読んでくださいねぇ〜!!

0

2006/10/22 | 投稿者: abechan

いよいよ待ちに待った浜田省吾さんのライブが今日行われる。
ファンになって今年で20年。これだけファン歴が続いた歌手は私の中ではいない…

学生時代から社会人になって、そして結婚した後もどの時代にも浜田省吾の歌(歌詞)の輝きは私の心の中では失う事はないだろう。


クリックすると元のサイズで表示します

昨年発売されたアルバム「My First Love」 今年のツアーもこのアルバムや今年の夏に発売されたベスト盤からも多く歌われるだろう  


今回のツアーは来年も続くが、今年は大阪には来ない。22日23日と京都会館で行われるライブに22日(日)に行ける事になった。
昨年はアリーナ規模のツアーで、大阪城ホールの時に行った。

今回はホールツアーみたいだが、これはこれで親近感が沸いてとてもいいのだ。明日の今ごろは、再度無茶苦茶な余韻に酔っていることだろう…
0




AutoPage最新お知らせ