第37回足柄峠笛祭り080914  

第37回足柄峠笛祭り

2008.9.14
昨日はあしたば仲間達と9月企画、第37回足柄峠笛祭りに行ってきました。
2〜3日前からの天気予報では曇りのち降水確率60%と山での雨天は最悪であり、前日の夜6時まで決行か否かの判断が来るまでやきもきしていたが、なんとあしたば仲間天気男天気女の念力で又々雨の神様も遠慮してくれました。


あしたば仲間、9月企画、
第37回足柄峠笛祭りスケジュール

 ■ 日時:2008年9月14日(日)
     8:30  JR横浜線 長津田駅改札前集合
     8:35  JR横浜線 長津田発
     8:41  JR横浜線 町田着
     8:52  小田急線 町田発
     8:54  小田急線 相模大野着
     9:03  小田急線 相模大野発 急行小田原行き
     9:16  小田急線 本厚木発
     9:43  小田急線 新松田駅着、下車
    10:00  箱根登山バス 地蔵堂行きに乗車
    10:35  地蔵堂着

 ■ 散策コース:約1時間の峠道を歩きます。
     地蔵堂→足柄古道散策→足柄関所跡→
     足柄峠(足柄峠笛祭り会場)
     →新羅三郎義光吹笙の石→聖天堂
     →足柄万葉公園⇒(箱根登山バス)⇒新松田駅


クリックすると元のサイズで表示します
新松田駅


クリックすると元のサイズで表示します
地蔵堂前の広場
立派なトイレがある。


クリックすると元のサイズで表示します
地蔵堂
これから足柄古道散策の好天安全祈願をした後、足柄道の散策道を各自確認をして一路足柄峠へ向かってスタートした。


クリックすると元のサイズで表示します
山アジサイの仲間か?(その1)
散策途中に白くて丸々としたを発見!


クリックすると元のサイズで表示します
山アジサイの仲間か?(その2)

同じ木の脇には満開となった花が咲いているが、花の形を見れば間違いなくガクアジサイに見える。
アジサイでこのような蕾から咲いたアジサイを見た事もないが、この花ってアジサイの花かな?


クリックすると元のサイズで表示します
矢倉岳(標高870m)


クリックすると元のサイズで表示します
足柄古道散策(1)
針葉樹の古道を歩く。 この辺は樹木が密集して暗かった。


クリックすると元のサイズで表示します
足柄古道散策(2)
広葉樹の古道を歩く。 
結構明るくなって来たが、この辺は紅葉時期に散策するのも良いのではないかな?


クリックすると元のサイズで表示します
足柄古道散策(3)石畳
箱根古道と同じように古道は石畳が敷いてある。
ここの石畳は歩きやすかった。


クリックすると元のサイズで表示します
足柄古道散策(4)
散策途中で綺麗なキノコを発見!


クリックすると元のサイズで表示します
足柄古道散策(5)
スタートしてから約1時間10分程で足柄関所跡へ到着。


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(1)
会場になっている足柄峠広場では既に笛祭りが始まっていた。


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(2)
大富士公時太鼓保存会(小山町)


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(3)

内山雅楽会(南足柄市)


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(4)
弓 道(男子) 
南足柄市弓道連盟(南足柄市)


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(5)
弓 道(女子) 
南足柄市弓道連盟(南足柄市)


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(6)
弓 道
的にほとんどのが当たっている。 見事な腕前です。


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(7)
火縄銃(1)北条鉄砲隊保存衆(南足柄市)
火縄銃の大きさに皆ビックリだったし、撃ったあとのも凄かった。


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(8)
火縄銃(2)北条鉄砲隊保存衆(南足柄市)


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(9)
火縄銃(3)北条鉄砲隊保存衆(南足柄市)
も凄いが周囲が見えなくなるくらいのも半端ではないね。


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(10)
火縄銃(4)北条鉄砲隊保存衆(南足柄市)
暫くするとも全く無くなり視野もスッキリしてばっちり見えます。


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(11)
国取り合戦
小山町と南足柄市の小学生が綱引きによる陣取り合戦


クリックすると元のサイズで表示します
足柄峠笛祭り会場(12)
太 鼓
竹之下太鼓保存会(小山町)


クリックすると元のサイズで表示します
新羅三郎義光吹笙の石

後三年の役で、八幡太郎義家が奥州へ出兵したが苦戦をしいられ、新羅三郎義光が兄義家を助けるため援軍をひきいて足柄峠に露営した時、義光の笙の師豊原時元の一子時秋が後を追ってきたが、「我は武のため、貴殿はこの道のため」と諭し、笙の相伝の秘曲を伝えたとする場所で、この故事にちなみ毎年9月の第二日曜日に足柄峠笛まつりが開催されています。
(小山町観光スポットより)


クリックすると元のサイズで表示します
聖天堂

日本三体聖天尊(浅草聖天尊・生駒聖天尊・足柄聖天尊)のひとつ足柄聖天で、本尊は弘法大師が自筆の「足柄峠」の額と共に奉納したといわれる大聖歓喜双身天(石像1.8m)をまつり、ご利益は、一家和合、商売繁盛、縁結び、厄除で、毎年4月20日の大祭には多くの観光客で賑わうと記されている。
(小山町観光スポットより)


クリックすると元のサイズで表示します
万葉公園バス停
最終バスが出る7〜8分前に着いたところで急にが降り出して来た。
バスの来るのを待つため万葉公園内のあずまやで待っているうちに最終バスが到着しバスに乗った。


クリックすると元のサイズで表示します
町田駅前大通り
帰りに町田駅で降りたが駅前大通りでは何かの祭りをしていた。


【定例会の続き】
仲間達と一杯飲み屋で今日の散策&足柄笛祭りの話題や次回のあしたば仲間企画について歓談。
足柄峠笛祭り火縄銃の大きさにはビックリした一日でした。
皆さんお疲れ様でした。

次回は秋の鎌倉散策鎌倉宮薪能観賞に決定。

                青葉の百姓 2008.9.15記

1




AutoPage最新お知らせ