左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2004/11/4

自作燃料の製造方法  自動車
自分で自動車燃料を製造しています

植物油から自動車燃料が作れます。

未使用であっても使用済の天婦羅油でも自動車燃料を自分で作れます。

英語では Bio Diesel Fuel 頭文字を並べて、BDFと呼びます。

バイオディーゼル燃料 ビーディーエフ と表記される場合もあります。


世界的に広範囲で行われているこの技術は結構歴史があります。

BDF製造技術は数十年前に確立されていたようです。

このBDFを作るという結果にいたる製造方法は複数あります。

歴史的にも、現在、10年以内の予測においても

最も簡単で確実で安くて早い量産および試作少量の製造方法はアルカリ触媒法と呼ばれます。

動植物油を自動車燃料に変換させるのに 2種類の薬品を使用します。

1:メチルアルコール

2:水酸化ナトリウム


これは基本で、

メチルアルコールを使用せずにエチルアルコールを使用する場合

水酸化ナトリウムを使用せずに水酸化カリウムを使用する場合があります。

確実に早く行う目的で触媒を使用します。

使用する触媒である水酸化ナトリウムもしくは水酸化カリウムはどちらもアルカリ性物質
なのでアルカリ触媒法と呼称されます。

動植物油をアルコールと反応させた結果の効果は、

粘度に出現します。サラサラになります。

低温でも固まりにくく、流動性が低温でも出現するようにするのが最終目的です。

軽油で動くディーゼルエンジンならBDF 100%でも問題なく、BDF精製度が燃料
噴射ノズルを含めて多岐に渡る不具合を発生させます。


〒528-0047 滋賀県甲賀市水口町岩坂318

電話 0748-62-2176 FAX 0748-63-5891

新燃料研究所

http://members.aol.com/pchangsoo/hp/bdf.htm

URL 変更

http://newfuel1.com/biofuel/biotop.htm





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ