左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2005/10/31

文化祭に引用できない学術論文が多い  BDF品質項目の解説
バイオディーゼル公開情報への疑問 続々

宇川会館の文化祭で使用する展示パネルを更新して欲しいと要請されて、
インターネットで引用できる記述を調査しています。

改めて注意して読んでみれば・・・・

あれ?  こんな流動点低いBDFって低温対策剤の化学物質混入しているじゃん!
あれ?  こんな粘度 高いBDF ?
あれ?  こんな比重のBDF ?
あれ?  こんな成分ガス 私達には検出できなかったんだけどな ?
あれ?  窒素酸化物が必ず増えるの?  60ppm の私のBDFなら市販軽油を
使用すれば 5ppm ほど下がる事になって、55ppmしかでないのかな???

どうなっているんでしょうか???

BDFの 流動点 酸価 粘度 比重 屈折率 のデーターが含まれていない
学術論文の数値は引用できないな・・・・・

困ったことです。


いくら難しい かっこいい表現が散りばめてあっても 田舎会館文化祭に引用できない。

ガスクロ などの時間と費用のかかるデーターや 考察がいっぱいあっても・・・・

エンジンに詳しい方からは エンジン調整してから実験しているのか? って疑問も

ある事例があるそうです。

一体 なにが どうなっているんですかね?????


悪気のない天然無知は素人だけにしておいて欲しいものです。


新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/30

BDF排気ガス公開測定結果 Nox  BDF品質評価
バイオディーゼル燃料のNOx排出比較

排気ガスの公開測定比較を行いました。
ガス検知管による測定です。
CO を測定すべきであったのに 手配誤りで CO2 の検知管が入荷しました。


測定日時 : 2005年10月29日
場  所 : 奈良県山添村 神野山 やまんと祭り

測定器    ガス検知管 No.11HA

測定結果
市販軽油使用車  Nox 200 ppm CO2 2.5%  ヤマント   奈良 岡沼氏 テラノ
B20 市販BDF   Nox 100 ppm CO2 0.4% 廃食用油原料 西宮 鈴木氏ワーゲン
B100 市販BDF   Nox 80 ppm CO2 2%   廃食用油原料 滋賀 松浦氏ワーゲン
B100 私の自作 Nox 60 ppm CO2 4%   廃食用油原料 滋賀 私の ホーミー

***** 追記 1 *******

2006年2月7日 燃料フィルター交換後 噴射ポンプ交換後 燃料タンク内減圧吸引後
まず残留BDFの影響はないと考えられる条件で市販軽油のNox

120ppm でした。
つまり、自作バイオディーゼル燃料は市販軽油の半分しか窒素酸化物を発生させない。

***** 追記 2 *******

2006年2月10日

松浦氏のゴルフが現在は市販軽油満タン3回目という事であったのでNox測定。
B100 市販BDF   Nox  80 ppm 廃食用油原料
市販軽油     Nox 140 ppm 排気温度 79℃

この事例でもバイオディーゼル燃料は 
市販軽油より約4割窒素酸化物を減らしています。

松浦氏の自動車はグローヒーターの故障修理をされて経過観察で市販軽油を使用
されています。
グローヒーター故障とB100走行とは因果関係の発見できないと思います。

バイオディーゼル燃料は市販軽油より大きく窒素酸化物を減少させています。

******************************** 
参考(再掲載)
HYUNDAI TB 1300cc ガソリン車
検出できない。   『優-低排出ガス車』 (E−LEV)認定

前回 未使用米サラダ油原料で 自作BDF100  米ぬか油です。
100〜120 ppm

http://green.ap.teacup.com/biofuel/425.html

********************************

充分な暖気運転 実走行後のアイドリング測定です。

市販軽油 < B20 < B100 < B100 手作りバイオディーゼル燃料
の見事な序列が観察できました。

私のBDFの二酸化炭素が多いのは 
完全燃焼に近いという事なんでしょうか?

排気ガス温度を測定すればよかったと思っています。

************** 2006年3月5日 測定値 追加 *****************

気温 23℃

愛知からの受講生さん 自作BDF100 トヨタ プラド 平9  60ppm

佐賀からの受講生さん 自作BDF100 トヨタ REGIUS ACE 2005 70ppm

*************************************************************

新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/29

BDF トリオ結成?  
バイオディーゼル オタク3人組み?

日本に輸入される農産物の残留農薬検査などの仕事をしておられる
通称 B20さん  私が命名したニックネームは どこでもBDFさん
彼が 廃ガス比較の参考に日帰りだけど参加されるそうです。

http://diary.jp.aol.com/biofuel/395.html

B20ワーゲン B100ワーゲン B100日本車
水口BDF研究会より 3名参加です。

ガスクロが ずらあああと並んでいる職場のB20さん!
そろそろ 1台くらい 持ってきてくれますよね・・・・

奈良の山奥までサンクス!

いつでも使って下さい。 次は どこでもB20さんに義理返しです。

新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/28

BDF品質評価機器  BDF品質評価
何が良いのだろう? BDF評価機器

次のステージにおけるバイオディーゼル燃料品質評価機器を探しています。

過去

実際の自作BDFを燃料にした場合のエンジン音圧観察 ・・・ 騒音計
記録性を確保する為に ・・・・・・・・   DIC 色見本
物質固有の特性の判定 ・・・・・・・・   屈折計
生産危険の認知    ・・・・・・・・   気体中アルコール濃度計
酸ー塩基       ・・・・・・・・   詳細 PH判定紙各種
比重         ・・・・・・・・   浮秤各種
微細観察       ・・・・・・・・   レーザー光 光学顕微鏡


最近

BDF粘度比較     ・・・・・・・・    ホールピペット
排気ガス・生産時ガス ・・・・・・・    ガス検知管
各種判定紙・キット・薬品 ・・・・・    水質検査・COD・酸価・過酸価物価
水分         ・・・・・・・    遠心分離機購入
導電率計・還元電位計・その他購入

*********************************

現在検討中

蒸留判定  ソックスレー あるいは 類似の簡易装置
液クロ ガスクロ
薄層クロマトの応用がもっとできるはず・・・・・ わからないでいます。


化学に詳しい方 アドバイス下さい。

次のステージに移行したいと考えています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【 公開研究日誌 関連記事 検索用 キーワード 】

 ふひょう 浮秤 比重 比重計 ボーメ計 

 Baume ボーメ度 °Bé

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



新燃料研究所 朴 昶 壽

2005/10/27

ヤマント祭り 配布レジュメ完成  BDF品質評価
公開講座を重ねるたびに内容が充実してくる配布レジュメ

BDF100 ナンバー ・810 さんにヤマント祭り用のBDFを代理購入
していただきました。

******************************************************************

BDF入れていない自動車との排ガス公開比較
BDF生産時のアルコール 危険性 の公開測定 など・・・

http://diary.jp.aol.com/biofuel/395.html

******************************************************************

とてもでないですけれど 発電機用のBDFまで生産できる余力はありません。

**********************************

配布レジュメに ざああああと 目を通していただきました。

BDF公開講座前に配布レジュメを見た人は 810さんが最初です。

秘密いっぱいの事務作業場で あれこれ 話込みました。


USA系の いいかげん 適当 再現できない情報 などの一端を見てもらい
ました。

*********************************

ヨーロッパから EU規格  DIN規格 を私がゲットする為のメール
が 次々に来ています。

狙うは ヨーロッパ規格!!


どうも USAは バイオディーゼル技術において 世界水準でないようです。

現在 調査中です。


新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/25

いまさら 恥ずかしくて 尋ねられない  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
恥ずかしいので 尋ねられない 事を解説します。

ここ数日 実績あるBDF作家集団から問い合わせがよく来ます。

*******************************

内容が難しいのでなく 基本知識が整理されていないだけでしょう。

皆さんは実績も2年 3年と有しておられる方ばかりなんだけれど、

知識と経験が 整合していないように思いました。

******************************

第1回目  なぜ 植物油をBDFにするのか? BDF誕生まで

******************************

原料の植物油は サラサラ していないので 低温度の時はとても
粘っこくて 燃料タンクから 燃料フィルターを通過してエンジン
内部に燃料を噴射するノズルから 適切に霧化してでてきません。

そこで、サラサラにする化学操作がもっとも安価で確実で手軽に
無改造で自動車燃料にする事ができます。
多くの人々と分かちあえる技術です。

この、サラサラにする前に何がどうなって ネバネバ サラサラ
なのか? を説明します。

植物油は 
カタカナで トリグリセリド 
漢字で   油脂 
と呼称されます。

油脂とは、複合体 カタカナで表現すれば コンプレックス となっています。
グリセリンに3個の脂肪酸と呼ばる選手がいるようなものです。
グリセリンは原則として3選手とくっついて ドロドロ しています。
こんなチームがいっぱいあって 全国大会 か 甲子園大会 かオリンピック
のような状態が油脂の1滴です。

油脂1滴で世界大会の最中です。

グリセリンにくっついている3選手は得意技がバラバラな個性を持っています。
ただ、グリセリンにくっついているから ドロドロ しています。

サラサラにする技術があります。
アルカリという分類の NaOH 苛性ソーダ 水酸化ナトリウム などと呼ばれる
薬品を使用して、メタノール メチルアルコール と呼ばれる薬品をグリセリン
と交換してしまうのです。

そうすれば 3選手の各脂肪酸にくっついていたグリセリンはアルコールと
交代して 下部グリセリン含有層に落ちます。

アルコールとくっついて、
グリセリンと分かれた各脂肪酸は1集団の油脂から 
グリセリンを含めて 4分割 され 身軽になって サラサラになります。

世界大会に参加したチームは グリセリン 各3選手に分解された
大集団となり、グリセリンは重いので不純物や薬品などと混ざって
下部に引力によって下がります。

上部には風呂に入っていない選手
薬品や不純物に汚れた選手がウジャウジャいます。

確実さを期待して多く投入した薬品や うまく4分割できなかった部分や、
天ぷらにした時に混じった タンパク アミノ酸 変化物質などを
きれいに取り去る目的で最高の能力を持っている 水 で良く洗います。


こうして きれいな BDF候補生 が誕生します。

脱水・乾燥 濾過 酸化防止剤添加 低温対策剤添加 などの処理を経て

美しく サラット した パワフル バイオディーゼル燃料が誕生
します。

第1回目 BDF誕生まで 完

新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/25

オリザノールの結晶画像欲しい  
オリザノールの結晶画像が見たい

オリザノールの結晶画像が見たい。

バイオディーゼル燃料とオリザノールを探求中!

・810さん を驚かしてやるんだ・・・・

2005/10/23

エステル化率 92% 受講生のBDF  BDF品質評価
ほおお 勝負するのかい?  BDF生産技術

私の受講生グループが自作したBDFを 日本の先駆者に持ち込みました。

エステル化率 95%基準なのに 92% としかないそうです。


ほおおお ・・・・・・



非公式だけど 既に ヨーロッパ規格を はるかに越える品質のBDF
を受講生は生産しています。

ドイツ ベンツ社のエンジニアが驚いているそうです。

そのBDFは宇川会館で オタママゼマゼ技法 で皆の目の前で作った

ナンバー ・810 さんの手作りBDFです。



非公式なものの ドイツ ヨーロッパ規格BDFより優れています。

私の受講生のBDFを馬鹿にしたな ???

*******************************

当事者のグループから たしなめられました ので 一部訂正します。


私の思いは 一生懸命に努力して自作BDFを持参したグループに対して
先輩として励ましていくべき立場なのに 95% 基準なのに 92% とか、

一体 どんな厳格な検査方法なの? です。  誤差の範囲でしょうよ。

私の勉強不足かもしれませんけれど 92% 95% その数値の差が
いかほどの異なりとするのか? です。

以上 瞬間湯沸かし器 の 解説追加でした。  2005-10-23





新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/22

透視度から推定したBODの推定値  BDF品質項目の解説
あなたのBDF洗浄廃液の透明度は何センチですか?

興味深いデーターを見つけました。

合併浄化槽入門   本間 都 ・ 坪井直子  共著  北斗出版 1995-11-15
p27

クリックすると元のサイズで表示します

***********************************

BOD などの用語は各自が検索エンジンで調べて下さい。

新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/22

BDF燃料のパワーアップ! ??  BDF状況・私のコメント
どうしてもBDF燃料をさらにパワーアップしたいの?

ある方に私の自作BDFを提供しました。

1L 数万円します・・・ あははは!

************************

さらなる パワーアップを御希望のようです。

・・・・ 火薬でも混入させるかな??

あははは!


装弾を別の用途には使用できないので・・・・

銃口付近の残滓とか・・・ 拭い取って 混入させてみますか?

*****************************

欲望には限度がないですね・・・

私は ごく普通のBDFを生産しています。


御希望なら 火薬残滓・・・・ これは いけないですね!

間違いなく エンジン壊れます。


どこまで 欲望  いえいえ 夢ですね。

ややこしい話はおいておいて・・・・

結局 ゆっくり膨張させるか 早く膨張させるか ですね。


いろんな未来エネルギーの模索ありますけれど・・・


私は 補助金いらない主義ですし。

ウソは嫌い主義です。

そして 追突されて燃えたくないので昔から ディーゼル派です。

運転がうまくなく いきなり ブレーキ踏む派なんで・・・・

ガソリンや アルコール系は私には無理です・・・・


まして 水素系なんて・・・・

漏れただけで死にます・・・・



化学知識の普及していない NIPPON! ちゃちゃちゃ!

信じられないですね・・・・


日本生まれで 日本語しか理解できない私・・・

新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/21

BDF先進地域の悩み 京都  流通BDF情報
京都市の現状の一断面情報です。

本日 ナンバー 810 さんと話していて気がつきました。

以下の情報をお知らせするのを忘れていました。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/ecology/eco/eco68.html

他にも 何かあったかな ???

2005/10/20

誰も教えてくれなかったBDF品質評価項目  BDF品質評価
バイオディーゼル燃料の品質の先頭と尻尾

脂肪酸メチルエステルにする目的は、
油脂において脂肪酸がグリセリンと結合しているのを外して 計4群にします。
分子量が小さくなって サラサラになります。

*******************************

先頭 と 尻尾 は サラサラ目的で一貫しています。

*******************************

原料のヨウソ価、酸価、過酸価物価、極性物質量 結局は原料が将来的に
良い候補生として鍛えるに値するのか? どうか? の判定かと思います。
サラサラになれるかどうか? 
その為に増やすアルカリ量や対策の前知識を得る技法かと思います。

*******************************

完成BDFの水分、炭素数のガスクロ検査も同じく 将来 サラサラ
を維持できるのか どうか?

トリグリセリド ジグリセリド モノグリセリド の含有比率評価も
このBDFは サラサラ なのか? 将来は?

*******************************

結局 検査項目は多種多様なものの 

目的は ただ ひとつ

粘度評価 現在と将来の予測ですね。

*******************************

そもそも サラサラにする先頭から尻尾まで 一貫して 粘度です。

もちろん 燃料そのものとして いかがなものか?

その項目はありますものの、

普通の処理していて数値を動かせるものではないですね・・・・・


高価な検査に必ずしもださなくても良いと御理解いただけましたでしょうか?

私??

将来は検査受けます です・・・・  あははは!


新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/20

BDF燃料公開情報の分類を開始しました  総合的な お知らせ ・ 御案内
バイオディーゼル公開情報の整理をします

画面 左 に カテゴリー があります。

順次 記事内容別に分類して読みやすくしていきます。

新燃料研究所 パク チャンス

2005/10/20

EUのBDF情報  ヨーロッパのBDF情報
ヨーロッパのBDF事情を尋ねてみました。

EU諸国におけるBDF情報を自分で調べているとUSAに比べて、
公開情報が極端に少なく、内容も薄いようにかねてより感じていました。

先駆的実績あるEU諸国内から発信されている公開情報は極めて幼稚で
あるのが不思議でした。

************* 質問者は私です ******
一部割愛・編集しています。
****************************

EUでのBDF生産はどうなっていますか?

◆全て、コングロマリットである企業群が製造精製してます。
とてつもなくデカイ複合体が全製造を独占しているに等しいです。

アマチュアHP とか 普及民間団体 とか 
大学関係機関などのBDF公開情報は無いのでしょうか?

◆私も探しましたが、
既に工業規格化されている国には、
製造物責任法PLの観点で素人製造は法規違反に成る、と言った思想観からか、
全く見られなくなります。

◆PLの整備功罪かと思います。

ヨーロッパの情報はどうも薄いようで不思議なんです。

◆欧州と言う社会は、規格遵守社会で、
規格ができ、規格遵守製品出現するば寡占状態に至ります。

USAなんかだと ものすごい数あります。

◆各州法によって、独自な勝手連出現が可能なんかと思います。

◆ドイツ社会におけるDIN TUV DEKRA と言った工業規格ができ、
検査機関で準拠されると、
それは保険料率においても商品特性としても絶対的な社会的な地位であるため
不動に近い存在になります。
PL法を背景とした成り行きなんですが、規格出来るまでは色々な動きありますが、
ひとたび規格出来ると、
全てが準拠で如何に安全且つリーズナブルに規格準拠するかが事業家の腕の見せ所になります。

◆と言った背景を考えると、日本は自由です。
ですから滅茶苦茶にも成るのでしょう。
規格出来ても全員が準拠するとは限らない風土があります。
今の日本ではバイオデイーゼル規格は在りません。暫定的なものも見られません。

◆ドイツでは、デイーゼルエンジン開発はジェットエンジン開発と並んでます。
例えばコモンレールにおいては2000気圧噴射5回制御を越え、
4800気圧コモンレールまで開発進んでます。
日本はデンソウでようやく1800気圧レベルを商用化する程度、もとよりデイーゼルエンジン排除観念が相当に根強くあります。

◆ですから(日本では)BDF燃料規格など存在せず、
限りなく軽油に近いものをエンジン側もユーザも望むのだと思います。

◆一方ドイツでは、BDFにはカッコたる規格が存在するので、
それ以上の燃料をエンジン開発元は求めません。
規格燃料で最大効率発揮する機構をどんどん開発します。

◆今ドイツで新たな燃料規格が錬られていると聞いてます。

◆既に、販売するガソリンスタンドが出てきたり、
BDFにミキシング販売するスタンドも在りました。
まだBDF程、顕著ではありませんが、大手が参入してます。

◆元より、ドイツ車にはGTIと言う思想技術がイカされており、
多少の燃料オクタン価、セタン価の違いを吸収すべく
アローアンスが備え付けられてますので、
燃料性能には最大で20%以上の開きが欧州全域で存在します。

◆日本社会にも色々な影響及ぼすモノと私は感じてます。

◆日本は?? 独自路線進むのか、先駆規格に追随準拠するのか、、、

◆良いモノと商品化実現するものとは必ずしも一致してません。
商品化はドイツでは新規規格を創設しますし、
日本では市場支配力を得ることになるでしょう。

******** おわりに ***************

なんか すごいですね・・・・

世界には知らない事が多くありますね。

新燃料研究所 パク チャンス


2005/10/19

あるBDF量産家の悩み  相談と回答
BDF作家ベテランから御電話いただきました。

3年ほど前から量産されているBDF作家から御電話をいただきました。
100L越える規模で生産されており、
既に60回以上のBDF生産経験がおありとの事でした。

完成BDFの浮遊物や生産時における界面生成物質にお困りだそうです。

BDF生産システムは本業が電気制御関係なので自作されたそうです。
現在は福祉施設において稼動させておられるそうです。

******************************

幾つかの御指摘をさせていただきました。

使用しているアルカリが NaOH 水酸化ナトリウム 苛性ソーダ
であるのも原因かとのお話がありました。

私は通常は価格も安いし、昔から馴染みのある水酸化ナトリウムを
使用していますし、水酸化カリウム KOH の経験もありますけれど
使用するアルカリがどっちでも良いと思いますと御話しさせていただきました。

又、海外の情報などを調査すると 意外にも 苛性ソーダの利用が多い
とも御話しさせていただきました。

原料の由来かとお尋ねしたところ 
上質の原料で酸価値も低く 羨ましく思うほどでした。

フィルターが少々問題だと指摘させていただきました。

ここのBDF品質は着実に向上していくと思います。

現地を見にいく時間的余裕が私には無いのが残念です。


独力でバイオディーゼル燃料を量産されている方からの御電話でした。

装置は製造できても高品質BDFの生産技術は 化学 ケミカル分野ですし
生産装置も化学機器の設計経験や製作技術が無いと厳しいものがあります。

しかし、自分でできる範囲で実施していく事で前進できると思います。
アマチュアのBDF作家で終わるのか どうか? ですね・・・・

量産前に3L 5Lの生産経験を未使用原料から幾回経験しているのかが
効いてくるかと思います。メーカープラントを購入したのなら指導もある
でしょうし、解決できないメーカーなら返品する事も可能かと思います。

生産設備の自前調達を決心するのは簡単ですけれど・・・・
結局 既製品の購入の方が安い場合も結構あるかと思います。
あくまでも そういう場合もあるかと思うだけですけれど・・・・

笑い話になりますけれど・・・
私は昨年の今頃に ここまで苦労するとわかっていたら撤退していましたよ。
もはや 突撃あるのみなので・・・・ あははは!


新燃料研究所 パク チャンス


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ