左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2006/7/31

大豆のシボリカス  
大豆のシボリカスはどれほど経済価値あるんだろう?


クリックすると元のサイズで表示します



複数の排出工場からの発生を集約させないと量的に少ないのではないかな?

今までどのように処理していていかほどの処理予算を見込むのか?

ガソリン・軽油・灯油・重油などの価格上昇が今まで捨てられていた事例を見直す

契機を産むようです。



新燃料研究所

2006/7/31

洗浄精製における問題を抱える生産施設が多いようです。

何回洗浄すればよいのか? そんな質問がよくあります。

満足できないならば 12回 13回 もっと洗浄するときもあります。

**********************************

いろんな制約や環境などから洗浄回数を少なくしている施設も多いようです。

燃料フィルターを分解してみれば怖くなるはずです。


バイオディーゼル燃料に残留があると ガラゴロ感がエンジン音にでるようです。

加速や伸びのないBDFは御注意してください。


新燃料研究所

2006/7/31

BDF燃費公開実験 その2  
東海地方からの参加表明

BDF作家から連絡ありました。途中で合流するコースにしたいと思います。

適当に合流して適当に解散ってゆるやかな形式にしたほうが良いようですね。

現在 バイオディーゼル車は 4名 4台 です。

新燃料研究所

2006/7/31

BDF洗浄排水はおいしいのか魚の餌になるよ  BDF排水処理
画像は これから数時間後にツリガネになると推測します。

クリックすると元のサイズで表示します

画像には本来嫌われる糸状菌の立派な健康体が観察できるでしょ?

200Lクラスの微生物処理槽は少々常識が異なるようです。

容積が極めて小さいので反応が急激で混在しないのが混在する?


微生物が増えてBDF生産量を増やして廃液を増やさないと微生物のエサ不足?

何か話が転倒? もっとBDF生産しなきゃ。。。


バイオディーゼル燃料の毒水はメダカや金魚の大好きなエサに変わります。

生きているエサは魚が好むようです。


微生物の排出が問題ならば 減菌 滅菌 処理も簡単だけどそんな事したくない。

大腸菌? たぶん 食われてしまっていないと思います。


この技術は世界中 日本中の下水処理場で日夜実行されている日常技術です。

200Lクラスで成功させた事例はあまりないと思います。必要性ないもの。

バイオディーゼル燃料生産に適用するあらゆる技術は伝統の上にあるようです。


珍奇な技術はないようです。

新燃料研究所

2006/7/30

公開燃費試験走行の呼びかけ  総合的な お知らせ ・ 御案内
2006年8月 バイオディーゼル燃料の燃費検証走行公開実験をします。

詳細は未定です。

構想は以下です。

**********************************

燃料給油口の見えるところまでバイオディーゼル燃料を給油します。

ガソリン車、バイクや何でもいいですから併走してくれる方募集です。

立会い人募集! 実験の証人を募集です。

ナンバー810 2台にもこの場において協力を御願いします。

ナンバー810への同乗はしないで下さい。走行条件は単独です。

私の車は日常的に同乗者がいるので同乗者が必要です。


距離が100km 200km になった時点で給油口の見えるところまで給油。

その時の給油量を計測します。

私の過去の経験では
バイオディーゼル燃料を使用すると8%程度は燃費が改善します。

走行コースは未定です。琵琶湖を周回するかも?

日本海にでる? 太平洋にでる? できるだけ渋滞しないコースを検討します。


希望者は御連絡下さい。

参加費用は各自負担です。

ディーゼル車での参加歓迎です。

各自のバイオディーゼル燃料に私のBDFを添加させての比較もしませんか?

100km時点で 次の 100kmを比較しませんか?


新燃料研究所

2006/7/30

理解ある自動車メーカーの協力もとむ。  
どっかのディーゼル自動車メーカーが協力してくれないかな?

ドライブコンピューター搭載のディーゼル車メーカーが車を提供してくれません?

いろんなルートで御願いしています。

北欧系になるのか?? まあ どこでもいいけれど。

*********************************

ガスクロ装置は支援してくれる企業がでています。

検査装置は CFFPやなんやかんや・・・


数値のイジリなんかは一切しません。

迅速 確実に対処する。 それが目標です。


多くの支援者や協力者のおかげで前へ もっと前へ 最前線へでます。

新燃料研究所

2006/7/30

燃料フィルター解剖画像  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
インターネット公開情報で自作BDFを1年使用された燃料フィルター画像

クリックすると元のサイズで表示します

私はインターネットではBDF生産技法を公開していません。

これからもしません。低品質BDFを普及させる気持ちはありません。

*******************************

画像は公開情報から自作された方の燃料フィルターです。

インターネット公開情報には注意しましょう。

*******************************

燃料フィルターの解剖をしましょう。

画像の場合は自家消費系施設です。


燃料フィルター博物館が充実してきています。

どこのBDFだとか一切秘密です。

安心して依頼下さい。


新燃料研究所

2006/7/30

BDF 洗浄水 やったぞ!  BDF排水処理
ついに成功しました。以下の画像をどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します

観察はできても撮影は機会が多くないとできません。

目標としていた画像を実現しました。

*******************************

Epistylis plicatilis エピスティリス プリカチリス

繊毛虫類・緑毛目 30〜160ミクロン

この類似は20程度は軽くあるので悩みました。名前なんかは本来どうでもいい。

・810さんと娘に顕微鏡を覗いていただき 3名で このどれ?


200Lクラスの微生物処理槽でこれを発生させた人は日本では100名もいない?

1922年に日本に導入された技術とのことです。

金魚やメダカはパクパク猛烈に食べています。

バイオディーゼル燃料の廃液を食べさせています。


環境調和型のBDF生産技術です。

自然界にないバイオディーゼル燃料を生産しているんだから

大自然に負担かけないようにしましょう。


都会のBDF生産がうらやましい 毒水を平気で下水に垂れ流しても環境派とか?

いいよな 都会は・・・・


新燃料研究所

2006/7/30

バイオディーゼル燃料粗悪水準の危険  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
下記画像はあるバイオディーゼル燃料生産施設の約1年間使用の燃料フィルター画像

クリックすると元のサイズで表示します

このバイオディーゼル燃料生産施設がどこなのかは私しか知りません。

名前や地方は非公開です。

BDFに関しては真面目に研究されている部類かと思います。

**********************************

観察して 赤い部分は推測して実験再現しました。

燃料フィルターの金属部分を腐食させていたので原因推定して仮説たてて実験しました。

**********************************

結論 :

硫酸濃度の高い溶液を長時間接触させた場合に酷似しています。

濃度 × 時間 の数式で考えます。

燃料フィルターの金属外筒内面の防錆処理を侵していました。

噴射ポンプやシリンダー内部なども心配になります。


この生産施設の技法は見直すべきかと思います。


心当たりあるかたは御注意!

燃料フィルターを解剖して確認しましょう。



新燃料研究所

2006/7/30

イスラエルよ子供や市民を殺すな!  
バイオディーゼル燃料の研究家の立場からの訴え

皆様の周りの家族や友人に話しましょう。

イスラエルが子供や市民を殺さないようにして欲しいと。

かっての歴史の苦難の末に建国された国家のすることでしょうか?

全ての環境系の研究家や活動家の仲間へ イスラエルよ子供や市民を殺すな。

職場や家庭や駅やスーパーや街頭で学校で話しましょう。

イスラエルよ建国前の苦しみを他者に与えるな。子供を殺すな市民を殺すな。


新燃料研究所 パク チャンス

2006/7/28

この原料はバイオディーゼル燃料になるのか?  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
外資系や国内の食品チェーン店からの廃食用油や輸入植物油の特性、

原料に関する問題は時々発生しています。

大豆系のシボリカスなどやファーストフード系や熱帯性油脂やその他油脂からBDF化
を検討されている場合があると思います。

場合によってはボイラ燃料にさえならない場合もあるようです。

仮定の上に仮定を重ねてビジネスプランを練るのでなく検証して積み上げましょう。

電話や訪問で なんぼや? BDFとは?  

そんな無為な時間はお互い避けましょう。

確実なビジネスを築きたいと思います。



新燃料研究所

2006/7/28

植物性の人工燃料  BDF状況・私のコメント
今日の朝刊における全面広告の表現は植物性の人工燃料

以前に同じ表現を自分のHPで検討したことがあります。

当時は マギラワシイ と思って止めました。


これからドンドン バイオディーゼル燃料は日本で普及するでしょうね。

軽油の価格はドンドンあがるようです。

新燃料研究所

2006/7/27

乗車定員5名 猛烈加速のBDF燃料車  BDF使用報告
ゴルフに5名乗車して信楽の坂を攻める!

百聞は一見に。。。 乗車体験に優る検証なし。

私の丁寧つくりBDFを3L程度 バイオディーゼル100%の35L程度残余車に
給油して大人5名乗車して検証実験しました。

いわゆるBB10程度ですかね?

効果がでるほどに加速はすごく5名も乗っているとは思えない。

レッドーゾーンまで回っています。

軽油ではそこまで回りません。

同乗者にはバイオディーゼル燃料に詳しい方がおられて差に驚かれました。

バイオディーゼル燃料は丁寧に本来の特性を引き出してやればこんなにスゴイのです。


来客が帰られてから再度検証走行しました。一段と効果がでてきました。

先日、ガソリンスタンド経営の方が自作バイオディーゼル燃料100%で来訪されて、

約5L程度給油してテストランにでかけました。

ドンドン変化していってハンドルの振動や車内振動が低下するのに驚かれていました。

パワフルバイオディーゼル燃料です。


軽油よりパワーがないなんてBDF生産技術が未熟なだけです。

パワーがあって、燃費が良くて、排液も完全環境調和の無害化できています。


新燃料研究所

2006/7/27

バイオディーゼル燃料の適合確認車種  BDF使用報告
バイオディーゼル燃料のパワフルさや素晴らしさを体験した事例報告

燃費などのデーターが欲しいとの要望が多くあります。

燃費のデーターはドライブコンピューターの解析データー報告として報告を受けて
います。

エンジン音が静かになるということ、

車内振動が減少する、

加速特性の向上など

いずれも潤滑性能の向上と断定できると思います。


摩擦低減から起因するものであり燃費は改善するものと推定できます。


****************************

過去の幾つかを以下にまとめました。


URL 変更済み

http://newfuel1.com/biofuel/fit.htm




クリックすると元のサイズで表示します




新燃料研究所

2006/7/27

来訪相談者3件 BDF相談  BDF状況・私のコメント
朝 6時半からずっと起きて今です。

明日は2社来訪予定。

昼間は3社来訪されて 技術指導の方向性 添加剤販売でサンプル55Lお渡し
最後の方は遠方より来られてアルカリ量算出プログラムをお買い上げ・・・

しゃべりっぱなし・・・

脱水剤が何故かボケテいて危うかった・・・・ まあ 何とか再現。

微生物が増えすぎてエサ不足 あっという間に排液処理してしまって数少なくて

顕微鏡観察で微生物少なくなって・・・・ あああ あれやこれやイソガシすぎ!

********************************

私のBDFテストコースを来訪者のディーゼルに給油して解説。

バイオディーゼル燃料車に私のBDFを添加!

つまり BB15 ああ ややこしい!


市販軽油使用ならば丁度燃料タンクが空になるように来て下さい。

BDF100の場合でも無料提供を少なくしたいのでランプが点灯する程度でおこし下さい。

バイオディーゼル燃料品質の差は明確です。

**********************************

昼間は燃料フィルター交換させていただき 割って内部検証しました。

ねっつ! 今までのBDFはこんなにダメなんですよ。

ノコギリで割ったらキリコ 金属粉が混入してだめです。

クリーンカットしなきゃ・・・・


そろそろ寝ます。


明日は記憶では2社来訪予定。


新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ