左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2006/8/31

Biodiselfuel USA 2006  ヨーロッパのBDF情報
USA 情報です。 以下はクリックすれば大きく読めます。

クリックすると元のサイズで表示します

EUは菜種 USAは大豆 

今後の日本はパームでしょうか? 米ヌカ油でしょうか?

私?  鶏脂は日産でドラム1缶態勢を目指しつつ、、

各種油脂原料持込の受託生産になるかな? パームや廃食用油などです。

装置を販売するよりも委託生産の方がお互いのメリット大きいし話が早いかな?

時間が来たら人間がバルブ操作するならば安くできるともう説明しあきました。

安全装置をどこまで配慮するのかでも価格は全く異なります。


いっそうのこと 500万以下は作りませんとか 1000万以下は作りません

とか1億以下はつくりませんとか言っていこうかしら??


予算にあわせて作るのが設計者です。

打ち合わせは完全有料制です。


問い合わせ対応に疲れてしまっています・・・・

**********************************

まじめな問い合わせと 気まぐれな問い合わせ どう区別すればいいのでしょうか?

完全有料制しか方法は思いつきません。


コインを時々いれないと椅子に電気が流れるようにでもするか?


うーーーん どうすればいいのでしょうか?

2006/8/31

Biodiselfuel Korea 韓国のバイオディーゼル事情  流通BDF情報
真相は不明な韓国のバイオディーゼル燃料事情

2006年7月より韓国ではバイオディーゼル燃料が市販開始になりました。

ところが 当初は BD5 5% の予定だったのに BD 0.5 0.5% !

その理由とされる中で以下の伝聞があります。

********************************

1:大手石油販売会社の売り上げ減を警戒しての低添加率

2:バイオディーゼル燃料の品質不良を危惧しての低添加率

A : バイオディーゼル燃料の供給が不足している。混合したくても品不足。

********************************

あと数月で日本でも解禁です。日本ではどうなるんでしょうか?

インスタント製法による マガイモノ がかなり出回るでしょうね。

問題は当事者が悪意ない場合が多いように思います。


昨年だったかに政府系の補助金で国内のバイオディーゼル燃料生産施設に

品質検査の補助金がでていました。


施設名称は公開しなくていいから結果を公開していただきたいもんですね。

品質確保法に関する参考資料にされていたのでないのかな?


日本政府はバイオディーゼル燃料情報をもっとオープンにできないのかな?


新燃料研究所

2006/8/30

低温度対策剤はアマチュアには不向きです。  BDF燃料使用トラブル参考情報集
関西のグループからの依頼をお断りしました。

何か申し訳ないなと思いつつもアドバイスさせていただいて納得していただきました。

少量生産ならば必要量は少なくて済むものの、発送手間や問い合わせ手間など
を考慮すれば採算性がないと判断。

相手にしても少量消費なので高価になってしまう。

**********************************

御話しを聞いてみれば地域の子ども会のイベントとして廃食用油を集めて軽油代替燃料
を作る予定だとか・・・・

アマチュアの場合には手を出さない方がよい領域だと思います。

税金の問題などでバイオディーゼル燃料100%で走行しなければならない運送関係
などが腹くくって探究する分野だとご説明しました。

品質の安定が不可能なアマチュア製法においては、
幾種類もある中から低温度対策剤を選択したとしても添加率が定まらないと思います。

結局はトラブルの原因になってしまうのでお止めになった方が賢明とアドバイスしました。

軽油を使えば問題ないのでは? 冬の間だけ。


万能薬のように誤解されている方が実に多い!!

********************************

失礼のないように説明させていただいたつもりなんだけど 

少し ごめんなさいの気持ちが残りました。


想定温度以下になってしまったら アウト!

自動車の駐車環境配慮まで不可能でしょうから。。。。


適切な選定と使用の前提はBDFの品質幅を小さくすること。

想定温度以下の場合のリスクを事前に把握すること。

どんな医薬品でも正しく使用しないといけません。


そういえば つい2年前まで 致死量の問題ある薬剤を使用していたBDF生産所が

多くあったようです。排水基準に合致しない成分が大量に含まれていたようです。


誰も何も問題にせずに別薬品に切り替わったようです。。。。


新燃料研究所

2006/8/30

格差の広がるバイオディーゼル燃料生産施設  BDF状況・私のコメント
送られてくる現物の評価から

品質確保法のずっと前に問題となっている品質が時々あります。

御本人達は 1年使用している 2年使用していると自信のある方もおられます。

燃料フィルターの状態や酸価の説明しても使用実績を誇られれば引きさがります。


押し売りや悪徳商法にならないようにするのは大変難しいです。

欠点を指摘して御理解していただけなければお手上げです。


洗浄排水は下水道があるから大丈夫だ。 そう言い切られると繰り返し説明するのも

3度程度が説明の限界・・・・・・


自信があるなら私には何もすることはないです。


透明度があればとりあえず反応はそこそこと思います。

夏でも下部に沈降物が生成するならアウト! もやってきてもアウト!

燃料フィルターの金属部にシミできていたり燃料フィルターの変色が大きいならアウト!


伝聞では ある生産装置における自動車の故障までの目安は、

3万キロ未満 3年未満 このどちらかの条件以内でトラブルとの話しです。

条件がよい場合の最大での話しらしいです。


経済産業省や関連当局が持っている不具合情報を出してくれないかな?

品質確保法の大切さを啓蒙する意味でも意義あると思うのだが。。。。


品質確保法の重要性が理解不足なバイオディーゼル燃料生産者が多い。

当局に発生場所や名前などは伏せて、不具合の状況や原因推定などを公開していただきたい。


知らない生産者が問題を起こす危険性があるのだから。


新燃料研究所

2006/8/30

B20の時代は近い? FAME 20%  BDF燃料使用トラブル参考情報集
世界的な自動車メーカーのB20認証が近い?


****** 引用 ********

現在世界の最大のバイオディーゼル有生産国家のドイツでは 20qを運転すれば BD100(バイオディーゼル有 100%)を注油できるガソリンスタンドが全国に 1900ケ所が存在する。

この内 1406ケ所は、ヨーロッパ連合(EU)の品質基準(EN14214)よりもっと厳しいドイツ独自
品質基準の適用を受けている。

******************


世界的な自動車メーカーはB20の使用を認める方向で検討に入っているとの情報あり。

噴射ポンプメーカーの共同声明において現在はB5とされています。


一部の自動車メーカーは B100 B10 B15 などと様々のようです。


わくわくしますね。 


B20・・・・・ って 私も私の仲間もBDF100だけど。




最近は BB5 BB1 とか BDFに別のBDFを被せる検証しています。


世間より先をいかなければなりません。





新燃料研究所

2006/8/29

目標をたてて実行していかないと・・・・・

妙にせきたてられて予定を狂わせてしまってグチャグチャ状態の夏でした。

年中 ぐちゃごちゃなものの マイペースを忘れてしまっていました。

**********************************

9月の目標

1:腰をいたわり 量産レイアウトの検討

2:原料在庫の早急なバイオディーゼル燃料化

3:過去標本の廃棄処分

*******************************

目標1はいろんな優先割り込みがあって予定していない生産が数回。
現状にヒキヅラレルようにして生産してしまった反省。
品質は満足いくものの設備対応が充分にできていなくて体力的にきつかった。

目標2は複数のハプニングにより原料が豊富!予備容器まで満杯。
おかげで工場内が窮屈で生産性が著しく低下。

目標3は想定外の標本の取り扱いに困惑。
一時的な御客様の熱病的なアプローチに影響されすぎて番外標本だらけ。
惜しいものの全て処分を前提に検討する。活用の機会があまりにも特定の
御客様に限定しすぎて保存の意義が薄いと思われてきた。


9月は連日稼動しないと工場内が整理できそうもない。

バンバン生産して走行検証しまくります。

新燃料研究所

2006/8/29

ベンツ ディーゼルエンジン車の販売開始  自動車
春頃から日本において走行実験していたベンツディーゼルが販売開始のようです。

画像をクリックしたら大きくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

EUからバイオディーゼル燃料を輸入していたという伝聞もあります。

日本のバイオディーゼル燃料では危なくて走れない?


私のバイオディーゼル燃料情報は一部技術者にはとっくに伝わっているはずなんだけど?

上司には情報を報告していないのか???

検証用に1台やってこないもんかな?


新燃料研究所

2006/8/29

燃費向上報告 20% ホンダ ヴァモス  BDF使用報告
とんでもない燃費向上報告がきました。

画像をクリックしてください。大きくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

関東地方の方は府中市周辺での実験なのでビジネス系のみお問い合わせ下さい。

名刺の拡大コピーをFAXいただいたら実験主催企業の担当者へ転送します。

興味本位の問い合わせはご遠慮下さい。販売開始をお待ち下さい。


現在 関西地方は奈良県 関東地方は東京都府中市で添加剤の実験が進んでいます。

* 透視度の低いバイオディーゼル燃料 の場合は自動車への悪影響が危惧されます。
* 酸価の高いバイオディーゼル燃料  の場合は自動車への悪影響が危惧されます。

絶対に実験しないように。


新燃料研究所

2006/8/29

無色透明化に成功 洗浄廃液 第3液系  BDF排水処理
第3液を使用される場合でも洗浄廃液が無色透明になりました。

往復ビンタ系の皆様へ

9月以降の処理見本からは下部の透明度があがります。

今後 薬剤種類や量の再現検証を行ないます。

今まで 第3液を使用される施設の処理水の下部はわずか不透明でした。

私の指導を受けてない場合の80%以上は 違法な排水かと推定します。

第3液を使用される場合は私の指導でも毒水程度は極端に低下するものの少しだけ不透明

つまり毒である油分を含んでいました。

第3液の影響力を阻止できましたので気持ちよく透明水を排水できます。

本当はさらに微生物処理技術指導を受けて欲しいのです。

メダカや金魚で魚毒検査をできるほどにならないと環境に優しい燃料であっても、

生産施設は環境に悪い存在となっています。

*******************************

上部浮上回収の脱水程度もかなり向上させていますので焼却処分も楽になっています。


第3液の使用を見合わせるか やや不透明で我慢するか?

今後は どうぞ 第3液をご使用下さい。


*********************************

これで日本の全てのバイオディーゼル生産水洗浄系は無色透明で排水できるかな?

知らないメーカーもあるかも?


明日 出荷する九州地方分には対応できていません。

9月出荷よりの予定です。

コストはほとんど差ないです。

ただ第3液の影響を阻止するのにこちらのマニュアルに従っても熟練者で数分増えます。

初心者・入門者は熟練度によりますので何ともいえません。

自動化もできますけれど高くつきます。

PH測定装置と薬品注入装置やコウハン装置などなどで構成されますので小さくても

大きな処理槽でも差は小さいです。 100万単位になるでしょうね。

打ち合わせは技術指導として有料です。つまり、好奇心だけでの問い合わせは御勘弁!


新燃料研究所

2006/8/29

個人教授しか無理かと思います。BDF指導  BDF状況・私のコメント
来訪されたり電話されてきても何も進歩しませんよ。

個別の現状や理解度に応じた手当てが必要です。

そもそも私の話が記述がどこまで理解できていただいているのか?


理解したつもりでいても次が理解できないのは基礎知識と経験不足です。


具体的な共同作業が必要です。

とても良い薬剤などを送っているのに活用できておられない方多いようです。

マニュアルに忠実にしていただきたい。


苦労の成果があがらないので無料はそろそろ止めようかと思います。


ただから イイカゲンな気持ちになってしまうのかも?


今後は質問事項をFAXしていただいて見積もりだして振込み確認後に返答しようかな?

真剣さの不足している方が多いように失礼ながら感じます。


かって イタイイタイ病などの公害企業がありました。

多くのバイオディーゼル燃料生産者は そこまでひどくないものの感覚や無責任さ近い。

環境に存在しない化学合成燃料であるバイオディーゼル燃料を生産する自覚や責任感!

毒水を環境や下水に垂れ流して平気なんてどんな感性なのか。。。


どんな人生観なのか とても寒いです。


良識あるならば ただちにバイオディーゼル燃料の生産を中止しましょう。


洗浄廃液の処理ができないのは未熟すぎです。


新燃料研究所

2006/8/28

バイオディーゼル燃料専門学校  総合的な お知らせ ・ 御案内
どっかの企業か投資系か自治体の関係者へ

バイオディーゼル燃料課程をつくりませんか?

化学の基礎から2年コース 基礎課

応用課 1年

事業課 3年

こってりきっちり完璧にです。

新燃料研究所

2006/8/28

バイオディーゼル洗浄水  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
どうしても洗浄がうまくできない方には洗浄水を調整して送ります。

ドラム缶とかでは私も大変なのでポリタンク程度なら送れます。

3kg 5kg 程度の実験するならば充分かと思います。

どうしてもうまく洗浄できなくて薬剤をいろいろ使用している方におすすめ。

精製水よりも安くていい成績だしますよ。


まあ そこまで研究をまじめにしている方いればだけど・・・・


新燃料研究所

2006/8/28

下部グリセリン含有層の処理  相談と回答
バイオディーゼル燃料の反応後に生成される下部不純物層の研究

下部グリセリン含有層は雑多な混合物です。

比重差による分離というものの雑多な不純物を多く抱え込んでいます。

本格的な処理研究を準備しています。

ナンバー810の2名と私の3名での共同研究を開始準備です。

おおよそ研究というのは解決の方向性が見えて来てから開始するもののようです。


下部グリセリン含有層を BDFアンダーピッチと命名しました。

研究の目標は既に検証実績ある単独燃焼系燃料としての完成です。

既に何も併用せずに燃焼実験は連続で成功しています。


昨冬はあたたかく快適な実験場になっていました。

時々持ち込まれるアルコール含有率の異常に多いアンダーピッチには閉口しました。

アルコール含有率も事前検査か調整する必要あるようです。

幾度か 火を噴く!  アルコール使いすぎ! もしくは 反応できずに落ちてる?


まあ 私達3名が真剣になればできないことはないね。 たぶん きっと 必ず。


新燃料研究所

2006/8/27

先週の問い合わせのなかから  BDF状況・私のコメント
先週も多くの問い合わせがありました。

洗浄廃液の毒性を憂慮されて現物を送ってこられる方や

低温度対策について心配される方など先週も多彩な御連絡をいただきました。

********************************

繰り返し同じ事を申し上げています。

原料に対するアルカリ量を一定にしてしまったらば残存するアルカリ量は変化します。

幼稚園児 小学生 中学生 高校生 大人 老人 男女や年齢に無関係にドンブリで

同じ御飯を与えているのと同じでは? 食べ残し 不足 が発生するのでは?

********************************

しかも さらにいくつかの薬品を往復ビンタで与えてしまっていては何がいかほど?


中和に関する誤解や理解不足もあいかわらずです。

バイオディーゼル燃料の生産原理や理屈は

高校生程度の化学知識ではほぼ不可能と思います。

品質などにもかかわるならば大学生の専門課程でさえ不充分かと思います。

*********************************

マニュアルに従って生産するならば小学生でも中学生でも可能と思います。


食べ残しアルカリや往復ビンタ技法で薬漬けになった洗浄廃液の処理は毎回の対応巾が

大きくなります。時間と経験が必要となります。


低温度対策剤は対象となるBDF品質が一定でないと意味がないです。


簡単にしたいということと安易に考えてしまう事は別の次元です。


予算をたててから御相談下さい。

無料で薬剤を入手しようとする方にはご遠慮していただいています。

前提は将来の有料技術指導を受け入れるのが暗黙の約束です。

最初から気のないかたはお互いの時間の無駄なんで連絡してこないで下さい。


ビジネス指向する方や環境問題のグループなどが対象です。

本格的な趣味とする方も対象です。

現在は素人でもかまいません。ただお互いの立場を考慮できる方であれば良いです。


データーをくれとか分析表が欲しいとか あきれてしまいます。

さて 来週はどんな連絡がくるのかな?


新燃料研究所

2006/8/27

燃費検証における注意事項  BDF品質評価
燃費に関するメールがきました。抜粋します。

***** 引用  *******

都市 地方の合計での燃費
でミラMTは20km/Lは行きます
郊外走行では25km/Lと言う報告も見聞きします

**** 引用おわり ******

以前に伝聞した話しとして以下のようなものがあります。

パトカーなどは別の組み立てラインや別の設計ではなく、品質のいいものを選んでいる。


製品のバラツキというのは必ず発生します。許容値のブレ 下限値と上限値を決めて

品質の範囲とします。


下限値ばかりで組み立てられた機械と上限値ばかりで組み立てられた機械は性能に差が

でる蓋然性が高いと理解しています。

************************************

車種がこれだから あれよりはいい。。。。  実験してみないといえません。

同じ車で 添加前 添加後 を検証するから意味があるのです。


車種が何だからは無関係ともいえます。


何かを検証するとき じっくり考えて どのように検証を行なうのか?

でてきた結果をいかに評価するのか? 繰り返し 繰り返し 検証を重ねる。


多くの場合、なぜか日本ではバイオディーゼル燃料はパワーが落ちるとされています。

理由はわかりませんけれど、そんな品質のバイオディーゼル燃料では実験しないほうが

よいかと思います。

ディーゼルエンジンでさえパワーが落ちるような品質ならばガソリンエンジンへの微量

とはいえ、添加観察実験はしないほうがよいと思います。


静香シリーズの基本は生産経済性より品質を最優先にした製法です。

単独価値追究型・品質最優先生産技法とも呼べるかな?


追究する課題により生産技法はアルカリ触媒法・水洗浄法といえども変化します。

あれもこれも? 板前さんが文化包丁で調理したりハサミだけで調理はしませんよね。


ちなみに田舎の万能車、スーパーカーとして実績多いのは軽トラックです。

あれもこれも対応できる優れた自動車です。


新燃料研究所



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ