左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2007/10/31

Clean Diesel クリーンディーゼル  自動車
クリーンディーゼル自動車が来年の今頃には幾種類も発売されているでしょう。
ベンツは既に日本国内で販売しているようです。ディーゼル車の普及は確実に進みます。
バイオディーゼル燃料の品質の悪さを廃食用油が原料だからと断言する人は多い。
化学反応である限り品質向上は可能と考えるべきです。

クリックすると元のサイズで表示します

環境問題への理解度が深い人ならばディーゼル車を選択すると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

公用車なども環境理解の深い自治体関係者が多いならばディーゼル車へとシフトしていくと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

画像のバスの上部表示を見て下さい。先進ヨーロッパにおける市です。

グラーツ大学有機化学の教授の存在は大きいようです。日本にも幾度か講演に来られているようです。
軽油混合ではないように見えます。

先日、指導しているBDF生産所から透視深さが1メートル近くになったとうれしい連絡が入りました。何よりも指導を受ける側の姿勢が重要だと感じます。
公開研究日誌や正式HPをじっくり読めば技術水準を想像できるはずです。

自社所有車を壊すのは好き勝手だけれど、他人の自動車を壊してはいけません。
洗浄廃液は垂れ流す、自動車は壊れるというBDFは迷惑な存在です。

クリックすると元のサイズで表示します

あれにサーキット仕様のBDFを入れて走ってみたいな、、、とつぶやきが漏れました。
せめて 松 竹 梅 の梅クラスでも入れてみれば恐ろしくパワーがでると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

ベンツ、BMWのコモンレール車において、市販軽油と上質BDFの比較は圧倒的な差がでています。BDFの勝利です。

BDF理論に詳しくない方の中には、ベンツだからBMWだから・・・・・・

自動車というものが各部品に関する専門企業の製品集積体であると理解できていない人が結構多いようです。自動車メーカーにおける差と見るのでなく、採用されている部品メーカーの差と考えるべきだと思います。

誰かホンダさんにコネない? オネダリして下さい。
ホンダさんでなくても最新式ならどこのメーカーでもいいです。
体感とドライブコンピューター解析とGC:ガスクロ分析の解析を照合してみたい。

三位一体の解析をしてみたいもんです。

************************ 記事追加のお知らせ  *********************

Biodiesel Fuel BDF による故障原因

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1852.html

**********************************************************************

新燃料研究所

2007/10/29

Methoxide Alkoxide Sodium Methoxide  化学構造や反応
メトキシド アルコキシド いろんな呼び方をされる場合があります。
CASで調べたりして、各自が熟知して下さい。
バイオディーゼル燃料の研究や生産における最初に知っておくべき記述が以下にあります。

*********************** 重要 ******************************

公式HP 

http://newfuel1.com/biofuel/danger.htm


公開研究日誌

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1050.html

*************************************************************


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



NaOH もしくは KOH を溶解させてバイオディーゼル燃料生産に必要な基幹薬剤を調薬します。

クリックすると元のサイズで表示します



分子構造から理解すれば、アルカリ触媒法ほど確実に短時間にバイオディーゼル燃料を生産する技法に代わるのは過去・未来において当面無いのが理解できると考えます。

水素の発生と発熱などの引火・爆発・接触などの危険は当然に存在します。

洗浄廃液処理を完全に行なえて、金魚やメダカのエサとできるまでの技術を確立させた新燃料研究所はアルカリ触媒法を怖れる必要がない。

現在、新燃料研究所の技術指導で複数のBDF生産所が技術確立に向けて努力中です。


本記事をもって、

分子構造で理解するバイオディーゼル燃料基礎理論シリーズは完了しました。


趣味でBDFを探究される場合は分子構造公開記事に沿って探究されるのが着実と考えます。

ビジネスでBDFに取り組まれる場合には時間節約、費用節約と確実さを優先考慮されて新燃料研究所の技術指導を受けられるのをお奨めします。





新燃料研究所

2007/10/28

バイオディーゼル燃料を上手に作るソフト  総合的な お知らせ ・ 御案内
バイオディーゼル燃料を高品質に安定して生産する支援ツールです。
30秒でBDF品質の差を決定します。

Sodium Methoxide UN1431 ナトリウムメトキシドの調薬ソフトです。

適正アルカリ量の投入は基本です。根本を避けては高品質を目指すのは不可能です。

クリックすると元のサイズで表示します


購入生産所からは驚きと喜びの歓声が聞こえてきています。

秋田犬とチワワに同量の薬剤を投与してはいけません。
新米と古米では炊飯における水の量を変えます
幼児と青年とでは食事量も内容も異なるのが当然です。
知識が増え、経験が深まるほどに沈黙が増えます。

回収してきた廃食用油を大量に混和するのは、均質と期待するところの錯覚です。

洗浄毒水の公害型生産所から脱皮するにも、残留アルカリを最少にできるので必要です。

新燃料研究所

2007/10/28

バイオディーゼル燃料の定義  総合的な お知らせ ・ 御案内
用語には定義があります。慣用表現もあります。初心者・入門者段階で最も困難なのが用語の使い分けです。概念理解の結果が用語なので難解と感じてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

品質確保法が決まる前と後では用語の意味が異なります。

品質確保法の前時代
バイオディーゼル燃料の団体でさえ、化学反応と物理操作技法企業が混在していました。
原料がバイオ、生物由来ならばバイオ燃料だという主張も堂々とされていました。
廃食用油から異物を除去して使用したり、軽油や灯油と混合させる物理混和派も自称していました。

品質確保法制定後
エステル部のないバイオディーゼル燃料は概念的にありえません。
FAME=BDF と法律でなりました。
無知で主張する場合はどの分野にも、いつの時代にもあります。

**************  過去の関連記述  **********************************

グリセリンの生成しないFAME  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1551.html

BHD アクロレイン 天ぷら油のにおい  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1833.html

********************************************************************

化学だけに限らないのが用語法です。

炭素と水素だけで構成されているのが炭化水素油、ガソリン・灯油・軽油・重油です。
鎖の長さの異なりで特性が異なります。長くなるほどに粘度が高くなり蒸発する温度が高くなり、炭素鎖が短いならば低温で揮発します。

炭素と水素酸素で構成されるのがバイオディーゼル燃料です。
これがBDFです。FAMEです。
酸素の結合方式に着目すればエステルを発見します。


新燃料研究所は日本一わかりやすいBDF解説を目指しています。
正確に、厳密に、平易に理論公開しています。


新燃料研究所

2007/10/26

FAME BDF と 第2世代バイオディーゼル燃料の性能比較  化学構造や反応
第2世代バイオディーゼル燃料の生産は

石油精製会社であれば技術的には困難でない説明を過去にしています。

各種触媒を専門に研究開発する企業が存在し、

石油精製会社へ販売している事実があるからです。


クリックすると元のサイズで表示します

画像は重要な公開情報です。

****** 補則追加記述 ***************************

画像説明記述を追加しました。

現実では炭素や水素の鎖は左の水素部分から置き換わって伸びているものの、

化学的な正確性を優先しています。

話題はこの部分だからです。


尚、この画像を理解できないBDF研究家なら新燃料研究所は中級未到達と見なします。

ナンバー810会には2名以上の方が理解できると考えます。

新燃料研究所の公開講座受講生や技術指導を受けている生産所など

多くの方が理解できると考えています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

理論解明に裏付けられて水口町BDF研究会の私たちは前に位置しています。

第二世代 水素化 BHD などの記述は幾度もしていますので左下の検索窓から見つけてください。

最近の記述は以下にもあります。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1832.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


炭素と水素だけから構成される炭化水素油はこの部分がありません。

これはFAME BDF バイオディーゼル燃料特有の分子構造です。


第2世代バイオディーゼル燃料と呼ばれている、

炭素と水素だけにした場合はカーボンニュートラルである主張はできても、

燃費が軽油なみです。


上質のFAMEは炭化水素油より燃費が向上しています。

上質のFAMEは炭化水素油よりパワーが向上しています。

登坂力や加速が軽油と比して格段に向上するのが 松 竹 梅 品質等級の梅以上です。


1990年代の古い技術で生産されている

臭いBDF,天ぷらのニオイが強いBDFの話題ではありません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所の技法と、他の技法との異なりは何か? 良く受ける質問です。

風邪を引いた秋田犬とチワワに同じ分量の抗生物質を注射するような無謀な事をしていないだけでなく、多くの改良があります。

決定的な異なりは、

新燃料研究所はバイオディーゼル燃料に関する化学理論的な解明を完了している。

公開情報は一部です。秘密にしておきたかったものの、

公開しないと水準を想像さえしていただけないという悩みが常にあります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第2世代バイオディーゼル燃料と呼ばれているのはFAMEでないのでインチキです。

バイオディーゼル燃料 BDF とは 脂肪酸メチルでなくてはなりません。


第2世代バイオディーゼル燃料と呼ばれている物は、ジェット戦闘機のようなものです。

FAMEは小さな設備で生産でき、個人携帯可搬型の誘導ミサイルのようなものです。


離着陸に広い空港などの設備などを必要とし、

多くの支援態勢から発進できるジェット戦闘機のようなのが第2世代と呼ばれている実態です。


話題がそれていくので本日はここまで。




新燃料研究所


2007/10/26

道の駅 伊賀 阿山  総合的な お知らせ ・ 御案内
バイオディーゼル燃料に関する貢献が大きい施設が三重県伊賀市阿山にあります。
色んな偶然が重なっている愉快さを笑って楽しんでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

画像から、先日掲載したBDF使用時のエンジン関連故障上位原因の理論に関する分子構造との類似を考察していただきたい。

笑えるほどの酷似性があると考えます。

クリックすると元のサイズで表示します

金属結合をプランジャの燃料供給系や圧縮・爆発空間の関与金属に行なう危険性理論。

共有結合かもしれないけれど、理解をいかにするかでなく。

危険をいかに迂回すべきかの指導項目に関する話題です。



滋賀810さんは、鏃の先が残る(ヤジリ)と表現されました。

クサビが打ち込まれているとの指摘です。


説明のしかた、理解のしかたは化学なので勝手にしていいと考えます。

指導者の新燃料研究所は危険性を認識させる技巧さと、科学性を追究しています。

具体的な方途は複数開発済みです。


新燃料研究所

2007/10/23

バイオディーゼル燃料  BDF燃料使用トラブル参考情報集
Biodiesel Fuel BDF による故障原因は幾つもあります。
分類の判断基準によるものの、約20種類以上を観察しています。
日本でバイオディーゼル燃料の生産が本格的に開始され始めた1995年以降より、実に多くの自動車や発電機などが故障していると伝聞します。

直接に確度高く伝聞した事例だけでも20事例以上あります。
守秘義務のある市職員さんや議員さんに具体事例を説明する勉強会の講師をする事もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

*************** 追加 2007-11-1 **********************************

クリックすると元のサイズで表示します

フィルターで捕捉できないかとの想定外の質問があり、追加します。
ウイルスの大きさに近いと考えて良いようです。

素直な心の初心者ほど脅威なる存在は他にない。
人に教えるのは本当に勉強になります。

****************************************************************


上記画像は新燃料研究所がBDFによるエンジン故障原因の上位と判断する物質です。

水洗浄とか非水洗浄・無水とかいう概念を越えています。
とてもでないけれど遠心分離やフラッシュ・真空減圧乾燥の除去対象ではありません。
当然にフィルタ阻止は不可能です。電気的・電荷的な処理でも完全には無理です。

セラミック溶射されて、研磨されたプランジャならば耐久性があるかと考えます。
意外に高価ではないと考えるのは地元企業を複数知っているからです。

さて、ここに至り Naか? Kか? 悩む人もおられると思います。
私も思わず考え込んでしまいました。電気陰性度を考えていました。

結合が何であるか? その考察前に結晶化なったら?????

上記画像の疎水部分は一例です。炭素鎖が長い場合も当然にあり得ます。

本件は新燃料研究所の技術指導を現に受けている生産所、
公開講座の受講経験者、水口町BDF研究会関係者からの問い合わせに応じます。

知らない人からの無料相談をお断りします。


******************** 関連 2008年6月26日 **************************

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2036.html

新燃料研究所

2007/10/22

菜の花プロジェクト 伊賀市  総合的な お知らせ ・ 御案内
三重県伊賀市で、菜の花プロジェクトがスタートしました。
新燃料研究所や810会、株式会社バイオシステム販売など5名が参加しました。
BDF100%コモンレール自動車や水口町BDF研究会の展示用パネルなどもお貸ししました。

クリックすると元のサイズで表示します

2007年10月20日 伊賀市農業公園農村ふれあいセンターで開催されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

会場の近く、西名阪 治田ICより 花垣小学校を左にして、JAの横を左折すると、
会場である農村ふれあいセンター方面に実に良い急坂がありました。

こんな良い急坂は珍しい、欲しい欲しいと滋賀810さんと話していると同乗されていた市役所の方が 持って帰って!  笑いましたね!

あの急坂はもらった!!

バイオディーゼル100%で、コモンレール車でも旧式ディーゼルでも一気に登れるパワフルさを体験してもらいました。

匂いは少なくパワフルなBDF100%を多くの方に体験していただきました。

何事も深化、進化するものです。
特に化学技術分野は研究を進めると問題が解消されていきます。
製造装置も進化していきます。

新燃料研究所

2007/10/21

バイオディーゼル燃料 変化 劣化 酸化 分子構造理解  化学構造や反応
ベーターカロテン β-カロテン は

新燃料研究所における研究課題として初期に絞り込んだ物質です。

最も好きな物質のひとつと言えます。

化学構造式においてアルファカロテンと見比べると非常に興味ある観察ができます。


クリックすると元のサイズで表示します


酸化防止剤シリーズは基本的に今回で完了にします。

多くの種類があり際限がない、基礎知識は公開できたと考えています。


酸化防止剤シリーズの分子構造による理解において、

共通する観察を発見していただくことにより、

特効薬を追い求めるだけが全てではないのを理解していただきたい。


添加量を調節する、濃度を調整すれば良い。

そして、何より重要なのは使用実績を積み重ねていって副作用の発生を検証することです。


新燃料研究所は◎◎という酸化防止剤を使用している。

そういう事が重要なのでないというのを理解してください。

最適の酸化防止剤だと確信して使用しているのは当然なものの、検証実績が重要です。

これは低温対策剤を含めて、あらゆる関連薬剤にも適用できる重要な核心です。



新燃料研究所

2007/10/20

菜の花 伊賀宝油 伊賀貴油 地域貴宝油  総合的な お知らせ ・ 御案内
伊賀市農業公園農村ふれあいセンターで、菜の花 エコシンポジウムが開催されます。
新燃料研究所 810会 水口町BDF研究会 日本産燃料連合会の仲間であるバイオシステム販売の地元デビューです。

地域産宝油 伊賀宝油 伊賀貴油 伊賀貴宝油 の概念が浮かびました。

この名称は新しい概念であり、地域のバイオマスエネルギーを意味します。

沖縄宝油 北海道宝油 東京宝油 大阪 岩手 広島 富山 ・・・・・
地域名を冠して、宝油 貴油 と呼称していく方向性を着想しました。

総称して、地域貴宝油です。バイオマスエネルギーの日本産概念です。

栽培した菜の花や、回収した廃食用油、アルコール系燃料などを区別する呼称は今後の発展概念です。ともかく、バイオディーゼル燃料を含むバイオマス燃料の新概念です。

BDFと呼んでもいいし、地域名+貴宝油 と考えて呼称していきます。

伊賀貴宝油の誕生です。

新燃料研究所   

2007/10/19

コエンザイム Q10 Co Q10 Biodieselfuel  化学構造や反応
コエンザイムはサプリメントとして有名です。

愛用者も多いのだから効果もあるんでしょう。私は経験ありません。

分子構造を観察すれば酸化防止剤特有の構造があります。


クリックすると元のサイズで表示します


バイオディーゼル燃料の研究を開始してコエンザイムを知り、

それから少ししてからあるBDF専門家からQ10の関連知識は秘密だから口外しないように言われました。

これには困りました。

以前から知っていた事さえ公開すれば裏切りと誤解されてしまうからです。


表現を慎重にしてm過去に詳細に公開研究日誌で記述した事もあります。

最近では新聞でも報道されています。


東南アジア方面では熱帯性油脂から抽出するビタミンです。

抽出後の産業廃棄物なのに高価に購入しすぎていますと助言させていただいた輸入業者さんが幾つもおられます。

国内には価格上昇以前に輸入された在庫が多くあるようです。


抽出後の脂肪酸メチルは特性が個性的なので注意しましょう。




新燃料研究所

2007/10/19

酸化防止剤 トコフェロール トコトリエノール  化学構造や反応
BDFの酸化防止に関する研究は幾つかの注意をしないと無駄な時間を浪費します。

化学の場合には用語法が複数観点より併用されている事例が多いので同じ物質なのか、

異なる物質なのかで混乱してしまう傾向にあります。


クリックすると元のサイズで表示します


画像は滋賀県立大学の山根先生が幾度も記述されている α-トコフェロールです。


私は上記物質を知った時、別の近縁物質を複数追究していて混乱でなきそうでした。


クリックすると元のサイズで表示します


時間的余裕があれば説明したいものの、

公開研究日誌に掲載予定記事が大幅に沈滞しているので困っています。

***************************************************

自分の机の上などから探すのは不可能な散乱なので公開研究日誌が私の備忘録です。

掲載したら前後資料は廃棄します。

来客あれば はい! 渡しています。



新燃料研究所

2007/10/18

バイオディーゼル原料 油の変化 分子構造で説明 2  化学構造や反応
バイオディーゼル燃料の化学理解を3次元で行なう

という新しい試みを新燃料研究所は公開しています。


文字や記号などでなく、見た瞬間に理解できると考えています。

クリックすると元のサイズで表示します


画像の油脂に苦闘したBDF生産所は多いようです。

分子構造で理解すれば納得いかれると思います。


一部の文献には E C という図の説明があります。

E は3本のトリグリ、Cは両端だけのジグリ。

分子構造を見れば なるほど。。。。



新燃料研究所

2007/10/18

BDF原料 廃食用油 新しい変化を分子構造で説明 1  化学構造や反応
原料が何か違っている。 

そういう変化を相談される生産所が増えてきています。

以前にこの公開研究日誌で注意を呼びかけたことあります。

理解できたので整理しました。


BDF原料 廃食用油 新しい変化を分子構造で説明 1

クリックすると元のサイズで表示します


原料における含有率で、

アンダーピッチ 水洗浄 低温特性 パワー などに反映されます。


新しい植物油の流通は複数あります。

今回は分子を小さく設計して、吸収・代謝されやすくした商品です。


分子が小さいのでエネルギーになりやすいようです。

炭素数が少ないと理解しても良いと考えます。

以前から含有されていた特定成分の濃度を高めたと考えても、近似理解と考えます。



新燃料研究所

2007/10/17

日本産燃料連合会  総合的な お知らせ ・ 御案内
過去の反省と未来への準備という時間軸で考えれば、日本産燃料連合会の方向性が見えてくるかと考えます。構築すべき方向性を発見する作業が必要かと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

定義の起点は、品質確保法だと考えます。
脂肪酸メチル、FAMEが概念の根幹に必要だと考えます。

第2の原理は、精製毒水の無毒化などの環境適合生産方式を前提とする。
現在は実現できていない生産所でも、公害垂れ流しの犯罪性を改善する具体的計画を有する必要があると考えます。

******************************************************************************

今後、2年か3年か? あるいはもっと時間を必要とするのかも?
日本産燃料連合会という 新鮮なアイデア を進化させていくのは意義大きいと考えます。

第3の原理として、アルコール系燃料を包含させていく理論構築も必要かと考えます。

備長炭 化石燃料 SVO 灯油混合 軽油混合 などは思想性原理からして無関係でしょう。


新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ