左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2007/12/28

びわ湖の異変 地球温暖化  
びわ湖に異変があるようです。
地球温暖化によって降雪が少なく、冷たい雪解け水が少ないと湖底に酸素が供給されないという解釈があるようです。

http://www.pref.shiga.jp/hodo/e-shinbun/dc31/20071207.html

水草を食べる水鳥の大量死も発生しているようです。
富栄養化で繁茂した水草の毒性が原因と推定できるようです。

湖底に酸素が少なくなると、沈殿吸着されていた栄養分が湖水に吐き出される化学作用も予想できるようです。

びわ湖関係や地球温暖化の情報には注意を払っていきたいと思います。


新燃料研究所

2007/12/28

バイオディーゼル燃料の技術階段  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
バイオディーゼル燃料の技術水準は明確です。

FAME:酸化防止剤入:低温対策剤入 > FAME:低温対策剤入 > FAME > BDF > SVO

*******************************************************************************

燃料としての技術水準の話題であり、生産所の話題ではありません。

生産所の話題としては水処理がキチント責任ある処理できているのかなどがあります。


新燃料研究所

2007/12/27

不都合な真実 レンタルビデオ店で借りられます。  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
不都合な真実 An Inconvenient Truth がレンタルビデオ店で、DVDレンタルできます。
詳細です。少し時間が長くて集中しきれません。

インターネットでダイジェスト版があります。以下のURLです。

http://www.futsugou.jp/

*******************************************************************************

地球温暖化に関しては新燃料研究所が出演している下記があります。

2007年6月6日 日本テレビ ザ! 世界仰天ニュース! 
http://p21.4cast.co.jp/variety/gyoten/past/20070606_3.jhtml?1=1

*******************************************************************************

年末・年始の家族DVD鑑賞におすすめです。


新燃料研究所

2007/12/25

酸化生成物 アゼライン酸  化学構造や反応
脂肪酸の酸化進行の話題を続けます。今回は9位に関して考えてみました。

アゼライン酸 azelaic acid スキノレンが生成する場合も考えられるのが理解できました。

クリックすると元のサイズで表示します


アゼライン酸は育毛剤やニキビ治療薬として使用される化学物質のようです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

考察はあくまでも理論的な考察であって、

生成物がただちに有用物質であるとまでは意味しません。


脂肪酸が酸化する過程を考察する意義は、

どの段階で有用物質として利用するのかを判断する材料です。


何もせずに放置すると物質変化:酸化によって化学特性が変化する。

危険性なのか?

可能性なのか? 

蓋然性を指摘して、

酸化防止剤の使用が必須である現実を理解する前提知識を提供しています。




新燃料研究所

2007/12/24

酸化の進行 ヘキサナール hexanal  化学構造や反応
脂肪酸の酸化進行を、前回の13位に関して考えてみました。

アルデヒド類である、ヘキシルアルデヒドに変化するようです。


ヘキサナール Hexanal

カプロンアルデヒド Capronaldehyde などの呼び方もあるようです。


クリックすると元のサイズで表示します


鹿肉の脂質が酸化するときの臭いというインターネット情報がありました。

ああ、やっぱりあの強烈なアルデヒド類と思っていたのは正解だったのか

と狩人でもある私は感銘しています。


標準試薬を購入せずとも特定できる体験化学物質です。

バイオディーゼル燃料の研究に没頭してから、狩人は休養中状態が続いています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ヘキサナールが最終物質ではないと考えます。

酸化の条件によっては短鎖物質に変化すると考えています。

理論的には、最後は二酸化炭素になっていく方向性があると考えています。




新燃料研究所

2007/12/21

脂肪酸の酸化  化学構造や反応
魚油からのバイオディーゼル燃料化に関連した話題です。

過酸化物の調査を進めていた2004年頃には理解できなく苦しんでいました。

量子化学のソフトで軌道計算してみたら即理解できました。


クリックすると元のサイズで表示します


2重結合が1個の場合と2個の場合とでは酸化の度合いが10倍も異なるそうです。

2重結合の箇所が少ない方が酸素による影響を受けにくい。


クリックすると元のサイズで表示します


特定の部位が影響を受けやすく、構造に変化があるようです。

13位 9位 どちらになるかは特定できないようです。


クリックすると元のサイズで表示します

ここからさらに変化は進行し、鉄や銅などの金属や、

魚肉・動物性肉などに含まれる成分が酸化触媒能として高い作用を及ぼすそうです。


基礎的な理解を行なってこそ、

より効果のある酸化防止剤などの探究ができると考えています。

ある生産所と同じ薬剤を使用しているというだけで満足してはいけないと考えています。




新燃料研究所

2007/12/19

魚から漁船燃料 魚油燃料  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
読売新聞の報道によれば魚から燃料を作る研究開発に水産庁が着手するそうです。

50トンの魚から8000リットル、ドラム缶40本分の燃料化が見込まれているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

新燃料研究所の調査・研究では1941年には日本で漁業用の燃油にイワシ油からBDFを作っていたようです。


BDFの歴史 新燃料研究所 研究資料より抜粋

http://newfuel1.com/biofuel/bdf.htm

*******************************************************************

当時は焼玉エンジンだったので粗製であってもよかったのではないかと推測します。

最近では廃食用原料からのBDFを使用した船が琵琶湖で漂流したようです。(平成16年9月21日 11時35分 沖島周辺)

過去数年に幾つかの魚油原料BDF生産所が補助金を受けて誕生しているのをインターネット情報から知っています。あるひとつに実際に見学にいった方からは『あれでは全然ダメ』と聞いた経験があります。いろんな水準が混在しているようです。

魚油原料の場合にも原料特性配慮の幾つかのポイントがあるように思います。

どなたか新燃料研究所に依頼してみませんか?

開発競争に勝てたら良い企業宣伝になり、海外にも技術や装置を売り込めると考えます。
自信は充分にあります。

既にニワトリ脂からのBDF実績があります。
酸化防止剤の複数の実績あります。
低温対策剤・流動点降下剤も各種の実績があります。
化学構造式も読み書きできます。

生分解性が90日程度とされているBDFの保存を400日以上達成しています。
ガスクロ分析装置も2式所有しています。 GC-TCD GC-FID です。
自動車で30分程度にガスクロ質量分析装置を有料使用させてくれる施設もあります。

ステンレス加工は自前工場があります。
医化薬プラント設計・製作の実績は多数あります。
電気制御も回路設計・盤内配線もできます。

水産庁にまけない魚由来BDFを作ってみたいもんです。
必要なのは原料の魚と資金です。


新燃料研究所


2007/12/18

バイオディーゼル使用への移行期の話題です。
市販軽油とBDFを燃料タンク内で混合させてはいけません。
市販軽油とバイオディーゼル燃料の混合は事前に所定の申請手続きなどを行なってのみしなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

画像は先日に実際あった事例です。
車検証に廃食用併用と記載してもらい、完全無欠主義の方の事例です。

携帯電話に入電:西名阪の壬生野を降りて、三重県伊賀市阿山高校の校門前でガス欠。
完全にBDF100%給油とするべくして・・・・・・

西名阪での燃費目論みが誤算であったようです。
数リッター不足で座礁??

********************************************************************************

普通は燃料補給ランプが点灯してからしばらく走行し、停車状態で燃料フィルターへのホース部を外して残燃料を抜き取ります。

私の日産ホーミーの場合は車内の運転席後部の下部にある燃料フィルターを取り外して、手動真空ポンプを利用し、落差を利用したサイホン式で抜いた時もあります。

多く残っていると時間がかかりすぎて馬鹿らしく、真空ポンプやブロワの吸引部・電気掃除機を利用して抜くように考案・工作した雑多な道具類がいろいろあります。

ドラム缶からの廃食用油の円滑な輸液を求めて減圧や加圧など幾つも自作しました。
圧力計を付けていながら、安全弁の必要性を認識しながらも怠惰でつけずに使用していたところ、操作間違いでドラム缶を膨大させて危険性を認識してからは加圧系は中止しました。ドラム缶がドラエモン化してしまいました。一瞬で膨れます。

********************************************************************************

話題を戻して、
車種によってはアイドリング状態でないと抜けない事例があり、燃料フィルターから燃料タンクへのリターン側から抜く場合もありました。ワーゲン ルポがそうでした。
電磁弁か電動燃料ポンプがあるようです。

この時、リターン燃料がこんなにも温度高いのかと驚きました。

********************************************************************************

どこまで厳格に解釈して実行するかです。
自動車の構造上に由来する場合はガス欠エンストまでさせなくてもいいのではないかと個人的には考えています。

市販軽油には元売段階で、BDFが5%混和されていても軽油として販売しても適法である現行制度を考えてみると、燃料フィルター内に残留する市販軽油程度は問題ないと考えることが可能です。95%以上がBDFならば初回濃度としては実務上問題ないとの私見解釈です。

解釈はあくまで当局の解釈が唯一のものであって、私見と一致するとは限りません。

********************************************************************************

市販軽油からの移行においてガス欠までさせてしまったら、ポンピングという体力勝負です。ワーゲン車の場合はゴルフもルポもスタータを始動させる強制空気抜きという方法でした。意外と早く始動できます。

画像のBDF100%車は排気温度計や油温度計などが特別装備されています。
市販軽油との差異として、BDFの特長がいかにでるのか楽しみです。
既に、車内音の静粛さに驚かれています。

第1回目の燃料フィルタークリーンカットが楽しみです。

酸化防止剤入り、低温対策剤入り、冬仕様BDF100%です。


新燃料研究所

2007/12/16

炭化水素とME  化学構造や反応
軽油取引税は炭化水素に限定されていましたけれど、

FAMEを5%混合させていても軽油として販売できるとされるのが現行制度です。

この時、

軽油にFAMEが混合されていると明示しても、しなくても構わないのが現行制度です。

無論、

事前に許可を得て混合しないと全量課税になるという現行制度を忘れてはいけません。


クリックすると元のサイズで表示します

ガソリン、灯油、軽油は炭素鎖の長さが近い成分を精留という方法で原油から抽出されて作られています。

沸点の異なりを利用して、炭素鎖の短い成分が早くでてくるのです。

沸点の近い成分の混合物となります。


クリックすると元のサイズで表示します


FAME Faty acid Methyl Ester 脂肪酸メチルエステル というのが正式名称であり、

構造を厳格に表現した呼称です。公認されたバイオディーゼル燃料はFAMEです。


クリックすると元のサイズで表示します


酸素を含んでいるので、有酸素燃料とも呼ばれる場合があります。

ME部の量子化学的な解釈を行なった、

電荷の特長ある金属部への吸着・潤滑特性向上に関しては過去の公開研究日誌で幾度も公開済です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

化学は多様・多彩な表現方法があって、適時に表現されます。


クリックすると元のサイズで表示します


BDFに炭化水素が含まれるのか?

この質問には過去に幾度も悩まされています。

FAMEと炭化水素油の混合した、B5 B20 などの話題なのか?

FAMEの構造における炭素と水素を考慮・理解できた方からの質問なのか?


化学の質問は自分の理解水準を明確的に伝えないと回答を得るのは少ないです。

どういう内容に関する説明を求めているのかを明確にしなければなりません。

返答しようがない場合が多くあります。

できるだけ逆質問せずに返答するのが一流だと考えています。


相手の冒しそうな誤解を含んで整理して回答すべきと考えています。



新燃料研究所

2007/12/13

バイオ燃料と燃料フィルター B100  BDF燃料使用トラブル参考情報集
バイオディーゼル燃料100%に移行した場合に必ずすべき手順があります。
燃料フィルターをクリーンカットして顕微鏡観察します。
目的は自動車の故障を未然に防ぐ為です。

BDF性状分析の品質検査項目の数値が良くても、実車の状況を確認するのが必要です。
品質確保法で決められている数値は多くの方々の叡智の結晶だと新燃料研究所は高く評価しています。

経済産業省における、総合資源エネルギー調査会石油分科会石油部会燃料政策小委員会規格検討ワーキンググループの業績は高く評価されていくと確信しています。

********************************************************************************

話題を戻して、品質確保法の項目だけでは不足です。
ある意味、そんなに経済的余裕ない状況で品質確保法は現実から乖離してしまっているといえます。しかたないことです。

さて、全国各地のBDF生産所からの現物を多く所有している新燃料研究所からの公開情報です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

高性能の光学顕微鏡であれば詳細が観察できます。
何が捕捉されているかまで見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

第1回目の観察では 市販軽油によるガム物質を燃料タンク内から除去できているのかを主として観察します。

第2回目の観察では 除去が完全であるかの確認と使用BDF品質が適正なのかを主として観察します。

第3回目の観察を省略する方もおられますけれど、この3回目が重要です。
酸化防止剤が入ってなかったり、不適切な品質であるかが判明します。
軽油のガム質と混同される場合が多いです。
推測は勝手に好き放題できます。
分析を化学的な測定ですべきです。

********************************************************************************

過去に幾度も公開していますけれど、
3万キロ 6万キロ程度しか有効でないBDF技法は幾つもあります。
自動車はレンタル・リースだから安い燃料が欲しいと明確な方もおられます。

そんな水準と新燃料研究所系統は全く異次元です。

********************************************************************************

燃料フィルターのクリーンカットの3回目が冬であれば、BDF原料がパーム系や動物系原料が多く入っているのかが判明します。


ほんのささいな観察を怠って自動車が壊れます。

クリーンカットしないで、金属ノコギリで切断しては見落とす場合があるので御注意。


新燃料研究所

2007/12/11

秋頃、雑談中にある地方の大規模BDF生産所が故障車を幾台か発生させたとの伝聞を聞きました。こういう風説は多いので、どなたとの会話かさえ記憶していません。

ところが、現地にいって来た人から直接に話しを聞きました。
どうやら、透視度は悪く、つまり反応率と精製度が悪い。
さらには酸化防止剤も使用されていなかったそうです。
故障の程度は不明です。一時的な不動なのかな?

水洗浄系だとのことで、致命的な故障ではないはずです。皮肉な事に、水洗浄系の場合には脱水不足・水残留があるから助かっている事例もあると考えています。

*******************************************************************************

風説にはいろんな種類があって、よほどの公開利益があると考えられない限りは終着駅と各自がなすべきかと思います。

大規模生産所の建設は過去から幾度もあります。
周辺のBDF生産所は原料収集に影響でないか心配になります。

地域一番の品質や、洗浄廃液の処理をキチントしておけば心配しないでいいと思います。
スケールアップして、品質も維持できるほど化学反応は甘くありません。

BDFの作り方、BDF生産装置の製作のしかたを世界各国のインターネット公開情報で知る事ができます。

故障要因・故障防止・品質検査・簡易品質検査・公定法準拠検査方法・理論・解釈
そういう観点も大切にしていただけたら幸いです。

新燃料研究所系統は閉鎖集団を目指しているのでは全くありません。
官庁・行政・NPOが心を広げて、耳を広げ、目を開けて、鼻を使ってBDF品質を各自の良心に従い、真理にめざめた科学者となっていただける日を待っています。

準備し、鍛えています。
地域に貢献できます。

********************************************************************************

BDF生産装置、俗称 釜 カマ : 大きくさせるほどにBDF生産装置の稼働率は極端に低下します。
日本でBDFの生産が開始されてから今日まで、幾つの大きな生産所が残っているのか?
規模拡大を電卓計算した結果だと考えます。

最後に生き残れるのは基礎が強固な生産所だけだと考えます。
基本が修得されていないと試合数をこなすだけでは無理です。

********************************************************************************

風説ではなく、アルコール燃料の今後がどうなるのでしょうか?

5%なら、確実に5%の化石燃料の売り上げが減ります。
大手流通が外国産アルコールを購入して混ぜて、消費者への価格が同じとできるのかな?
無印とか呼ばれる大手でない輸入業者さんや独立系GSとか呼ばれる方々の活躍の場となるのでしょうか?

そんな、活気か混乱か判断できかねる事態が来るのでしょうか?

国内開発にしても規模や内容の特殊性から特定大企業しか参加できないと思います。
話しを大きくしているだけでないのかと不思議に思います。

BDFでも、採算性を無視した生産方法は幾らでもあります。
並列的紹介をしてしまう人が多くおられます。
ある程度の採算性や技術可能性を考慮すれば並列羅列なんてできないと思います。

アルコールに限らず、世の中に無いのは採算性が悪かったり、不自然だから存在しないのであって、珍しさが優秀な技術だとは考えません。


京都議定書の実現は大切な国際約束であり、国際的な約束事は国内向けの政策表明よりも重いものがあるとも考えられます。

一部大手企業にしか関係しないようなアルコール導入は異業種の大企業から理解を得られるのかという疑念があります。

何がどうなって、こうなってきているんでしょ? わからない。


くどいので、あまり繰り返したくありません。
新燃料研究所系統は一切のホース類・パッキン類は無改造です。
オリジナルに対応するのが本流と考えています。

噴射タイミングを含めて、何を含めても結構!
一切 無改造で コモンレール対応しています。

何かがない 何かがある。
それは当然です。

採算性は全く変化しません。
原理の発見だけです。


新燃料研究所

2007/12/11

化学から何を学ぶのか  化学構造や反応
バイオディーゼル燃料に役立てる予定で計算化学を探究しています。
とりあえず、人生教訓のような知見を得る事はできました。
化学苦手の方も、しばし読み進めていただければ幸いです。

クリックすると元のサイズで表示します

炭素と炭素が結合しており、それぞれの炭素には水素が結合しています。

クリックすると元のサイズで表示します

量子化学のツールの使いこなしとしては初心者です。
無知であった私としては、すごいのがあるよ!

さて、左右の炭素に結合している水素の位置に御注意。
花弁の位置がズレているでしょう?
これをネジレ角と呼ぶそうです。

自分の手で計算して表示させれば不思議に理解した気分になります。
とっても素直な知識としてストンと入ってきます。


異性体という話題は別にあります。

小学3年生の子供が偶然に描いた物質が異性体であって、数分説明したら理解しました。
おそるべし! パソコン!

一応、シス トランス の融点や沸点まで概要を説明しました。

何でもいいや! 楽しいからといいながら・・・・・ 
これは端の炭素から3番目だから、3−ol だなとかおっしゃっておられる小学3年生!
まけている父です。

新燃料研究所

2007/12/10

化学の進歩  化学構造や反応
どんな分野でも進歩します。

化学の分野も過去10年で飛躍的な発展を継続しているようです。

機械設計の分野では少し早く、

20年ぐらい前からパソコンの利用で飛躍的な発展が始まっていたと感じています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

パソコンの処理に応じて構造が変化していきます。

県立図書館に平成10年発行の本をリクエストして、

借受けた内容を読んでいると例示の計算数値がヒトケタ小さい。


Win95の時代で数分と記述されている。

私のXPで実行させたらコンマ秒で処理できている。

しかも、計算精度が一桁以上も向上しているようです。


化学ツールの使いやすさは慣れが必要なCADのようなものかと感じています。

小学校3年生と5年生の子供達は ブタン とか言って描いて遊んでいます。

3次元構造の最適化をよく忘れて奇妙な構造を描いています。


原子の個数が少ないと、ある程度構造最適化がクリック1発でできます。

領域を指定してクリックすれば原子の種類と数から化学物質名を勝手に表示してくれます。

表示された物質名を見て、

本の索引からどんな化学物質なのか該当ページの記述を読んで、眺めています。


理解できずとも絵として遊んだらいいと考えています。


来年の夏休みの自由研究はこれにしようかと相談しあっている子供達です。

子供達が使えているのは、

いわば化学方面の単なるワープロであって、

構造最適化はこういうツールでしかできないよと量子化学ツールを見せて説明しています。

小学校3年と5年が大学受験用の化学参考書を広げて、こんどはこれ作る。


笑えますよ。自分達で3次元化させて遊んでいます。

とてもおもしろいゲームを見つけたように熱心に遊んでいます。



新燃料研究所

2007/12/8

アンダーピッチ買取予告  総合的な お知らせ ・ 御案内
反応後の静置分離における沈降層、アンダーピッチの買取を予告します。
下部グリセリン含有層の話題です。
誤った表現では、グリセリン買います。アルカリ残留やメタノール・メチルアルコール残留でも可。と誤表現できます。
下部グリセリン含有層は大変に危険で処理が難物です。

残留アルカリ・残留メタノール・過酸化物の異常値を個別対応するのは既に可能なものの、採算性より当面は適切アルカリ量・アルコール量算出ソフトを購入された方を優先します、

受け入れ態勢が未整備なので実際購入は数月先になると思います。

非常に満足いく実験に成功しました。

この装置はレンタル・リースのみでリバースエンジニアリング・分解・解体を一切禁じる予定です。


新燃料研究所

2007/12/5

バイオ燃料を巡る動き  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
バイオ燃料にはガソリン代替と軽油代替があります。
ガソリン自動車用とディーゼル自動車用です。
炭化水素の長さ、炭化水素鎖の長さによって特性が異なります。

ガソリンのように炭化水素鎖が短い成分が多いと低温流動性が優秀であり、
軽油のように炭化水素鎖が長い成分が多いと低温流動性が悪くなるものの炭素数が多いのでガソリンよりパワーがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

炭素と水素だけで構成されていると電気が通りがたく、電導性が低くなります。

インドネシアなどからの東南アジア地方の原油は硫黄分が多く、航空機燃料に適しているとされていた時代があります。硫黄分が航空機燃料の潤滑性に大きく関与していたようです。

ヨーロッパではジェット燃料にバイオディーゼル燃料を添加するという報道がありました。公開特許に静電気を逃がす目的でバイオディーゼル燃料を添加してジェット燃料の電導性を確保すると明示されているのがあります。

**************** 参考 誘電率 ************************************************

水  80.4
硫黄 3.4
大豆油 2.9 〜 3.5
ガソリン 2.0 〜 2.2
灯油・ナフサ 1.8
空気  1.00059
真空   1

********************************************************************************

静電気があれば潤滑オイルが金属表面を覆い難い場合もあると考えられます。

このように、何かの電導性特性が存在する必要性からもバイオディーゼル燃料は非常に優秀な潤滑向上剤ともなるようです。

酸性雨の危険防止より、SoX 硫黄分の大気排出は制限されて来ています。
潤滑性は燃料の電導性という観点からも考える重要性があるようです。

エステル結合部はまるで接地効果、アース特性も発揮するようです。
静電気が少なくなれば吸着性が向上すると考えられます。

********************************************************************************

エステル結合部分が存在するからこそ、バイオディーゼル燃料は高潤滑性、高燃費。静粛性、エンジン寿命向上などの特長があるようです。

わざわざ炭素と水素だけにしてしまっては本来の特性を除去してしまいます。
BDFの炭化水素化は低温特性を追究する結果に本来の能力を喪失させます。

FAME 脂肪酸メチルの持つエステル結合部分 酸素 があってこそバイオディーゼル燃料の特性・長所が存在するのだと御理解下さい。

この周辺のBDF理論に関する文献等は知りません。
つまり、新燃料研究所の独自解明理論です。

エステル結合部の分子軌道計算による電荷や、有酸素燃料などの理解体系です。
関連文献情報などが見つかりましたら御連絡いただけたら幸いです。

今後、機会があれば二重結合や側鎖に関する理論公開も検討中です。
多くの方が知りたいのはこの部分かと推察しています。

足の踏み場もない実験場で一斉実験を行ない、共通性を再現性の確度とともに探究し、
現象から原理を探究して薬剤を絞り込んでいく新燃料研究所の追究姿勢は不変です。

洗浄廃液の無害化の探究で修得した研究姿勢です。

分子軌道計算の計算化学の恩恵で急激な効率化が進んでいます。
量子化学は素敵な学問です。


新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ