左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2008/2/29

jatropha に関する報道が増えています。

話題として、今後ますます大きくなっていくと考えます。

貧困な地域にとって、とても魅力あるテーマだと考えます。


クリックすると元のサイズで表示します


栽培によるクレジット獲得と油脂売却、さらには燃料化などの付加価値を目指すなど多様なようです。


CDMを狙うのならばよほどの労働費が安価でないと栽培と採油効率が低いと思います。

地域経済に貢献できるとされつつも安価な労働力を前提にするのは旧時代の国際分業時代に逆戻りするかのような印象も感じます。

現地に利益が多く残ればと願っています。



新燃料研究所

2008/2/29

Jatropha の業界が世界的に構成されようとしているようです。

ジャトロファの潜在的可能性は大変高いと考えています。

問い合わせには、現段階での準備資金としては少なすぎると思います。

とお答えする場合が多いです。

不思議なほどに熱情的な思いのある方が多いようです。


クリックすると元のサイズで表示します


ジャカルタでの会議では350名、40ヶ国からの参加があったとのことです。



新燃料研究所

2008/2/29

雪の中のバイオディーゼル車  BDF使用報告
2008年2月24日の降雪量は20年ぶりかと思います。
雪質もサラリとしていて、過去にはなかったパウダー感があります。

クリックすると元のサイズで表示します

2006年 2007年 過去2年は雪が少なくて低温実験の一部が実施できませんでした。
冷蔵庫、冷凍庫での実験では不可能な項目があります。
一斉同時比較実験や温度勾配の現実観察です。

実験室試験は当然に有益で必要です。
実験室試験は想定条件が規則性ある温度下降であるのに対し、フィールド試験は ゆらぐ 条件下での観察です。

どちらも重要であり、必要です。

***************** 2008 2 29 **************************************************

やはり、実験室での低温特性評価とフィールドでは異なる結果が観察できた薬剤が出現しました。

深夜にならないと気温が下がりません。
マイナス5度において、問題になる日とならない日がでてきました。
冷凍庫試験ではマイナス10度近くまで問題ないと判断していた薬剤です。
濃度を変えての同時実験は当然です。

他の低温対策薬剤群は全く問題の気配さえ観察できません。

後日に画像を公開します。


新燃料研究所

2008/2/28

コモンレール  自動車
コモンレール車にバイオディーゼル燃料を使用した結果の事例を考える時に注意しなければならない幾つかの事項があります。

1:故障したのはコモンレール車だからなのか? 旧式ディーゼル車でも同じなのか?

2:エンジンを止めないで作業する型式なのか?

3:給油タンク内に空隙が大きな状態のまま、ほとんどエンジンを稼動させていなかったのでないのか?


クリックすると元のサイズで表示します


バイオディーゼル燃料に起因する自動車故障の原因は幾つもあります。

説明を理解するには前提になる化学知識が必要となります。


希釈されたバイオディーゼル燃料、低濃度BDFだから大丈夫だと誤解する人が多いようです。

リターンのないコモンレール方式でも燃料劣化は発生します。


新燃料研究所

2008/2/28

食物との競合に関しての反論  ジャトロハ 油莎豆 藻 Algae パーム その他
マスコミ報道の極端な流行には深刻な被害を心配します。
現実がどうなのかでなく、報道されてしまえば被害復旧に時間がかかります。

クリックすると元のサイズで表示します

根拠なく批判と指弾されたくないものの、インターネット情報で知った範囲での話題です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

例えば、

降水量の少ない 荒地 が条件ならば・・・・ 雨が降ったらどうするの?

ジャトロファ ヒマワリ などの報道の真偽は不明なものの当事者が沈黙しているから、

ああ 深刻なんだと判断するのが新燃料研究所です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

植物との競合・密林伐採に関して。

1:農民の立場

農民のイメージは日本の江戸時代とするのが私です。

現実は自家用飛行機から、雇われ身分まで広義とします。


サトウキビ を栽培しているとします。

砂糖相場が上昇すれば砂糖にし、砂糖相場が下がればバイオ燃料の原料に販売するのは生産者の自由であり、生活の選択です。

子供に教育を受けさせ、病院にも費用が必要です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2:バイオディーゼル燃料にする加工・販売業者の立場。

食料と競合して原料入手できなくては事業が成立できません。

食料相場と競合しない、変動しない原料が必要です。

東南アジアでは免許の取り消しさえ検討されているそうです。

80免許、90免許とされていながら実際の稼動工場はヒトケタ、5工場程度らしい。

しかも、ワイロ要求などで撤退する企業もでているとのインターネット情報です。



3:国家、国民の生活に責任ある立場。

食料作物生産可能地での、非食用植物の栽培禁止。

食用作物の燃料化禁止。

幾つかの国で立法されているようです。

オーストリアの州には、ジャトロファ栽培禁止の法律ができたそうです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

あまりに話題が広範囲なので、何を記述したかったのか忘れかけています。

日本でも新名神などができて便利になったようです。
山野を削り、海を埋め立て、先進国は発展しています。


原子力発電の恩恵で朝からシャワー、深夜にバスタブで音楽を楽しむ。

文明社会とは快適なようです。



食物との競合はしていません。

農民から農産物を安い価格で買い上げて、付加価値をつけて事業を構想する人は食物と競合しない安定した原料が毒植物だと・・・・

合理的な矛盾ない説明です。


地産 地消 現地の気候風土に適すればいいだけです。

マイナス 幾度なんかありえない、地域特性を無視した話題なんかインチキです。



新燃料研究所

2008/2/26

雪の中のコモンレール車  BDF燃料使用トラブル参考情報集
燃料特性を検証するには残燃料を抜き取る必要があります。
燃料タンク内だけでなく、燃料フィルター内にさえ残存がほとんどない状態にさせるとエンジンは予告なく停止します。

クリックすると元のサイズで表示します

画像のようにコモンレール車の場合にはエンジンを動かしながらリターンから抜いています。温かい燃料であるので酸化防止剤を使用していないと燃料劣化が早いだろうと感覚的に理解できたり、パイプ内部の点検も兼ねられます。

クリックすると元のサイズで表示します

画像の車はバイオ会 ・810会 会長の滋賀810さんのコモンレール・ベンツです。
新燃料研究所の関係するバイオディーゼル燃料100%使用車においての標準仕様です。

つまり、無改造・ホースやパッキン類の交換は全く皆無。
バイオディーゼル燃料 100%使用。
原料は回収した廃食用油で、業務系混入。
酸化防止剤・低温対策剤添加。

水洗浄をしているのでホースやパッキン類を攻撃する成分は極端に少なくなっています。
化学反応なので当然の結果です。10分の1 ナノ そのウルトラ微細な粒子が燃料の数倍の体積で幾度も残留化学物質を清めます。

微細なのはナノ以下サイズで、しかも極性物質。

水洗浄の優れているのは、
非水系・無水系より、表面積の吸着や電荷交換において圧倒的に効率高く、微細です。
普通に目で見える粒子を使用するのが非水系・無水系です。

吸着系と電荷単極性の組み合わせなどがあるようです。
多くの場合は、非水系・無水系は清浄能力に限界があるので軽油混合使用が前提です。
埋め立て副産物が発生しているようです。

水洗浄の場合、
清浄物使用量は洗浄対象であるBDFの数倍あるのが確実です。微細であり、多量。
非水系・無水系にはない特長が幾つもあります。
メトキシドの攻撃力を簡単・確実に喪失させます。
極性を両方持っています。
したがって極性物質ならば清浄できます。
その化学特性を有するのは 水 です。

他に優れた技法があれば変更します。
精査していますけれど、水洗浄の優秀さに代わる技法は発見できていません。
水ほど小さくて、吸着立体能力が高い物質は知りません。

確実・安価・簡単
必要なのは適切な化学知識と生物知識です。

最終無毒検査は金魚やメダカのエサにします。
新燃料研究所の無毒技術は安価で安全で確実な特殊技術です。
BDF向けに洗練させた点が誰とも・どことも異なります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2008年2月 当時は洗浄毒水処理に微生物処理を中心としていました。

その後、毒物の正体と分離・無毒化が短時間で行えることがわかりました。

2014年には、

工業排水の処理技術資格である、公害防止管理者 水質 第1種 に合格しています。

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/4032.html

   知識がないと、

   洗浄排水処理をできないこと。決め付けてしまいます。

   確実で迅速処理するのは不可能だと思い込みます。

   有名なBDF製造所でさえ、下水へ処理不足の乳化状態で垂れ流ししている事例

   があります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



新燃料研究所

2008/2/25

テキサス製油所の事故 2008  原油・石油・エネルギー
今回の101ドル越え原油高の原因は3要因あると関係者は観測しているようです。

1:ベネズエラの対米輸出停止への言及。

2:テキサスでの事故。

3:来月上旬、OPECの生産目標数値維持の観測。


クリックすると元のサイズで表示します


多くのバイオディーゼル燃料生産所は市販軽油価格への関心が高い。

全量を自家消費する生産所が多いものの、購入していれば幾らになる・・・・・


バイオディーゼル燃料を自家消費する場合は市販軽油価格で考える事ができます。

品質を向上させて自動車故障の危険を下げましょう。




新燃料研究所

2008/2/24

国民一人当たり 炭酸ガス CO2削減  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
日本における二酸化炭素・地球温暖化防止の国民運動として、一人当たり1kgの削減目標の話題があるそうです。

軽油1L 当たり 2.64kgの二酸化炭素ガスがでるそうです。
関連記述の一部は以下に表があります。

*************** 炭酸ガスに関する表 *******************************

2007/11/27 22:24
排出権取引を理解する予備知識 温暖化ガス 財源  
入門・初心者・初級 BDF基本知識解説

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1876.html

リンク先変更作業モレでした。 2009-10-12

********************************************************************

4人家族ならば、1日あたり4kgの削減を行いましょうという場合において
ガソリン車からディーゼル車に変更して、燃費が良くなった分の炭酸ガス削減効果があります。

また、バイオディーゼル燃料の市販軽油への混和規制が緩和されていけば大きな削減が可能性として見えます。現在は市販軽油への混和は脱税行為として違法であり、事前の適切な手続きを行なった場合に認められるという規制が存在しています。

バイオディーゼル100%使用に関しては特に許可なく認容されていますけれど、燃料品質に消費者が配慮しないと自動車が故障する事例が多く発生しています。


新燃料研究所

2008/2/23

黄連木という樹種からもバイオディーゼル燃料が可能だというインターネット情報があります。種子ができるまで20年という記述も見つけました。早熟の仲間があるのかもしれないです。酷似している樹木は日常で散見しているように思います。

クリックすると元のサイズで表示します

以前から、タラ・ハゼなどの樹木からも採算性は別として、バイオディーゼル燃料にできるのではないかとの印象を抱いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

多くの実績があると報道されているものの、小さい粒を採取するのは大変な事だと苦労が偲ばれます。

原料油脂によってバイオディーゼル燃料の加速感などが異なります。
少量しか生産できない採算性悪い原料だからといって否定できない側面を知っています。

オリーブで100L以上のバイオディーゼル燃料を生産してマニュアル車、オートマ車で走行検証したことあります。実に上品な加速でナタネよりも満足できました。

オウレンボクの生物柴油はどのような加速感なのか試してみたいものです。


新燃料研究所

2008/2/22

オイルサンド  原油・石油・エネルギー
バイオディーゼル燃料の知識は化石燃料そのものへの理解をも必要とします。

原油の埋蔵量は枯渇するといわれつつ、

時代の条件変化で食いつないでいるようなものかと評する場合もあるようです。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


オイルサンドの存在は以前から有名です。

膨大な潜在量があるそうです。

私の居住する地域には泥炭を掘った横穴が朽ち果てて、

子供の頃には近寄らないように教えられました。



資源価格が高騰し、技術研究の成果に夢がでてくれば挑戦者が出現するかもしれません。

この時、特定の研究企業などに優先的な補助金などで助成するという考え方もあり得ます。


しかし、公平競争の前提を歪めてしまえば技術開発は成功困難です。

技術適者生存でなく、市場経済適者生存となってしまう危険があります。

累々たる、開拓者の挫折が残るだけとなります。


生き残り努力で、社会的適切技術を普及させたいと考えています。



新燃料研究所


2008/2/20

軽油 ガソリン 灯油  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
バイオディーゼル燃料の知識として化石燃料との異なりを知るのは必要です。
化石燃料の種類別の知識も必要です。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな基本の事を誤解されていたのですか?
日常的に驚く事例が多くあります。

思い込みは時間かけて話していくと微妙な奇妙感覚が湧いてくることから発覚します。

今日はメトキシドの調薬において、
密閉させている場合は水素ガスやアルコールガスが充満して危険ですと指摘させていただきました。

********************************************************************************

過去の失敗事例
私は過去において白色樹脂製円筒広口瓶の中ブタタイプを使用して、揺動方式(河童のユリカゴと命名)でメトキシドを調合していました。他の仕事を処理しながらタイマーで動かせるので便利です。

時々、うっかりしてフタを回して ポンッという音と共にメトキシドのシブキを飛散させてしまうという危険を犯してしまう時がありました。
軍手を外して容器を持てば発熱で気がつくものの、手袋着用のままで容器を持ってしまう場合には失敗傾向にありました。

その後は揺動時における安定性も考えて、円筒型中ブタから四角いパッキンタイプに変更しました。胴体が膨張しているのが円筒型より感じやすく、内圧も除々に逃がせるのが特長です。

小さな変更でありつつ、安全性は格段に向上しています。
実物の画像は世界仰天ニュースで放映された時に映っています。

あの画像では別の失敗が放映されていました。
メトキシド投入でシブキ飛散が映ってしまいましたけれどドタバタしていてサイズの異なる梅酒ビンを使用してしまったのに気付いたのは収録後でした。

番組収録の便利を図って購入した容器にサイズ異なり・容量大があって高さが異なっているのに気付かなかったのです。

あの番組で放映された装置は各種原料による差異や、好条件を探索する試作バッチ用装置です。あの装置で3L〜6L程度の少量BDFを条件異なりで生産します。

実車で使用しての比較や各種測定には5L程度はないと困難です。
ビーカー程度での試作では無理だと判明したので自作しました。

各種条件違いで仮に不良BDFができた時には処分に困るので量産釜では追及実験できません。

BDF生産釜を各種保有していても実験に最適なのは試作専用装置です。

********************************************************************************

バイオディーゼル燃料生産において、フタを開ける時が一番危険なのですか? という質問がありました。

************** 新燃料研究所の回答 *******************************************

フタ? 開ける? 
私は上部開放で即時に大気拡散させていますよ。あなたは?

**************************************************************************************

あくまでも調薬量によって安全配慮は異なります。
業務量産のような場合は開放方式では危険すぎると当然に考えます。


新燃料研究所



2008/2/19

意外なメーカーからのディーゼル新車  自動車
自動車に関する知識は少ないものの、おや?
ディーゼル自動車分野に進出するんだ。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

以前、このメーカーの4輪駆動車に乗っていました。
結構気に入っていましたけれど故障してしまいました。
修理工場から、この車種はここが弱くて・・・・
幾人かのユーザー同士の情報交換でも同じ情報がありました。

ウソだろ? この時代にメーカーが放置しているなんて!!!
かなりの修理費を支払いました。
修理屋さんは この部品ですと現物を持ってきてくれました。
未だに腹がたって保管しています。

新燃料研究所

2008/2/18

GM 遺伝子組み換え トウモロコシ  海外のBDF情報
時間の問題となっていた遺伝子組み換え作物の話題のひとつです。
ブラジルでのGMトウモロコシ解禁の情報です。

クリックすると元のサイズで表示します

独立主権国家の選択に関して横柄に意見する植民地主義的発想はないけれど、
ちょっと待って! と言いたい。

科学研究として重要な課題であり、遺伝子組み換え技術は研究されるべき科学であり技術であると基本的には考えています。

食料不足が現実である一方で、価格調整などの意図で生産調整・減反・豊作作物の廃棄などが市場経済原理から実施されています。

あれもこれも解決できる妙案はないものの、トウモロコシは勘弁してほしいと不安がでます。ニワトリ・ブタ・ウシなどが食べることになるからです。化学肥料や農薬や食品添加物などの全てを否定するつもりは皆無ですけれど・・・・

食料問題の解決は化学でなく政治・人道の分野ではないのかな?

新燃料研究所

2008/2/15

情報混乱のバイオディーゼル情報 中国  海外のBDF情報
海外のバイオディーゼル燃料に関するインターネット情報を探す場合に注意すべきなのは転載や引用記述による情報劣化・誤解がある場合です。

ある中国のHPは世界の情報に早くて重宝していました。
久しぶりに少し検索を広げたら、、、、あらら。

総合網羅的な記事が増えており、アレ・コレ いつのまにか雑多な情報が増えて精度が低下してしまっています。

非実用的な生産方法も紹介され並列紹介されています。
これでもか? これでもか?
世界各地から情報を集めて紹介しています。

洗練された専門店のような質から雑貨屋情報に広がっているようです。
以前はしっかりした化学的記述だったのに残念です。

製法もあきらかに奇妙であるのが記載されています。

*******************************************************************************

生産技術は成長をします。しかし、基本を無視してはありえません。

クリックすると元のサイズで表示します

新燃料研究所

2008/2/14

ベネズエラとエクソン  
世界には火種だらけのようです。
ベネズエラとUSAの関係が不安定になっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

対米輸出を停止すれば200ドルまで原油価格が上昇するとの記述もあります。

穏やかに願いたいものです。


新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ