左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/5/31

BDF 水分  BDF品質項目の解説
BDFの水分について、意外に知られていない事柄があります。

公開講座では説明しています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します

上記の画像資料は 株式会社 東大総研 バイオマス情報ヘッドクォーター

http://www.biomass-hq.jp/documents/international_trends/germany/diesel/page5

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の関連記事

2007/8/9 バイオディーゼル燃料の水分規制の予備考察

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1747.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

水分 500 mg というのがいかに厳しい数値なのか、

この数値は分析機関へ依頼された方にしか理解できないと思います。


その予備知識があってこそ、300mg 以下の世界が理解できます。

入門者・初心者の丘を越えてこそ見えてくる、遠い水平線の話題です。

はるかかなたに見える船、それが水分の話題です。



日本の多くのBDF生産所は 500mg以下達成に苦しんでおられます。

有名な、非水・無水技法であってさえ 300mg以下を達成できない事例もありました。


多くのBDF生産所とおつきあいできて、

信頼を得ないと見せてもらえないのが分析証明書です。


多くの分析証明書を見たことがあるほどに理解できます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

減圧脱水せずに 300mg 以下を達成されたBDF生産所があります。

達成された数値は 269mg/kg JIS K2275.5 です。


2010/5/30 高品質BDF  

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2819.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここで確認しておきます。


新燃料研究所の基本見解として、

水洗浄技法系でありつつ、アルカリ残留濃度:ppm が低いならば心配しなくても良い。

従来からの見解です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

300mg以下を達成された素晴らしい成果に拍手!!

ドイツのAGQM水準における水分項目を水洗浄系でありながら達成されたのです。

しかも、減圧脱水されずにです。!!



新燃料研究所



2010/5/30

新燃料研究所系のBDF生産所が分析機関より証明書の発行を受けました。

官庁指定項目による項目分析だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

水分に関しては、連続3回の規制値達成だそうです。

動粘度・遊離グリセリン・メタノールに関しては、連続3回の規制値達成だそうです。

トリグリセライド 0.03 % とは素晴らしい数値です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回のBDF生産方式は 新燃料研究所方式 です。

BDF釜は開放型 仕込み 130L 新燃料研究所の設計・製作です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回の数値から考えましょう。

1: 減圧脱水せずとも規格を充足できる。

2: 蒸留などをせずとも規格を充足できる。

装置構成が単純になり清掃・保守が確実・容易になります。



新燃料研究所

2010/5/29

バイオディーゼル生産を簡単にできると思い込んでいる方も多く、

一方で高価な設備も存在します。

クリックすると元のサイズで表示します

上記は過去に引用していたかもしれません。重複の場合はご容赦ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

類似のBDF装置価格に関する記述


2010/4/10 BDF装置価格

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2754.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

バイオディーゼルに関する情報は実に雑多です。

困惑する事例が多くあります。


補助金がもらえるからと安易に進出すれば、比率としては自己資金が少ないものの、

実態としては高額の負担になる危険もあると考えています。


新燃料研究所

2010/5/28

うれしい報告がありました。

品質向上させたBDFへの、第3者による感想です。


+++++++++++++  メール抜粋 開始 +++++++++++++++++++++++++++++++++


今日、◎◎市の車両が2回目の給油に来ました。

運転手さんがわざわざ降りてきて、「ちがうね!パワーがあるわ。」

私     「1速高いギヤでも走れる感じですか?」

運転手さん 「そうそう!そんな感じ!」


その運転手さんは、昨年□□△製造のBDFを使用した車両の運転経験があり、

ぜんぜん違うと言っておられました。


◎◎市環境事業課の◎◎氏は、

ぜひ自分のディーゼル車にも入れてみたいとのことで問い合わせの電話がありました。

まずは違いがわかっていただけてほっとしています。


+++++++++++++  メール抜粋 おわり ++++++++++++++++++++++++++++++++


この生産所は増産とともに、さらなる品質向上を目指しておられます。

そういえば、しばらくBDF品質の検査受託していませんね。。。

月に1回は依頼していただきたいです。


新燃料研究所

2010/5/27

賞をもらったBDFメーカーの装置を導入されている生産所から検体が送られてくる予定です。


新燃料研究所の技術指導を受けているBDF生産所が無料でポリタンク単位で提供しました。

使ってみてください。排気ガスの匂いも異なります。

*********************************************************************

新燃料研究所系とはどういう特性なのか?

1: 3速で走行していた坂を 4速であがれる。

2: アイドリングが下がる。落ちる。

3: 燃費が延びる。

4: 透視度が高い。

5: 排気ガスが てんぷら くさくない。

6: 予算に応じての提案ができます。

*********************************************************************

疑問なら、使用してください。

BDF 100% 新燃料研究所系の品質は 誰にもまけない どこにも負けない。


地方拠点は少ないものの あります。

北海道 釧路市内

関東  埼玉県内

関西  加西市内

西部  広島県三原市内

九州  福岡市内

*********************************************************************

別働隊として、810会がおられます。

検証走行をされるプロ集団です。


滋賀810 コモンレール ベンツ

和泉810 コモンレール BMW

和泉810 VMW ルポ 実験車:新燃料研究所の検証車です。

三重810 コモンレール トヨタ

*********************************************************************

BDF生産所と、BDF100%無改造車での別働隊が財産です。

ここまでの実証は日本国内では珍しいと思います。

*********************************************************************

我らは最先端の集団です。


誰か、車壊せよ!

だれも まだ 故障がありません。



新燃料研究所



2010/5/27

品質向上を目指して努力されているBDF生産所から標本が送られてきました。

貼り付けられている標示から熱の入れようが伝わります。

クリックすると元のサイズで表示します

誰だって最初は同じです。誰だって最初はシロウトです。

実力差は拡大していきます。進歩する人はドンドン進歩されます。


差がつきだせば追いつけるもんではありません。


何が優先課題なのかは生産所によって異なります。

外販しつつ品質向上と量産という困難のなかで前進されている生産所もあります。

本業が忙しく、しばし休止されて再開された生産所もあります。

休止すると確実に後退してしまいます。

無意識に行っていた経験からの操作を忘れてしまいます。


あれも、これも 欲張り過ぎてはいけません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

基礎をしっかり実行しましょう。

1:グリセリン含有層:アンダーピッチの生成量はいかほどなのか。

2:完成BDFの透視度を透視管で測定する。

3:BDF100%における排気ガスの匂い程度を確認する。

クリックすると元のサイズで表示します

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の関連記述


廃食用油の利用 BDF生産小道具 透視管

http://green.ap.teacup.com/biofuel/734.html


透視管

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2236.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所

2010/5/26

ある生産所とBDFの増産を実行中です。

利益を上げるには増産が必要になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

増産の選択肢を考えてみると。

A案:工程時間の短縮

B案:反応釜の増設

C案:静置分離槽の新規設置

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

それぞれのアイデアを検討してみます。

A案:工程時間の短縮

甘い誘い・危険な考え方です。品質という結果との交換になる危険性がでます。

薬剤の使用で可能な場合もあって、費用上昇との均衡に悩みます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

B案:反応釜の増設

金持ちはますます金持ちになるという典型例の解決方法です。

わかりやすい・理解しやすい・確実な究極の解決策です。

欠点は2倍にしかならない。引き込み・契約電力量の変更も検討する必要があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

C案:静置分離槽の新規設置

静置分離時間が長いほど、浮遊する成分が沈降します。

生産所によっては1晩、あるいは3日という事例もあるようです。

静置分離時間が長いほどエステル交換反応が進行するという期待もあるようです。


浮遊する成分が沈降するほどに洗浄においての乳濁が少なくなります。

時間短縮の結果発生する過度な乳濁、を薬剤利用で対応する生産所も多くあります。


静置分離槽で充分な沈降時間を得られるとグリセリン含有層の計測が確実になります。

シリンダー計測の経験者は知る。時間経過の圧密で値が変わります。


生成アンダーピッチ量の把握は重要な品質向上への基礎資料です。

洗浄下部水との分離は充分な時間があるほどに歩留まりが向上します。


ガム質除去にも効果が期待できます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

できないことを論じるより、可能なことから実践する。

確実に生産量を拡大させて利益を上げていく必要があります。


釜の稼働率を高めていくのです。


コモンレール車に対応していくには品質向上が必要です。

排気ガスの匂いが少なくなったという程度では不足です。

コモンレール車へのBDF100%使用における入り口がニオイ低減です。


高めよう品質。増やそう生産量。

当然に洗浄毒水は無色透明が最低確保水準です。

地域一番を目指しましょう。



新燃料研究所

2010/5/25

BDF京都 最初の人達  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
バイオディーゼル燃料に関係する若い人達が増えています。

少し古い資料を紹介します。

新燃料研究所の技術指導において、有料指導を受けておられる方は御存知です。

基礎知識の一つです。

http://www.jichiro-kyoto.gr.jp/soken/kaiho/00y/73/koba.pdf

新燃料研究所関係者の誰とも面識ない方と思います。

共通の知人もいないと思います。

日本のバイオディーゼル初期における基礎文献の筆頭資料と考えています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所は技術系譜を探るのは大切だと常に説いてきています。


文献をともかく調べることです。

必要な記述は既に先人が記しておられます。


ただ、そういう文献に巡り合えるのか・めぐり合った時に読み解けるのか。

自分の力で解釈して、自分のモノにできるだけの基礎が構築できているのか。


知らなかったのはアナタだけ。。。

知らなかったのは自分だけというのは、哀しいピエロです。


出っ張りが欠けて、円満で謙虚になっていきます。

川中の石のように まあるく なります。

海まで流されたら ちっちゃな粒になります。


山奥にいるから とんがります。


小さい砂粒になれば大きな層になれます。

小さいからこそ可能な可能性があります。



新燃料研究所

2010/5/23

バイオディーゼル生産所は全国各地に一杯あります。

各種補助金を受けたBDF生産所の所在は公開されているので調査が簡単です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

最近の補助金受給系・農林水産省系統は以下になります。

クリックすると元のサイズで表示します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

軽油混合の特定加工業登録をされたBDF生産所は以下です。

クリックすると元のサイズで表示します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の類似記事

2010/5/12 2010 BDF先進地域

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2793.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

あなたは幾つの現場を御存知でしょうか?

どこのBDFを使っておられますか?



新燃料研究所

2010/5/23

消えた都内のHP  BDF状況・私のコメント
東京都内で2007年頃ころからBDF生産を開始していたHPが無くなっています。

関連NPOのHPを探してみましたけれど、記述は特にありませんでした。

政府系補助金も高額であったようです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

生産規模

釜は200L 2基のようです。

月産 1500 〜 2000L 程度規模だったそうです。

年間 120 KL : 月産 10 KL の記述もあります。平成19年度

施設能力:120kl/年(0.4kl/日)

施設整備費:18.3百万円(全体事業費)

その他:  △△△区、○○理工科大学、□□運送

販売形態:B5及びB100

適合規格:軽油強制規格(品確法、B5)、JASO規格(B100)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

気になる品質に関する記述としては、

縦1メートル、横2メートルのステッカーを張り付けて走る保冷トラック(2トン)が時々目に入る。排気口からは食用油に近い甘いにおいがただよう。読売新聞

BDFの品質分析を半年に一度行っている。 平成20年8月。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

原料調達に関して、

区内にある約20の飲食店を回り、1斗(約18リットル)缶あたり5円で回収する。
1リットル102円(5月現在)で販売するが、回収、精製などにかかる経費を差し引くと、利益はほとんどないという。読売新聞


・原料調達等については、一般に事業計画を下回る場合が多いが、本地区では原料
調達が事業計画を上回っており、評価出来る。平成20年8月。


本地区の廃食用油の回収状況が悪化し、また、採択後の軽油価格の
大幅下落によりBDFの販売状況が悪化した。また、世界同時不況のあおりを受け、
事業実施主体の事実上の親会社が事業廃止せざるを得なくなった。平成21年7月。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*************** これからの課題  ***********************

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今後の事業継続の課題

2010年9月対策とでも表現すべき、新車対応できるBDF品質が必要となります。

厳しい排気ガス規制を達成できる方式車においてBDF100%使用が可能なのか?

つまり、進化する環境規制に対してBDF品質が対応していく技術開発できるか!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

海外からの国内保護政策のようにも見受けられる日本のディーゼル車規制があります。

環境配慮で厳しいのは誠に結構なものの、

現実問題として国内に対応車が少ない実態があります。


国産メーカー優遇策のようにも見受けられます。

ディーゼル車排除によっての業界保護にさえ感じます。


「オパシメータ測定車」(国産車)の判別方法について

「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正する告示(国土交通省告示第987号 平成19年7月31日)」が改正され、平成19年9月1日以降に型式指定の申請等を行ったディーゼル車は、原則、オパシメータにより検査を行うこととされましたが、継続検査等において、オパシメータ測定車(国産車)を判別する方法について通達がありました。
  なお、すでにお知らせしていますように、平成22年9月30日までの間は、経過措置としてオパシメータ測定車を黒煙測定器により検査することが認められています。

http://www.oaspa.or.jp/jsj2008/2_20.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の関連記述

2010/4/21 DPF情報

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2768.html


各地では最新式コモンレール+DPF装車での実証も開始されています。

廃業したBDF生産所の理由も参考として調査しつつ、

確実に課題を克服していかなくてはなりません。


1:洗浄毒水処理は適切であったか。

2:酸化防止剤は適切使用されていたのか。

3:排気ガスの匂いは少なかったのか。

4:進化するBDF技術を反映していたのか。

5:BDF販売価格は適切であったのか。


品質確保法やJIS規格は重要だけれど、それだけでは事業継続はできません。

強化される環境規制に対してBDF品質が対応していく技術開発が必要です。


世界一の環境規制だと喜んで、

ディーゼル車の省燃費性能などを見落としている自動車評論家が多いようです。

環境に優れた電気自動車とか賛辞を私も抱きつつ、発電所を増やすのかと心配です。


貨物トラックやタクシーや路線バスを考えたら、

採算がとれなくて廃止路線が増えるのはないでしょうか?


高速道路が安くなれば排気ガスが増えると非難する人達が多くおられます。

必要とする一人ひとりが見えていますか?

必要もないのに自動車で出かけているとは思えない。のが私です。

ジェット機で出かけているんでないんです。


天下国家の立場から庶民を御指導くださる発想は、

古いアジア政治的な発想と感じます。



じっくり落ち着いて考えられる人が増えて欲しいものです。

わかりやすい言葉で、難しい事柄を整理・整合性ある理解のしかたが必要です。


新燃料研究所









2010/5/22

危険 バイオディーゼルの作り方  BDF 生産安全
充分な危険予防が必要です。

インターネットでは危険への配慮不足が公開されている事例があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します


保護眼鏡:ゴーグルの装着が必要です。

新燃料研究所は大人達が実験する場合でも全員が必ずゴーグルします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

PET容器での実験の場合、メトキシドは完全溶解しているのを確認すること。

粒が残っていると、固着した部分の発熱で容器に穴があく危険があります。

ピューッと噴出して極めて危険です。


指導者は危険検証実験を事前に行って知っておくべきです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

PET容器での実験の場合、5分間程度の揺動では全く時間不足です。


事前に下部生成:グリセリン沈降層の厚みを手がかりにして条件出しが必要です。

アンダーピッチ層から判断すれば理解できます。



新燃料研究所

2010/5/22

バイオディーゼル燃料に関する情報収集に関する話題です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

検索 キーワードに関して

バイオディーゼル・FAME・BDFなどの根幹キーワードとの組み合わせで検索します。


例えば、 

バイオディーゼル 燃料フィルター

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

装置メーカーの公開情報に関して、

日本国内の上位5位程度の装置メーカーのHPは熟読し、比較しましょう。

販売台数の上位5位。

売り上げ総額の上位5位。

などなど、いろんな分類が工夫できると思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

更新の最終がいつなのか?

情報の新鮮さも配慮しましょ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

限られた時間で効率よく検索しましょう。

あなたの求めている情報はどこかにあるはずです。


新燃料研究所の公式ホームページを熟読した方は意外に少ないです。

以下は目次のページです。


http://newfuel1.com/biofuel/bdf.htm

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

基本的で重要な項目は公式HPに記述しています。



新燃料研究所

2010/5/21

インターネット検索で見つけた画像です。

クリックすると元のサイズで表示します

これから湿度が上昇する季節です。

紙皿にアルカリが付着したり、くにゃっとなる危険があります。


樹脂製で半透明の蓋付き容器が市販されています。

同じ容器で行っていれば計量間違いも予防できます。

普段より少ない・多いと気づけます。


小さな事にも配慮して安全性確保と確実性の向上を目指しましょう。


私は、メトキシド調薬を蓋付きのステンレスバケツで行っています。

万一の引火に備えての対策です。


熱容量の大きな容器では温度上昇が小さくて溶解に時間がかかります。

時々、ステンレス製の穴あきオタマでマゼマゼしています。


メトキシド投入には、別のステンレス製蓋付き容器で数回に分けて投入しています。

メトキシド投入時は危険度合い大ですから慎重に行っています。

保護メガネ:ゴーグルは必須です。

保護手袋は使い捨てのポリエチレンを使用しましょう。


面倒だけれど安全優先です。



新燃料研究所

2010/5/19

焼き肉のニオイ  BDF健康貢献と有害性
バイオディーゼル燃料の技法には細部で工夫が必要です。

クリックすると元のサイズで表示します


精製工程が未熟だと不純物除去が不完全となります。


健康被害防止の観点から、排気ガスが匂う場合は早期に対策が必要です。

消臭という発想でなく、原因物質の除去という技術が必要です。




新燃料研究所

2010/5/18

新燃料研究所系はアルカリ+メタノール調薬によるメトキシド系です。

液体触媒系です。ナトリウムもしくはカリウムをメタノール液に溶解させます。


固体触媒法の大学研究所を訪問しました。

固体触媒法と液体触媒法は対立する技法とは考えていません。


原理は同じ、

到達点も同じ、手段・途中経路が異なるだけと双方の認識が一致しました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

BDF100%の排気ガスを嗅いでいただき、無臭に驚いていただきました。

テンプラの匂いなんかさせてはいけません。


どうぞと、BDF100%を贈呈しました。


ガスクロ分析など、ノウハウ交流も少しさせていただきました。

質問にはスナオに、ズバリ返答させていただきました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

固体触媒法との連携メリットは あります。


液体触媒法の優秀さ、偏見・誤解も説明させていただきました。

毒水の無害化は安価・確実に可能であると説明させていただきました。

同席されていた理学博士は生物系の御専門とのことで、微笑みながら完全理解されていたようです。



異質の分野が連携できれば何が飛び出すのか?

具体的な完成型のひとつは さきほど思いつきました。



新燃料研究所





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ