左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/9/30

SVO方式の話題  自動車
ストレートベジタブルオイル SVO という燃料を使用されている方々がおられます。

自動車側に改造を加えて、

植物油を加温させて流動性を上昇させておられる事例が多いようです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の関連記事

2007/4/18  SVOの問い合わせ  

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1553.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

そんな方からメールいただき、電話しました。


SVO方式の方と話すのは緊張しますと正直に言いました。

言葉を選んで話さないと失礼な表現をしてしまう心配があります。


失礼かもしれないけれど、

SVOは個人の趣味の領域であって、

魚つりが好き、車いじりが好き、そういう次元であると感じています。

高級趣味とされる 写真・無線・ラジコン・ゴルフそういう類型に感じています。


バイオディーゼル燃料に関してはビジネスと考えています。

仕事という意味です。

未来型燃料を追っかけ、実現していく修業のようなもの、

いつか自分の小料理屋・美容院・ラーメン店を持つのを夢に頑張る若者イメージです。


日本だけでなくアジアや世界は高品質バイオディーゼル燃料を必要としています。

藻類 : algae にしても、

絞ってからのFAME化や製品化には高度なノウハウが必要です。


専門雑誌が特集企画への参考意見を広く募集されています。

私にも お願いメール がきました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

SVO派からバイオディーゼル派への移籍第1号になっていただけるように願っています。

自分であれこれ工夫する余地がないのを我慢していただけるのかどうか不安です。


指示を実行するのも意外に繊細さが必要で、満足感がでてくると思っています。

カンタンに思えて、実は そういう甘いものではありません。


pH測定などが代表例です。

正確に計測できないと 問題ない と思ってしまいます。

2〜3万円の安価なpH計ですませようという 甘いコンタン。。。。

私たちは賢いのでなく、安物を使いこなせる実力を必要とされています。



新燃料研究所

2010/9/30

ファークリフトにBDF  BDF品質評価
フォークリフトの売り込みに2名が来訪されました。

最近は雑多な販売品を取り扱っているとカタログを差し出されて、

樹脂製のタンクなどなら購入機会もあるだろうとの話題からバイオディーゼル燃料の話題へ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

滋賀県ではかなり以前から、フォークリフトにBDFを使用する工場があるそうです。

工場側からの問い合わせでBDF生産所を紹介したりもしているとのこと。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

じゃあ 一度 排気ガスを嗅いでみますか?

何とも表現しにくい表情で 全く匂いしませんね と非常に驚かれました。


どこそこのバス どこそこのトラック などなど テンプラくさいそうです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

フォークリフトメーカー側としては、

低濃度使用・軽油混合使用を薦めているとのこと。

燃料フィルターは半年に一度の交換を薦めているとのこと。

などなど。。。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

一体 いつの時代技術のBDFを標準にしているのかと伝えました。

燃料キャップの蓋をはずし、内側の匂いを嗅いでいただくと 

             匂いしない!

             叫ぶように驚かれていました。


停車状態で、アクセルを踏み込んで排気ガスの濃煙を観察していただくと

             煙がでない!

             笑いながら驚かれていました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

BDFの技術発展段階 ステージ1 から ステージ3へと 説明しました。

新燃料研究所が創作した分類です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日本の環境事業 BDF

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2958.html


ステージ 1 : 旧式ディーゼル車故障との奮闘技術開発段階 てんぷらクサイ。
         燃費は軽油程度
         事業継続困難・縮小傾向

ステージ 2 : コモンレール方式車の使用検証段階 匂いほとんどない。
         燃費は改善
         事業継続・現状維持


ステージ 3 : 最新式コモンレール DPF・DPR検証とBDF増産段階。
         燃費は大変優秀  再生ランプ点灯時間は延長になる。
         事業拡大・顧客増加


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

トラブルを未然に防ぐ品質確認や、燃料フィルター解析などを説明し、

BDF品質向上の意識改革などについて話もしました。


売り込みに来られたのに、売り込んで申し訳ないと笑いながらの会話でした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

あとで考えて、

テンプラクサイ構内作業車は職場環境としてキツイだろうなと同情しました。

健康被害物質などの危険性も、少し話題にしておいても良かったかな と反省です。




新燃料研究所

2010/9/30

滋賀県では有名な県立工業高校化学課を卒業したという営業マンが来訪されました。

バイオディーゼル燃料は全く知らなかったようで、いろんな質問をされます。



30歳前後の彼に、私は毒物・劇物試験に合格したよと話すと、

とっても驚き、それはあきらめたといいました。 はて?


あなたの学歴ならば卒業すれば オマケ でついてくるはずですよ。。。。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

誰か事情を解説してください。


専門知識を学校教育として受けながら、全く別の分野の仕事をしている。

なんか、もったいないな。

適正というか、好きになれなかったという個人の判断を否定するつもりはありません。


インターネットでは、

相手がどういう趣旨で記述しているのかを無視して一方的な感想を抱く場合があります、

日常社会でも、相手との共感より自己主張を優先する人が時々おられます。


相手が何を感じ、

何を考えているのかを互いに配慮しながらでこそ円滑に前進できるようです。




新燃料研究所

2010/9/30

新燃料研究所系の直系でありつつ、御釜系拠点が増えました。

バイオディーゼル燃料の研究開始から 約6年経過します。


日本国内の、どのBDF装置専業メーカー装置とも異なる外観です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所系の方々は世界のFAME系譜を広く・深く 共通知識として知っています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所の普及標準型は環境省関係のインターネット情報で公開されています。

画像と仕様が公開済みです。



新燃料研究所の 15KL釜 × ◎基  建設中の画像はありません。

現地訪問者は多くおられます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

笑いたければ 笑え。。  どこが 笑えるのか尋ねてみるほどに人生は楽しい。


笑える非公開画像は多くあります。


ガンダム 鉄人28号に絶対に負けない新燃料研究所標準御釜の脚部は。。。

スリムな美脚とは ほんの少し ちょいちゃう ペール缶でした。。


現場から送付される画像は とっても楽しいです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

工夫と我慢で 数十万円は確実に節約。。。 次の投資だから 浪費かも??



まあ 適当に。。。 細かいことは 


確実に稼いでいただきます。

確実に地域一番にさせます。 品質も・安全生産も・採算性もです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料系と 当方から表明するのは失礼なほど 

素晴らしい成果を重ねておられる生産所があります。


研究探索は新燃料研究所の担当です。

かせぐのは 現場 です。


全ての直系品質のFAME最終責任は 新燃料研究所にあります。

誰にもまけない どこにもまけない実績を各地の生産所から報告受けしています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私が賢くて エライ のでなく  新燃料研究所系という集団の成果です。

専門知識集団だけれど。。  


銀行残高や財布総体積・質量の桁が小さい。。。


全国各地の新燃料研究所系は ほぼ 同じです。。



新燃料研究所

2010/9/29

鉱物系潤滑油の混入  BDF燃料使用トラブル参考情報集
いつか、必ず経験するのが鉱物系潤滑油の混入です。

新燃料研究所系のBDF生産所から問い合わせが来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

金属製ドラム缶に廃食用油を入れてあったのを持って帰り、生産開始後に あれ?

容器表示を見れば、産業機械用の潤滑油容器であった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私も、持ち込まれてきたドラム缶が潤滑油標示である経験があります。

どれほど事前に説明しても、

どれほど排出側の社長にBDF知識があっても おこりえます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

類似の問題は 1トンタンクの元液が何だったのか? があります。

標示が英語でない場合は かなり困難になります。

国際標示であっても、この薬品は水で洗い流せるのか? 排水は毒性ないのか?


ひとつ ひとつ 経験が積み重なって進んでいきます。


あきらめない。

無視・強行しない。


築き上げた品質への信頼を失うのは簡単です。



新燃料研究所

2010/9/28

BDF 多彩な意見と感想  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
どんなことでも、いろんな感想があるものです。

前提となる基本知識が共通にあっても意見は異なり、進歩に有益な場合もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

海外で成功しているのに、なぜに成功できないのか。


私見では、

ベンチャーなどの専門・無名企業に委ねての成功は手柄にはならず。

大企業に委ねての失敗は誰からもトガメラレナイ。

なぜなら、技術者不在の丸投げ商社の実態もある現実は、あまり知られていない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2010/8/25 エコ か 反エコか 

どんなことがらにも 異見 はあるものです。
結論にいたる過程が別ならば、異見でなかったかもしれません。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2919.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します

現実指摘が全てではいけないと考えます。

ある現実から出発し、通過中の状況・段階もある。

大切なのは、どういう関わりを覚悟しての指摘なのかだと思います。


自己アピールだけに終わってしまっては小学校の授業中となります。

はい! はい! それ知っている! ・・・・ あなたに質問していません。

騒がしくも、楽しい小学校の風景を再現してみたいとは考えていません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します

たとえ話しには品位が欲しいものです。

奇術なのではないのだから、奇抜で新鮮なのはオモシロイけれど、授業でないんだから。

紙幣を燃やしたら犯罪になります。

犯罪を煽っているのでなく、事例だろうけれど やや冗談が濃いように感じます。


冗談が多いのはストレス過多や、責任逃避の準備に感じる場合があります。


冗談などの無駄な時間余裕ない状況も存在するように考えています。


動く人 実行する人 チカラになる人  そんな人達が必要です。

働く背中を見せてくれる大人達が大勢必要です。


ソフトクリームや綿菓子を手にしながらの見物客ばかりが多い現実に感じます。



新燃料研究所

2010/9/27

日本におけるバイオディーゼル事業の傾向を整理してみます。

1:地元民間企業の代替事業としての行政一体。  補助金利用で従来企業の担当。

2:地元の新規産業育成としての行政一体。 新規誘致による助成金や補助金。

3:施設の自立支援事業としての補助金利用。

日本に約1000生産釜あると推定される、ほとんどが上記のどれかに該当するようです。

日本におけるBDF年間総生産量では、ほぼ100%近いようにさえ思います。



仕組みの実現と維持に精力が注入され、

BDF品質や環境適合型生産などは次の課題となっているようです。


資源の再活用とか有効利用の観点は、結果的に進歩を邪魔しているようにも感じます。

福祉や教育に採算性の尺度を持ち込んでしまうような作用をしているようです。

わかりやすい理屈や理念を借用してしまうと、今 ここ どこ? になっているようです。


採算性は品質向上を実現できて目指すべき、実現可能な目標です。


未来型燃料や民間が小さな資金で開始できる開拓者精神は補助金落下傘部隊の強襲で撤退。

細々とした民間企業が生き残るのはBDF高品質化しかないと考えます。


補助金系のBDF生産所を排除したり、否定したり、憎んでいるのではありません。

利用できるものは賢く利用すべきです。


BDF品質向上こそが、環境適合型生産方式こそが生き残れると考えています。

補助金をもらっていようが、いまいが まったく無関係です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ステージ 1 : 旧式ディーゼル車故障との奮闘技術開発段階 てんぷらクサイ。
         燃費は軽油程度
         事業継続困難・縮小傾向

ステージ 2 : コモンレール方式車の使用検証段階 匂いほとんどない。
         燃費は改善
         事業継続・現状維持


ステージ 3 : 最新式コモンレール DPF・DPR検証とBDF増産段階。
         燃費は大変優秀  再生ランプ点灯時間は延長になる。
         事業拡大・顧客増加


おおよそのメヤスとして考えています。

上記 それぞれの段階で幾つものBDF生産所を知っています。

空想でなく、現実です。


新燃料研究所

2010/9/26

賢い小学生の知識  地球温暖化防止・京都議定書
自分を賢いと感じる人は多いようです。

生まれながらに賢くあったわけでないのに。

クリックすると元のサイズで表示します

上記画像の引用元URL :

http://blog.livedoor.jp/sunami_method/archives/50516420.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

20数年前ならば、大学の先生方でさえ 多くの方々が解けなかったと思います。


普通の人が努力と経験で専門家になり、

専門家は時代から置き去りにされ、普通の人より以前の化石になる。


誰だって最初は無知です。

最初はシロウトなんです。


教えてもらって成長できます。

御相談は事例解決経験の豊富な新燃料研究所へどうぞ。


初期段階で対策とれるほどに採算化は早期になります。

廃業や設備返却の前に、ちょいと相談してみませんか。



新燃料研究所

2010/9/25

燃費向上 さらに向上  自動車
ディーゼル自動車は進化しています。

世界各国で排気ガスによる健康被害防止から、規制強化が行われています。

コスト 採算性優先の時代から、環境配慮・先進技術の適用の時代になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

画像クリックで大きく読みやすくなります。

軽油よりも燃費が向上してしまうのが良質BDF特性です。


有酸素燃料・含酸素燃料なので 煤 発生は少なく、捕捉フィルターの目詰まりは少ない。

不純物が多い低級品質BDFの場合は微細孔が閉塞して ランプ点灯 になるようです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

DPF・DPRランプの点灯間隔が伸びると、

停車させてのアイドリング運転状態が少なくなります。


当然、焼ききり作業で消費される燃料は少ない。


高品質BDFなればこそ、さらに燃費向上となります。

軽油よりも販売価格を高く設定しても消費者利益がでるようです。


品質に自信がないBDFの売り文句は、 軽油より安い・自己責任で使用。。。。


JIS規格もあり、排気ガス規制によってDPF・DPRが必須装備となっている現在、

コモンレール方式車に使用できない品質ならば BDFと呼べない。


もはや 虚偽表示と判断される時代であって、誇大広告などと甘い基準でない。

これがBDFだと安易に表現すれば、犯罪になってしまう危険性が高い時代です。


くれぐれも言動には注意しましょう。

新燃料研究所系は BDFを作っています。

高品質BDF製造の技術指導や薬剤・釜・機器販売を行っています。


コモンレール車や、

DPF・DPR装着車でも 100%濃度を自動車無改造で使用しています。


どのメーカー製のBDF装置でも、無改造でかなり品質向上が可能です。

御相談下さい。 採算性あるBDF販売を目指しましょう。

事業継続と発展を目指しましょう。



新燃料研究所

2010/9/24

新燃料研究所の最新知見の高品質バイオディーゼル燃料製造釜を出荷します。

第2号です。


高品質バイオディーゼル燃料の製造には以下のノウハウがあります。

1: 原料の前処理

2:原料に適合した調薬 : アルカリ量算出パソコンソフト .exe 形式。

3:適切な 釜

4:適切な酸化防止剤・低温対策剤 と ナイショ薬剤

5:仕上げフィルター  ミクロンフィルターでは無理。

6:環境適合型の化学処理 ・ 生物処理

7:アンダーピッチ グリセリン含有層の補助燃料化技術

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

全部を実施するのは BDF生産で稼いでから。


総額は常識より かなり安価  です。



とりあえず 北海道の生産所に稼いでいただきます。



新燃料研究所

2010/9/23

小規模生産所の悩み  低温対策
遠方のBDF生産所から電話がありました。

100L釜を2式所有し、2年程度の実績があるそうです。

装置メーカーが全く技術対応してくれないとのことです。

自分で他系で使用されている低温対策剤を入手してみたが効果ないそうです。

定評あるとされる海外製も効果なかったとのことです。

・・・・・ そのメーカーに 100L釜 あったかな?? 

      同型機を所有されている新燃料系に問い合わせると あった そうです。



酸化防止剤は使用していないけれど、使用せねばならないかとお尋ねでした。

コモンレール車には使用せず、旧式車にのみ使用しているそうです。


排気ガスはテンプラ臭がするそうです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ほぼ同じような会話が繰り返し、繰り返し 先日もほとんど同じ会話をしました。


1:基油 ベースオイル バイオディーゼル品質が不良だと何も効果でません。

2:包丁やマナ板を買っても料理がおいしくできると限りません。

3:薬剤を袋・缶で購入して、 安かったけれど効果でない事例は珍しくありません。

4:必要な測定道具・試薬なくして 何をどうしたいと 無理な注文です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ノコギリやカンナを購入しても家を建てられるわけではない。

料理学校で技を学び、自動車教習所で運転を学ぶのが近道です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

インターネットでは情報のウソ・ホントがわからない そう嘆かれます。

あわてず じっくり調べれば納得いくように 私は配慮して情報発信しています。


どういう経緯で装置メーカーと疎遠になったのかにもよるでしょう。

利益と必要経費のバランスがポイントになるようです。


3年たっても 5年たっても あまり品質向上できない生産所は多くあると考えています。

テンプラクサイのが平気なのが不思議です。

燃費が悪くても平気なのが不思議です。BDFは軽油より燃費が優れています。

コモンレール車に使用できないと あきらめている それは不思議です。

年間の稼動期間を伸張させようとしないのが不思議です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人は 自分にふさわしい人間と出会うようです。

自分にふさわしい人間に未だ会えていないのなら、これから出会えます。

たぶん。。



新燃料研究所

2010/9/22

新燃料研究所系の生産所に、情報交換しようと申し出があったそうです。

有名な方からの申し出を断ったそうです。

日本のバイオディーゼル燃料先進地域 北海道の話題です。


北海道はBDF装置メーカーの全てが進出しています。

インチキが通用しない厳しい地域です。


新燃料研究所系も拠点があり、稼動可能期間は他技法より長期です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

提供先を紹介して欲しいと信じられない申し入れがあり、顧客情報は提供できない。

なのに、直接に顧客先へ取材申し込みをされたそうです。


地方新聞に掲載されたので顧客情報は公開されています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所は、負担軽減から 全ては新燃料研究所の指示と使う許可だしています。


他流試合を禁じている。

あれやこれや、新燃料研究所からの厳命といっておいてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現実として、まったく何も強制指示はありません。


無理な指示して、守れなかったとか 裏切ったとか くだらない次元になります。


新燃料研究所系とは、独立して自主的に考え・行動できる生産所です。



技術体系で一貫して全てを指示に従えば高品質バイオディーゼル燃料を保証する。

こまごま、好き勝手 そこまでは関知しません。



バイオディーゼル燃料に関して ほかに信用できるなら 放任です。


戻ってくるのも認容しています。



一流が存在するなら 新燃料研究所は配下・傘下・隷属します。 



いつでも 誰かの後ろにくっついて楽したい気持ちはなくしていません。



新燃料研究所系はまるごと従属します。

化学者・科学者の国家資格集団なので 結論 は明確です。



新燃料研究所

2010/9/21

KOREA Biodiesel 2010  海外のBDF情報
韓国のバイオディーゼル情報の紹介です。

クリックすると元のサイズで表示します

税金免除額を調べたところ、 W 529 = \ 39   為替レート 2010-9-20


上記画像の引用元

第3回(2010)日中韓石油技術会議報告 2010年5月26〜28日

事務局:日本:石油産業活性化センター、中国:中国石油学会、韓国:韓国石油管理院

参加者: 合計約80名;日本9名、韓国約60名、中国13名

http://www.pecj.or.jp/japanese/overseas/conference/conference.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

重要な報告があったようです。

バイオディーゼル混合軽油の酸化劣化物の分析を行い、

モデル化合物と比較し、酸化劣化物はエステル二量体であることを確認。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

油脂の酸化劣化物が2量体であるという説明は古くから、

多くの専門書で記述されています。


確認できたという点が重要です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の関連記述

2010/1/19 車内最低温度

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2659.html



2010/3/20 BDF 夏季トラブル  

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2728.html



2010/9/20 重合物質予防 酸化防止

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2951.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所は、対策技術や薬剤を過去から提供してきています。

結果だけでなく、基礎理論をしっかり構築しています。



新燃料研究所

2010/9/20

重合物質予防 酸化防止  化学構造や反応
重合物質を予防するのに酸化防止対策が必要です。

酸化防止は低沸点物質の生成予防にもなります。

酸化の仕組みは専門書に詳しく記述されているので図書館で読んでみましょう。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

大気中には酸素が含まれ、

酸素は不対電子の数が2個であるので水素と結合しやすいという傾向があるようです。


原子の電子配置を確認します。

クリックすると元のサイズで表示します


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

バイオディーゼル燃料の高精製を考える時、

ごく限られた原子・分子を探究すれば、かなり高度な理解が獲得できると考えています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

実際に高品質バイオディーゼル燃料を少量でいいから、

実車で検証できる程度の少量を製造できる人は 極めて少数です。

メーカー製を使用しながら、独自の改良と主張する生産所は多くあります。

枝葉末節の改良は メーカーを越えたといえるのかな?


化学理論による説明ができなくとも、ともかく作れてこそです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


品質不安定ならば 蒸留・凝結 という最終手段を検討されるのも協力できます。

採算性と再現性と環境適合性を優先課題とするならば、

既に完成された、蒸留・凝結・凝集でない。再現性ある技術は世界各地に存在します。


いろんな狭い条件において、選択せざるを得ない事情も当然にあると考えます。


蒸留技法も提供可能です。

顧客の希望を実現するのが技術者ですから、できます。


好き嫌いの個人嗜好・趣味にも対応できます。



新燃料研究

2010/9/19

新規測定装置の購入を検討しています。

メーカーと交渉し、事前性能確認の貸し出しを予定できました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

対照標本を募集します。

無料で排水残留油分の油種・濃度を参考値として報告します。

個別生産所名は非公開とします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回の過去検査との異なりは、

COD BOD 換算でなく 水中存在の油種と濃度判定です。

ノルマル抽出でもなく

原理は 特定波長の透過率 だそうです。


保有している波長系測定機器を知っているのは 三重810氏ぐらいかな??



既に保有しているのとは全く異なります。  たぶん。。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



条件は以下です。

1:新燃料研究所系から推薦されたBDF生産所の排水・放流水

2:アルカリ量算出パソコンソフト購入生産所の排水・放流水

3:検査装置の借り受け期間は 7日間程度です。 

4:検体数は試薬の関係で 20検体程度です。


対照標本を提供していただいたBDF生産所の意見・感想を考慮して、

この測定機器の購入判断を行う計画です。


購入費用はどなたに負担依頼するのかは未定です。


例によって、優先的な知識・ノウハウを資金提供者にはお知らせしています。

半年以内程度にはすべての新燃料研究所系が共有できて、これは あの人のおかげ。


きっちり はっきり 明確です。



ここが ほかのバイオディーゼル研究者集団と異なります。


ウヤムヤでなく 英雄・貢献者は明確です。



裏切りでなく、少々 浮気 気分転換だよ。。。 私の個人行動でなく!


いろんな過去の経緯があっても いつでも復帰できるのが新燃料研究所系です。



こけて 痛ければ 大きな声で泣くべし。


新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ