左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/8/30

何をするべきか 理論  化学構造や反応
エステル構造を持っている植物油を、エステル交換させて粘度を低下させる。

それがBDFです。

エステル化 BDF化 エステル変換 などの用語はインチキ・ウソ・錯覚・誤解です。

最初からエステルなのが植物油です。

FFAと呼ばれるカルボン酸が少ない原料を選んでエステル交換するのが前提です。



何をすべきか?

原料の分別、接触素材の見直し、技法全体の見直し、酸化防止剤の使用 ・・・・・


何を理解すべきか?

pHの理解・水溶性の理解・界面活性剤の理解・比重差の理解 ・・・・・

酸化防止剤を使わないならば、故障するのは予定であって。当然です。


    金属石鹸の理解は絶対に必要です。

2012/10/25 せっけん と セッケン  

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3649.html



寒くなれば市販軽油を使えば何の問題もありません。

どうして、わざわざ ムズカシイこと できないこと そこの話題にこだわる?


新燃料研究所系ならば、できないとされている低温領域まで普通に可能です。




イオン 塩 中和塩 電離 、そして・・・・・ 錯 キレート

順番に理解していくには時間がかかります。



新燃料研究所

2014/8/28

BDF検索 キーワード  BDF歴史・関係書籍・論文
バイオディーゼル情報を検索する時のキーワードを紹介します。

インターネットで検索する時に、どのような検索語が使用されているのか実例です。

まず、どの地域からの検索事例なのかを地図で紹介します。

理由は不明ですけれど、アクセスがあっても表示されていない地域があります。

クリックすると元のサイズで表示します



具体的な国としてはどこなのか?  最近のアクセス回数の上位国を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します



肝心のキーワードは何か? 最近のアクセス回数の上位検索語を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

解析表示は、複合検索の場合には、個々の語としてカウントされているようです。

BDFという検索後では海外情報を見つけるのは困難です。

海外のバイオディーゼル情報では Bio Diesel BD   FAME などです。

これは、あなたのホームページやウェブログにBDFとしてのみ表現されていたら、

海外からの閲覧は期待できないという事と考えています。


金属石鹸 というキーワードは中級か上級クラスの知識です。

入門者や初心者段階では理解困難です。

文科系か理科系を問わず、高校化学の分野です。

中学で学ぶ イオン の知識が必須です。


金属石鹸は、海外のバイオディーゼル製法と日本のBDF製法の異なりに関係しています。

日本の多くは、海外の製法には無い技法になっています。

海外のバイオディーゼル製造では使用しない薬剤を、日本の多くのBDF製造では使用しています。


日本では海外とは違う作り方が多い、そこのところを調査すればBDF品質向上になります。

BDF品質向上の具体的なヒントです。


新燃料研究所系は、海外のバイオディーゼル製法と同じく、その薬剤を使用しません。

使用しても構わないけれど、アトアト いろいろ面倒になります。

アルカリ量算出パソコンソフトを使っていただいています。

技術指導を受けていただければ理解できるはずです。

理解できるまで、繰り返し 繰り返し 教えています。




新燃料研究所

2014/8/26

公開研究日誌の読まれ方  BDF状況・私のコメント
バイオディーゼル公開研究日誌の読まれ方を紹介します。

新燃料研究所がアクセス解析を実行する目的は、必要とされる情報項目の絞り込みです。

どのような情報を必要とされているのか?

どのような情報がBDF普及に必要なのかを知る前提としてアクセス解析をしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新燃料研究所 公開研究日誌 アクセス解析 具体例です。

2014-08-26 15:10:33
green.ap.teacup.com/biofuel/3815.html
  ↓  1分 44秒 後
2014-08-26 15:12:17
green.ap.teacup.com/applet/biofuel/201408/archive
  ↓  1時間 28分 50秒 後
2014-08-26 16:41:07
green.ap.teacup.com/biofuel/3737.html
 ↓  6分 16秒 後
2014-08-26 16:47:23
green.ap.teacup.com/biofuel/3463.html
 ↓  3分 14秒 後
2014-08-26 16:50:37
green.ap.teacup.com/biofuel/3462.html
 ↓  7分 27秒 後
2014-08-26 16:58:04
green.ap.teacup.com/applet/biofuel/msgcate26/archive

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

上記のアクセス者は しっかりと読んでおられます。

コピーして、どの記事を どんな順番で読んでおられるのか?

その順番と、記事と記事を読む ま 間隔 が非常に重要です。


しっかり読んでいただければ、獲得できる新知識が多く、

考えるテクニック・論理も体得していただけると考えています。


アクセス解析にはいろんなサービスが販売されています。

知ることのできる情報は、そんなの必要でないと思われることまで雑多です。

大切な事は質の良い情報を提供することによって、閲覧者を惹きつけることです。

正確な情報で、正確な知識人を育成してこそ、

将来の購入者・将来の顧客になっていただけます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



クリックすると元のサイズで表示します


2009/11/16 BDF 情報の比較

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2601.html


検索エンジンから新燃料研究所の公開研究日誌を探してください。

なかなか出てこないと思います。

キーワード検索を駆使できないと 見つけることが困難な弱小な存在です・・・・・




新燃料研究所

2014/8/24

何をすれば不具合が出ないのか  
BDFを利用する自治体が減少しているようです。

自動車の進歩に応じた、BDF製造方法の改良が必要です。

「100%のバイオ軽油でも問題なく走行させているトラックがあると聞くが、何をすれば不具合が出ないのか、・・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

バイオ軽油、撤退進む 自治体ごみ収集車更新

使用済み食用油から作ったバイオ軽油をごみ収集車で利用してきた自治体が、撤退する動きをみせている。松本市は昨年からやめており、大町市はことし十月末で利用をやめる。背景には、厳しくなる排ガス規制に対応した新しい車両への更新が進み、バイオ軽油の使用で不具合が出るおそれがあるためだ。

中日新聞 2014年8月24日

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20140824/CK2014082402000022.html#print

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   どんな不具合があるのか体系として分類し、対策をとる必要があります。

   あちこちで、同じ理由で不具合が出る場合も多くあります。

   過去からの事例解析の蓄積と、的確な化学知識が必要です。

   無知や誤解からの不具合がほとんどです。


   何も改良しないから不具合になります。

   間違った変更をするから不具合になります。

   技術指導しています。



新燃料研究所

2014/8/21

J-VER制度の総括  地球温暖化防止・京都議定書
オフセット・クレジット (J-VER)制度に関する資料の紹介です。

英語やカタカナが極端に多くて、定義や用語が難解なものの、

国民運動として進めている「低炭素社会形成」を促す原動力となると期待されています。

http://www.j-ver.go.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

オフセット・クレジット (J-VER)制度の総括について 2013年12月末 時点

第8ページ

クリックすると元のサイズで表示します


http://www.j-ver.go.jp/document/j-ver_generalization_jpn.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

   E004 廃食用油由来のバイオディーゼル燃料の車両等における利用

      登録件数     27

      認証件数     31

      認証量 (t-CO2)  9,313

      1プロジェクト当たり認証量 (t-CO2)  344

 バイオディーゼルのプロジェクト登録件数 認証件数 が圧倒的に多くなっています。

 BDF製造所が「オフセット・クレジット(J-VER)」プロジェクトに大きな比重を占め、

 今後の政策立案において考慮されることを願います。


 あれも、これも欲張り過ぎてしまった結果として全体が低調になっていると感じます。



新燃料研究所

2014/8/20

無料CAD 教育機関向け  
CADで有名なオートキャド Auto CAD が教育機関向けに無償になるそうです。

日本ではJWCADが無償利用できるCADとして有名です。

無料・有料を併せて、AutoCAD の利用者は膨大です。

最初は使うのが困難でも、慣れた程度によって強力なツールとなるのがAutoCAD LT です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

オートデスク株式会社は、これまで有償で提供してきた教育機関向けアプリケーションのライセンスを 8 月 7 日(木)から無償で提供します。対象は製造、建築・土木、CG アニメーション分野のアプリケーションです。これにより教育機関は、企業の実務で利用されている最新のアプリケーションを、ライセンス費用を気にすることなく授業や自習で利用できるようになります。当社は今回の提供モデルを変更することで、IT スキルを含めた高いレベルの人材育成を支援していきます。


http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/item?siteID=1169823&id=23575878

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

強力なCADが無償になり、学校で利用が進むことで

地方の学校で、規模が小さな学校でも 巧みに操れる操作者が生まれるでしょう。

国際社会で産業規模が小さな国でも、巧みにCADを使えるオペレーターが生まれるでしょう。


設計と製図・作図とは別の次元です。

CADは 表現力 のツールです。

CADを使えば、構想力も養成できるでしょうけれど、本来はベツモノだと考えています。




新燃料研究所

2014/8/17

酸化による水の生成  化学構造や反応
BDF製造の夏季休止後の注意です。バイオディーゼルと水の話題です。

盆休みの間、高い気温によってBDFに含まれるカルボン酸が空気によって酸化され、

水ができていないか注意しましょう。

アルカリ残留による 水の生成 は過去から繰り返し解説しています。

今回は、好気性反応として一般的な反応式での注意です。

ブロワーで空気を送り込んでいるのでないから心配はいらないとも考えられます。

しかし、

排気ガスがテンプラくさいならば、カルボン酸の多さも疑えると考えています。

数日間の静置によって、浮遊していた水分が沈降しているとも考えられます。

以下の反応式を理解できたら、

BDF貯蔵タンクの底部沈降部を引き抜いて、点検する必要性があると知ることでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します



過去の 水の生成 と比較して、それほど心配が無いと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クリックすると元のサイズで表示します

2013/2/7 バイオディーゼル BDFの問題点

誤解の結果、水の生成が見落とされています。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3737.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新燃料研究所が間違う事はありえます。

 新燃料研究所は、科学的であろうと常に努力しています。

 新燃料研究所は、インチキ・ウソツキ・錯覚・思い込み を常に点検しています。

 ・・・・・・ 間違ったら ゴメンなさい。 そう言える強い心を持っています。



新燃料研究所

2014/8/16

BDF作り方 より 使い道  BDF状況・私のコメント
バイオ燃料の作り方や、副産物の再利用・合法的処理技術などに時間を消費してきました。

もしかして、

有効利用という尺度が大切なのではと、考えています。

具体的には、ハイオク レギュラー とガソリン価格は異なります。

安さが全てでは無い選択があるようです。


どんな目的で自動車を使用するのか?

浪費であり、資源の無駄使いであっても それで世間は回る・お金が巡る。


シブチン けち 節約家ばかりであるならば、世間は困ることになることもあろう・・・


1000ml イチリッター のバイオ燃料を、何に どう使うのか?

気晴らしのドライブに浪費するのか?

気晴らしであろうが、何であろうが それで世間は回る・お金が巡る。


より付加価値のある用途があるのならば・・・・・


そこんとこ 最近 考えています。 実験しています。



新燃料研究所

2014/8/7

新燃料研究所メール  総合的な お知らせ ・ 御案内
2014年8月7日 新燃料研究所一斉メールを送信しました。

数日前に公開研究日誌で、BDFイラスト公開したパンフレットは1枚目だけです。

今回のメール添付では 2枚目 があります。


最近はメール未到達トラブルが多くて困っています。

インターネット障害が多発しているようです。携帯電話に連絡ください。

未到達の場合は御連絡下さい。内容は以下です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール抜粋

     新燃料研究所関係者 および 周辺関係者の皆様へ

     いかがお過ごしでしょうか?

     重複メールの場合は御容赦願います。

     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     添付ファイルあります。         20140802.pdf
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     バイオディーゼル BDF の製造からの撤退や休業が増えています。

     酸化防止剤や、

     低温対策剤・分散機能やクリーンカットへの理解不足が主因と考えています。


     さて、新燃料研究所の最近の研究動向についてお知らせします。

     技術指導を受けられたり、

     アルカリ量算出ソフトを導入されている製造所は無料相談できます。


     カーボンニュートラルのBDFを使用するところがポイントです。


     ・・・・・・・・  以下 非公開



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新燃料研究所

2014/8/5

バイオ燃料でガソリンエンジンに使用するのがエタノールで、E5 とか表現されます。

ブラジルでは非常に多くの自動車で使用されているそうです。

日本でも、耕作地の有効利用としてバイオエタノールが試行されてきました。



バイオエタノールを生産する事業者向けの補助金が二〇一五年度から廃止されるそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用


http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014071002000126.html

農林水産省は九日、国産農産物を原料にした燃料・バイオエタノールを生産する事業者向けの補助金を二〇一五年度から廃止することを決めた。農水省は農地の有効活用やエネルギー供給源の多様化に向け、〇七年度から全国農業協同組合連合会(JA全農)などに合計約二百億円の補助金を支出してきた。純国産燃料の事業化を目指したが、赤字続きで今後も改善が見込めないと判断した。


クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

農地で食料を作れば過剰生産による農産物価格の低下がおこり、農業者が困ります。

農耕地を非食料作物栽培に利用して大成功なのがヨーロッパ ドイツ だそうです。



  インチキ ウソツキの論理で有名なのは、

  食べ物との競合 食糧との競合 燃料にしたから飢餓が起こった というウソまみれ。


あまりの恥ずかしい論理で、

自分達の優位性を主張してきた、ジャトロハ系がバイオ燃料の混乱の大きな原因です。



自分達の主張のためには、どんな無茶な論理でも大きな声で主張する人達がいます。

その人達の、先を読めない知恵がバイオ燃料をつぶしたと感じています。



新燃料研究所は、しっかり確実にバイオ燃料を普及させます。

具体的なバイオディーゼル活用事例は、あと数ヶ月後に公開予定です。

実験は順調なので、いつでも見ていただけます。



新燃料研究所

2014/8/2

バイオ燃料 BDF イラスト  BDF歴史・関係書籍・論文
バイオ燃料の補助金申請書類に添付するイラストを依頼されました。

バイオディーゼル BDF を作って利用するというフロー図です。

言葉のインパクトよりも、イラストのイメージは強い印象があると思います。



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



BDF製造工程 FLOW は以下です。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



洗浄水処理は化学処理だけで、迅速・確実・簡単に合法処理できるようになっています。

画像をクリックすれば大きくできます。



クリックすると元のサイズで表示します



新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ