左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/11/26

最近のアクセス  原油・石油・エネルギー
原油価格が大きく変化しています。

いろんな事を言う人がいるけれど、どれも納得がいきません。

新燃料研究所へのアクセス状況です。

クリックすると元のサイズで表示します


過去数年にアクセスがほとんどない地域があります。

数ヶ月に数回しか無い地域もあります。

検索キーワードから考えられる動機から、バイオディーゼル製造が減りました。

コモンレール故障などはあまり変化なく、検索が日本各地からあるようです。


解析をする必要性も理由もあまりないので、それほど追いかけていません。



新燃料研究所

2014/11/21

BDF品質劣化原因  BDF燃料使用トラブル参考情報集
わかりきっているのに、改善できない現実があります。

燃料フィルターの診断で、キッチリ・はっきり明確に理解できます。


鉄容器の使用による劣化、無水技法による水生成による酸化、空気中からの吸湿。

意味の無いことにこだわるヒトが多い。


もっと、もっと実験したり検査したり文献調査すべきです。

そもそも、排気ガスがテンプラくさいならば、オカシイ。

燃えたあとで、なんでニオイするの  ???


燃える 燃焼ということは 水ができるということ。


インチキ連中にだまされるだけでなく、加担するBDF生産所が多い。

新燃料研究所系は、静かに シッカリ 前進しています。



新燃料研究所

2014/11/21

インターネット検索の上位になる秘訣を教えて欲しいと問われる事があります。

電殺

http://newfuel1.com/kariken/densatu.html



簡単に正直に答えています。

私も、教えて欲しい。上位表示のコツや技術は知りません。

そもそも、

かなりイイカゲンな内容なのに上位表示されている現実があるGoogleなので、

何かの対策があるのかどうかの話題は成立しないように感じます。


将来的には、

検索エンジンとして圧倒的な利用率を有する新無料サービスはでてくるでしょう。


信頼度の実績を反映する発想を実現すれば、それだけで圧倒的な人気を獲得できる。

アイデアだけでは何の実力も無く、

強引な指示だけでは低下しか保証されない。



新燃料研究所

2014/11/18

品質向上のBDF  BDF品質評価
従来型ディーゼル車の燃料フィルターに多い型式は以下の画像です。

メーカーによっては小さな燃料フィルターの場合もあります。

クリックすると元のサイズで表示します


コモンレール方式車には独特な型式が多くあります。

コモンレール用濾過体の素材はほとんど同じのようです。片側がツルツル平滑です。

下の画像はコモンレール車で使用された燃料フィルター濾過体の偏光光学顕微鏡画像です。

偏光によって、ガム質や過酸化物質などを観察します。


クリックすると元のサイズで表示します



このような燃料フィルターのクリーンカット観察はコモンレール車に高濃度BDF

100%高濃度BDFとして使用するための前提技術だと考えています。


他人のやっていないことを行っているからこそ、

100%高濃度BDFを最新式ディーゼル、コモンレール方式で使えています。




新燃料研究所

2014/11/1

最新の実験  化学構造や反応
作業の遅れの説明です。

BDFの原料の劣化を知る新しい方法を継続実験中です。

最近は高電圧を瞬間的に作用させる研究しています。

原料の調理油に含まれる極性化合物の濃度および除去に関係します。

白土を使用する技法の致命的欠陥を小さな危険にまで低下させる効果も期待できます。


あれこれ、高価な測定機器を購入せずとも代替できる検査方法を探索しています。


あれこれすべき事が多くて、ドンドンバリバリ処理しています。

ふーーむ というテーマも幾つかあります。


画像はどれをアップしようか思案中です。



新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ