左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/12/31

BDFの生分解性-5  化学構造や反応
 
新燃料研究所と専門学校の学生さんへのメール応答の最終回です。

内容をまとめて短く編集しました。


《 今回の話題についての留意すべき点 》

メール内容を短くまとめています。

大学の先生や講師でさえ、BDF廃液を誤解している事例が多くあります。

環境工学の勉強をしていないと微生物のことなどが皆目わからないと思います。

専門学校の生徒さんの場合、高校を卒業して2〜3年程度で学ぶようです。


  進路は分析方面や品質管理など、水処理の現場に配属されるとは限らないようです。

  在学中に公害防止管理者に合格されるのは非常に珍しく、

  ほとんどの人は卒業後の資格取得となるようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新燃料研究所 様

私の生物処理への認識不足が痛感します。

BDFを製造する場合、BODで見るのではなくCOD、ノルマルヘキサンの値をみて

処理をするということでしょうか?


卒論テーマの展開としては船舶でBDF 普及率が高まり

BDF使用船舶が事故を起こした時

海上へBDF が流出されたときの環境への負荷量をテーマの中心したいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------

【 新燃料研究所からの応答 】

ABC専門学校バイオ環境科のAB様


光学顕微鏡での微生物観察は非常におもしろい分野です。

検鏡に習熟してくれば、

プレパラートに垂らして さあ見てごらん こんな あんな なっているはず・・・・
 
とスタッフに予言できるようになれます。

BODはご存知のように河川に適用され、

BDFのように有機物がほとんどない場合にはCODがふさわしいと気づいて、

さらに そもそも、

油ばっかりなのだからCODよりも油分含有率・含有特性が問題であると気づきました。

結局、環境負荷という観点から

最も問題にすべきは油分・ノルマル抽出物質です。

ノルマルヘキサンという溶剤で溶けて抽出できるFAMEや油脂が問題とされるべき中心です。

(略)

硬水・軟水などの地域によって変化するという展開もできます。

公開研究日誌の左下に検索語を指定すれば該当記事がでてきます。

いろいろキーワードを放り込んでみれば参考画像や資料引用元がでてきます。



新燃料研究所

2014/12/30

BDFの生分解性-4  
新燃料研究所から、専門学校の学生さんへの標準活性汚泥法に関する助言です。


《 今回の話題についての留意すべき点 》

日本では水環境工学の知識が少ない人たちがBDFに関与している事例が非常に多い。

本来はバイオディーゼル製造の基礎知識として不可欠な技術であり、科学知識なのに

基盤が欠如している人たちが多い。


無知な公害排出類型

  BDF洗浄水は無処理で流して良いと誤解している無知な、公害垂れ流し派が多い。

  昔から、公害は無知や無関心や強引な継続でヒトの健康や自然を破壊してきました。


科学無知な扇動類型

  水を汚さないとか、水を汚すなとか、とんでもない無知でいる人が多い。

  汚れた水をキレイにする下水道処理技術があり、安全な上水道があります。

  水道から直接に水を飲んだり、シャワーをあびたり、風呂に浸かれる日々は

  科学の成果として達成できている水処理技術の成果です。


    排水に含まれている有害物質の適切な処理、そして富栄養分を微生物の増殖として

    排水から取り除いて、富栄養分を吸収して増えた微生物を引き抜く、それらの技術

    は国家資格として定められています。


    私が合格した公害防止管理者 水質第1種 はその代表的な資格です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


質問の件 第4

014/11/08 15:34:43 東京 (標準時)

新燃料研究所 様

BDFが生分解性が高いと言ってもしかるべき処置は必要ということですね。

失礼しました。質問の目的を申し上げ忘れてました。質問の目的、趣旨は私が卒業研究で

バイオディーゼル燃料の生分解性を汚泥を用いて調べようと思っております。

そこで、BDFの第一人者に生分解性について詳しいお話を聞こうと思った次第です。


-------------------------------------------------------------------------

【 新燃料研究所からの応答 】

Re: 質問の件 第4

2014/11/09 10:45:38 東京 (標準時)

ABC専門学校バイオ環境科のAB様

標準活性汚泥法で注意すべき点があります。

私は当初、自然界に適した微生物がいるだろうと近隣の池や沼などから採取して培養しながら実験していました。

検鏡しながら文献調査や、当方の調査研究スタッフ(公害防止管理者水質1種 主任 その他 有資格者達)とワイワイ行っていました。

バイオディーゼルの排水にはノルマルへキサン抽出物質が非常に多く、アルカリ乳化・エマルジョン状態・乳濁状態になっています。

人工栄養を適切に与えないと困難で、スーパーであれこれ購入したり水処理メーカーから取り寄せたりしていました。

同じ栄養でも摂取しやすい形に加工しないとならないことがわかりました。


BODでなく、CODなのだとわかるべきです。

区別がアイマイなままでは上手くいきません。


200Lドラムサイズの回分式でうまく処理できるようになるまでは時間がかかりました。

検鏡やSV30やDO、ORPなど詳細に数時間置きに、起きて数週間の連続実験もしました。

寝床から数メートルのところでの実験でした。


その後、あれこれ偶然なども積み重なって、活性汚泥法を採用しなくても完全に安価に短時間で処理できることがわかりました。

標準活性汚泥法の後でSS処理を行う場合があり、集中して実験していて見つけました。

技術指導先の予算や規模などに応じて、相談しながら技術指導しています。



新燃料研究所

2014/12/26

BDFの生分解性-3  化学構造や反応
新燃料研究所への、専門学校の学生さんからの質問と応答の続きです。


《 今回の話題についての留意すべき点 》

いかにBDFが炭化水素油と比較して環境に優しいとしても、

海洋汚染や流出事故の対応技術が必要です。


バイオディーゼルの環境への優しさとは比較においての結論です。

あくまでも、軽油や灯油との比較での差においてクリーンであるというだけです。

   燃やせば二酸化炭素は当然でます。

   炭酸ガスがでるけれど、

   直近の二酸化炭素を吸収して生育した植物が作った油脂なので、

   古代地球の濃密な炭酸ガスを現代に排出する化石燃料とは異なるという考え方、


   それがカーボンニュートラルという考え方・思想です。

   あれはこう考え、これはこう考えるという思想があります。

   バイオディーゼルは、そういう思想においてクリーンだと決め付けているだけです。


   しかし、この決め付けは合理的であり有意義です。

   バイオディーゼルの炭酸ガス排出量ゼロカウント思想は重要です。

   ゆっくりかもしれませんけれど、確実に重要性が高まります。

   自動車を使用せずに自転車を使用すれば確実に二酸化炭素は減ります。

   そういう幼稚な議論でなく、使わざるを得ない自動車燃料をどうするのか?

   より適切な燃料を使えるところから、まず実行できるところから実行する。

   その現実的な、日常からの実践ができるのがバイオディーゼルです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


質問の件 第3

2014/11/07 18:35:36 東京 (標準時)

新燃料研究所 様

お忙しいなか、ご丁寧なメールをくださり恐れ入ります。

それではBDFのFAME 含有量が高いほど

環境への負荷は油と比べて少ないという認識で間違いないでしょうか?

また、FAME 含有量が96.5%以上のBDFを使用してる船舶が事故を起こし、

BDFが大量に流出した場合どのような処置をするのでしょうか?

-------------------------------------------------------------------------

【 新燃料研究所からの応答 】

Re: 質問の件 第3

2014/11/08 9:56:06 東京 (標準時)

ABC専門学校バイオ環境科のAB様

BDFとFAMEは定義として、用語として等価であるのが本来です。

現実にはBDFの現状が品質不良が多く、

検査項目として定められている検査だけでは不充分である現実があり、

新燃料研究所系では最新式コモンレール車に100%高濃度で使用できています。


DPF、DPR装着の最新式コモンレール方式車に100%高濃度で使用している事例は

日本では少ないと思います。

数年の実績がある新燃料研究所系では簡単ではあるけれど、

信頼性の高い検査方法や製造方法を採用していただいています。


環境への負荷は、どのような前提条件であってもFAMEと

鉱物油(炭化水素油:炭素と水素のみから構成されている化学構造)との

対照実験において、FAMEの方が環境負荷がはるかに小さいと考えています。

さらに、

天然油脂のトリグリセライドよりもFAMEの方が環境負荷が小さいと考えています。



BDF利用の船舶による流出事故では、燃料油共通の法令が適用されると考えています。

具体的には、

オイルフェンスによる拡散防止や凝集沈降材の散布など定められた手順で実施される

と思います。

使用許可薬剤はFAMEおよびBDFにも効果があると新燃料研究所では幾度も

実験で検証済みです。


ただ、実施ノウハウがある場合があって、

数分で分離浮上が可能だけれど薬剤種類や濃度や順番、使い方などが適切でないと

数時間でも不可能です。

適切ならば投入後、即時に反応開始して

ドラム缶サイズならば十数秒〜数分で処理できます。


具体的なことは海上保安庁や漁業組合などの関連HPに詳細が掲載されていたと

記憶しています。実験して検証していないと誤解記事を引用しかねないので慎重に。


ところで、質問の目的 趣旨 は何なのでしょうか?


-------------------------------------------------------------------------


参考記事URL

   オイルフェンスの展張方法について

   一般財団法人海上災害防止センター 

   http://www.umitonagisa.or.jp/pdf/06oilfens.pdf


   油濁防止緊急措置手引書

   平成5年の海洋汚染防止法の改正により、総トン数150トン以上のタンカー及び
   総トン数400トン以上のノンタンカーを対象に、船内備え置き等が義務付けられ
   たもので(社)日本海難防止協会が作成した標準様式です。

   http://www.motech.co.jp/jp/products/format_guide.html

-------------------------------------------------------------------------


新燃料研究所

2014/12/25

BDFの生分解性-2  化学構造や反応
FAMEの分解しやすさに関する質問です。

専門学校の学生さんからの質問と応答の続きです。


《 今回の話題についての留意すべき点 》

どのBDFでも同じであるとの前提で特性を探求すると迷路に落ちる危険があります。

検査していない項目に問題が存在する場合があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Re: 質問の件

2014/11/07 8:37:11 東京 (標準時)

新燃料研究所 様

お忙しい中、早速のご返信ありがとうございます。

生分解性が良いのは理解は出来るのですが

例えば100gのFAMEは環境中で何日経過して半分になり、

いずれは環境中からFAMEは無くなるのでしょうか?

-------------------------------------------------------------------------

【 新燃料研究所からの応答 】

Re: 質問の件 第2

ABC専門学校バイオ環境科のAB様

理想環境を仮定した場合、約2週間程度で半分程度であろうかとの説もあるようです。

完全に無くなるのは40日〜90日という説もあるようです。

私は、化学構造から考えて、

普通の植物油よりもかなり早いと考えていいのではないかと思っています。

天然油脂のトリグリセライドとFAMEの分子量との比較から考えています。


クリックすると元のサイズで表示します



仮定として、FAMEは同じ品質であるとしていますけれど現実的には大きく異なります。

具体的にはカルボン酸の残留や生成、アルデヒド類や金属塩の残留などなどです。

鉄イオンやアルカリの残留などが多いのが現実の、

各地で製造され使用されているFAMEです。


参考記事

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3689.html

-------------------------------------------------------------------------


新燃料研究所

2014/12/23

BDFの生分解性-1  化学構造や反応
バイオディーゼルの生分解性についての問い合わせメールの一部を紹介します。

メールには添付していない資料などを追加して、一部を抜粋公開します。

表現などは一部編集する場合があります。

専門学校の学生さんからの質問です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問の件

2014/11/06 10:34:09 東京 (標準時)

新燃料研究所 担当者様

突然のメール失礼いたします。

現在卒業研究でBDFについて調べておりますABC専門学校バイオ環境科のABと申します。

この度、御所の公開研究日誌の2014年3月30日 

タイトル「BDF流出事故 2014」の内容についてお聞きしたいことがございます。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3945.html


バイオディーゼル燃料の生分解特性を詳しくお教えいただけないでしょうか?

ご多用のところ恐れ入りますが、ご返答の程よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------

【 新燃料研究所からの応答 】

私の息子と同じ年頃の方のようですね。

何なりと御質問下さい。


FAMEの生分解性はかなり良いです。

オレフィン構造のあるエステルなので、つまり二重結合と有酸素という化学構造からも

理解できると思います。


-------------------------------------------------------------------------

FAMEの化学構造

クリックすると元のサイズで表示します




新燃料研究所

2014/12/21

実験の環境  化学構造や反応
STAP細胞と小保方嬢の報道に感じるところを書きます。

 監視の中での実験では、うまくいくものもうまくできない場合がある。

   結果が欲しいのだから、先ずは結果を出せる条件を最優先にして、

   次の段階で監視するようにすればと感じました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私も類似の経験があります。

兵庫県宍粟市に廃液処理に出向いたとき、なぜかうまくいかない。

腰痛をこらえ、雨の中必死であるも何故かできない。

池野氏も不思議に思いながら辛い作業を引き受けてくれました。


あれこれ、知見条件の範囲ではうまくいかなく、何が原因なのかがわからないまま継続。

ある瞬間に、乳濁した1000Lの廃液は無色透明に変化するも、何かがおかしい。


追い込んでいくと、洗浄廃液だけだとする約束なのに下部グリセリン層が混入していた。

目の前のものが何か判らないならば、何かなのかから開始します。

目の前のものが、あれだ と限定されたら、 アレ として処理開始します。


技術があるとか、ないとか そういう話題ではなくて、信頼というか 前提の話題です。


結局、見事に無色透明の無害化には成功したものの 現場のBDF製造所とは、

お互いに不信感が残りました。


廃液の成分は触媒と原料の植物油が主です。

エマルジョン・乳化している状態を油と水に分離させる、エマルジョン破壊が必要です。

そこにアルコール系のグリセリン含有層・UDPが入っていれば事前にわかっていれば、

あるいは何もかもわからない状態から責任もって処理開始したのならば簡単です。


アルコールは、水にも溶けるし油も溶けさせます。




洗浄廃液の製造所排出濃度で約3トン程度でした。

本来ならば1時間以内で完全に無害化・無色透明・ノルマルヘキサン値もpHもSSも、

CODも、何もかもクリアできます。



相手は、こんなことぐらいできないのか・・・・

私は、なぜ 指示に従って洗浄排水だけにできないのか・・・・・

これを無害化しろと正体不明でも可能なものの、手順や時間や費用がかかります。

正体が不明ならば、正体の範囲を絞りこんでいかないと無害化は限界があります。

完全な無害化には、正体がわかれば迅速です。



STAP細胞はあれば良いし、いつか見つかると良いと思います。

ただ、酸性液につけておけばという報道の内容からは pH の誤解がここにもあるのか?

酸 アルカリ その本来の基礎理解がどこまでできていたのかと不思議です。


化学は ピーエイチだけが先行するものではありません。

酸性とか塩基性とか、そんなんでなんとかなるのならば 生物は存在できないと思います。



pHの測定には、緩衝があるのが普通なので、

たまたま酸性と分類しただけであろうかと新燃料研究所は感じます。

ここまで踏み込んで擁護してしまって、

事情しらない部外者の無責任さと指摘されたら反論できません。




小保方嬢をとっちめるのならば、彼女の望む環境を提供すべきであったと考えています。

それが フェア 公平であり、公正であると考えます。

彼女をトッチメルのが目的でなく、STAP細胞の存在が問題の所在であったはずです。


新燃料研究所は、どちらの味方でもないけれど、

科学の追究にふさわしい条件がほとんどなかったのが残念だと感じます。



新燃料研究所

2014/12/20

今後の新燃料研究所系  総合的な お知らせ ・ 御案内
新燃料研究所が毒物劇物取り扱い資格を取得して、

公害防止管理者 水質第1種 を取得したことで新燃料研究所系のビジネス展開は広がりました。

無資格で薬品販売しているBDF関連企業や、

水処理・化学知識なく無水技法設備を販売している税金依存のBDF企業などから距離をおけます。

どろどろ、意味不明の補助金体質とは無縁です。

今後のアジア展開や海外展開に希望があります。


日本ブランドというのは日本国内にだけ存在する幻想だと考えています。

アジアでは大規模な設備を見せて投資家に夢と希望を抱かせる商法が中心と考えます。

新燃料研究所は、小規模で確実な現場エネルギーを実現できます。

毒物のインチキ燃料ではありません。


新燃料研究所は、現地で可能な技術を提供できます。

登山技術や狩猟家としての経験と知識もあります。

基本はエクセルを使用した数値の根拠と、Auto Cad LT を利用した設計です。

電気は ともかく実際に組んで、確認する主義です。

電気は必ず、設計室で構築してから実機に、私が配線する主義です。

外部技術者を雇えない貧乏というのが本質ですけれど・・・・




新燃料研究所は、先進クラスターを構築できた民間が環境ビジネスの勝者になれると考えています。

何しろ、先進技術があり商社や軍部独裁を背景にするよりも早くて確実で安い。


CADも使え、電気設計や配線作業もできるのが新燃料研究所です。

マシニングは MAZAK 山崎鉄工です。

TIG ステンレス溶接は得意で、私が実演して見せます。

実技と理論と学問は一体と考えています。 試してください。 勝負受けます。



疑うならば訪問されたしです。 訪問は無料です。 

BDFに関しては、面談の相談料をいただいています。

新燃料研究所系はいつでも無料です。

お互いの知見や疑問や現象を共有するから、相談無料です。

薬品や分析、解析は有料です。


あなたは新燃料研究所系になれるのか?

簡単には仲間にはなれないです。

今までの苦労を分かち合った仲間の集団です。

新燃料研究所系はかなりの投資をしています。

見返りが期待できないリスクある投資があります。


見返りは、これから たっぷり お返しする予定です。



新燃料研究所

2014/12/17

公害防止管理者 合格  総合的な お知らせ ・ 御案内
公害防止管理者合格証書が送られてきました。

ムズカシさを知らないままに受験し、その難度を理解できたのはかなり後でした。

ものすごい数の受験者に驚き、

受験者の持っているテキストによってあんな本があるんだ。。。。。


公害防止管理者 合格証書

クリックすると元のサイズで表示します



合格科目には有効期限があること、科目ごとに最低60%以上でないと合格できないこと。

奇問・珍問がチラホラあることなど、ともかく苦戦しました。


バイオディーゼルの研究を進めるにあたり、公害防止管理者試験の知識は非常に役立ち、

公害防止の法律を知ったことより、BDF品質向上という実際の現場に必要でした。


私が合格した公害防止管理者 水質1種は、

有害物質を含む排水処理を、毎日1万トン以上 できる国家資格です。

1万立方メートル がどれほどなのか ?  うーーん わかりません。

上限の制限が無いので、どうでもいいのですけれど。。。。



新燃料研究所

2014/12/16

新燃料研究所の代表は公害防止管理者 水質1種 の国家資格を有しています。

日本のバイオディーゼル関係者で、

新燃料研究所が各方面の知識と実力を有していると認定しているのは各地にあります。

鹿児島地方は多く、奄美の本田運送さんや、種子島の松岡氏などは実力豊富です。

生産量と品質のどちらも日本のトップクラスです。

たぶん、日本の10位以内です。


新燃料研究所系は、最新式コモンレール方式車でも高濃度100%BDFです。

洗浄廃液は完全無害化を安価にできる技術があります。

公害防止管理者 水質 1種 の有資格者が複数います。



BDFの品質と、環境適合・法律適合製造において、

関西では兵庫のS社さんが断然トップで、

日本でも上位の3番以内であろうほどの100%高濃度・最新式ディーゼル実績です。


関東では、サンカ 中町氏の廃液処理技術がトップです。

廃液の瞬間技では、池野氏と中町氏は新燃料研究所系で上位3位以内でしょう。

1位は新燃料研究所代表の 朴 です。 。。。。



新燃料研究所の非公開技術に関しては、

バイオ会 810会の鈴木氏や松浦氏が深く知っています。

彼らの知識なくして、日本のBDF先進技術はありえません。


非公開技術に関しては、名張市在住の池野氏が詳しいです。

各地の現地指導に同行しており、ほぼ日本のBDF装置は触っているようです。



日本各地に、国家試験である公害防止管理者 水質 の合格知識を越える人がいます。

疑うならば、各自に問い合わせ 乳濁した毒水の透明無毒化の瞬間技術を見学すれば、

こんなにも新燃料研究所系は先進技術集団なのかと驚きます。


実演しますよ。



新燃料研究所

2014/12/15

公害防止管理者 水質  総合的な お知らせ ・ 御案内
公害防止管理者の合格発表がありました。

合格通知はまだ到着していません。

合格者の受験番号が跳んでいることからも難関であるのが理解できます。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



毒物劇物取扱者試験よりも、はるかに難関試験でした。

ともかく記憶すべき知識が膨大でした。

実務経験がない人の合格はほぼ無理ではないかと感じました。

化学知識や計算だけでなく、関連法律の知識もかなり必要です。


合格通知がくれば掲載します。



新燃料研究所

2014/12/13

女のクサッタやつ  
最近は多忙です。

わけがわからなく時間を奪われています。

先日は、狩猟団体である猟友会の総会において

おんなのクサッタやつ と名指しで言われました。


女性が腐ったら大自然に戻るだけで、男性とまったく同じと科学的には思います。


反論ができないのが現実です。

どのように反論すればいいのか全くわかりません。

私は女性から生まれてきたはず。確実に。

母が おまえを産んだのは私だと言っていますから。。。

父から おまえを生んだのは俺だとは聞いたことがありません。


一般社団法人 滋賀県猟友会 甲賀支部 監査という役職が私です。

狩研究会の代表でもあります。

滋賀県甲賀市水口町猟友会 副会長 でもあります。

新燃料研究所です。

電殺を設計し、製作しているのは私ですし。

携帯河童やタイムカプセルの統括も私です。

国家資格の毒物劇物取り扱い資格者です。

以前は 天然記念物 日本犬保存会 紀州犬のブリーダーでした。

犬舎号は 紀州犬の特長を表現して、 白頭山荘 です。

モグリ 非正規なのですけれど、日本伝統古武道 八紘流もちょびっと知っています。

空手も、ちょっと見ただけですけれど 糸東流草野派拳法を見たことあります。 押忍。


新羅古武道の自然石割りは地元の小学校などで幾度も披露しています。 いたいんやで!

パコ パコ 連続割してみせます。 静かに ホイッツ ときには やああーーーー


本当は 岩石の目を読んでいるから、力は ほとんどいりません。
 



射撃は水口猟友会のなかで、どの分野でも3位以内に入れているはずです・・・たぶん。

かなり なぜか たまたま あたります。。。




日本のあちこちに迷惑な人が一杯います。

私は貴生川幼稚園PTA会長や、貴生川小学校PTA会長をしてきました。

妻も貴生川保育園保護者会会長など、あちこちで役職しています。


世間を困らせるのは、ごく限られた特定のヒトのようです。


何もしたくないし、 どうでもいいのだけれど・・・・・

役職なので そろそろ何とかしろとの先輩諸氏からの依頼が多くあります。

私が嫌だと言えば、それまでのやんわり依頼です。


面倒に巻き込まれるのはカンベンしてや。。。 です。


水口猟友会 会長代行 朴昶壽

2014/12/6

電気の流れやすさ、流れ難さを電気抵抗率として比較した資料です。

出所はウイキペディアです。

電気抵抗率の比較表

クリックすると元のサイズで表示します


ダウンロードは以下からできます。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/html/ohmtable.pdf

この表をゆっくり眺めて下さい。

反応の速さ、電子の移動という観点からながめていただければ、

化学の反応と同じことであると見えてくると思います。

  電子の移動を一定時間における電気量、

  あるいは一定の電気量になるまでの時間と考えたら理解しやすいと思います。



【 新燃料研究所の解説 】

バイオディーゼルの製造や保管において、容器材質が何をメヤスに採用すべきなのか?

電子の移動のしやすさ、反応が早いということは劣化が進むのが早いということです。

わからなければ新燃料研究所へ電話して下さい。


BDFの高品質に深い関係がある科学知識の紹介でした。



新燃料研究所

2014/12/2

クリーンカット定期診断  BDF燃料使用トラブル参考情報集
時間のやりくりが困難な状態が続いています。

掲載が遅れたクリーンカット画像です。

冬季の低温対策剤を使用する前に、燃料フィルターのクリーンカットが大切です。

燃料の供給不良やエンジン不調の症状が出現する前に現在の状態把握が必要です。



クリーンカット顕微鏡診断画像

BDF 100% 高濃度使用 東海地方

クリックすると元のサイズで表示します


画像から新燃料研究所が判断するのは、

BDFの製造品質の問題という事ではなく、貯蔵や輸液管に問題がある疑いがあります。

大きくて黒い部分が該当部分です。


その周辺に散在する過酸化物と混在している微細な粒状は、

仕上げフィルターで捕捉できなくて通過した疑いがあります。


燃料フィルターのクリーンカット観察において、

同時に顕微鏡撮影する画像は多くあり、依頼者に縮小画像をメール添付しています。

リサイズ画像を一覧出力したPDF形式ファイルなので拡大できます。


画像を同時に見ながら、

お互いの知識や情報をやりとりして診断を積み重ねていきます。

一方的な思い込み診断でなく、協働で問題点の選定と対策を考えていきます。

幾度も検査し、何年も蓄積された知識と経験が共有されています。



このように努力するからこそBDF100%高濃度での使用が可能なのです。



新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ