左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/2/8

理解から再現  化学構造や反応
文字や画像の理解ができるまでにはかなりの費用と時間と、良き偶然が必要です。

具体的には、

油分を分解できる微生物を増殖と回復させられる薬剤や知識と経験の場合において、

私の知恵と工夫で微生物が油分を分解できるようになったと 錯覚 誤解 ・・・。


数年たって、微生物の好条件を実現したことと 油分分解条件は同じであっただけ。

つまり、微生物のパワーでない。



かくして、

新燃料研究所は巨大規模の微生物施設を作ることも維持も、公的資格もあるけれど。

短時間で、確実に 薬剤処理しています。



1: 2価 3価 の鉄イオンの知識だけでなく、再現実験をできる。

2: 新築住宅での有毒ガス ホルムアルデヒド などの知識。

3: 加水分解 エステル構造 エステル化 の読んで区別できるほどほどの知識。

4: 酸化と還元の高校1年程度のざくっとした知識は必要です。


インターネットの文字情報では間違いや誤解が多くあり、動画をしっかり見ましょう。

ユーチューブで、多くの基礎が無料公開されています。


バイオディーゼルの基礎を理解するには、実際の薬剤による実験が不可欠です。

BD製造所と仲良くなれたら、ほとんど無料で少量で充分なので再現実験は可能です。


塩酸 酢酸 硫酸 硝酸 などなど・・・  

酸系は試薬ビンでの購入は、濃度違の市販品が安くて確実なので便利です。


アルカリ系は、空気中の酸素との結合を理解できて対策できないと実験できません。

アルカリ系は、高校2年生より上かな?

ゴーグル、めがねが必須です。



実験の基礎知識として、水に換算して 約55℃ この程度からは危険です。

従業員や、他人に指示する業務命令の範囲を越えるのが・・・・


あれこれ、

バイオディーゼルは官公庁の利権の対象とされてしまい、ぐちゃぐちゃ。。


検察が動けないほどの、錯綜のようです。



新燃料研究所

2016/2/3

植物油は劣化して、有害な物質に変化します。

そもそも、どんな物質でも化学的な変化をする条件があります。

反応が急激にすすむ場合もあるし、ほとんど変化しない人工的な投与があります。


アクロレインやアルデヒドを検索してみれば、

血管関連の病気や、肺疾患などの危険が理解できます。


バイオディーゼル関係者の職業病として、何が危険でいかに防御できるかのか。

どんな職業にも肉体的な健康被害の危険性が特に高いという条件があります。



アルカリ アルコール 副産物 変質物 、理解と予防が必要です。

明確に物質を特定してこそ予防できます。



エステル吸着による燃費向上や、作動振動低減が実感できないと くさい匂い。

くさくて、刺激臭の強いのは品質不良です。


色素は抗酸化物質なので、透明では有毒ガス変質への化学変化が心配で当然です。

インチキ うそつき 勉強すれば判別できます。



新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ