左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/3/26

残れなかった原因 酸価  化学構造や反応
日本のバイオディーゼル製造所は2004年以降、最大で1200前後あったようです。

かなりの調査葉書を送付して、かなりの追跡調査をした結果として実質製造は300未満。

詳しい事情はわかりません。



多くの製造所は、常温での判定紙で劣化程度を知れると誤解したようです。

国際的であり、有名企業の判定紙は精度が良いのに常温でないという理由で嫌われ。


   好都合とか、便利とか、 その選択は精度とは無関係なのに・・・・・


滴定が精確と、言ってみたところで その色が終点ちゃう!!

さらに、基本アルカリ量が それでない。



新燃料研究所系は生き残っています。

いつまでも、技術支援できます。

我が家の子どもにブレンド技法や、混和薬剤の入手や練りこみ熟成など教えています。


くすり、それは必須な添加剤であるも 元  基油 ベースオイルが全てです。


新燃料研究所系は、どこにもまけない最高品質を提供継続できます。

疑問あれば現物で勝負できます。



酸価でトラブルのが、ガム質でトラブル原因の5番以内です。


新燃料研究所

2016/3/25

石油価格の暴落原因  原油・石油・エネルギー
原油価格の暴落原因として中国経済の低調が大きな原因とも指摘されています。

USAのシェールオイル増産も大きな原因とされています。

シェールオイルはアメリカだけでなく、ヨーロッパや中国でも採掘されています。


  新燃料研究所へも中国におけるサンプルが持ち込まれたことがあります。

  中国産として持ち込まれた液体性状は、とても採算がとれるとは思えない品質でした。

  水や、何かの界面活性物質が混和しているように思いました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

2015年の大暴落、その真相とは?

2015年に起こった石油価格暴落。1バレル約100ドルだった石油価格(2014年)は、一気に36ドルまで下がりました。その原因と石油価格のメカニズムを見ていきましょう。「海と経済」の第一人者であり、新刊『完全図解 海から見た世界経済』の著者である山田氏に聞いてみました。

石油価格の暴落は、
なぜ起こったのか?

2015年は石油価格が暴落しました。国際的な原油価格の指標となるWTI原油価格は、2014年6月20日、1バレル当たり107・95ドルでしたが、2015年12月28日には、36・36ドルまで下落。実に66%も下落してしまいました。

石油価格の急速な下落の引き金になったのは、「シェールオイル開発の影響による、アメリカ内における石油のだぶつき」でした。2013年、アメリカでは、それまで1日に500万バレルほどの石油産出量でしたが、810万バレルまで急速に増加しました。その内、350万バレル近くがシェールオイルです。
※シェールオイルは石油の一種

かつてアメリカでは石油の輸出を制限していました。しかし2014年、シェールオイルの生産による「国内石油の余剰解消」のため、法律を改正し、アメリカ内で産出された石油を輸出できるようにします。テキサス産の原油をヨーロッパに輸出しますが、石油を海外へ送り出すための施設も不足し、供給過多による価格の低迷を解消することはできませんでした。

2014年時点でシェールオイルの生産、流通に関わるコストは、1バレル当たり70ドルから90ドル前後と試算されていました。いずれ量産体制が確立すると1バレル当たり40ドルにまで下がると予想されています。これは、OPEC(石油輸出国機構)に加盟する既存の原産国にとって脅威になります。

石油価格を巡る攻防戦
アメリカ、OPEC

石油価格の大幅な下落の原因をアメリカのシェールオイル増産によると見たOPECは、生産量の維持を決め、価格の低迷を容認しました。

 サウジアラビアの石油産出・流通コストは、1バレル当たり18ドルといわれ、価格競争に十分に耐えられます。一方、アメリカのシェールオイル関連企業の一部は既に破綻してしまいました。OPECの生産体制維持は、シェールオイル潰しであるともいわれています。

 また、石油価格を低水準に抑えることは、イスラム過激組織IS対策としても推進されています。ISは、軍事占領した地域から産出する石油を軍資金にしています。

 さらに、石油価格の低迷は、クリミア問題により欧米諸国と対立しているロシアにも大打撃を与えています。ロシアは世界でも1、2を争う原油生産国ですが、寒冷地という厳しい環境と後発の産油国のため、生産コストが高く、原油価格が1バレル当たり50ドルに達しないと利益を上げることができません。石油の売却益がなくては、国家財政の維持も困難です。原油価格の低迷は、ロシアへの経済制裁にもなっています。

石油価格下落による
悪影響とは?

原油価格の低迷は、海底資源開発の速度を鈍らせる恐れもあります。2013年における、全世界における石油・天然ガス探鉱開発投資額は、68兆円ほどですが、その内の約29兆円が海洋での開発に関わるコストです。

 2015年1月時点で、海底から石油およびガスを採取する海洋掘削リグは、世界に954基存在しています(その他に224基を建造中)。最も多いのはメキシコ湾です。アメリカの海域とその周辺に設置されているものが186基あります。その次に海底掘削リグが多いのは、中東地域で155基、次いで東南アジアの125基です。

 海洋における石油生産の比率は、2020年までには、全石油生産量の3分の1に上昇すると見込まれています。現在のように石油価格が低迷する状況では、新たな海洋油田開発は推進することができなくなるでしょう。原油価格1バレル当たり50ドルが、海洋油田開発推進のボーダーラインのようです。

『完全図解 海から見た世界経済』
3月18日、全国書店にて発売開始!!!

http://diamond.jp/articles/-/88442

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新燃料研究所

2016/3/20

バス火災  自動車
最近の自動車トラブルでバス火災の報道が増えているように思います。

今日は高速道路で現場を見ました。

どうして軽油使用のバスがこんなに燃えているのか?

と右側車線のマイクロバス内から見ました。

長いトンネルを抜けて直後の現場でした。

トンネル内で停車していたら大惨事だったと思われます。


並進する一般道路に報道撮影車両が到着した直後のようでした。

バスの運転席周辺に消防隊員が3名ほどいました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用


クリックすると元のサイズで表示します


福井工業大生乗せたバス出火=野球部員ら、けが人なし—滋賀
時事通信3月20日(日)15時52分

20日午前7時50分ごろ、滋賀県長浜市余呉町柳ケ瀬の北陸自動車道上り線で、福井工業大学の学生ら38人を乗せたバスのエンジン付近から出火した。火は約50分後に消し止められた。けが人はなく、同県警高速隊が出火原因を調べている。
 県警によると、バスに乗っていたのは、福井工業大の野球部員37人と運転していた同大職員の男性(41)。愛知県での試合に出場するため、北陸自動車道を走行中だった。運転していた職員が車両後部から白煙が出ているのに気付き路肩に停車したところ、後部エンジン付近から出火したという。選手らは別のバスで試合に向かった。 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大学名が大きく標示された大型バスでした。


      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





      新燃料研究所

2016/3/15

差異 ちゃう 異なる  BDF品質評価
新燃料研究所系は日本におけるBDF製造において特異です。

地方では有名で確実にBDF量産製造所としての実績がトップクラス。

自動車故障のない高濃度BDF、100%純度での通年使用の実績。

新燃料研究所系は、必ず原液を送付して濃縮液として返送しています。


    低温対策剤や酸化防止剤などの必須添加剤の種類と濃度は標準価格内です。

    かなり、あれこれ 新燃料研究所系は キッチリ はっきり しています。
    


    このテマヒマ、採算性の悪さがあるものの品質確認が優先です。

    BDF品質を常に観察して、適切な助言をしています。

    新燃料研究所系は日本各地に存在します。



新燃料研究所



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ