左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/4/16

検査の時間帯  化学構造や反応
エステル燃料の品質評価は午前中に自然光が必要です。

新燃料研究所における各種測定や検査は、かなり高額な機器装置でおこなっています、

バイオ燃料の適切さは安価な機器で判断できて再現性もあります。


知るほどに複雑で迷路なものの、基礎知識を確立できれば単純明快。


   低温対策剤、酸化防止剤、分散剤、乳濁破壊剤、潤滑向上機能剤・・・・・・

   
   原理がわかれば、できること できないこと キッチリ はっきり です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





      新燃料研究所



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ