左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/8/27

調理済みの食用油は工業製品の原料として取引されて、全国的な相場があります。

栽培して、搾油してとの ニュース性のある珍しい報道は現実とは異なります。


   2008年よりも以前の相場になったようです。

   具体的な価格は、新燃料研究所系には問い合わせあれば 明確 に報告します。


   関西・東海・北陸 ならば新燃料研究所の親衛隊:三重の池野BDF部隊が回収できます。

   まとまった量ならば、過去 おどろくほどの差額になる事例もあります。


   調理済み油の価格は、品質と持ち込み量、そして  どの集荷所に搬入するか。

   回収業者と、集めて転売する業者などの流通仕組みがあります。

   どこに持ち込めるかの品質と量で、単価は大きく差異あります。


地域で廃食用油を収集している NPO 環境団体 の たぶん、3割ほどは偽装貢献。

あまりにも、かわいそうな奉仕作業の洗脳がある地域があるようです。


BDF製造所に直接搬入すればと提案します。


全国各地にバイオディーゼル製造所は存在しています。



新燃料研究所


2016/8/24

予約なし訪問 アポなし  BDF燃料使用トラブル参考情報集
BDFブームの頃は、アポイメント 事前約束なくしての訪問に悩まされていました。

奇襲攻撃のつもりなのか、突然に遠方より来訪される方々に悩まされていました。


この数年、めっきり 突然の来訪や問い合わせ電話がありません。

あの熱気はどこにいったのかと非常に不思議です。



政府系の補助金で地方に短命BDF製造所が乱立し、原料調達に希望が無くなった・・・

新燃料研究所は関係者とともに、精力的に近隣のBDF新規事業者を訪問しました。

基礎知識は、どこどこの大学から協力を得ているから・・・・・ とか。



大学生の経験が無いのだろうと 無邪気な大学への期待に あきれるばかりでした。

大学からの協力なんて、あるはずが無い。 

そもそも、そんな仕組みがありえないし、民間企業への協力は ほぼ 無理です。



多くのBDF製造所が生産停止 撤退 休止 廃止 などなど・・・・

化学への苦手意識が強くて伸び悩んだ大阪の施設など、残念に思う製造所も多いです。



高品質なBDFを継続して製造し、

最新式コモンレール車に100%濃度で使用している新燃料研究所系は複数健在です。



全国ネットでは有名でなくても、ローカルでは有名な製造所は各地で健在です。

お互いが継続できるという 化学知識の基礎 が重要であり、お互いが誠実です。

理論が明快で、再現性があって、高品質バイオディーゼルを各自がつくれている。

環境適合型のBDFを作っている。


あなたも、新燃料研究所系の仲間に加わりませんか?

連絡をお待ちしています。


  メール  kappaboss@aol.com  

  かっぱボス アットマーク えーおーえる どっと こむ

  河童親分 あっとマーク アメリカン オン ライン  どっと しーおーえむ


  携帯電話 090-4648-9467



  公害防止管理者 水質 第1種
  毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号      



新燃料研究所

2016/8/22

台湾の水 硬度 TDS  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
BDFの品質には不純物除去という精製技術が非常に重要です。

優秀な精製媒体は水です。

ナノサイズで精製できて、不純物を吸着もしくは結合できるのが水です。

ただし、洗浄・精製処理に使用した毒水を完全無害化してこそ環境適合型BDF製造です。

新燃料研究所はその技術指導をしています。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

参考情報として、台湾の水のデーターを提供します。

私が直接に測定技術指導して、現地に行った人が測定と撮影しました。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

類似記事


2012/10/31 TDS 軟水と硬水

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3654.html



 2016/8/17 ミネラル水

http://green.ap.teacup.com/biofuel/4210.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バイオディーゼル品質は、選抜技術です。

良い部分を抽出する、精製することで品質を磨き上げる。

歩留まりや、採算性などは選抜技法 化学知識 経験 設備 測定技術 などで決まる。


TDSは、たぶん最も安くて、使いやすく再現性ある信頼できる測定方法だと考えます。

技術指導します。




公害防止管理者 水質 第1種
   毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号

   
新燃料研究所

2016/8/17

BDF品質を決定させるのはエステル交換率でなく、不純物除去です。

ある容器内の原料を処理する効率を追い求めると誤解してしまいます。

大学などの論文は、試験管やビーカーなどの容量における重要な参考数値でしかない。


毎日、BDFを製造していれば 単位あたりの精製率は統計処理の操作結果でしかないと。


硫酸〇〇 とか、 硫酸△△△ とか、

ミネラル成分が品質に大きく影響します。

料理において、ヨーロッパアルプスの伏流水はミネラル分の多い、硬度数値が大きいから、

肉に含まれる不要なタンパク質を アク として除去できるそうです。



水処理技術は、このミネラル水の知識を踏まえています。

ミネラル水によるBDF精製技術は、 イオン交換樹脂法よりも優秀のようです。

だから、 セベック社の イオシスが猛烈に売れたようです。



しかし、乳濁の毒水を処理して環境適合型にするには、添加物による硬度水化は困難です。

新燃料研究所は、当初  2004年頃 セベック社の存在や技法を全く知らなかったので、

かなり苦労しました。

まさか、人工的に化学薬品が添加されているとは どこの大学の論文にも無かった・・・・

見つけられなかった、とういうのが正確です。


理屈は理解できないまま、再現性ある乳濁の毒水処理技法を5種類以上も発見しました。

そのご、

高校化学や大学化学の教科書を丁寧に、精読し、実験書を購入し 実験器具を購入し、

高額な分析装置類を現物提供していただく複数企業や個人からの協力があって、



化学理論は理解できました。 だから、公害防止管理者 水質第1種に合格できました。

めちゃくちゃ難しい試験でしたけれど、BDF洗浄毒水処理は もっと大変でした。


もはや、ほぼ どんな毒水でも処理できる検査装置と薬品と知識と経験がある。

と考えています。


pH と、 TDS と、 屈折率、比重、透視度 これらが重要です。

ガスクロ分析装置も持っていますけれど、


油種分析に偏向する誤解は避けるべきです。

日本の気候風土ならば、ガスクロや液クロの分析よりも。

精製水による不純物除去が重要です。


精製水を製造してBDF品質確保を確実に実現するという意味においてのみ、

イオン交換樹脂は利用価値があります。



しかし、

日本の水道水はウルトラ高品質なので 水道水 を使用して高品質BDFが作れる。

日本の公共飲料水である、上水を使用すれば とっても高品質なBDFが安く作れます。


日本でないならば、イオン交換樹脂で精製水を使って良いBDFが作れます。

水が乏しい砂漠ならば、イオン交換樹脂でBDFを作っても湿気がないなら・・・・

水分の少ない気候風土ならば、イオン交換樹脂も出番があるようです。



アルカリ量算出ソフトを購入された新燃料研究所系には、無料電話相談受けています。

北海道 関東 関西 中国地方 九州地区 などに 新燃料研究所系が継続しています。


最近は、関西の兵庫と九州の福岡、鹿児島が高品質です。

5位以内の品質を、上位が3年以上継続しています。

定期的に完成BDFが送付されてきます。品質のブレは問題としない範囲内です。


相互の品質比較という厳しい検査もしています。

使用する最新式コモンレール車に応じた品質適合と判断しています。


旧式ディーゼル車に適合するBDFと、最新式ディーゼルシステムとは かなり差異。

まず、排気ガスが くさくない。


テンプラくさいならば、嗅ぐだけで 発ガンなど危険です。

アルデヒド系の危険が、匂いの強度として出現します。


テンプラの匂いがすれば、新燃料研究所系としては落第です。

そんな、くさいBDF製造所は、新燃料研究所系には 2004年以降 ありません。

健康被害のBDF製造所は、新燃料研究所系には存在していません。

新燃料研究所系のBDFは、テンプラ臭が ほとんど しません。



秘密技法の本質を暴露した記事です。

 理解できたら、仲間になって協力してください。

 ここまでのノウハウ公開は、初めてです。


 10日程度で削除するかもしれません。




   公害防止管理者 水質 第1種
   毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号

   
新燃料研究所

2016/8/3

評論家でなく当事者  BDF燃料使用トラブル参考情報集
2016年夏において、過去10年あるいは5年以上の継続BDF製造所は少ない。

新燃料研究所系において、

各種の薬剤提供や品質検査依頼で継続しているのが確実なBDF製造所が複数あります。

送付されてくる検体や、希釈用原液は各地で異なります。


使用済みの調理油の入手を確立されたBDF製造所からは、いつも原料を反映した高品質BDFが送付されています。

品質が不安定であったり、疑問がある場合は新燃料研究所の検査能力が疑われてしまう。

新燃料研究所に信頼があって、繰り返し薬剤や検査依頼があります。



少しでも疑問あれば即、電話します。

  新燃料研究所からの電話事例 : 精製後の匂いが、精製未熟か原料油種比が異なる。


エンジンの排気ガスだけでなく、検体のガラスジャムビンにおいて におい 異なる。


誤解のないようにあえて言明するならば、

最新式コモンレールに数年も継続して100%高濃度で自動車無改造で使用していても、

A社 B社 C社 D社 などなど・・・・  におい ちゃいます。


高品質だから におい が同じではありません。

ただ、共通する要素は におい にあります。


高品質BDFの場合、最新の化学分析結果と合致する 官能感想 が得られます。

エステル臭にも、かなりの異なりがあるものの 共通した におい あります。


においで決定しているのでないけれど、

精密な化学分析結果と新燃料研究所系の精鋭のハナは一致しています。

これからも、そうなのかはわかりません。 

今までは、ハナ と TDS分析など一致です。



TDS分析は、とにかく安くて再現性あって かなり参考できます。

新燃料研究所系のBDF製造所には、100%以上の確度で 安いTDS測定器あります。

故障したり紛失したら連絡下さい。


正常動作できないTDS測定器であれば、新燃料研究所系には送料含めて無料で送ります。 

ただしデーターは30日程度を御願いします。



新燃料研究所

                  


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ