左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/9/23

BDFの作り方 (3)  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
色変反応薬紙など、検査技術には初歩的な注意があります。

たとえば、
イオン化している前提における ピーエイチ pHだけでも想像以上の誤解あります。


液体系の識別は、少し古い専門書には詳細な記述があるけれど・・・・・

具体的に説明すれば、


サンプリングをどこからするので結果は大きく異なります。

海外のBDF情報は詳細な規約を共通前提としている事例もあります。
アジアでは、難しいこと ややこしいこと 言わないのが優先の傾向です。


 さて、メタノール イソプロピル 灯油 軽油 ガソリン 水 ・・・・・

 希釈溶液が何であったのかで 反応後の鮮やかさが差異でます。

何のことなのか、実行しない人は 一生 わかりません。


   分散 均一 拡散 混和 の話題です。
   
   ピンク色になった?  どの溶液で希釈しましたか?

   10cc 50cc  1mL未満・・・・・  全く結果が異なります。

前提の基礎技術が間違っているBDF情報が多くあります。

   各自が、少し 自分で実行すれば インチキ ごまかし ウソ が判明です。


新燃料研究所は、検査技法や用品まで きっちり 汎用品で標準としています。

大差ないと考える人も多いでしょう。

でも、いろんな業界や、いろんな高校を卒業された方々に、再現性ある確実な技能教育。

中卒も高卒も、大卒も 何でも きっちり 立派なBDF精鋭に育成します。


排気ガスが くさくなく、洗浄廃液が無毒化  そんな技術指導しています。


あなたも、きっちり 最先端になれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  公害防止管理者 水質 第1種

  毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号      




新燃料研究所

2016/9/14

バイオ燃料に共通するのは、測定技術です。

多くの知識が公開され、報告されていて知見は豊富にあるけれど再現が困難です。

各種の測定機器・測定による最新知見などが公開されています。


そもそも、その前に 安価で世界的に広く再現できる技術を保有していますか?

液クロだとか、ガスマスとか、いろんな分析機器の高価さを競う前に pH わかる?

薄層クロマトの経験ある? 屈析率や比重測定できていますか?


おそろしいことに、多くの方々が そもそもの基礎操作で間違っている事例があります。

用語が間違って、ぐちゃぐちゃに自己流解釈があります。


新燃料研究所系の教育訓練課程の最初で、多くの方が驚かれます。

あまりに、常識とされていたことが  アイマイで、あやふやであったと感動されます。

新燃料研究所の指導で自作したBDFが、過去のBDFでは無いと驚かれます。

各自が、基本薬剤で作るのだけれど ぜんぜんちがうと驚かれます。



何が異なるのか、体験してみませんか?


コモンレール車に100%高濃度で使用できるBDFは調理済み食用油を原料にします。

精製廃液は pH や イオン濃度が環境基準内の安全な 処理水 とできます。


イオン交換樹脂や、静電気装置は使用していません。

使用してもいいけれど、化学なので 順番 投入タイミング 薬種混合 などが主です。


   信じていただけるのか、それだけです。

   疑ったら、やめても損害は小さいです。


いつまでも、どこまでも できるだけ 品質向上と最新知見を提供しています。


いろんな都合による秘密は守ります。

新燃料研究所系から、何かの秘密情報が漏れたという事例は過去 12年間 無いはず。

最新の知見は共有できています。

追加費用なしに、新燃料研究所系であるかぎり常に最新技法です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  公害防止管理者 水質 第1種

  毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号      



新燃料研究所

2016/9/11

BDFの作り方 第1  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
BDFの作り方は触媒の使い方で決まります。

触媒は、反応の場 を提供するだけながら、BDF製造の場合には劣化原料によって、

触媒が機能阻害をおこします。


廃食用油、調理済み油を原料とする場合には厳しい規格や消費ステージでの取り扱いで、

ほぼ原料品質として問題ないのが日本全国均一標準としての実情のようです。



油植物を栽培して、搾油した場合にはBDF原料としての原料基準に不適合が多い。

これは、

非常に厳格な食べ物としての品質を前提にした調理油は未使用油よりも品質が適切。



繰り返し、小規模なBDF製造検証を繰り返している 誠実な科学者 なら理解できます。



触媒は、NaOH  KOH が普通です。

それ以外の場合、何かの特別な事情がある 格別な特恵事例だと思ってほぼ そうです。


化学なので、世界のどこでも いつでも  反応の場 を提供する理屈から、



NaOH  KOH ほど確実で、実用的なのは 周期表 にはない。



いろいろやっかいであっても、ともかく最初の化学反応としては NaoH  KOH。



触媒除去はBDF品質に非常に重要です。

大気よりの吸湿や、カウンターの中和水、あるいは金属容器との反応などが現実です。



比重差沈降で触媒は減じるとか、原料劣化と反応して中和水が発生したとか・・・・



あなたは、BDF化学反応基礎をいかに理解しますか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  公害防止管理者 水質 第1種

  毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号      



新燃料研究所

2016/9/4

現役と原液のBDF  BDF燃料使用トラブル参考情報集
2016年現在、新燃料研究所は多くの方々への約束をまもれずにいるものの努力しています。

日本国内で、新燃料研究所系ほど 同じ技法で 全国各地で健全である事例は少ない。

新燃料研究所系は、

毎日、最新コモンレール車に原液 100% 高純度使用する事例が各地にある。

これは、日本のBDF技術平均からすれば、かなり珍しいけれど役所には目障り。

   そんなに安く、そんなに高品質のBDFが存在しては困る役人が多い。

   民間にすれば、補助金や大学の先生方々、役人の都合にあわせられない。


高校や専門学校、大学からの問い合わせに対応しています。

本当の燃料革命、環境保護に関心あれば新燃料研究所系は協力します。

できないはず、できないとされていること  できるのです。



いろんな改善余地あるBDF製造所の技法を知っていて、決して暴露しない。

秘密をキッチリ守ることを10年以上継続しているからこそ、改善点を反映できています。


新燃料研究所系は、BDFによって自動車が仮に故障するとすれば、最後の順番です。

さらに、改善するならば トップ集団です。 たぶん・・・・・  あはは!


冗談でも、真剣でも きっちり はっきり きっぱり 対応してきています。



新燃料研究所は科学であり、補助金実績や販売実績ではまけています。


地球温暖化の防止や、

ビジネス利益では 協同の集団に加入していただけると確信しています。

加入条件は、まじめで きっちり誠実な科学も理解できる人格であれば歓迎です。



新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ