左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/11/8

プジョーはやめて  自動車
新燃料研究所の主要研究員が、最新式ディーゼル車を購入するつもりだと・・・・。

プジョーはやめて、なぜかデザインが 私の好み でない。

なんか、胸毛がボヤボヤ でっかい体格の自己主張ばかりという・・・・偏見か。


いろいろ、困ったもんなのが 理由がまったくわからない自分の 明らかな偏見。

核兵器や、化学など 世界をリードしてきた フランスなのだから優秀なのは当然。

しかも、尿素システムならば もはや問題はどこにも無い。


    ・・・・・ だけど あのデザインが 好みでないし  愛好家が 特異。。

    偏見だというのは たしかだけど、 どうして あんなデザインするの?



最近の10年を考えると、日本の大手自動車メーカーは こんなの作れないだろうと、

製造業の制約を猛烈な人材と豊富な資金で、 たしかに すごい。



見事で すごい。  ただ そこに   何かの他人に自慢するいためでないという・

自慢でなくて、 自分がなっとくできる というのは日本車には いかほど あるのか?



ほぼ強制のような、教科書のような これがよきデザインというような風潮が嫌い。




技術として、尿素水は素晴らしい。 しかし そんなのは化学として当然。

そもそも、そこまでの技術を押し付けたというのが 新燃料研究所は いやです。



素晴らしい技術であっても、技術を必要とする ゆがんだ利権や都合に おかしい。



新燃料研究所

2016/11/5

低温対策剤の出荷  低温対策
BDFの低温対策剤の出荷が昨年よりも早くなりました。

全国各地の、現場からの判断があり新燃料研究所に低温対策剤の注文がきます。


ことしも、たっぷり準備しています。



   基油 ベースオイルの品質向上に比例して、低温対策剤の効果は発揮します。

   エステル部の反対側の化学構造に、直鎖があれば 低温の反応性が高い。

   あたりまえの、化学常識です。



新燃料研究所は、いろんな事前準備しています。注文されたからでは時間が遅れます。

時々、かなり事前に打診しています。


注文する予定だと言明されながら、実際には入金されない事例も時々あって困っています。


ただ、正常なまともなBDF製造所に、それらの損害を代替させたことはありません。


なぜなら、あぶないと思われるBDF生産所は製造実績や、実車使用状況報告が不自然。



担当者や、いろんな事情で あれこれ あるのはお互いです。

決済権限者の 気持ちが フラフラとか、化学を無知で軽んじてとか、ある。


  だますまでいかなくても、なんとか誤解させようとする定石に反発して、過剰反応。

  新燃料研究所は、疑われたら いつまでも 誤解を解消すべく努力しています。


  化学を勉強したら、ウソ インチキ 誰にあって、どこにあるのか 理解できます。

  努力しなくて、BDF品質向上は不可能です。


  BDFは、水洗浄しなくては 安くて確実には製造できません。

  水でしか除去できない不純物が そこに ある。


    もちろん、税金や補助金や なんだかんだの 特待優遇あるならば 話題が別。



私も、下積みの 理不尽で あれこれ耐えて当然の世界にいました。

いろんな事を経験するほどに、あれこれ 予定外は甘えてもらっており、

私に迷惑をかける、想定外の方々が私に心苦しいと抱いている気分は理解しています。



あれこれ、 補助金や科学でない世界の大学の先生など・・・・ あんたらが 悪い。


学歴無関係の、誰でも受験できる 国家資格 合格してみろってんだ。

短大や専門学校卒を あなどるんでない。 そこに実力とホンモノが輝いている。

実力で こつこつ 実際の経験と知識でしか獲得できない。

  そもそも、水処理 毒水処理できない化学知識と経験と設備と測定技術だから なら、


  水処理ができないと とんでもない うそ いんちき 垂れ流している。


  新燃料研究所系は キッチリ はっきり きっぱり  BDF洗浄水無毒化できる。


  できるからこそ、全国に上水道が普及してるんですよ。 測定技術と経験が必要。



  新燃料研究所が提供している薬剤は、独特の使い方があって 入手しただけでは、

  たぶん 無理だと思います。



  低温対策剤も、

  新燃料研究所の提供薬剤は 最新式コモンレール車にも実績をかさねています。

   
  次々、いろんな 新車 いろんな 新調味油 が登場しています。
  新製品の知見は誰にもない。


  以前、米サラダ油を 直接にメーカーから購買して

  BDFとして、実車利用検証したのは、新燃料研究所が初めてだったと開発企業から。


  
  自動車への使用は、米サラダ油だから問題ではないと メーカーに断言しました。

酸化耐性という、米油などの共通する 化学構造や 抗酸化特性物質の含有が有利。

  欠点でなく、品質向上を 特定設備を前提にする縛りから距離おけるなら、

  品質向上を、ある集団から距離をおけるほど 化学的な検証するほどに。

  補助金などから えん ないほどに、 しがらみない 事実探究できます。

  

  関西より上、ある地域での とんでもない誤解技法による カン違い が風評。



  新燃料研究所系は、どのBDF製造所も 繊細で 知見を共有 しています。





  あいかわらず あぶない ヒト と笑われるのが 新燃料研究所です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  公害防止管理者 水質 第1種

  毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号      




新燃料研究所

2016/11/3

新しい仲間の期待  BDF職人の技
新燃料研究所系に、新しいBDF製造所が増えるようです。

公害防止管理者 水質 第1種 と、環境計量士の資格があるとのことです。

実績として、7年間のバイオディーゼル製造経験があるそうです。


とってもうれしいことで、

新燃料研究所は BDF製造所が 新燃料研究所系であるとの公開を求めていません。

目的は、高品質なBDFを製造して利益を確保して、環境改善のリーダーとしての実績。

地球温暖化防止という、地域での指導者を養成するには継続事業が必要です。


化学の知識、科学的な考え方や技術を新燃料研究所はキッチリ教えます。


最新の論文などの情報提供もしています。

予算が無くても、できる範囲で品質向上の検査しています。

¥15000 壱万五千円から、かなりの検査しています。



酸化防止剤や低温対策剤、洗浄排水透明無毒化薬剤なども提供していますけれど、

従来どうりの購入であっても、品質向上を実現させていると考えています。


基油 ベースオイル の品質がすべてを左右します。決定します。

添加剤の効果は、あくまでも基本のFAMEの不純物存在程度に依拠します。



好みや、錯覚・誤解・カン違い を尊重しています。

強くは指導していません。


見込みあって、お互いの利益に成長できると期待できる場合には かなり 強く。

  国際標準語である、関西弁で そんなん アカン で。 と断言しています。

  準国際標準語である そんなん あかんよし・・・・ も 時々 しゃべります。


  水洗い しないと ちゃんとできひんで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  公害防止管理者 水質 第1種

  毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号      




新燃料研究所

2016/11/1

BDFの作り方 (5)  BDF 特許 製造技法
2016年10月現在、新燃料研究所系は各地で健在です。

月間売り上げが 30万 50万 という小規模生産所でも、5年 10年ともなればかなりです。

スタートが、どこの誰の誤解技法であったり、とんでもない錯覚化学であっても、


新燃料研究所系になれば、キッチリ すっきり 理論も技法も伝授しています。


定期検査や 必要な薬剤を 助言 するものの、採用されない生産所もあります。

それでも、新燃料研究所は あまりの独自の斬新なチャレンジは説得しています。

奇妙な独創的な、新規性ある取り組みは 補助金などの対象になるけれど・・・


地域での歴代の御先祖様の築いた信用を ぶちこわします。


すでに明白で、多くが公開されている事例を あえて踏むのは 利益 かもしれません。



新燃料研究所は、いつでも 誰でも 環境有益と化学の あたりまえ にいます。


難しいのは、 ありえない欲望を優先させるから キシミ ヒズミ でます。

難しいことは本来ありません。 

バイオディーゼルは解明された科学であり、テクニックです。


新燃料研究所が初導することは、無害化水処理などです。

ほとんどが、公開されています。

日本語では読めない公開情報もあるけれど、 

新発見なんか 過去 50年で ほとんどない。


あれこれ、確立しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  公害防止管理者 水質 第1種

  毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号      




新燃料研究所



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ