左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2015/12/2

グリセリン含有層 UDP  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
グリセリン含有層 新燃料研究所ではアンダーピッチ UDP と呼んでいます。

FAME 脂肪酸メチルエステル を作るとき、

国際的な化石代替燃料標準品ではグリセリン含有層が必ずでます。出るから国際標準です。


  いかほどでるのかは、投入アルコールの希釈で体積が増減して観察されてしまいます。

  純粋な層でなくて、薄められた層になるから見た目で20%とか、40%とか

  わけのわからない、インチキになります。

 
  いっぱいグリセリンを外したのでなく、いっぱいアルコールを投入したならば、

  薄まっているんだけれど、まるでエステル交換率が向上したかのインチキ・誤解。



バイオディーゼルの定義は厳格で、グリセリンとしてエステル交換において外します。

粘度低下が目的です。




日本では、概念混乱がいろいろあって 植物油ならば自動車燃料に使えるという現実と、

実は何も化学操作していないのに、

結果として使えたらそれで提供側としては利益でるという、イメージビジネスが強かった。


バイオディーゼルという国際的な、科学的な定義が本来なのに、

自動車に使える植物由来燃料ならばバイオ系だという強い 商売優先主義 がありました。

これは、日本の業者だけを責めるのは一部しか見ていないことになります。


東南アジアのパーム油団体、政府系研究機関さえも 自動車の代替燃料優先主義があった。

化学として探求していけば、炭素鎖を短くすれば自動車燃料とできるのは理解できます。

本質は、グリセリン含有層をだして粘度を下げるという地球環境保護の理解と、

ともかく炭素鎖を短くさえすれば良いという風潮との せめぎあい が現実です。


有名になりたい大学関係者や、若い研究者がワンサカ 元気いっぱいで混雑です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

話題が、UDPの利活用のつもりだったけれど 離れてしまいました。

冬季になって、グリセリン含有層の燃焼実験が増えると思います。

以下は重大な注意事項です。

1: アルコールや強アルカリが大量に含まれて、測定装置や薬剤の測定上限を越える危険。

2: 大丈夫な数値でなく、あなたの測定技術が未熟であり測定方法が不適切。

3: 現在の状態を理解するには、知識と測定が無いから問題ないと誤解しています。


燃焼実験は、連続燃焼時間が短いほど成功と誤解します。

   連続燃焼実験は非常に危険です。

   膨化 体積が急激に増加して大量の高温液体や気体が発生します。

   そこまで連続燃焼できないのが普通ですけれど、

   化学知識が進むにつれ連続燃焼時間が延びます。 そこが危険なのです。


   未知の危険があります。


   アンダーピッチの燃焼実験は、特別な準備が絶対に必要です。

   何も問題ないというならば、たぶん 何も実験経験ないからです。


   
   危険をクリアできるかどうか、それは燃焼実験の成功条件を狭くするほど危険です。

   燃えたら成功とするならば危険は少ないです。


   カウンター薬剤で中和させれば中和水がでて、これもかなり危ないです。

   カウンターあてないでの燃焼実験は、高濃度アルカリのままなので危険です。

   中和して、脱水薬剤を投入しても、高温における重合からの膨張は避けられません。


   発生する気体も、かなり刺激性があって 発ガン性などを疑っています。

   猛烈です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所



2015/11/29

三重県の廃食用油回収者からの情報です。

2015年11月29日現在より、廃食用油の買取価格 転売価格が かなり低下するようです。

A.V  アシッド バリュー  酸価値 が悪いとか、良いとかの次元でないようです。

かなり暴落する不安があるようです。


自動車燃料に変換しないと利益でないようです。

高付加価値化 が必要なようです。


テンプラくさいのは公害です。

2015/11/27

2回反応 2段操作  BDF歴史・関係書籍・論文
バイオディーゼルの製法の混乱・誤解として有名なのがいくつかあります。

上位5番以内に挙げられるのに、2段反応があります。

触媒とアルコールを混和させた、メトキシドを1度でなく2回以上投入する製法です。

この用語は、そもそも まるでエステル交換が操作ごとに段階を進めるかのごとく、

化学とはかなり距離のある表現だと新燃料研究所は厳しく叱っています。


操作として、

メトキシド投入 → 攪拌 → 静置分離 → グリセリン含有層除去

この操作を、2回行うだけなのに 2段反応という不適格な用語を使うのは奇妙です。

奇妙なのは、

投入する基準量を分割するのか、投入する薬剤量を増量するのかという根本があります。


  あ: 1回分を2回に分割するのならば、その分割比率はいかに?

  い: 1回分で不足なので増量するというのならば、いかほどの増量すべきか?

  う: 最初から増量させておけば?


よく考えてみれば、本当に 馬鹿げた混乱です。

この間違いが そこ、あちら どこにでもあるようです。


やりたければ、BDF品質が悪化するわけでないので経験されたら理解できます。

釜特性が特別に不適合ならば、対処方法候補のなかにある操作です。



  【 エステル交換は見えます 】

  エステル交換は100Lを越える攪拌槽が適切ならば、メトキシド投入直後に

  反応相が明瞭に垂直方向で観察できます。

  水平方向でなく、釜の上からの観察でしか見えません。

  くっきり、エステル交換開始部と これからが明瞭に見えます。

  やがて、全体が連鎖反応で まっくろのような交換相になります。


  回転し、混ざっている液体が 上から見て エステル交換の開始が見えます。

  新燃料研究所の標準釜を見た人ならば、誰でも知っています。

  常に再現しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所





2015/11/26

釜特性 触媒 薬剤  化学構造や反応
触媒の投入量やアルコール投入量についての話題です。

釜特性として考えることもできます。

具体的には、釜の攪拌特性によって操作時間の長短加減が必要になります。

釜の構造によって、

縦に長いとエステル交換が進行した層が上部を形成し、下部のエステル交換は遅い。

   
 △:日本製で横長型式は少ないようだけれど、海外のBDF装置では横円筒があります。


 そのような場合、投入薬剤の調整で対応するのが一般的だと考えられます。

今回、この話題を考えているのは 試験管 ビーカー 規模を基本にする危険です。



エステル交換が優秀でなくても、選抜技術を高めれば対応できます。

エステル交換ができて比重の小さく、軽くなった上部層を精製の原液とすればいいのです。

精製工程のスタートに、ナマや不純物を多く含む液相は除外されておくべきです。



分離を不十分にしておいては後工程への負荷が大きく、無駄が避けられません。

工夫や努力が不足しているのでなく、あなたの担当に到着するまでに品質は決定している。


クリックすると元のサイズで表示します



2013/2/25 バイオディーゼル 反応槽

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3755.html



2013/3/4 攪拌槽の画像 1

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3760.html




2013/3/7  攪拌槽の画像 2

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3763.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所

2015/11/25

寒くなればバイオディーゼルは原料由来の脂肪酸の特性を反映して流動性が低下します。

2015後期 低温対策剤を出荷しました。 九州北部で、実績は10年近くあるかと思います。

新燃料研究所系の福岡市のBDF製造所です。

九州は温かいので低温対策剤は無用と初期には誤解していました。



化学構造として理解できるまでは詭弁か奇弁、あるいは魔術に感じていました。

  大学の教授とか、博士号とかもっている人なのに化学構造式での解説が未熟では困る。

  実に無駄な時間を浪費してしまいます。


  低温対策研究の初期、 

全国各地に海外製など、5種類 8種など 無料標本を送付していました。

  ある薬剤提供企業の研究者から、

  基油の性状によって高分子の効果が非常に異なる・・・

    新燃料研究所の公開情報と同じだと来訪されました。


    京都市のBDFが製法修正をしたら問題でたのは、その後です。


  何が、なんだか 新燃料研究所は独自に全国各地で検証協力態勢でした。

  3年ほど各地には協力していただき、現在は検証の信頼あって提供しています。

  

新燃料研究所は提供薬剤の価格をほとんど上げません。

信頼に応えるのは、価格維持と品質維持が必要と考えています。

継続して実績のデーターを得るには、相互の協力が不可欠です。


新燃料研究所が知ることは狭く、機会も少ない。

BDF製造所が、あれこれ細心の研究を行い最新の情報を得て 従来の新燃料研究所薬剤。

これは、品質比較で検証された結果であろうと喜ばしいことです。


誰よりも、どこよりも最新知見を検証してこそ信頼を維持できるとの自覚もあります。



新燃料研究所の低温対策剤が効果ある理由の上位は、

基油、Base Oil に不純物が少ないからです。

ミクロンフィルターなどの、市販品では捕捉しきれないと理解していただきたい。


そもそも、市販フィルターの性能表現がBDFには なじまない 不適 に思います。



低温対策は知的好奇心を刺激する分野です。

市販の出版物に原理や理論などが記述されているようですけれど、BDFの具体性は無い。

温度勾配が非常に重要で、地方差 地域の下がり・上りなどが決定要因となります。



パームや米油などは、全く問題になりません。

ウソ インチキ 実験室だけの思い込みが多くあるようです、

そもそも、原料貯槽から出てこないのならば作れません。


あえて言えば、長野県や東北地方などは低温に強いBDFが安く、普通に作れるのです。

BDF品質不良を原料や気候風土になすりつけた、責任転嫁した技術は残れません。

知識や実験を誠実に、自分が実行しなくては深さ、未来が見えません。



一休和尚が、屏風のトラを捕まえることができると断言したような水準です。

出せたら、つかんでやる。

だせよ。

だせるものならば、出せ。



新燃料研究所

2015/11/24

技術とは、体系の洗練された知見と再現性に関する信頼度であると感じます。

本当は何なのか、全くわかりません。


BDFの分野で技術は通用するのだろうか?

そもそも、日本では適者生存の観察からは、社会的な適者は残れないようです。



新燃料研究所系は密接に情報交換しているし、薬剤や原液の送付を受けています。

新燃料研究所系は、過去の8年 10年 無事に廃食油利活用を実践できています。

最近、インターネットで 私達しか情報発信が見つけられない。



皆さん いかがされたのか?

BDF関連の鮮度の良い情報が見つけられない。


新燃料研究所系の M実験室は、

最近 税務署から正式許認可得て 5%未満混合 されたようです。

機材は、総額で 50万円以下の実験機器のようです。



常に新鮮で参考になる情報があるのが新燃料研究所系です。

本当に、日本各地で量産して高濃度BDF利用しています。



見学したいのならば、御相談ください。現場の承認が必要です。



新燃料研究所

2015/11/23

BDFの異物にはいくつかの分類があります。

溶解している物質 溶解させてしまった物質 pHの変化で溶解できなく、顕在化する物質

水分濃度が高くなってでてくる物質 などなどです。


光学顕微鏡でそのままで見てもわかないけれど、偏光させたら見える場合もあります。

倍率が高いと これって何? とわからなかったり、誤解する場合があります。


白土なんかは光学顕微鏡でかなりわかりやすい部類です。

どんなフィルターでも、かなり剥離したり不純物があったりします。


新燃料研究所のNFLフィルターは複数の素材を組み合わせています。

あれこれ、多種類の異物を阻止するには適合素材の組み合わせしかないと判明しました。

過去3年の実績を重ねて、追加注文が来ました。



燃料フィルターの表 裏 どちらでも見える場合があります。

通過している異物は、阻止されるべき濾過体の反対側でも見えます。

深刻な結果を予見できます。



虫メガネでは無理な倍率です。



新燃料研究所

2015/11/22

アンダーピッチ UDP  BDF歴史・関係書籍・論文
新燃料研究所系は特別な用語を使う場合があります。

例えば、アンダーピッチ Under Pitch = UDP は新燃料研究所の造語です。

現象として、観察できるのが下部沈降層であり、ネバネバしているところからの命名です。

結果としてはグリセリン含有層になるんだけれど、純粋グリセリンとは別物です。

グリセリンの含有率が高いだけで、不純物が非常に多く含まれています。


アンダーピッチ生成体積を記録せずして高品質化は非常に困難です。

そもそも、エステル交換の結果として沈降します。

インターネット情報などで、UDP生成量を調査してみれば参考になります。

BDF高品質化の重要な要素はエステル交換率であり、グリセリン含有層の体積です。

同時に大切な操作は触媒やアルコールなどの除去を含む、精製が重要です。
              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所




2015/11/21

機械油の混入 エンジンオイル  BDF燃料使用トラブル参考情報集
BDF原料にエンジンオイルが混ざるトラブルが時々あります。

本日、久しぶりに 緊急支援要請 がありました。

BDFの化学知識基礎訓練と用品を使いこなせている水準のBDF量産製造所です。

たまたま、出張中で帰社したらトラブルで生産停止になっていたそうです。


新燃料研究所が初めてエンジンオイルの混入が疑われるトラブル相談を受けたのは、

2014年か2015年頃であったように記憶しています。


九州の福岡市のBDF生産所など、数件の類似相談があったと記憶しています。



今回は、回収元に置かれている容器が変更になっていたけれど、回収者もたまたま別人。

たまたまが重なってしまったようです。

回収容器がエンジンオイルのドラム缶に変更になっていたそうです。


新燃料研究所は鉄製容器を忌避すべきと明示しています。

ただし、鉄製容器を全面禁止することは無理なので危険を理解した場合には許可です。

鉄容器からの悪影響を除去できる薬剤や対応技術があるからです。


問題があれば、自己流の対応する前に連絡ください。

新燃料研究所の技術指導を受けていないと、各自での対応は困難です。

必要な薬剤や用具を準備できていないと対応は困難です。


対応できたうえで、どうするのか選択できるのが 自由 であり、化学知識です。

選択の多様性があるほどに 自由度が高い。

えらべる、どうするのか 考えられる幅が広いほど 事前の教育訓練があるからです。


鍛えられているからこそ、考え 選べます。



新燃料研究所

2015/11/19

中和 酸とアルカリ 水  BDF燃料使用トラブル参考情報集
BDFに深く関係する化学知識が約4分の動画で整理できます。

中和 酸とアルカリ 水と塩  ちゅうわ さん えんき  みず えん

最初のスタートで間違った向きに進んでしまうと、修正に時間もエネルギーも多く必要です。

わずか4分の動画を繰り返してながめていれば、あなたはもはや以前とは違います。

バイオディーゼルには化学基礎が間違っている錯覚、誤解が一杯あるようです。


   溶けていたものがでてくる。あったものが溶けて見えなくなる。

   水ができる。えん ができる。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所

2015/11/17

ピー エイチ pH  BDF歴史・関係書籍・論文
BDFに関係するならばピーエイチの知識を整理するのが必須です。

インターネット公開されているホームページやブログなどには化学的な間違いが多く、

それらのかなりはpHの知識不足が原因と判断できます。

ペーハーと呼ぶ時代もありました。


   以下の動画は 約4分です。 数回閲覧してみれば、かなりの進歩があります。

   この先生の動画説明は大変にわかりやすい説明です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新燃料研究所の公開研究日誌


【 測定ができない事例 油のpH 】

     2012/1/27 油のpH 酸化

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/3418.html


     2013/2/14 油のpH 滴定

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/3744.html


     2015/11/4 酸 アルカリ

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/4169.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所

2015/11/15

前処理 グリセリン  BDF燃料使用トラブル参考情報集
大学関係者のバイオディーゼル情報は間違っている事例が多くあります。

マスコミ、ジャーナリストからのバイオ燃料記事も深刻な間違いがあります。

あるようですとか、そんな ホンワカ レベルでなくて、迷惑で頑固で被害拡大が本望?


グリセリンの話題が、しつこく 粘着 してあります。 間違いです。

@ グリセリン とは、日本薬局方でスーパーやドラッグストアで販売されている現物。

  無色で透明です。 精製水や、pH明記しているミネラルウオーターで測定すべき。

A 触媒とは、自分は増減なく 反応の場を提供する薬剤  です。

  たまたま、塩基性 pH が7より上の アルカリです。

B エステル交換であって、エステルにするとか エステル反応率とかは インチキ。

  言葉の使い方、用語法がインチキ アイマイ うそつき 無知 があります。

C グリセリン含有層を原料に接触させてしまえば、酸・塩基の反応で中和水が生成。

  大量の塩基性物質が原料と反応してしまって、酸価測定が不可能です。

  塩基性物質が無いのが前提での測定であるのに、何もかも無視したら誤解。


ある人が言いました、 九州地方の科学者は いつも 酔っ払っているのか!

メタノールを使わずに焼酎を飲んでいるのか?


   この発言は、かなりの国家資格を有する新燃料研究所の中核研究員の発言です。

   笑えない現実が、そこ ここ にあります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたが信じているBDF製法は、誰に似ていますか?

どこに間違いあるのか知っていますか?



新燃料研究所系は全国の広範囲で情報共有して前進しています。

あれこれ、一般には非公開です。

新燃料研究所系内では どこなのか 誰なのか キッチリ はっきり 明確です。

インチキ連中には理解できないほど、深く科学者としてのネットワークです。


私達は、ホンモノの科学者であり新しい燃料をつくり、安心して使用している集団です。

理屈をトコトン、追究して共有しています。

だから、安心できて確実なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたが知っている問題点は解決しています。

どこでも、同じ間違いしています。

解決できます。

技術指導させていただきます。




      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所

2015/11/14

BDFに関する解説希望や質問項目が匿名でできるようにしました。

あなたの知らない情報があり、知識があります。

どれか1項目でのアンケートです。

公開研究日誌で記事として応答させていただく予定です。



最後の その他 を選べば文章を送れます。


Googleのアカウントが無いと無理かもしれません。

Googleのアカウントは無料で取得でき、継続も無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下は試験中です。

Google Chrome 以外での正常動作は無理なようです。 IEでは無理なようです。


【 公開研究日誌での希望する記事のアンケート 】

http://goo.gl/forms/5G5GM1jkAT

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所

2015/11/12

BDF混和 分析報告書 2  BDF歴史・関係書籍・論文
バイオディーゼルを軽油混合させた場合の分析報告書の最新実例画像を紹介します。

前回の検査結果は公開研究日誌 2015年10月26日にあります。

   2015/10/26 http://green.ap.teacup.com/biofuel/4166.html


今回は2検体を検査され、2検体とも優秀な合格数値でした。

結果は大差ないので1例を画像で紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

試験項目 (試験方法) 法定規格 試験結果 評価

1 硫黄分 質量% (JIS K2541-6) 0.001以下 0.0006 適合

2 セタン指数   (JIS K2280-5) 45以上  57.1 適合

3 蒸留性状(90%流出温度)℃(JIS K2254 4項) 360以下  336.5 適合

4 トリグリセリド 質量%(経済産業省告示第78号) 0.01以下 0.000 適合

5 脂肪酸メチルエステル 質量%(経済産業省告示第78号) 0.1超5.0以下 4.77 適合

6 メタノール 質量%(経済産業省告示第79号-3)   0.01以下 0.00 適合

7 酸価   mgKOH/g(JIS K2501 7項) 0.13以下 0.03 適合

8 ぎ酸・酢酸・プロピオン酸の合計 質量%(経済産業省告示第80号)
  0.003以下 0.00000 適合

9 酸化安定度 min (経済産業省告示第72号)     65以上  65以上 適合


クリックすると元のサイズで表示します




上記の原料は、調理済みの植物油です。廃食用油と呼ばれる原料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

今回は前回に続いて、2検体が優秀な数値での合格でした。

連続で3検体の結果が優秀であったということは製造技術が安定していると判断できます。

高価な装置でなく 手作りBDF がここまでできるのだと自信を抱かれたことでしょう。


類似の検査結果があれば教えていただければ幸いです。

今回は 水洗浄精製技法 によるBDFです。

エステル交換操作前の準備作業は、物理的な異物除去 濾過 のみです。

カウンター薬剤は 塩酸 です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの知らない情報があり、知識があります。

技術指導させていただきます。




      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com





新燃料研究所

2015/11/10

水抜き剤 故障する原因  BDF燃料使用トラブル参考情報集
ディーゼル車において、水抜き剤を使用すると故障する危険が極端に高くなります。

BDF製造において、水を非常に警戒すべきなのは マグネシウム カルシウム など

白土やゼオライト、イオン交換樹脂を直接にBDF液と接触させる場合が危険です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新燃料研究所の詳細解説】

  インチキ うそつき 無断引用を防止する必要から、

  一般公開はしていません。

  化学系の知識なく、国家資格ないのに水処理などを解説している事例あります。

  専門知識ないのに大言壮語 迷惑です。


  国家資格あっても、無くても 観察や解説が適切なのかどうか そこが大切です。


    国家資格が話題でなく、知識や解説が間違っているのが問題の所在です。

    バイオディーゼル関係者の一部に問題あります。


  インチキ ウソ 誤解 錯覚 ごまかし などが多いインターネット情報があります。

  多くの人が努力し、観察して公開して共有して前進しています。


   古くて間違って訂正されていない情報に注意しましょう。

   最近でも、インチキ うそつき 錯覚 誤解 が残っているようです。



  新燃料研究所系には化学反応式など、詳細な説明をトコトンしています。

  公開研究日誌を検索すれば、かなり公開しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   水があるていど含まれるのは、含水率や吸水率と表現されます。

   それを越えたら、分離しています。含みきれないのだから。

水洗浄技法においては水和物はクリーニングされています。持っていかれています。

乾式製法の場合、水に接するのが燃料タンク内が最初となれば非常に深刻です。


水と反応するのが、どこで いつなのか?

特に、溶解していられた pH などの条件が空気中の炭酸ガスや結露、あるいは酸化

あるいは 中和水 などによって溶解していられない・・・・ 


  高校の化学教科書や参考書に明確に記述されています。

  高校化学です。


そもそも、カルシウム マグネシウム かなり注意すべきです。


     ここまで読んでも理解できないのならば、水洗浄製法にすべきです。

     作れても、安全に使えない危険なBDFでは困ります。

     
     水洗浄製法ならば、安全な品質のBDFを作りやすいのです。

     既に水の洗礼を受けて、水和物が除去できている可能性が高いから高品質です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 国家資格のあるなしが問題では無い。

 観察と解説が不適切なのかどうか、そこが問題の所在です。


学歴や肩書きなんかが問題では無い。

   新燃料研究所系は、学歴も肩書きも 実績も 豊富にあります。

   問題の所在は、 ホンモノ なのかどうかのみです。


 新燃料研究所は必要な国家資格を所持しており、必要な観察も公開しています。

 誰が ニセモノ インチキ うそつき なのかが問題では無い。



    新燃料研究所系は ほんもの それにつきます。

    私達は正直で、バイオディーゼルの最前線を開拓しているパイオニア集団です。

    最新の化学を追いかけている、新しい燃料を作っている集団です。

    たぶん、私達の前にいるのは 新燃料研究所系です。

    私たちの隣に並んでいるのも、新燃料研究所系だと確信しています。


      後ろは見ていないので、わかりません。




      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467

      メール  pchangsoo@aol.com



新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ