左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/4/3

Windows OSを無償化  BDF 生産安全
バイオディーゼル製造コストや製造安全を向上させる話題です。

小型の端末器であるWindowsデバイスに対して、OSを無償化するとのことです。

スマートホンや、キンドルのような端末のOSが無償になれば、

BDF製造システムとの連携構築が安くできるようになる可能性があります。


クリックすると元のサイズで表示します


     2011/7/22  BDFの生産技術革新

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/3297.html


機械装置の自動制御などを設計し、製作している新燃料研究所にはそんな未来が見えます。

個々の装置制御は安いPLC シーケンサーで従来より可能です。

それらのデーターのやりとり、集約監視や集中制御を安くできるようになります。


現在でも、いろんなことが安くできます。

必要性というアイデア、着想があれば可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 引用 】

Windowsデバイスに対して、OSを無償化すると発表した.

米国カリフォルニア州サンフランシスコMoscone Cente

(2014/4/3 02:56)

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20140403_642657.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

類似記事

     2011/7/31  FAME BDF 自動制御化

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/3307.html

クリックすると元のサイズで表示します



2011/7/22  BDFの生産技術革新

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3297.html

2012/8/4  BD遠隔制御製造

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3575.html

2012/9/28  外出先からBDF製造

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3627.html


クリックすると元のサイズで表示します





新燃料研究所

2014/3/30

BDF流出事故 2014  BDF 生産安全
バイオディーゼルが流出して河川に流れ込んだ事例から対策を整理します。

新燃料研究所の携帯電話が鳴りました。小規模BDF製造所の責任者からです。

【 相手 】

   緊急事態です。 BDFが川に流れ出しました。 どこに連絡すべきでしょうか?


【 新燃料研究所の応答 】

   何が、どれくらい流れだしましたか? 

   連絡先は、保険所 役場 消防 などです。

   下流に上水道の採水がありますか?


【 相手 】

   完成して、貯蔵していたBDFが流れ出して、川が乳濁しています。


【 新燃料研究所の応答 】

   あなたのBDFは品質が良いので、川にながれこんでも乳濁はしないはずです。

   もし、アルカリや、アルカリ含有のアンダーピッチが流れだしたのならば乳濁し、

   魚が死んで浮きます。


    大丈夫です。あなたのBDFは品質が良いので毒性は低く、分解が早いはずです。

   落ち着いて対応して下さい。大丈夫です。


クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現地の状況を撮影した画像が10カット程度、メール添付ファイルで送られて来ました。

画像では、グリセリン含有層は流れ出していないと新燃料研究所は判断しました。

緊急対応が終わってからの受信メールは以下です。


     日時: 2014/03/29 15:57:30 東京 (標準時)
     FROM: ◎○△◇□
     TO : Pchangsoo@aol.com

     お世話になります。
     色々ご心配をおかけして申し訳ありません。


     画像の白い粒は、油の吸着剤です。
     自然にかえる物なので問題ありません。

     ・・・・・ 略 ・・・・・

     必ず再開しますのでその時はご協力お願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   参考資料

   水路や河川への油類の流出事故   桑名市

http://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/24,10598,c,html/10598/suishitsujiko_boshi.pdf


     処理経費  重油の場合   長崎県

     http://www.n-nourin.jp/~nousanmenu/240725juuyu.pdf


     2008/12/16 BDF生産所 事故

     Seattle Biodiesel が流出事故を発生させた模様です。 

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/2246.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【 新燃料研究所の指摘 】

1: 事故を隠さずに、関係官庁へ迅速に連絡を行ったのは当然とはいえ、責任遂行です。

2: 吸着材は構内での使用にとどめるべきであり、外部での使用は慎重にすべきです。

  類似商品は多数あり、分解特性が優秀な製品も多くあるものの、BDFの分解は早く、

  吸着材を使用したために分解が遅れる場合もあります。全ての吸着材は回収できない。

3: 連絡通報が適切で迅速であったと思われるものの、作業進行と並行した連絡が必要。


過去に流出事故の対策経験が幾度かあります。

関係者が事故処理に追われ、適切な助言が届かない事例があります。

適時の経過報告と追加対策が必要になる場合があります。



今回は流出規模が 20リットル程度と、小さく、田植え作業前で河川水の利用もなく、

BDF製造所関係者一同による回収作業も迅速であった、ので被害は小さかったようです。

グリセリン含有層 UDPは流れていなかったのは幸いです。

夏季であれば、構内での火災事故の危険も高くなっていたと新燃料研究所は考えています。

不幸中のさいわいと、疲れた心身への同情をします。



もちろん、BDF製造管理責任者は

警察や消防、県や地元役場などから コッテリシボラレタそうです。


事故を隠してバレタのでないから、罰金や刑罰は何も無いと思われます。

自主申告を罰すると、重大な被害を及ぼす事故をインペイされる危険があり、

関係当局は よほどのことが無いかぎり、自主申告に対しては寛大の傾向があるようです。


被害拡大を小さくするために、できるだけ早く、新燃料研究所への連絡をお願いします。



クリックすると元のサイズで表示します



     2006/6/11  油水分離槽の画像

     約7トンの廃液を処理して、浮遊物にさせて無色透明にさせました。

     油の混じった水は環境負荷が大きいので無処理で排水してはいけません。

     白いのは分散した 油 です。

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/786.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【 BDF 分解実験 水環境工学 生物相 】

 BDFの生分解特性を実験した人は少ないと思います。

 分解微生物への人工栄養など、専門知識が必要だからです。

 適した人工環境も維持させなくてはなりません。


 新燃料研究所の実験では、それほど簡単ではないけれど

 確実に生分解することが確認できています。


 微生物相の変化で事前予測も可能です。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

乳濁破壊 乳化破壊


   2006/12/24 エマルジョン燃料の分離 重油と水と薬剤 emulsion 
 

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/1303.html




新燃料研究所

2012/12/22

危険の指摘 BDF  BDF 生産安全
笑っておられない重大な危険を知ることがあります。

BDF製造で、信じられない危険が見過ごされている現実があります。

誰にでも簡単にバイオ燃料が作れると誤解した人達は、今どうしているんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

1: コンタクトレンズは禁止です。

2: 保護メガネは必ず装着しなければなりません。

3: 薬剤の調整には、正しい順序があります。


BDF装置メーカーが危険な、重大な過誤を教える事例があるようです。

装置納入時における現地説明が1泊2日程度と短い時間なのも関係あるようです。

小型装置の内部を覗いて、下部の ヤケ跡 を見ることがあります。


先にアルカリを投入して、後からメタノールを投入させるという トンデモナイ!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

正しくは、先にメタノールであり そこへ アルカリを少量溶かして混ぜていく。

可燃性ガスの発生 液温の急上昇 メタノールの蒸発増加 十分に慎重さが必要です。


必ず、金属製の容器で 金属性のフタがあり、被せることのできる状態が必要です。



クリックすると元のサイズで表示します



  2009/5/6  BDF製造 基本作業

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/2405.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新燃料研究所

2012/7/27

BDF製造装置 保守管理  BDF 生産安全
BDF製造装置として普及している100L型式の槽内部画像です。

エステル交換反応工程と精製工程や脱水工程を兼用させる兼用槽です。

BDF関係者は内部構造が企業ノウハウであることを理解しています。

その反映として、内部画像はあまり公開されておらず珍しい画像です。


BDF 製造工程兼用槽  100L 普及型

クリックすると元のサイズで表示します


【 新燃料研究所の指摘 】

@ 槽内部の底に、長楕円 液溜まり シミ のような腐食跡が複数ある。

A 槽内部の底に、同心円状の線条傷がある。


装置納入時にはどのような状態であったのか記録画像があれば比較できます。

製造に伴うものであるとするならば、

使用している薬剤の種類や濃度を見直す必要があります。

高い液温でなくても、高濃度で長時間になっていなかったかなどの点検が必要です。


新燃料研究所がステンレス加工屋としての職歴から感じるのは、不自然ではあるけれど

加工下請け作業所におけるステンレス作業処理の跡にも見えます。


  具体的には、フッ化水素酸  Hydrofluoric acid の接触によるものにも見得ます。



各地で見られるBDF製造関連装置には、

化学装置業界では常識になっている処理が為されていない事例が多くあります。

納付側も受領側も機械装置の素人なのである、証拠にもなっていると考えています。






新燃料研究所

2012/7/26

BDF製造装置故障 電気系  BDF 生産安全
バイオディーゼル製造装置の故障事例です。

症状 : 加熱温度指示計の表示が変化しない。設定温度の変更ができない。

対策 : 温度調節器の故障であり、部品交換を行った。


問題 @: BDF装置メーカーが故障部品の型番を把握するのに数日がかかった。

問題 A: BDF装置メーカーに部品在庫がない。即納体制がない。

問題 B: 電気部品メーカーに在庫がない。製造中止型番。代替品手配2〜3週間。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

製造不能期間 7月15日 〜 7月26日 11日間

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

製造中止型番で代替品手配に2〜3週間も必要だと知らされてあきらめなかったそうです。

故障部品を地元の電気工事資材店に持ち込んで相談し、数日で現物を入手されました。


製造現場の供給責任は大きく、はい そうですか そんな軽いものではない。

関係各位の努力によって製造不能期間が短縮できました。 拍手 拍手




新燃料研究所






2012/4/1

生物柴油 BDF火災  BDF 生産安全
BDF自然発火や火災事例は海外や日本国内事例として、過去に幾つも紹介しています。

中国・昆明 生物柴油の自然発火 火災動画を紹介します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

引用


クリックすると元のサイズで表示します


http://big5.chinanews.com:89/shipin/2011/09-20/news44564.html


昆明載油車起火 撲救及時無傷亡

2011年09月20日 19:38 來源:中國新聞網

9月20日早上9點左右,昆明鬧市區一輛載有10多桶生物柴油的麵包車在進行卸油時,突然發生自燃,引發汽車起火事故。由於撲救及時,事故沒有造成人員傷亡。

據了解,該麵包車裝載的10多桶生物柴油是一家餐廳的廚房燃料用油,發生火災時,卸載工人正在用油泵將柴油抽往餐廳廚房。起火後,餐廳立即組織人員進行撲救。

【現場】:撲救現場

【同期】現場目擊者 湯肥嚴 我看見可能有十四五個 滅火器在滅火 當時是煙霧比較大 但是火勢不太大 火(苗)大約接近一米 比車子高一米左右 【同期】現場目擊者 程雙漢 搶的及時得很 他們百大的保安 全部過來搶火 男的拿滅火器 女的拿消防栓 很快就熄滅了

目擊者介紹說,大火持續了20分鐘左右即被撲滅,並沒有造成油桶爆炸,也沒有造成人員死亡,只有一名工作人員在撲火時受輕傷。

【同期】目擊者程雙汗
我看到一個小夥子 肚皮這裡這個地方 和這裡燒著了 衣服也燒通了 頭髮也燒了一點

記者在現場看到,麵包車被燒得面目全非,車窗玻璃幾乎全部被燒燬,車上的塑膠油桶已經被燒破,能看見明晃的柴油;輸油管被燒焦,露出了鋼絲繩;接電用的插線板被燒爛,淩亂地丟在一邊,靠近麵包車的變電開關箱也被熏得烏・」

目前,警方已經介入,事故原因正在進一步調查之中。

王艷龍 楊華偉昆明報道


□□□□□ 機械翻訳 □□□□□

昆明は油の車を載せて火事が起きます 消火して直ちに死傷がありません
2011年09月20日 19:38 出所:中国のニュースネット

9月20日午前9時の頃、昆明のやかましい市街区の1台の10数杯の生物のディーゼル・オイルを積載するマイクロバスは油を下ろすことを行う時、突然自然発火が発生して、自動車の火事が起きる事故を誘発します。消火するのがタイムリーなため、事故はもたらす人員は死傷していません。

  調査によると、このマイクロバスの積載する10数杯の生物のディーゼル・オイルは一つのレストランの炊事場の燃料が油を使うので、火災が発生する時、ダウンロードする労働者はオイル・ポンプでディーゼル・オイルをレストランの炊事場へ引き出しています。火事が起きた後に、レストランは直ちに組織人員は消火します。

  【現場】:現場を消火します

  【同時期】現場の目撃者 スープの肥料は厳しいです 私は恐らく14、15あることが見えます 消火器は消火しています その時は煙霧が比較的に大きかった しかし火勢はあまり大きくありません 怒って(芽)大体1メートル接近します 車の高一米の程度に比べて 【同時期】現場の目撃者 程双漢 奪い取ったのはとてもタイムリーです 彼らの百の大きい保安 すべてやって来て火を奪い取ります 男性は消火器を持ちます 女性は消防の栓を持ちます 急速に消しました

  目撃者の紹介は、強火は20分ぐらいがすぐ撲滅されることを続けて、ドラム缶が爆発することをもたらしていないで、同じくもたらす人員は死亡していないで、ただ1名の従業員が火をたたき消す時軽傷を受けますと言います。

  【同時期】目撃者の程双の汗

  私は1人の若者を見ます 腹の皮のここのこの地方 ここと燃やしていました 服も燃やして通しました 髪の毛も1時(点)を燃やしました

  記者は現場で見て、マイクロバスは燃やされるのがめちゃくちゃになって、車の窓ガラスはほとんどすべて焼却されて、車の上のプラスチックのドラム缶がすでに燃やされたのが破れていて、明晃のディーゼル・オイルが見えることができます;石油輸送管は焦げられて、ワイヤ・ロープを現しました;電報の受領はの挿し込む糸巻き(板)で柔かく煮込まれて、〓はむやみに側でなくして、マイクロバスの変電をするスイッチの箱が間近でもいぶされるのが真っ黒です。

  現在、警察側はすでに介入して、事故原因は更に調査する中で。

  王艶竜 楊華偉の昆明は報道しています

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の火災関連記事

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


基礎理論

BDF 季節注意

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/3354.html


  どうしてバイオディーゼル燃料は自然発火しやすいかの理論解説です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


危険情報 バイオディーゼル燃料 自然発火

  資料紹介 名古屋市消防局 柴田 靖史 氏

  事故 平成16年  2004年 8月31日 名古屋市港区内
 
  http://green.ap.teacup.com/biofuel/1113.html

BDF 火災事故

  山形県東根市 2011年08月10日

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/3319.html



  山形県東村山郡 2010年9月 BDF生産所 火災

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/3061.html


  神奈川 BDF生産火災事故 大学

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/2441.html


  手作りバイオディーゼル燃料 火災事故報道  福岡 2007

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/1600.html  


  事故 手づくりバイオ燃料 火災 福岡 2007

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/1599.html


  参考 石鹸製造における事故  東京豊島区

     1993年 ジパングのあさ 〜せっけん工場爆発火事〜

  削除後 新規URL

http://www.youtube.com/watch?v=8VWcEHG6VW8


  旧 URL

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/2629.html


  海外  2009年10月 バイオディーゼル生産工場
  タイ中部サムットサーコーン県ムアンサムットサーコーン郡 

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/2629.html


  海外 韓国 バイオディーゼル工場 火災 2009-12-10

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/2628.html 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これらのほかにも火災・爆発事故は発生しています。

関東群馬で、日本における普及型機100Lの爆発事故は経営者から直接に連絡いただいたことあります。

瀬戸内海地方の事故も、日本における普及型機100L機操作担当者から直接に連絡いただいたことあります。


冬季休産から生産再開される事例が増える時期です。

軽油価格上昇でもあり、BDF製造が増えると思います。

充分に注意しましょう。



新燃料研究所

  



2012/2/27

薬品の性質を知る  BDF 生産安全
自動車燃料だけでなく、暖房燃料に添加させると黒煙がでないとかエンジンに良いとか、

いろんな商品が販売されています。

成分表示がまったくないけれど、表示ないことと効能虚偽とは一致しません。

しかし、本当なんだろうか ?

      心配で、不安ならば購入しなければ心配する理由がない。

      買わなければ、何も実害は発生しません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ジエチルエーテル

クリックすると元のサイズで表示します



2004 自作BDFの検証 模型ディーゼルエンジン

クリックすると元のサイズで表示します

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

引用

     ジエチルエーテルは蒸発しやすく、その気体は空気より重いので、

     斜面を下って、火がついたのです。

     ジエチルエーテルは、とても引火しやすい物質なので、

     取り扱いには十分な注意が必要です。

     ※この実験は危険が伴います。必ず適切な指導者のもとで行ってください。


     第33回 有機化合物 アルコールとエーテル

     NHK高校講座ホームページ

     http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagaku/archive/resume033.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所の解説

2004年に手作りBDFの検証について情報公開しています。


2004/8/29 最年少記録? 小学5年生のBDF製造 

http://green.ap.teacup.com/biofuel/42.html


この時は、同じ型式で新品である2台の模型エンジンを使用しました。

模型エンジンの販売助言に従って、燃焼補助剤に ジエチルエーテル を混和させました。

最初から BDFオンリーでは圧縮条件などを見つけるのが困難だろうとのことでした。


混和比率を下げるとか比較するつもりが、あまりにも蒸発が早くて困りました。


試薬として購入したガラス瓶を、息子はコンクリート床に落下させてしまいました。

         あっと 非常に短時間で液体は どこかになくなり驚きました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

試薬を使用するときは、

必ず どういう素性の薬品なのか勉強してから使用するべきです。


廃棄処分において猛毒である薬品は多くあります。


危険と考える情報を含む場合は、

公開時機や公開内容に充分な注意が必要だと考えています。



新燃料研究所

2011/10/16

BDF 季節注意  BDF 生産安全
バイオディーゼル燃料の 気温 湿度 に関する安全情報です。

☆ 気温低下 湿度低下による危険性の情報です。


気温が低下すれば、空気に含まれる水分量が少なくなります。

空気が乾燥するほどに火災発生の危険性が高くなります。



クリックすると元のサイズで表示します


上記図表の引用元: 

http://www.hm2.aitai.ne.jp/~yamamasa/tenki/situdo/situdo/howasui.htm



気温と しっけ:空気中の水分との関係に関する知識は中学校で学びます。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

油種による自然発火の危険性は、脂肪酸の組成を反映します。

分子結合において、2重結合などが多いほどに ヨウ素価 が大きくなります。

ヨウ素価が大きいほどに酸素と結合しやすくなります。

酸素と結ばれば、酸化して固まりやすくなるだけでなく発熱します。


酸化防止剤を添加させるのはバイオディーゼル燃料にとって必須とされています。

日本では、2002年頃までのBDF知識では酸化防止剤を使用しない事例が多くありました。

その後、

品質確保法やJIS化の過程で酸化防止剤を使用しないメーカーはほとんどありません。


日本のBDFメーカーで酸化防止剤を使用していない事例は、もはやないはずです。

同時に、空気バブリングをしている誤った技法も淘汰されています。



空気を混ぜ込んでBDFを劣化させる、バブリング技法は間違いです。

誤った技法を主張した人々、許容した人々が多い。

中心的な人達は反省もせず、知らないふりをしているのが不思議です。


完成BDFに対して 滴定 を実行すれば簡単に判明します。

簡単だけれど、滴定技術や滴定理論を理解できていないと無理です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

二重結合が空気中の酸素と結びつきやすい知識は ヨウ素価 高校化学で学びます。


新燃料研究所の基本書:指定図書 化学図録 p164 油脂


2005/9/26  化学の参考書 化学図録 数研出版

http://green.ap.teacup.com/biofuel/383.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


クリックすると元のサイズで表示します


上記図表の引用元: 

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/shitsudo1.html


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

引用


塗料を含浸したウエスからの自然発火に係る注意喚起について

独立行政法人製品評価技術基盤機構




ヒマワリ油などの酸化しやすい不飽和脂肪酸を主成分とする塗料を使用し、

作業後に塗料をふき取ったウエス(ぼろ布)を袋に入れて放置していたところ、

自然発火と思われる火災が発生しました。

当該塗料に含まれる不飽和脂肪酸は酸化して発熱する性質があり、

塗料の染み込んだウエスを袋に入れて長時間放置したことから、

酸化熱が蓄熱して発煙・発火に至ったものと考えられます。



事故の発生状況


〈事例1〉

外壁を塗装後、塗料を拭き取ったウエスをそのままゴミ袋に入れて置いていたところ、

自然発火した。

発見が早かったために、壁が焦げる程度であった。(平成16年11月、甲信越地方)



〈事例2〉

塗料の拭き取りに使用したタオルを袋に入れて、

それを段ボール箱に入れて台所に置いていたところ、約24時間後に出火し、

台所を焼損した。(平成16年11月、近畿地方)



〈事例3〉

塗料を使ってモップで床にワックス掛けをした後、雑巾等で拭き取り、

モップ、雑巾等をポリ袋に入れて置いていたところ、ポリ袋から発煙した。

(平成17年1月、中部地方)



〈事例4〉
倉庫の一部を焼損する火災事故が発生した。

発火元の付近に塗料の染み込んだウエスが保管されていた。(平成19年5月、中国地方)



〈事例5〉

作業現場に塗料の拭き取りに使用したウエスを麻袋に入れて保管していたところ、

発火し現場が焼損した。(平成19年5月、関東地方)


http://www.nite.go.jp/jiko/news/081/news81.html


独立行政法人製品評価技術基盤機構


クリックすると元のサイズで表示します


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

基礎的な知識を大切にしましょう。

バイオディーゼル燃料は未来燃料であるものの、ハンドリング知識は古来よりあります。

油脂に関する先人の教えを学びましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所系は ウソつかない 無理しない。


湿度が下がるほどに自然発火の危険が高まります。



低温対策をあれこれ研究されているほどに危険性が高い。

吸着技法系ほど火災の危険が高い。

メディア系ほど発火の危険が高い。


下水油、地溝油などの高度な再生油知識あるほどに火災の危険性が高い。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所系は埋め立て処分を、できるだけ避けます。

テンプラくさい排気ガスを避けます。

低温対策は100%高濃度:無改造使用において 

マイナス8度。 -8℃ 。


その程度で実用上は充分。

それ以下は軽油を使用すれば問題ない。


それ以下を目指す理由も、必要もない。

採算性が極端に悪化し、意味が不明になります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

JIS規格や EN14214:

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2273.html

この近隣から離れないのが重要です。


新燃料研究所は あえて それが マイナス8度 だと考えています。


現実として、マイナス10以下があっても、温度勾配などの条件反映と考え、


新燃料研究所の公式な2011年度低温達成 マイナス8度 無改造:100%高濃度。

当然に テンプラくさくなく。

最新式コモンレール車で使用できるのは当然です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所系ならば ある水準なら、全国どこでも同じです。


とびきりの水準は5ヶ所程度あります。

水洗浄系もあり、無水・非水系もあります。


採算性と品質水準から 水洗浄技法を勧めています。

無水・非水でも、採算性や品質と実績において、日本一だと自負しています。




秘密を守れ、必要経費を支払えるならば 全国の新燃料研究所系を訪問できます。


たぶん。。。。  私がお願いすれば たぶん 見学可能だと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 関連記事 】


     2013/12/20  油や塗料の自然発火

     アルキド(alkyd) アルキッド に関する情報を紹介します。

     油や塗料の自然発火に関する知識です。


     http://green.ap.teacup.com/biofuel/3913.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新燃料研究所

2011/8/10

BDF 火災事故  BDF 生産安全
BDF生産工場の火災情報です。  山形県 2011年08月10日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

引用

衛生処理組合の燃料化施設が全焼 東根・けが人なし
2011年08月10日 15:26

9日午前8時10分ごろ、東根市野田の東根市外二市一町共立衛生処理組合の廃食用油燃料化施設から出火し、木造平屋約40平方メートルが全焼した。けが人はいなかった。

 村山署によると、施設では回収した食用油の廃油からバイオディーゼル燃料を精製。同署は廃油を加熱して水分を除去する機械の周辺の燃え方が激しいことから、火元の可能性が高いとみて、原因を調べている。施設から黒い煙が出ているのを男性作業員が発見し、119番通報した。同組合によると、機械はタイマーで動いているという。

http://yamagata-np.jp/news/201108/10/kj_2011081000350.php


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

大変に残念な事故です。


新燃料研究所は各地のBDF生産所を訪問すれば、必ず安全助言を行っています。

少なくとも10件程度の火災事故を未然に防いだと考えています。


植物油の取り扱いは、機械加工の職人さんが多い時代には広く知られていました。

旋盤・フライス・ボール盤などの切削粉や潤滑油とウエス処理などの経験が豊富でした。



今回の事故原因は浮遊油の付着蓄積もありえると感じています。





新燃料研究所

2011/4/10

BDF作業安全 個人装備  BDF 生産安全
バイオディーゼル燃料の製造は化学業界です。

相応の知識と装備が必要です。


クリックすると元のサイズで表示します


薬品調合作業において、

保護ゴーグルが吐息水分でクモッテしまい見えなくなる場合もあります。


簡易マスクを使用する場合もあります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

夏季作業においては薄着になるので白衣を着る場合もあります。

冬季は撥水性の上下を着ている場合が多いので白衣を着ない場合もあります。


安全作業において正解はありません。

事故が発生しないなら、どんな格好でも問題なく、

事故の内容によっては、どんな準備でも不十分となる場合もあります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

バイオディーゼル燃料の品質面に自信がでてきて、

心に余裕がでてくると作業安全にも配慮できてくるようです。



初心者段階では、何が危険なのか理解できていない事例が多くあります。



新燃料研究所

2011/3/24

想定外 BDF生産トラブル  BDF 生産安全
バイオディーゼル燃料の製造におけるトラブルの話題です。

想定外の事態が発生してしまうからトラブルになります。

トラブル防止の措置も重要ですけれど、発生してからの対応技術が必要です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

具体的な内容 :

原料であるメタノール保存容器のドラム缶へ、廃食用油を投入してしまった。


詳細な事情 :

原料である廃食用油を回収してきて、ポリタンクを空にしようとした。

メタノール残量は不詳:100L以上

投入廃食用油は不詳:ポリタンク 1〜2個 程度


発生した問題と考える項目 :

原料である廃食用油に含まれる不純物、特に水分によるメトキシド不活性の危険性。

端的に表現すればメタノール純度の低下

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

現場と協調した対応概要

1:ドラム内メタノール残量の推定と投入してしまった廃食用油の推定値範囲

2:原料の廃食用油のAV値の把握・推定範囲値

3:最善と思われる配慮をしつつ、通常の工程で製造開始

4:平常とは異なる事象の観察・報告・協議

5:生成した下部UDP層の体積測定

6:2回反応技法の採用:再反応 調薬判断

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所の原則

原料の廃食用油は金属製のドラム保存はしない。



完成BDFの保存容器が経年変化で内部汚染してきます。

内部を清浄にしてから廃食用油受け入れ容器に使用できます。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


移動に便利です。


各地のBDF生産所で多く見ることができる1トンタンク画像です。

クリックすると元のサイズで表示します


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

グリセリン含有層 : アンダーピッチの計測について

大変に重要な日常的記録項目です。


以下の注意があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

不確かさ

真の値は元来知りえないという前提に立って、

分析値の 『疑わしさ』 を合理的に見積もるという考え方・・・・中略・・・

・・・・ 再現性については特に、

同じ実験室か違う実験室かで室内再現性および室間再現性として表現される。


p167 p168  現場で役立つ 化学分析の基礎

平井昭司 監修    社団法人 日本分析学会 編  オーム社 ¥2800-

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


想定外の事象が トラブル です。

事前に回避できるものは多くあるも、発生したら解決すべきです。

あきらめるのはアマチュア・素人のノウハウです。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


 【 公開研究日誌 関連記事 検索用 キーワード 】

 1トンタンク コンテナタンク コンテナ容器 樹脂容器
  
  1ton tank 1トン タンク  インナー

    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





新燃料研究所

2011/3/23

どちらが先か メトキシド調合  BDF 生産安全
メトキシドの調合に関する重大な話題です。

あるBDF生産所にK氏が、誤った実演指導されたそうです。


以下は危険であり、順序が誤りです。

1:アルカリを計量して装置に入れる。

2:メタノールをブリキ缶より装置に入れる。


ぶくぶくと泡がでたそうです。


よくぞ よくぞ今まで御無事でおられたと感動してしまいました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

薬品と別種類の薬品を混合するには危険回避の順番があります。

一般的には 濃度をゆっくりと高くする のが安全とされています。


メトキシドの調合においては、

メタノールにアルカリを少量、溶解させながら濃度を高めていくのが安全です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所のやりかた 1


私は大きなステンレス容器で、フタを被せながら作っています。

時々 コウハンさせながら溶解を促進しつつ アルカリを少し追加させています。

全量を一度に溶解させようとはしません。


夏には、溶解容器を水を張った大きなポリ容器の中に置いています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所のやりかた 2


メトキシドを作ってから、

安全に運びやすいように 小さなステンレス容器に小分けし、

必ずフタをして移動させています。


使い捨てのポリエチレン手袋をはめ、ゴーグルは必ず装着しています。


メタノールは密封されたドラム缶から、毎回取り出しています。

メタノール量の追加・微調整はブリキ缶スタンドを利用して

オイルジョッキで計測しています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

アルカリは、それぞれ特性があり優劣は決めかねます。

NaOH 苛性ソーダ:水酸化ナトリウム

KOH  苛性カリ:水酸化カリウム


グリセリン含有層:アンダーピッチの取り扱いをいかに考えるかで選択がかわります。

アルカリの購入量が多くなるほどNaOHが安価なので採用生産所が多くなるものの、

購入量が異なる場合の比較は単純ではないようです。


北海道の寒冷地でも NaOH 使用実例があります。

アンダーピッチを堆肥にするならばKOHという誤解が多くあるようです。

そうそう簡単には実用的な堆肥化できるものでなく、実例は非常に少ないようです。


新燃料研究所の技術指導先において、特にどちらが多いという傾向はありません。

どちらでも問題ありません。それぞれの配慮は少し異なります。


ときどき変更してみれば理解できることです。

どちらが良いとかでなく、原料劣化程度に適合した調薬が必要なのです。


どちらかが優秀だと主張するのは、

アルカリの使用ノウハウが50% しかないということだと理解できると考えています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


BDF製造 基本作業

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2405.html




新燃料研究所




2011/2/13

危険防止 コンタクト禁止  BDF 生産安全
バイオディーゼル燃料の生産従事者は、必ず保護眼鏡を装着します。

コンタクトレンズは化学薬品を取り扱う場合には禁止です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ある食料品製造工場で薬品を移動中にころんで、薬品を浴びた方がおられます。

目を閉じて、シャワー室への誘導を同僚に依頼されたそうです。


どんなに注意していても、いつか 何かが発生してしまいます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

BDF生産における危険事例を収集するのも重要です。





新燃料研究所

2010/12/26

2010年9月 BDF生産所 火災  BDF 生産安全
2010年9月にBDF生産所において火災事故があったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いろんな不具合や事故は隠蔽されてしまう傾向にあります。

なかなか 事例研究の対象にはできません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

火災予防の注意

油をヌグッタ布や新聞紙などの取り扱いに注意しましょう。自然発火危険あります。

電源は必ず、元から落としておきましょう。

アルカリは水に濡れないように保管しましょう。

メタノールドラム缶はポンプを挿入したままではいけません。密閉しましょう。

アンダーピッチは必ず、密閉保管しましょう。

可燃性気体が充満しない通風性あるか確認しましょう。

金属製の覆いフタが準備されていますか?


自分だけの思い込みでなく、安全点検を積極的に行いましょう。

BDF装置メーカーの助言を受けましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の関連記述

2009/6/6 BDF生産火災事故 

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2441.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




新燃料研究所

2010/9/6

BDF アルカリヒューム  BDF 生産安全
バイオディーゼル燃料製造における現場環境の話題です。

1:完成したBDFの自動車への影響

2:BDF使用の自動車排気ガス 匂い成分・テンプラ悪臭 の問題

3:完成BDF保管時の環境影響:油脂組成 流出や可燃性予防対策

4:流出メタノール蒸気による健康被害予防や火災予防

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

上記は指摘される方も多く、注意されておられる方も多いと考えます。


あまり話題にされない、アルカリヒューム について考えてみます。


クリックすると元のサイズで表示します

引用元 http://www.hipotech.co.jp/03catalog/data/mist_rev0.pdf

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

表を見れば、かなり粒子が小さいのが理解できます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

関連記述

2009/11/1 DPF と アルカリ

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2588.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

生産現場においてある時計や測定器が壊れる、天井の室内照明器が壊れる・・・

いろんな経験をされていると思います。


BDF生産環境を再検討してみましょう。


新燃料研究所


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ