左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2013/1/25

炭酸 Carbonic Acid  尿素水
BDFの製造技術とSCRシステムで使用する尿素水の製造知識が重なります。

そのわかりやすい事例に 炭酸 Carbonic Acid があります。

炭酸の問題は、AdBlue アドブルーのメーカー資料に明記されています。


炭酸 Carbonic Acid   水と二酸化炭素
 
クリックすると元のサイズで表示します

CAS 463-79-6


【 新燃料研究所の解説 】

水は、 

水素と酸素が結びついており、水素+  酸素− 水素+ の電荷を帯びています。


二酸化炭素は、

酸素−  炭素+ 酸素−  の電荷を帯びています。

それぞれ、プラスとマイナスの釣り合いがとれた安定した結びつきです。

              電子の数量などは別の機会に解説します。


水と二酸化炭素が接近したとき、

     水は   二酸化炭素は  CO  


   プラス マイナス つまり、 水素+  酸素−  水素+      

   マイナス プラス つまり、 酸素−  炭素+  酸素−     O  

                   
             上下を見れば 引き合って、結びつくことができます。




炭酸は、空気中の二酸化炭素が水に溶解して 水溶液 になっています。

二酸化炭素は、ヒトや動物が呼吸するときに吐き出します。

             AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水が 

二酸化炭素が CO 空気に含まれていること。

これらは最低限の知識として前提です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ウイキペディアなどで 炭酸 を調べてみれば、

各自において、いかほどの理解ができているのか自覚できると思います。


何のことかわからない知識水準ならば、BDF精製や尿素水製造に見直しが必要です。

化学T の学習範囲だと思います。

   理系の国公立大学受験 

   センター試験を受ける高校生でないと学習しないかもしれません。

   工業高校の機械や電気系では授業で習わないかもしれないと思います。

新燃料研究所の解説をじっくり読めば、中学理科程度の知識で理解できます。

読んでわからない説明は、書いている人が理解できていないからです。

十分に理解できている人の化学説明は、非常に明快で理解できるものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

炭酸の特性として理解すべき点として例示するならば、

1: 二酸化炭素が空気中に存在する。

2: 二酸化炭素は水に溶け込む。

3: 二酸化炭素が溶けた水溶液は Acid 酸性を示す。 WA Week Acid  弱酸。

  

   pH が動いたり、pHの測定に大きな変動を起こす原因物質の典型です。

アルカリ金属が残留していれば、酸塩基反応がおこります。

中和反応がおこれば、生成するのは エン と 水 です。


BDFの脱水を一生懸命しても、水分が検出されてしまう原因が複数あります。

その複数ある原因の一つだと考えています。


尿素水の場合は、生成される エン や炭酸と反応する微量不純物の問題となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下の関連記事の図表を見れば、理解の参考になります。


   2009/7/25  メタノールと水

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/2494.html

 


   2012/4/26  
良い原料という制約

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3505.html




新燃料研究所

2013/1/23

尿素水 アドブルー nドライブ  尿素水

尿素水 アドブルーに関する調査をまとめました。

新燃料研究所関係者一斉メールで pdf 添付ファイルさせていただきました。


Nドライブの調子が良くなくて、アクセスが不調な場合があるようです。

システムから通知ない場合は、

個別に、共有URL パスワードなどを送付させていただいております。

                             AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パソコンや携帯端末で閲覧が不具合の場合は、

ダウンロードしていただければ読めるようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一部資料の閲覧は 守秘契約 が必要とさせていただいています。


事業化における危険部を記述するほどに、

まるで先行集団や特定グループが問題あるかのような記述になってしまう場合があります。

意図とは全く異なる 名誉毀損 事実無根のデッチアゲ になる危険が大きくあります。


あれこれ、考慮して限定公開とします。

特に先行グループや、商標権ある企業に対する悪意や競争心などは一切ありません。


ゆっくり じっくり 確実に実施できるのがBDF生産所だと理解しています。

設備と関連知識や技術が同じなのです。




新燃料研究所

2013/1/15

尿素水 必要な添加物  尿素水
尿素水の作り方を調べていて、固結防止剤や防結作用が必要だと理解できました。

高純度な尿素水、AdBlue® 相当品を作るには不純物除去の高精製が必要です。

原料純度の維持には不純物添加が必要なのに、製品純度を目指せば添加剤除去です。

特許文献を調査していて、わけがわからなくなって 整理してみました。

順番に理解していきます。  流通する尿素は、小袋や試薬は別にして、

        ( 尿素原料 + 固結防止添加物 ) です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇◇◇◇◇ 第1段階の式   足し算 と 引き算

( 尿素原料 + 固結防止添加物 ) − ( 固結防止添加物 ) =  尿素原料


( 尿素原料 − 製造や保存での不順物 ) + ( 純水 ) =  純度の高い尿素水

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
製造や保管流通で発生する不純物の除去と、

意図的に添加された液体状もしくは粉末状態の微量物質の濃度が問題になります。


    参考 : 固結防止剤や防結剤と呼ばれる添加剤の濃度は、

          工業用や農業用原料としての、尿素の用途によって無視できるそうです。


ところが、 アドブルー AdBlue® 相当品 としての調査をすすめると、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ▼▼▼ 対策不十分  ▼▼▼

   意図的に、原料の尿素へ付加した添加物を除去しただけでは、対策不十分らしい。

   空気中の炭酸ガスとの、反応生成物が輸液管を閉塞させる危険性がでるらしい。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★★★★★ 第2段階の式  引き算 と 足し算


( 尿素原料 − 製造や保存での不順物 ) + ( 純水 ) =  純度の高い尿素水

( 純度の高い尿素水 )+( 炭酸ガス反応生成物 抑制剤 ) = AdBlue 相当品

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
SCRシステムに使用する場合には、

ノズル閉塞対策として、

炭酸ガスとの反応生成物を抑制する添加剤が必要

だそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  食品添加剤の場合

    食品の安心な流通を高めるために、食品添加物が認められています。

    新鮮な短時間で消費できるとは限らないし、ある程度の期間延長が必要だからです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

技術面でも、

これまで尿素水中の炭酸ガスが不純物と反応すると、

生成した化合物がノズルを詰まらせるという問題があったが、

同社は、尿素水中に特定物質を添加して炭酸塩などの発生を防ぎ

ノズルの閉塞を回避するという不純物抑制技術を開発、現在特許出願中である。


「AdBlue」の品質規格は、2004年9月JASO(日本自動車規格)に制定されたが、

触媒の被毒、不純物による閉塞を防ぐため、

非常に厳しい品質規格の下に運用されている。

そのため同社では、

品質の安定化のポイントとなる原料尿素の供給元を厳選する一方、

製造・貯蔵面でも、尿素劣化防止のノウハウを生かした

プラント運転技術と精製技術により、品質の維持・安定に努めている。


http://www.m-kagaku.co.jp/monthly_group_company/200512.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

  バイオディーゼルの場合も同じような経緯があり、添加剤が必要です。

  当初はエステル交換率を高めることが目標とされ、

  次により精製度を高めるようになりました。


  そして、酸化防止剤や低温対策剤の添加が広く行われるようになっています。

  品質規格を模索し、その到達から進化は継続されています。


  目標座標が修正もしくは変更されたように誤解する人もいるようですけれど、

  まっすぐ、一直線の延長線の上に沿っています。


                   AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     まるで、料理のような世界にも思えます。

     砂糖 塩 酢 醤油 胡椒 山椒 唐辛子 味噌 味醂 酒 クローブ ナツメグ

     わさび ゴマ油 サラダ油 オリーブ油 ケチャップ マヨネーズ マスタード。。。

     いろんな調味料を駆使して、経験と素材と相手を考慮して いただきますです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特許文献を探し出せて、読み解せて、ほぼ同じ程度の文章を起案できるのかどうか。

しかも、その添加物に対する知見があって実験経験などがいかほどあるのか。

実物や類似薬剤を持っていないと特許内容の価値が理解できないと思います。

新燃料研究所は、特許回避などの技術指導します。

パテントホール エンジニアリング: Patent Hole  Engineering : 特許回避しましょう。

御相談下さい。



      パテントホール エンジニアリング: Patent Hole  Engineering: 特許回避

                     新燃料研究所の造語 作った用語です。 著作物です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



新燃料研究所

2013/1/14

DEF ISO22241 AUS32 AdBlue  尿素水
SCRシステムに使用される尿素水のISO規格を紹介します。

ASTM規格とする手続きが進んでいるようです。

Diesel Exhaust Fluid DEF と呼ばれ、米国石油協会の認定を受けているそうです。


ISO 22241 2006 AUS32

DEF Diesel Exhaust Fluid

クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

類似記事

クリックすると元のサイズで表示します



JIS規格 K2247 

   DIN規格 AUS32 DIN70070

   2012/12/24 AdBlue 尿素 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3699.html


                   AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターネット情報によれば、

USにおいて、2012年9月 

SCR登録車数は 34万8000台 DEF消費量 約 45,000KL/月 だそうです。

4500万リットル/月 だそうで、前年同期の2倍だそうです。






新燃料研究所

2013/1/11

尿素水 アドブルーの作りかた  尿素水
尿素水 AdBlue アドブルー のつくり方の紹介です。

ホンモノの作り方を見てみましょう。

私達が行う場合は最後の段階、純水との混和 だけです。

自動車NOx・PM法に適合する尿素SCRシステム搭載車の消耗品である液体の話題です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

クリックすると元のサイズで表示します


2011年6月時点で、三井の高品位尿素水 AdBlue®は、
北海道工場(北海道砂川市)、厚木工場(神奈川県厚木市)、名古屋工場(愛知県名古屋市)、大阪工場(大阪府高石市)、大牟田工場(福岡県大牟田市)の計5つの拠点で製造されております。

5拠点合わせた生産能力は、年間11万KLにまで達し、日本全体のAdBlue®需要を賄うのに十分な量の供給能力を有しています。

いずれの工場に於いても イオン交換樹脂で不純物を除去して作った純水に高品位の尿素を溶かしてAdBlue®を製造しています。

           AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。

           http://mitsui-adblue.jp/product/ammonia.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

自動車排出ガス規制の経緯 (ディーゼル重量車)

窒素酸化物(NOx)

クリックすると元のサイズで表示します



粒子状物質(PM)

クリックすると元のサイズで表示します


http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/09/090325/02.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

日本のBDF生産所は、2段階で淘汰されています。

第1段階が 2005年以降の コモンレール方式車で使える品質なのか?  で消えます。

第2段階が 2009年以降の コモンレール+DPF/DPR装着車で使えなく消えます。


暖房用燃料だとか、ボイラー用燃料とかに転用しても品質問題は残ります。

B5混和というのも、幻想だと考えます。

5%に薄めても、

20回使えば 100%と同じという計算より前に問題でる事例もあると考えます。


アドブルーを使用する最新ディーゼル車にも、高濃度BD100%使用目指しましょう。

冬季も、低温対策剤を適切に使用すれば100%高濃度運用期間が延伸できます。

パッキン、ホース類は何も変更や改造はいりません。


製造側の気持ちと技術を変えるべきであり、変更すべきは知識と技術の内容です。

自動車を変えても何も問題は解決しません。

変わるべきなのは あなた です。



新長期規制 (平17)

平成17年排出ガス規制(ディーゼル車)は、2005年(平成17年)10月1日から日本国内で販売されるディーゼル自動車を対象に適用される自動車排出ガス規制

平成17年10月1日(継続生産車は、平成19年9月1日)


   新長期規制(平17)

   http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha03/09/090930_2_.html



ポスト新長期規制

平成21・22年排出ガス規制 2009年排出ガス規制


   ポスト新長期規制

   http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/09/090325_.html



AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バイオディーゼル製造所の、ポスト新長期対応BDFならば尿素水の生産は簡単です。

アドブルー AdBlue 互換品を作るのがメインでなく、オマケ ついでです。


尿素水の品質と価格において地域一番は簡単だと考えます。

新燃料研究所系は、地域での最安値である必要はありません。


安いから買ってもらえるならば、新燃料研究所系の哲学ではありません。


祖父から父、子供達の友人や地域の方々 そして孫達が安心して 誇りある信頼。

化学ならば新燃料研究所系が信頼できる。


そういう 事実を積み重ねるのが 新燃料研究所系です。





新燃料研究所

2013/1/10

尿素水フィルター  尿素水
ポスト新長期規制対応車には 尿素水フィルター が装着されているそうです。

噴霧ノズルや輸液管を閉塞させないように、必要不可欠のようです。

尿素水が噴霧できないとエンジン始動はできないようです。

アドブルーに異物が混入しないように注意しなくてはならないようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

尿素水フィルター

クリックすると元のサイズで表示します


http://www.kanagawafuso.co.jp/buhin/teikikokan.pdf


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ポスト新長期規制 平成21年・22年排出ガス規制 適合車トラック

クリックすると元のサイズで表示します



尿素SCRとは?

クリックすると元のサイズで表示します



            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

△▼△▼△▼  いつになればBDFの話題に戻れるのか。。。。 不明です。

現段階で確信が強まっているのは、

1: 尿素水だけを作って儲けるのは非常に困難だけれど、BDF併用なら可能。

2: BDFをコモンレール方式車、

   DPF・DPR装着車、尿素水SCR対応車に使用するのは設備増強も必要。

3: 尿素水 アドブルー AdBlue 互換性ある高品位製造はBDF製造と重なる。


・・・・・・・ という解説で、しばし 御猶予をお願いします。


製造原価はBDFと非常に近いようです。

廃食用油の回収や管理に関する費用は意外とコスト発生していますから。。。


現段階での販売仮定価格は 200Lドラム容器代と消費税別途 ¥85/L 程度

配達料込みだと ¥88/L ぐらいの想定で試算中です。

原価はBDF製造と同程度比率として各自で試算してみてください。


ツジツマあわなければ、ご相談ください。




新燃料研究所

2013/1/9

尿素水 SCRシステム  尿素水
尿素水 SCRシステムって何ですか?

尿素水 ディーゼル車−NOx 還元添加剤 AUS32 AdBlue

BDF関係者でさえ、ここまで知らない人が多いとは想定していませんでした。

現場関係者は 尿素水という呼び方でなく、アドブルーと呼んでいるようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

尿素水 SCRシステム

クリックすると元のサイズで表示します


資料引用元 http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/adblue/adblue.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

各地のBDF関係者から 

BDF製造所周辺地域での価格 周知程度 使用量 などの情報が集まっています。

まだまだ不足なので情報追いかけと報告をお願いします。

  200L kg単価

  1トンタンク kg単価

  車両保有台数 アドブルー使用車数は そのうち何台

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アドブルーでない製品を使ったら不具合があったという伝聞報告があります。

  いつごろ 

  どこが故障したと、誰が判断して症状はどうだったのか、

  どこの業者から 何というブランド名 いくらだったのか

  どれくらいの期間を使ってからの故障だったのか

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
地域で一番の安値提供はまったく目標ではありません。

バイオディーゼルの製造品質を向上する装置と、ほぼ同じなので、

設備導入に条件が有利になりますし、運用操作の知識もほとんど同じです。

BDF製造の知識であれば、測定技術・道具も含めて、ほぼカバー範囲です。


   尿素の不純物除去技術や完成品検査技術なども、

   新規に新燃料研究所から導入していただけます。

   基礎技術のあるのがBDF生産所なので、確実に習得できると思います。


尿素水 アドブルー品質の相当品を販売すれば売り上げ向上にできます。

アドブルー AdBlueは燃料消費の5%程度を消費するようです。

B5販売よりも、原料が尿素と水なので利益率も高く、売り上げ増加になる。


   BDF品質向上は、かなりの効果が期待できます。

   排気ガスからのテンプラくさい迷惑も低下できる可能性があります。

   低温特性の向上にも期待できます。

   製品完成の歩留まり向上も期待できます。

   製造時間も短縮できると期待できます。

   廃液処理も、以前より楽にできるようになります。


AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




新燃料研究所

2013/1/8

尿素水の識別  尿素水
尿素水に関する調査が深まり、広がり インターネットで共有ホルダを作りました。

共有フォルダへのアクセスは、URL共有です。

    設定側は閲覧やダウンロードできる個人のアドレス設定が必要です。

    閲覧やダウンロードする利用者は、パスワードの入力だけが必要です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
無料の NAVER Nドライブ です。

クラウドと同じようなものです。便利なシステムで感動しています。


  キンドル ファイヤーでダウンロードできるのが素晴らしい。


  ¥15000程度という格安で、パソコンよりも快適にインターネット接続できます。

初期費用はキンドル ファイヤー購入費だけで、通信費など ゼロ。

  画面保護フィルム 操作タッチペン 保護ケースなどの推奨アイテムフル装備。

  合計で、一万円ほどアップしたようです。 


  こんなに便利に、

  こんなに安くて 誰かに ゴメンナサイ ありがとう と言いたい。

  だれにか。。。?


   ただ、時々 

   ダウンロードしなくても閲覧できる場合があるものの部分拡大はできない。

   どうしてか、動作が不安定です。

   トラフィック過多という症状で、サーバー増強しないと解決しないのかな?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あれもこれも何もかも公開するというわけにもいかず、

特に、特定個人や企業に関係するコメントや情報を不特定多数に公開するのは社会法規

社会規範に反する危険があります。事実であろうがなかろうが問題となります。


だからといって、詳細な情報を死蔵するのも惜しい。

インターネットは使う側に、社会規範を守るという自立・自律できる人格を要求します。


過去に、

ミクシーで情報の共有化を進めた経験がありますけれど、

使い勝手が良くありませんでした。

参加者がお互いに暴露されてしまうという欠点もありました。

そのため、ごく一部の限られた人だけに限定されてしまいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

尿素水の標識システム

【出願番号】特願2008−527520(P2008−527520)

(33)【優先権主張国】英国(GB)

【発明の詳細な説明】
【0001】
本発明は、水性液体を標識する際に使用するための標識法に関し、特に、排気物質(特に、ディーゼルエンジンからの排ガス)を処理するのに使用される選択的触媒還元系に使用するための尿素溶液を標識する際に使用するための標識法に関する。

水性液体(特に、ディーゼル排ガスからNOxを除去すべく選択的触媒還元系に加える
ために使用される尿素水溶液)をトレースするための方法が開示されている。この方法は
、所定量のフェノール類を含んだトレーサーを水性液体に加える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記の出願は 公表特許公報 特表2009-506253

内容的には、トレーサーの分析せずとも尿素水 アドブルーの分析すれば良く、

添加剤の有無を調べることで、AdBlue純正品・正規品とするならば、

識別剤の意図的混和される危険性がでてくるように思います。



AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


探している情報とは無関係な、なになに という情報が盛りモリです。

テキトウに流しているのだけれども、つい フムフム ほへ。。 なるほろ。。


各方面に情報収集を依頼しています。

驚くことに、ほとんど知らない人が多い。



これは、急ぐべきですね。

   新燃料研究所系の皆様は、地域で一番になれます。

   一番安値であることは絶対禁止です。

   安いからという理由では安心と信頼関係は成立しません。

     お金に負けてはなりませぬ。

     安いからとは、あなたの努力や人格を見ていただいていません。

     安いから買うという人達とは距離をおくべきです。

       なぜなら、信頼と安心を根本に据えているからです。

       ムズカシイ理屈はなにもありません。 

       頑固に 信頼に応える。


   考え方の違いとレッテルを貼られても、そうかもしれない。。。

   気弱です。


   ほどほど、それなりの価格で信頼と安心を継続させていただきましょう。

   新燃料研究所系は、地域にはぐくまれ 地域を引っ張る先進性の人々です。

   安いのが良いだけならば、私達には無理であり無関係です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新燃料研究所系は、一番であるとは望まないけれど科学に精通し、

   化学にくわしく利用できている集団だと信じています。


   どこのグループよりも、かなり詳しい専門家集団だと考えています。

   何より、成果を公表できるほどの実績では秀逸だと思います。

   インチキ ウソツキ 部分隠し、などなど 無関係な堂々な知識人集団です。

   
      間違っていたらどうする?


      ゴメンなさい と謝罪できるほどの強い心と知識があります。


      たぶん、間違うことはない。

      あれば、ごめんなさい。  

      それで不満ならば、新燃料研究所系ではない。



   新燃料研究所      

2013/1/5

尿素の固結防止剤 防結  尿素水
AUS32 アドブルー AdBlue と相当な品質にするとき、不純物が問題になるようです。

尿素の固結防止剤が、白い粒 白い粉末 に混じっている場合があるようです。

着色しない不純物の話題で、物理的な濾過では到底除けない場合もあるようです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   何かの不純物があったと報告あれば、何かが検出されたのだと理解します。


   何も不純物が無かったと報告あれば、

   どのような方法で、 検出できなかった のかと考えるのが必要です。

   無かったと考える前に、見つけられなかった と疑いましょう。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

新燃料研究所が今、何を考えているのかと解説すれば。

入荷原料による尿素水製造の分析結果が判明する前に出荷済みは回避したい。


信頼とバランス つりあい 均衡 できるのは、市場での最低価格では絶対にない。

安ければ良いというのは あまりにも身勝手な幻想です。

大手デパートや銀座の高級店にはなれないけれど、地方都市の老舗にはなりたい。

コツコツ積み重ねた信用のように、そんなビジネス展開を希望しています。


本当に安心と自信を抱いて出荷したいものです。

   本家の商標権を得て、AdBlue表示されている多数の企業があります。

   商標権ないままに品質で同等品を明示提供している企業が複数あります。

   そのなかには、

   少し困難な立場に追い込まれそうな企業もあるようです。


     新燃料研究所系は 4番手以下を目指すのがよろしいようです。

     独自な商標でありつつ、

     AdBlue アドブルー ではないけれど、相当品として、

     名前は異なり、別の商品だけれど、同じ程度の効果は期待できます。


     そういう方向で考えています。


+++++ 追加訂正 +++++

先行集団が新たに見つかりました。

アドブルーと同等品質でありながら、別の商標である事例が5事例以上あるようです。

新燃料研究所系は 5番手以下 になるようです。 2012年1月6日

最安値は大阪の企業のようです。

躍進中は東海地方の企業のようです。

最高品質は、関西系企業と関東の運送会社の連合体のようでもあるような。。。


新燃料研究所は しっかり じっくり くらいついていきます。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

原料の尿素を製造した同じ工場内で、

吸湿固化する前に尿素水、としてしまえば純度の高い尿素水が製造できます。

問題は、消費地まで水を運ぶことになり、かなり採算性が悪いことになります。


尿素を安く入手するには大量仕入れとなります。

流通段階で固まってしまえば、非常に困ることになります。

純度の高い粒状か粉末状で輸送を行いたいけれど、吸湿で固化する性質があります。

非常に微量な薬剤を混和するだけで、

吸湿防止や、あるいはカタマリとなり難い処方があるようです。


工業用原料には用途によって問題とならない添加量や、添加剤の種類があります。

混和していても、知らない わからない場合も多いと思います。


新燃料研究所は再結晶化条件と光学顕微鏡観察の体系整理を模索していきます。

固結防止として公知物質ならば、結晶構造でかなりの判別可能とも考えています。

画像サンプルとして分類していけば、早く判別できるようになるかもしれません。


  石炭であれ天然ガスであれ、問題なく高品質製品の原料とできそうです。

  一番最初は、1906年に実験室で成功し、石炭を原料として、

  1913年 100年前のドイツで工業化が成功したそうです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  触媒の探求には、小型反応器30台 1909年から3年で2500種類の実験。

  1922年まで2万回の実験を行ったそうです。

  日本では、1918年から開始され、1927年に工業化試験が成功し、

  1931年から工場生産されたそうです。(三井化学・元常務 江崎正直氏)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   pHや試薬反応色や沈殿条件など、

   整理すれば迅速で確実な対処ノウハウが獲得できそうです。

   安くて、確実な判別技術は複数の構想を抱いています。



   白い粒、白い粉末であっても不純物が含有される場合があります。

   誰でも知っている事例に、食塩のミネラル成分があります。

   真っ白い粒なのに、いろんなウマミ成分が含まれています。

   料理によって食塩の種類や産地が選択されています。


koketu01

クリックすると元のサイズで表示します


   フレキシブルコンテナ(コンテナバッグ) フレコン

   フレキシブルコンテナは、粉粒体を大量輸送することを目的に、
   折り畳みができる柔軟性の材料を用いて袋状に造られ、
   吊り上げるためのつり部と、注入・排出ができる開口部を備えた
   コンテナ(充填荷重が0.5トン~3トン)で、
   工業薬品、合成樹脂、窯業土石品、飼料、食品など300種もの輸送
   に利用されています。

                    日本フレキシブルコンテナ工業会

   http://www.j-f-c.org/theme10.html


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
クリックすると元のサイズで表示します




   JIS規格 K2247 

   DIN規格 AUS32 DIN70070

   2012/12/24 AdBlue 尿素 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3699.html

   尿素の固結防止剤に関する知識を整理できたら、残留の影響が理解できます。

   残留薬剤に関する知識ができて、品質規格項目の理解ができ始めるようです。


   今後、印象は変化するかもしれませんけれど、数値として、

   やや多目の許容過大ではないか。と思える項目があります。

   自主規制として、可能ならば一部はより厳しくしたいものです。


+++ 追加記事 +++

   中国製のアドブルー同等品を輸入されている関西の企業さんのHPには、

   2010年7月付けのMSDS 製品安全データーシートが公開されています。

   私の考えている項目ではなかったけれど、

   その項目を自主規制強化した意味は理解できているつもりです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
尿素に関してや、固結防止剤に関しては非常に多量の特許文献があります。

目を通すだけでもかなりの時間が必要です。

既に、かなりの特許文献を査読しております。

なかには昨年に失効したらしい、有益だと思われる特許技術もありました。


最終的には 品質検査方法の確実さと、簡易法の解明になるんだろうと思います。

なぜなら、品質は明確で、ISO規格 JIS規格 の数値が既に定まっています。


1: 需要家の発掘

2: 品質の確実さの担保

3: 毎回、もしくは抜き打ちの、抜き取り サンプリング品質検査技術の確立

4: 販売価格が妥当であるとの容認

5: 安定した、迅速で確実な尿素原料および完成尿素水の提供

6: 製造機器の構成と価格、メンテナンス価格が妥当であるとの容認




このあたりがポイントなのかな? と現在は考えています。

数字の小さいほど、重要で優先項目になると思います。


先ずは需要家を見つけるのが第一になろうかと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

   2012/12/29  AdBlue アドブルー 登録商標

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3704.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/28  AdBlue 特許 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3703.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/26  ディーゼル車の排気ガス 動画

   What's Adblue technology

   Mercedes-Benz AdBlue Technology

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3701.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   JIS規格 K2247 

   DIN規格 AUS32 DIN70070

   2012/12/24 AdBlue 尿素 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3699.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   2013/1/1 AdBlue  ビウレット

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3707.html   



            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の夏か、秋頃

どうして、イオン交換樹脂が急激に安くなったのか、

非常に不思議で、あれこれ実際に購入しました。

と公開研究日誌に書いた記憶があります。


   尿素水の パチモン が広範囲に染みていってるようです。

   早い段階で、新燃料研究所系に相談してください。


   全国各地に新燃料研究所系が存在しています。




新燃料研究所

2013/1/4

AUS32 アドブルー AdBlue  尿素水
尿素水 ディーゼル車−NOx 還元添加剤 AUS32 AdBlue に関する国際会議の資料です。

“AdBlue”がISO 規格を満足している唯一の尿素水溶液ではなく、

“AdBlue”は市場で入手可能な一つの例という表現に修正されたとのことです。


抜粋画像はクリックすれば大きくなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


「AdBlue®」という商標の使用に対し,再度日本が懸念を表明した。
それに対し欧州は,AdBlue<ISOであって他の名称の使用を妨げるものではない,
欧州ではユーザーでの混乱(まがい品の使用も含む)を避けるため
AdBlueという名称を統一して使いたい(ユーザーの利便にかなう),
ISOの規定上も問題は無い,と強く主張した。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



“AdBlue”がISO 規格を満足している唯一の尿素水溶液であるという表現に,
再度日本が懸念を表明した。
論議の結果,
“AdBlue”は市場で入手可能な一つの例という表現に修正することになった。

クリックすると元のサイズで表示します


詳細は以下のURLを読んで下さい。


http://www.jsae.or.jp/08std/survey/05_nox.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

   2012/12/29  AdBlue アドブルー 登録商標

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3704.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/28  AdBlue 特許 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3703.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/26  ディーゼル車の排気ガス 動画

   What's Adblue technology

   Mercedes-Benz AdBlue Technology

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3701.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   JIS規格 K2247 

   DIN規格 AUS32 DIN70070

   2012/12/24 AdBlue 尿素 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3699.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   2013/1/1 AdBlue  ビウレット

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3707.html   



            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


新燃料研究所

2013/1/1

AdBlue  ビウレット  尿素水
AdBlue アドブルーの品質規格にビウレット ビュレット Biuret があります。

AUS32 DIN70070 JISK2247 質量分率 最大 0.3% となっています。

尿素が2量化したものとされています。C2H5N3O2 CAS108-19-0

クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クリックすると元のサイズで表示します


パソコンで見る動く分子事典 講談社 ブルーバックス p101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

尿素水の品質規格において ビウレット biuret は重要な項目のようです。

化学構造を観察すれば、尿素の2量体であるのが理解できます。

分子が大きくなるので、詰まりやすいだろうと思われます。

水素結合しやすい化学構造だと思います。


過去の記事に、わかりやすい水素結合の事例があります。



水分子の間に働く力 水素結合

クリックすると元のサイズで表示します


  2012/4/26  良い原料という制約

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/3505.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

   2012/12/29  AdBlue アドブルー 登録商標

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3704.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/28  AdBlue 特許 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3703.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/26  ディーゼル車の排気ガス 動画

   What's Adblue technology

   Mercedes-Benz AdBlue Technology

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3701.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   JIS規格 K2247 

   DIN規格 AUS32 DIN70070

   2012/12/24 AdBlue 尿素 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3699.html


 原料の不純物構成が原料メーカーや産地で異なり、純度に大きな差異があるようです。

 溶媒の不純物もノズルや管内閉塞の危険があるようです。

 尿素水としての不純物だけでなく、濃度によって結晶化する低温特性域があるようです。

 製造や貯蔵に適切な配慮が必要とされるようです。


            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



新燃料研究所

2012/12/31

AdBlue 新しい秘密とBDF  尿素水
BDFや自動車に関するいろんな相談をしていただき、

ある程度以上の満足をしていただいていると自負しています。

尿素システム SCR AdBlue アドブルーとバイオディーゼル技術が混線しました。

技術的に応用できたというか、一致する斜面が発見できました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【 新燃料研究所の宣明 AdBlue 添加剤 】

   触媒毒の情報と一致できました。

   化学の理解できる関係者には時間さえあれば理解されてしまうので、

   この時点で新燃料研究所が解明できていると明示しておきます。

   AdBlue アドブルーの添加剤 に関する話題です。


   新燃料研究所の立場は、どちらでも構いません。

   フランスや日本のように混和主張、ドイツのように無添加

   かなり品質向上させないと 無添加 は厳しいです。

   
   一部でSCRシステムが機能低下している症状には、

   尿素水への添加剤が関係している疑いを新燃料研究所は付け足します。

   2012年12月30日 23時35分


            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



                http://www.mlit.go.jp/common/000233895.pdf


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


ポスト新長期規制適合

再始動禁止中警告
品質異常
尿素水質

尿素水品質異常警告
AdBlue品質異常

尿素水補給警告
AdBlue 補給

尿素水噴射異常警告
AdBlue 噴射異常

http://www.mlit.go.jp/common/000233892.pdf

 AdBlue 相当 5L いすゞ自動車(株)

クリックすると元のサイズで表示します



   http://www.mlit.go.jp/common/000233892.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この添加剤関連分野は、新燃料研究所が知る範囲で、

バイオディーゼル関係者においては、非常に少数しか知らない分野です。


尿素水の品質確保には化学知識がそれなりに必要なようです。

あまり簡単に ホイホイ 模倣者がでてきて品質低下で評判が悪くなると困ります。


誰にでもつくれる、

無責任な風潮で普及が遅れたBDFの失敗を繰り返してはいけません。

何の訂正も謝罪もしないままの人達が各地にいます。

ゴメンなさいとか、間違っていましたとか どうして言えないのか?

気持ち悪くないんだろうか?

わからない人達が多い。



最初から、技術的に困難である部分があると警鐘を明示しておきます。

安易な模倣者の出現で市場混乱を避ける必要性を新燃料研究所も同意できました。


価格設定は先行集団より、少し高めに設定しようと考えています。

原料を日本産、もしくは中国産の高純度を想定しているからです。

尿素の仕入れ価格が当然に高いからです。

体力ないので無理できません。


BDF生産所の高付加価値新商品として喜んでいただけると思います。

近隣での尿素水の使用量と購入価格を早急に調査して下さい。

特に福祉施設には喜んでもらえそうです。

売り上げ増加になる可能性が高いので、早く顧客を囲い込んでおきましょう。





新燃料研究所

2012/12/30

AdBlue と BDF  尿素水
SCR触媒の効果が失われ、潤滑オイル成分が疑われているようです。

BDFの高い潤滑性能が見直される機会になると考えています。

AdBlue アドブルーを使用するディーゼルエンジンには、

BDFを使用すれば問題解決すると思いたい。

            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

新長期規制適合車の尿素SCRシステムは、
排出ガス中のHC,CO及びNOを酸化する前段酸化触媒、
尿素水添加によりNOとNO2を還元するSCR触媒、
余剰の尿素(NH3)を酸化する後段酸化触媒により構成

ポスト新長期規制適合車の尿素SCRシステムでは、
前段階酸化触媒とSCR触媒の間にPMを捕集し燃焼除去するDPF
(Diesel Particulate Filter)が追加されている。
DPFが追加されている。

クリックすると元のサイズで表示します



オフサイクルにおける排出ガス低減対策検討会のとりまとめについて

平成24 年3月30 日  国土交通省 自動車局環境政策課

1.概要
最新の排出ガス規制であるポスト新長期規制適合車において、公定モードを外れ
た走行状態(オフサイクル状態)に窒素酸化物(NOx)排出量が増大する事例が
確認されたことを踏まえ、最新規制適合車におけるオフサイクル状態での排出ガス
の実態を把握するとともにオフサイクル状態での排出ガス対策のあり方を検討す
るため昨年の8月、国土交通省と環境省が合同で、学識経験者等からなる検討会を
設置しました。

http://www.mlit.go.jp/common/000206797.pdf


 (別紙) オフサイクルにおける排出ガス低減対策検討会のとりまとめの概要

  平成 24 年3月

 1.ディフィートストラテジーの適用禁止
 􀁸 排出ガスを著しく悪化させるエンジン制御(ディフィートストラテジー)を明
 確に規定し、その適用を禁止する。

 http://www.mlit.go.jp/common/000206798.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

V.ディーゼル重量車関係

http://www.env.go.jp/council/07air/y071-51/mat03-3.pdf  第5ページ

触媒表面の含有成分 リン被毒

クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

SCR触媒の効果が失われる事例が見つかり、原因と対策が検討されているようです。

潤滑オイル成分が疑われているようです。


軽油に含まれている大気汚染原因物質が規制され、硫黄分が減少した結果、

潤滑機能性を有する代替物質などが潤滑オイルには新規に追加されているようです。


燃料由来なのか、潤滑油由来なのか SCR触媒の機能を損ねるようです。


オパシメーター検査もあり、ディーゼルエンジンには指定潤滑オイルの使用が必要です。

DPFやDPRの強制焼き切り:再生動作までの時間が短くなれば、

軽油燃料品質の劣化と、潤滑オイル由来の燃え残りを考えるべきです。

メーカー指定の潤滑オイルでは、燃え残りが少ないと期待できます。



新燃料研究所
タグ: アドブルー AdBlue SCR

2012/12/29

AdBlue アドブルー 登録商標  尿素水
AdBlue アドブルーの商標権に関して調べてみました。


国際登録1042880  国内登録済 AdBlue 01 アドブルー,アド

(732) 【名義人】 【氏名又は名称】 VDA Verband der Automobilindustrie e.V.



国際登録0811899  国内登録済 ADBLUE 01 アドブルー,アド

(732) 【名義人】 【氏名又は名称】 VDA Verband der Automobilindustrie e.V.


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本企業が商標に関係していた時期もあったという記述も見つけました。

  各国で法的な名称使用権を確立させて、

  その後に、世界全体を一本化した管理運用体制を構築させた、と理解しました。

  品質保証とブランドの確立を図ったのだと理解しました。

    勝手に希釈したりして濃度が変われば、

    尿素の結晶が発生して詰まる危険があるようです。


類似品をAdBlue と混同させるような記述は避けるべきだと思います。

アドブルーに関する記述をする場合は注意して行いましょう。

   AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

   2012/12/29  AdBlue アドブルー 登録商標

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3704.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/28  AdBlue 特許 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3703.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/26  ディーゼル車の排気ガス 動画

   What's Adblue technology

   Mercedes-Benz AdBlue Technology

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3701.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   JIS規格 K2247 

   DIN規格 AUS32 DIN70070

   2012/12/24 AdBlue 尿素 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3699.html


 原料の不純物構成が原料メーカーや産地で異なり、純度に大きな差異があるようです。

 溶媒の不純物もノズルや管内閉塞の危険があるようです。

 尿素水としての不純物だけでなく、濃度によって結晶化する低温特性域があるようです。

 製造や貯蔵に適切な配慮が必要とされるようです。


            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



新燃料研究所
タグ: PM DPF DPR

2012/12/28

AdBlue 特許 アドブルー  尿素水
BDF製造装置の有効利用の話題が尿素水、SCRシステムの話題になっています。

AdBlue 尿素水 アドブルーに関する特許関連を調べてみました。

キーワードを安易にしたら、1000件ヒットオーバー。。。


あれこれ工夫のキーワードで、それでも読みきれない。

ようやく10件ほどに絞れて 以下の特許を紹介できます。

クリックすると元のサイズで表示します


特許公報

特許第4545631号 三井化学株式会社

発明の名称  高純度尿素水の製造方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターネットでは、

当該の特許第4545631号をそのまま実施している個人に関する業界記事もあります。

当該の特許第4545631号にほぼ該当するであろうと思われる実施グループもあるようです。

公開されている記事と画像と定価から、大変に狭い想像をしてしまいました。



まるで、高速道路 逆走のような危うさを感じます。

単線の鉄道軌道を、下り 関西方面線路なのに、

東京方面に向かって列車を出発進行しているような危惧を感じる事例もあります。


   特許第4545631号に無関係な製法は いくつもあるんだと考えています。

   少し研究を進めていきます。


   関心のある方からの連絡をお待ちします。

   特許第4545631号と完全に別個な、

   独立した製法が採算性と品質を充足するのは十分に可能だと考えています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弁理士 弁護士 コンサル エンジニア。。。

それぞれ 異論があり、多彩な意見・異見・所感があるでしょう。

さて、有権解釈 強制力のある解釈 つまり、厳密な表現で 暴力的な解釈は?


公権力による判断がいかがなのか。

            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いろいろ調べていると、脇が甘いというか。。。。

隙のある、 弱点がある方々が多いようです。


オマエに言われたくたくないわい! とおっしゃる方も多いでしょうけれど。

専門家に尋ねていただいたら 結構 かなり そこそこ。。。。 なんですよ。



実際のところどうなのかと。。。。

水質汚濁防止法などに比べると はるかに問題と露出しないでしょう。

自社使用分を コソコソ作っても 誰にも知られないから コソコソ ヒソヒソ。。。

特許がどうのこうの 

知らなかったは通用しないし、法律を知らなかったは通用しません。


ただ、どこで、誰が 何をどうしているのか 特許権者は知ることができないのです。

ヒソヒソ コソコソ。。。。


特許権者のビジネスを邪魔するほどでなければ、現実的に 何もないでしょう。。。

たぶん。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 新燃料研究所の解説 】

   2012/12/29  AdBlue アドブルー 登録商標

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3704.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/28  AdBlue 特許 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3703.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   2012/12/26  ディーゼル車の排気ガス 動画

   What's Adblue technology

   Mercedes-Benz AdBlue Technology

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3701.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   JIS規格 K2247 

   DIN規格 AUS32 DIN70070

   2012/12/24 AdBlue 尿素 アドブルー

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3699.html


 原料の不純物構成が原料メーカーや産地で異なり、純度に大きな差異があるようです。

 溶媒の不純物もノズルや管内閉塞の危険があるようです。

 尿素水としての不純物だけでなく、濃度によって結晶化する低温特性域があるようです。

 製造や貯蔵に適切な配慮が必要とされるようです。


            AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



新燃料研究所
タグ: 尿素 SCR AdBlue


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ