day23 Jrクライミングスクールin大岸海岸  クライミング

メンバー:タケ・U大・Sむ・D樹・S太・N之・O介&御家族の皆様。

NACで二年目を迎える、Jrクライミングスクールのクライミング遠足。
クリックすると元のサイズで表示します
今年は保護者の方々を交え、盛り上がりました。

先ずはランチ時間までボルダリング。
手頃な岩で、二手に別れジャンケンゲーム。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
普段と違う、本当の岩に戸惑いつつも、盛り上がる!

続いて、ボルダリングで探険!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
洞窟やトラバースで岩の感触を五感イッパイに楽しむ。

おなかもペコペコになり、ランチタイム!
クリックすると元のサイズで表示します
日差しが強いので、洞窟付近でのんびり。
今年はJOJO`Sにお弁当を依頼していたのだが、これが大当たり!
子供はモチロン、私も大好物も唐揚げ弁当はさいこ〜!! 朝から愛情込めて作ってくれたお陰でみんな大満足でした。

昼食後はロープクライミング。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
結構難しいルートなので、みんな苦戦したが、何名かは上まで抜ける事ができた、逞しい姿に感動(涙)

去年に比べ、涼しいので泳げず、水浴び(中にはびしょ濡れの子もいたが)も満喫!
クリックすると元のサイズで表示します

そして、何より嬉しかったのは、御家族揃って登る姿を見れた事!
クリックすると元のサイズで表示します
子供が楽しんでる事に興味を持って頂き、嬉しい瞬間でした。

最後にみんなで記念撮影
クリックすると元のサイズで表示します
去年よりも更なる充実間のあるツアーでした。

ツアー後の温泉(しおさい)も仲良く入って、子供たちとの信頼関係も深まったかな?
お約束のサウナ我慢大会が楽しかったネ!

また、来年のツアーが今から楽しみです^^

iwatani 炉ばた大将DX  ギアインプレ

今夜は焼き鳥。
前から欲しかった調理器具を、遂に購入!!
クリックすると元のサイズで表示します
iwatani 炉ばた大将DX

野外では炭焼きが最高! しかし、室内では一酸化炭素中毒がチョット心配・・・
そこで、コレ!
ガスだし、↓に余計な油も落ちるので、パリッ!とした仕上がり。

網焼きも出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
美味いし、楽しい。 次の宴が楽しみ^^¥

day22 赤岩青巌峡B  クライミング

メンツ:ハギママ・ASK・なおちゃん・カノマー

一泊二日、登り倒す筈が・・・ ドシャ降り!!

予報では、日中天気大丈夫そうでしたが、スゴイ雨でした。

そんな中でも、流石3連休の初日。20名ほどのクライマーが訪れておりました。
マイミクのmulletさんとも久しぶりの再会。
冬の話(主にビーコン)で盛り上がり、クライミングシーズンの終盤を感じました。

さて、コンディションは悪くなる一方だが、傾斜が強いので案外登れる場所がある。

しかし、アップする場所は少ない。 酋長岩の「マサイ族 5.10a」が10台で唯一濡れてない。

その後、「ジェロニモ 5.11b」に張ってあったTRを使わせて頂き、隣りの終了点にもTRを設置。
クリックすると元のサイズで表示します
「ワンダーボーイ 5.11b」「ワンダーガール 5.11a」も触る。

この後、エゾ鹿が大接近で一同大興奮!
クリックすると元のサイズで表示します
近くで見るとカワイイねぇ〜!
流石、自然体感占冠です。

その後、ず〜っと近くにエゾ鹿を感じつつクライミング。
クリックすると元のサイズで表示します
終日大雨(どんどん降りが強くなる)コンディションでも結構楽しめました。

この後、沙流川温泉入浴し、宿泊先の 国立日高青少年自然の家 へ。
ナーントここは驚きの一泊¥150 少し手間もあるけど、是非利用してね! 

翌日も、もちろん雨で最悪のコンディション。
迷わずインドアクライミングに変更。

札幌秀岳荘で楽しい仲間と6時間の濃い〜セッション!
こんだけやれば今もチョッピリ筋肉痛なのは仕方ないね・・・in and outな二日間でした。

焼き鳥打ち上げ面白かったなぁ^^¥

day4 寿都幌別川  キャニオニング

メンバー:guroさん・リーニャ・カノマー

遂にこの日がやってきた! 待ちに待ったこの日がっ!!

とっても厳しいと言われるこの沢。 秋の気配が濃くなってきたが、今日は予想気温25℃と恵まれている。

マイミクのguroさんはここに3回目のトライ、リーニャは初沢登り。 さてどんな山行になるかな!?

6:26 co80m林道終点発。 支流を横切り、本流へ。
平坦な沢相は直ぐに終わり、ゴルジュとなる。
クリックすると元のサイズで表示します
朝一の泳ぎは身に沁みるなぁ〜!

7:05 co115m 休憩。胸まで浸かる場所多数! 充分この沢の凄さを体感。

7:30 co130m 橋脚跡クリックすると元のサイズで表示します
こんな場所に巨大な構造物。 朽ち果てており、周囲と違和感が無い。
●ピュタに出てきそうな感じ。

7:44 co155m二股。右股。
この辺りはやや単調になり、一箇所↓
クリックすると元のサイズで表示します
多分co170mくらい? 木の詰まった落ち込みに苦労する。

8:09 co175mゴルジュ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
いよいよだ! スゴイスゴイよ〜!! 
狭い場所はウワサ通り、幅1.5m。高さ50m!
頭も浸かる程深い場所は泳いで通過。
co210m二股。右岸より滝となって合流。ゴルジュは一旦終わる。 

co220m二股。左股。
ここからが今日の核心。

F1 3m
クリックすると元のサイズで表示します
右岸水際直登。

F2 4m左岸倒木を絡めて直登。 手強い!
クリックすると元のサイズで表示します
昨年、guroさんは倒木にハーケンを打ち、アブミで通過しているが、今日はフリーソロで。

F3 10m 斜瀑で簡単。右岸。

その間もずっとこんな感じ! 楽しい!!
クリックすると元のサイズで表示します

ここで、残念ながら私のカメラは電池切れ。 
以下は記録のみ。

10:30 co280m休憩。 F10直後。 
11:06 co310m F4 3段。 三段目がシビア。 ここで引き返す。
11:10 ちょっと戻って飯。11:50 発
12:40 co220m二股。
12:58 co210m二股。
13:27 co155m二股。
14:15 co130m橋脚。
15:07 駐車場着終了!

下りは、ほぼず〜っと水の中。 消耗します、腹減ります。食料多目、温かいお茶も持ってこう!
ウェットスーツは厚手の3mm以上のフルスーツが良いでしょう。
私とguroさんは薄手でガタガタ震えてました(寒)

来年は更なる上流を目指し、盛夏に沢中1泊でトライだなぁ・・・

(注意)水圧で高度計が正確に働いておらず、二股での大よその記録なので、あまり当てになりません。
悪しからず・・・


大家さんの孫TKTが帰省。 フライフィッシャーマンの彼とは昨年同時期にもテント泊釣行をした。
今年は、近所に出掛ける。

先ず、TKTオススメの川。
クリックすると元のサイズで表示します
春は良いとして、今はブッシュを掻き分けるコンディション。
私はニジッコ二匹、TKTはフライ三つロストし終了!

続いて、奥座敷の某川。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
アベレージ20cmがチラホラ釣れる。 以前に比べ、ここの魚も減った。

それでも、
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
釣り人は釣れたら嬉しいのです。 

大自然の営みと恵みに感謝ですね!!




AutoPage最新お知らせ