day15 義経岩C  クライミング

メンバー:KM、カノマ〜
一日休みの筈が、半日仕事になり、小樽赤岩に行く予定を午後から義経に変更。 妻は今季初の義経。

駐車場の草刈をして頂いた方、ありがとうございます!

さて、クライミングですが、時間も無いので、
ブラックホール→弁慶とプリンセスロードを登って終了。

プリンセスロードは5年前にフラッシュして以来久しぶりだったので、とても楽しめました。

妻は、ブラックホールをTR2テンでトップアウトできたので、次回はいよいよリードです。


day14 小樽赤岩C  クライミング

前日の大通りビヤガーデンでやられた脳みそを引きずり小樽赤岩へ。

妻も体調を崩しており、軽くお触り。

のつもりが、以前から行きたかった「不動岩稜Bフェース」
なので、最近無い暑さの中、40分のロングアプローチ。

11年振りの「胎内めぐり」
クリックすると元のサイズで表示します
聞いてはいたが、ハシゴが立派にリニューアルされており、ありがたい。

たどり着いたのは
クリックすると元のサイズで表示します
こんな素敵な景色を見下ろせる12畳ほどのテラス。
クリックすると元のサイズで表示します
クラシック「不動岩稜ルート」の1ピッチ目にあたります。
別パーティの勇士! 

僕の狙いは「デビルズダンス 5.10a/b」
北海道には珍しい、25mのルート。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
すばらしいルートでした
最後は、トップアウトして岩の頂上で日本海に向かって雄叫びました
ここまで来て登る価値あります。 開拓して頂いた方に深く感謝致します。
ビレーしてくれた妻も是非リードしたいと言っておりました。

次回は11台のルートを楽しみに来たいです。

day13 第一オコツナイ@  クライミング

今日も天気はイマイチ。 土日が悪天率、今年は7割くらいに感じます。
統計は出ているのでしょうか?

さて、家でじっとしているタチでは無いので、やれる事をします。

新しい岩の偵察です。

今回は、ロープとボルダー各一つ。
それぞれ、クライマーから事前情報を頂いているので期待大

可能性は!
ルートエリアは50%くらい!?

理由はアプローチの困難さ。 
急傾斜の草付きで、危険を感じ、取り付きまで辿り着けませんでした。
壁はとても魅力的ですので、FIXロープで策を高じれば、可能性が見えてきそうです。
ちなみに、発見者は、既に上部からFIXを張って、懸垂下降で偵察し、ボルトも打っております。
この壁は高さ100m強なので、上部へのヤブ漕ぎの壮絶さは、計り知れません・・・ 流石、OKのさんです・・・

ちなみに
、取り付きに多数転がるボルダーは、岩質もしっかりしており楽しそうでした。 次回、トライしたいです。

続いて、ボルダー!
可能性1%
ボロボロの礫でした。 探した場所が違うのでしょうか?


下見だけでは、ナンなので、ちょっと登りました。
年に一度のオコツナイ。
第一の、「ゲートの岩」でアップし、初めての「陽炎の岩」

既存課題の右に可能性を見出しトライ。
簡単な課題が完成
クリックすると元のサイズで表示します
中央のホールドを両手。右足をバンドにフックしてスタート。
6aくらいです。ショボクは無いと思います、多分。
アップにどうぞ!

続いて、既存課題の「陽炎 6c」にトライしましたが、全然ダメ
ま、ボルダー力不足ですね・・・ 今どのくらい登れるかハッキリ分かったので、これから頑張ります




AutoPage最新お知らせ