秋の散歩道  

金木犀の香りが〜、なんて思ってたら最近いきなり寒くないですか?もー冬?まだ秋を堪能してないのに!なんて思って鼻歌まじりに散歩にでかけました。ホントに近所の散歩なんで、史跡名勝を期待しないでくださいね。でも探検ぼくの街は、お宝がわっしょいわっしょいで、私はテンションが上がります。願わくば、これを見てくれている方々と温度差がないことを祈って・・・

秋を感じる!とゆー場所ではないのですが、ここは『まちなみ環境整備地区』という地域でなにか‘ほっ’とする‘古き良き感’を味わえる場所。ちょっと電柱じゃまですねー。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上の写真と同様の地域です。このあたりは湧水が豊富で、いたるところにこのような水路や水景がありました。あんまり人目につかないような家と家の間を流れる水路にもキレイに植栽がされていて、さすが環境整備地区!手前に落っこちてるのは虫アミです(^−^)夏の跡・・・なんかいい感じでしたよ。。。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じの水景が。。。ミニ水車まであって「THE小川」ですね。

ここからぐ〜っと秋の色になっていきます。。。
クリックすると元のサイズで表示します
ふらふら〜っと行ける距離にある県立の公園です。谷戸ですね。。。

クリックすると元のサイズで表示します
「大ババ様」を思い起こす金色の稲穂。日本の秋の原風景ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
秋のコントラスト。最高ですね。一杯いきたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
ネーミングからして、農家の方はコイツに骨を折ったんでしょうか?私は庭に欲しーです。イネ科 チカラシバ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
で、秋にはやっぱりススキ。開きかけの穂の朱がまじった艶やかな感じが絶妙でございますm(_ _)m

クリックすると元のサイズで表示します
他にも秋桜やアキノウナギツカミ(タデ科)、萩などなどなかなか雅な秋の散歩道となりました、紅葉狩りのような‘ど〜ん’としたインパクトこそないですが心にしみいる日本の秋を感じることができて心がリフレーッシュ!身は歩きすぎてボロボロです。
遠方の名園に山々、絶景に街並、リゾート・・・海外・・・ボロボロになりっぱなしの人生の予感(^−^;)
公園の名前神奈川県立座間谷戸山公園
㈶神奈川県公園協会 公園のアクセス参照

 

テストー  

こんばんは。

ゼニガタです。

さて26日から前期テストが始まりました。
みなさん頑張りましょう。


そんな中、今日学校に忘れ物を取りに行くと、

造園屋さんで働いている2期生の先輩が、
いらなくなった庭石を持ってきて下さいました。

その作業中のひとコマ↓

     クリックすると元のサイズで表示します

玉掛けの作業です。

授業などで玉掛けの事について学んだことはありましたが、
現場作業は始めて見ました。

なかなか見る機会が無いこの作業を実際に見る
ことが出来てよかったです。
お忙しい中、学校へ運んでいただきありがとうございました。

この模様は先生ブログにもアップされていますので、
ぜひそちらもご覧になって下さい。

 

山中行軍  山野・里山

こんばんはゆきかぜです。先月末、長野県の大天井・常念岳に登って来ました

大天井は標高2922mしかなく、週末に登るには疲れが残らない程度の山という感じでした。

そこで見て来た景色や植物達をご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
途中見かけたアカモノ(イワハゼ)です。これに対してシロモノもあるそうです。

アカモノ(赤物)はツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木。別名はイワハゼ(岩黄櫨)。学名「Gaultheria adenothrix」。

分布は北海道から本州、四国の山地に生育する。
高山などの岩場や道沿いの斜面など、日当たりの良い場所に群落を形成している。

秋に食べられる赤い果実ができる・・そうなので食べてみましたが!・・・ボソボソで味がほとんどなくイギリスの美味しいご飯を思い出しました

クリックすると元のサイズで表示します
流石に山の上の方は岩盤や石ばかり。石が好きな人はたまらないかもしれません

クリックすると元のサイズで表示します
岩場の横に可憐な花が・・・名前わからないっす

クリックすると元のサイズで表示します
黄色に対抗して白(名前分かりません

クリックすると元のサイズで表示します
更に進みます。

クリックすると元のサイズで表示します
キノコ・・・?とにかくまだまだ平地では見かけない植物を求めゆきかぜの旅は続く・・・

次回、高山の住植達、ご期待下さい

 

岐阜・養老天命反転地  

岐阜、養老の瀧でも有名な養老にある養老天命反転地。
庭という範疇に収まるのかは難しいところですが、番外編的にご紹介。
大きな楕円形のすり鉢状の中につくられた場所を、上ったり下ったり、
迷ったりしているうちに新たな自分に気づくみたいなコンセプトで作られたそうです。
詳しくは公式ホームページ見てみてください。
http://www.yoro-park.com/j/rev/index_a.html

クリックすると元のサイズで表示します
常緑樹中心の植栽ですが、もっさりとしすぎて全貌がはっきりしません。
クリックすると元のサイズで表示します
逆アングルから。つくられた当初はもっとすっきりしてたみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

おまけに。養老の瀧に行く途中にみつけたセクシー看板。
クリックすると元のサイズで表示します

 

インパチェンス  

パーゴラの下にインパチェンスを植えるようになってから2年目です。中心はN−インパチェンスで周りが普通のインパチェンス。(コストセーブ)ここにきてN−インパチェンスは花数も少なくなってきましたが葉っぱがきれいです。インパチェンスはご覧の通り咲き続けてます。春に植え付けた150円のポット苗1株がこんなに大きく育って数カ月楽しませてくれてます。
数千円の鉢ですぐダメになるものもあればこういう優等生もあるのですね。これはお勧めです。クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ