(無題)  

寒いですねえ。つい最近の霜で、生き残ってたインパチェンス、ニチニチソウ、トウガラシが逝ってしまいました。でも元気に咲きだしたのがスイセン!!
クリックすると元のサイズで表示します
ロウバイも咲きだしました。ちょこっとだけいい匂いです。
クリックすると元のサイズで表示します
バラの剪定にはちょっと早いのですが、行きがかり上早目に剪定して移植をしました。ちょっと密植過ぎるのですが、やむを得ず7株をこの空間に植えてしまいました。剪定直後は株が小さく見えるので何とかいけそうですが大きくなるとなあ??(株間は50cmをキープ)

クリックすると元のサイズで表示します
あ、それから。
この写真はシマトネリコの株もとに下がったネームプレートです。
すっかりめり込んでしまってます。
買ってきて植え付けるときにうっかり忘れてしまうとこうなってしまいます。(ほかにもたくさんあった。)
さぞかし痛かったことでしょう。特に針金のものは要注意です。
これは台風なんかでぽっきりいく元になります。
クリックすると元のサイズで表示します

 

2008ベスト3  

鹿男です。今年ももう終わりですね。
さて、今年はいっぱい庭見に行ったなあということで、
2008年に見た庭、個人的BEST3!!

第3位は 六義園!
東京を代表する大名庭園で築山池泉回遊式という形式です。
最近、先生にご同行して、説明つきで見学しましたが、随所に見所があり、細かな演出などとても勉強になる庭です。
クリックすると元のサイズで表示します

第2位は毛越寺!
岩手県平泉の日本最古の浄土式庭園。当時の姿のままではありませんが、築山や遣水は「作庭記」通りとされており、平安のロマンを感じさせてくれる庭です。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、第1位は石舞台古墳!
奈良県明日香村にある古墳です。
原始的で、すべてをねじ伏せるような説得力!たまりません。
これが庭かと聞かれれば、難しいところですが、庭というものの根源的なものだとおもってます。
クリックすると元のサイズで表示します

best3なんて決めてしまいましたが、やっぱり京都も外せないし、日本三名園もよかったし、東京にもたくさんいい庭があったなあ、と正直選びきれないです。
でも、今年、この学校に入って、いろんな庭に出会えてよかったなあと思ってます。

みなさんの2008年はどんな年でしたでしょうか。



 

多肉植物の株分け  

こんにちは♪ムッツーです。
2年生のフラワーコースは、今年最後の授業で多肉植物の株分けをしました!

クリックすると元のサイズで表示します
株分けしたハオルチアです♪マグカップに飾ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
先端が透明で、とってもキレイです

 

校外学習  

あー、もう今年も残すところ○日みたいな時期に入ってきました。私たちも今週で授業は終わりです。

今回は、先月下旬と今日行った見学について、ちょっとご紹介します。

まずは、『都市の緑化の多様性』を学ぶため、東京見学→コースは霞ヶ関(国土交通省)→表参道→六本木→汐留→晴海→月島。。。まるで東京見物みたいですが、かなり内容はハードだったんじゃないでしょうか? 

私自身気に入ったのは、晴海トリトンスクエア そこを管理されている女性の方の働く姿勢が素敵でした

今回は、たぶん皆さんが遊びにいったりするついでに寄れそうなところを紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
表参道の昨年できたばかり‘ジャイル’というビルのエントランス部・・・有名ブランドのお店などが入っています。これはフランス人の設計した『バーティカル・ガーデン(垂直庭園)』といわれるもので、多種多様な植物によるパッチワークのような形で、面白い表情を作り出しています。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは表参道のものと同じ形態のものですが、ビル外壁を覆っています。場所は、以前ジュリアナ東京なるものがあった場所のちょうど向かい側で、クラブなど夜メインの飲食店の入ったビルです。 内外部とも、設計はインテリアデザイナーの森田恭通さん(ちなみに大地真央の最近の再婚相手)たぶん、それだけこの壁面緑化が流行の先端的な要素をもっているんだと思います。
よく見れば、各々の植物は狭いポケットに植えられていますが、よくメンテナンスがされているせいか、美しい状態で見ることができました。ただちょっと心配なのは、最近の建物と一緒で古くなったらすぐ壊されてしまうのではないかということです。流行といった一時的なものじゃなくて、緑化を波及させる役割をしてもらえればなぁ

場所は横浜に飛び、花苗の生産農家さんを訪ねました。このような実際の現場を見るのは初めてです。 
クリックすると元のサイズで表示します
大半以上パンジーの出荷は終わっているようで、ハウス内はプリムラの香りでみたされています。
クリックすると元のサイズで表示します
また、灌水は手動で行っており、それぞれの苗の状態をみながら、必要度合いに合わせた灌水をしているそうです。機械ではできない人間のこまやかなケアがあってこそロスも少なく、良い状態の苗が提供できるのだなあ〜 
 いつも私たちは実習時間、おしゃべりを交えながら楽しく、言われたことをそのままやっているだけですが、この見学で花作りの真剣さが生で伝わってきました

 

いけ花  

こんにちは♪ムッツーです。
今日、2年のフラワーコースは、いけ花をやりました!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
花を活けている様子です。みんな楽しそうです♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
できあがった、作品たちです。みんな、とっても上手ですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ