花チームも健在  

ほんとうにごぶさたしてました。

丸の内ガーデンショーに始まった秋は、その後も文化祭やら見学会などイベントが盛りだくさんで、充実していた分あっという間に過ぎてしましました。

そんな訳で、この冬休みはちょっと過去のことを振り返りながらいきたいと思います。

特に、これから入学を考えられている方や、卒業生の皆さんに、フラワーコースの存在が忘れられてしまっても困るので

今年は、文化祭の直前の週に開催された花業界最大の展示会『IFEX』なるものを見学してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
会場は幕張メッセです。
花の種苗会社をはじめ、薬剤や用土を扱うメーカー、エクステリアテリア関連、ラッピング関連、祭壇装飾の企業、そして世界各国の植物(主に切花・観葉)を輸出している国からも出展されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
これはオランダなどから切花などを輸入している商社のブース

クリックすると元のサイズで表示します
レインボーカラーの菊

こちらは日本の種苗会社、カラーリーフの種類も豊富です。
クリックすると元のサイズで表示します

種苗会社その2
クリックすると元のサイズで表示します
これは画家シリーズで売り出されている会社で、ゴッホのヒマワリのブース
画家本人にしたら、まさかこんな花業界でも活躍してしまうなんて、夢にも思わなかったでしょう

最近流行、たぶんこれからもさらに需要が伸びそうな壁面緑化のシステムを作られているメーカーSさんのブース
クリックすると元のサイズで表示します

ブースの規模は様々、基本的にはその小間の広さはその企業の大きさに比例しているともいえますが。。。
机一つで、苔の種を販売している人も、
クリックすると元のサイズで表示します
断面 ベニヤにボンド、その上に種をまくとこんな状態になるそうです
クリックすると元のサイズで表示します

ここにあげたのは、ほんの一部でしかありません。機会があったら、是非

これからこの業界がどう動くのか分かりませんが、不況の時こそここにはみんなが求めているエネルギーを発信できる何かがあるように思えました。

 

これくしょん  

お久しぶりです。揚羽です
学校は冬休みに入りましたが学校があろうがなかろうが家の植物達の世話は欠かせませんね〜
最近、香りゼラニウムのコレクションが増えたので報告したいと思います。



オーシャンウェーブゼラニウム(Pelargonium
'Ocearn wave')
クリックすると元のサイズで表示します
オーシャンウェーブ('Ocearn wave')という品種らしいのですが、詳しいことは謎。。もう蕾があがってきてます。大きい花らしいので期待中わくわく
香りはローズなのですが、ふつうのレモンローズの香りと違ってスパイシーなツンッとしたローズの香りがします。個人的には普通のより好きかも



こちらは以前も紹介したローズゼラニウム(Pelargonium graveolens (?))
クリックすると元のサイズで表示します
一番よく目にするタイプですね。ただこの株は挿し穂をもらった物なので正確に「Pelargonium graveolens」なのかはわかりません。もっとも「Pelargonium graveolens」という学名自体が雑種とする見解もあるそうなのでなんとも言えませんが。。
香りはレモンとローズの合わさった香りですが、この株は普通のものより甘くてレモン分が低く、トマトのようなフルティーさも感じます。





アップルゼラニウム(Pelargonium odoratissimum)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
上は花、下は全体
青リンゴのような甘くフルティーな香りに草の青々としたグリーンな香りがします。
のナツメグゼラニウムとよく似ています。


アップルゼラニウムで買ったけど、おそらくナツメグゼラニウム(P.×fragruns 'Nutmug')
クリックすると元のサイズで表示します
肉料理などで使うナツメグに似たスパイシーな香り。少し草の香りも感じます。


アップルゼラニウムとナツメグゼラニウムは親子(アップルが親です)でよく似ているからか間違われて売られているようです

2つ違いは立性なのか匍匐性か

立つのがナツメグ
這うのがアップル

でも、アップルは買ったばかりで這ってないし、ナツメグは切り戻しであんまり立ちあがってませんねごめんね〜


 

環翆楼の庭園  

11月の終わりに、二年生の造園組メンバーは

箱根の強羅にある環翆楼という

旅館へ実習に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

旅館のなかの美しい庭園をたびたび手入れさせてもらっていますが、

なかでも紅葉の時期はすてきな庭です。

あまりにもきれいで見とれてしまいます。

こんな感じに・・・。

クリックすると元のサイズで表示します



今回の実習は、通りにくくなっていた小道の敷石の修復と

流れの中の飛び石(沢飛び)の石組みです。

施工前
クリックすると元のサイズで表示します



施工後
クリックすると元のサイズで表示します


・・・・違いがわかりますか? 


今週の木曜日も再び行って施工します。

旅館の方や、お客さんに喜んでいただけるように

頑張ろうと思います!!






 

紅葉の季節?  

久々の投稿になります。コケ坊主改め、ナイス高橋です。

遡ること数ヶ月。

シルバーウィークに奥入瀬渓流へ行ってきました。
十和田湖までは行きませんでしたが、2時間くらい渓流に沿って歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真で見ても美しいです。行ってからだいぶ経ちますが、ああやっぱすごいなぁと改めて感じました。


歩いていると、トチノキの実がたくさん落ちていました。外国人観光客も多く、拾っていると話かけられました。何言ってるかわからないので、「eat,eat!」と適当に答えてしまいましたが、後々考えたら日本語訳すると「食え、食え!」ですよね。しかも生じゃ食べられないし、悪いことをしたなぁと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


流れの周りには、色々なキノコ、野草、コケが自生していました。

トリカブト?

クリックすると元のサイズで表示します

コケだらけ

クリックすると元のサイズで表示します


シルバーウィークだったので、まだ全然紅葉の時期ではなかったのですが、今頃は人も多いのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もっと日本中を歩き回ってみたいものです。珍しいコケを探しつつ。

では今回はこの辺で



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ