(無題)  日記

さてさて、Lizとeriko イン大阪編です。

クリックすると元のサイズで表示します
でたー!!!! ユニバーサルスタジオJAPAN!!!!!!

クリックすると元のサイズで表示します
ま、とりあえず♪

クリックすると元のサイズで表示します
え、え。こんなものも。

クリックすると元のサイズで表示します
ぎゃーーーーーーーーー。ガキんちょ3人喰われとるがな!

クリックすると元のサイズで表示します
なんだかスヌーピーがおしっこしてるみたいでしょ?

てくてくてくてく……
近くのビルに移動です。

じゃじゃん!
クリックすると元のサイズで表示します
大阪きたらやっぱタコ焼きっしょーーーーー。
っていう私はやっぱり素人まるだしだわ!

でもたこたこ
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ほくほく。



どどーーーーーーーーーーーん!大阪城!!!!!!!!


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
前々日に別府・広島・京都を観光してきたLiz。
突然大阪観光に行くことになった私。

仲良しな私たちでも、雰囲気悪くなるときもあるのですよ。
でもなんとかかんとか仲良く帰ってこれました。
その晩には両親がLiz共々行きつけの居酒屋に連れて行ってくれました。

大阪城に感激していたLiz.よかったにょー。
本当は姫路城を見せてあげたかったのだけれど、喜んでくれてよかったよかった♪

ではでは皆様。 また明日ぁー!


0

上高地  日記


 こんばんは、皆さま。
 お久しぶりです。
 
 10月3日に、友人が帰路に着き楽しさと寂しさを疲労がピークに達していた私。
 
 少しお休みをいただいてました。
 チェックしてくださった皆さま、ありがとうございました。

 友人とはいろんなところを訪れさせていただき、また母や叔母にもお世話になりました。


これは道中休憩所で見つけた、富山県限定の「しろえびチップス」香りと後味が少々生臭い?ポテチでした。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは上高地到着後、入り口です。Lizの隣でピースしているのは私の叔母です。ちょっとトんでる。
クリックすると元のサイズで表示します

架け橋の下はこんな感じ。こんな清流、めったに見られません。
クリックすると元のサイズで表示します

この先へ進むとダダっ広い川原に出ます。お昼はコンビニでいろいろ買ってきていたので、ここでいただきました。ここには食いしん坊の鴨が住み着いています。というよりも彼らが住んでいたところに人間が入り込むようになったのかな?
私は国立公園内の鴨に小石を投げて追い払いました。
クリックすると元のサイズで表示します

その後もずーっと板張りの道が続きます。
小さなころから何度か訪れたことのある場所。
少しずつ記憶が鮮明に。
こちらは田代湿原。森の中を進んでいくと突然がばっと視界が開けてここにたどり着きます。
クリックすると元のサイズで表示します

道が二手に分かれており、右に進むと清流に。
左に進むとウエストン碑の方向に向かいます。

こちらがウエストン碑。ウエストンさんについてはこちらをどうぞ→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3
クリックすると元のサイズで表示します

そしてまたしばらく進むと、大きな流れの横にでます。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
川原にはこんなかわいい赤い実も

クリックすると元のサイズで表示します
上高地の魅力、少しは伝わりましたでしょうか?
長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地、上高地。
ちょっとした山歩き・森林浴・自然を感じるには絶好の場所です♪
明日はLizとeriko イン大阪編をお伝えしたいと思います。

ではでは。


上高地 アクセスなど、詳しくはこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%AB%98%E5%9C%B0
0

帰国報告会  お仕事

先週土曜日「帰国報告会」

来ていただけた方はわずかでしたが、ありがとうございました。



内容が
いけねー。


私の今回のねらいは、リスナーの中心であろうOB/OGの方が聞いて面白いお話をするころでした。
なのでマーシャルの様子や自分の授業の様子・エピソードなどをスライドの写真といっしょに紹介していき、マーシャルの様子を写真で紹介しつつ自分の活動についてもふれよう…、とたくらんでいたのですが。



本番直前。
自前のパソコンを修理に出してからというもの、私は母のノートをずっと使わせてもらっていました。当日も母のノートを持参し、プロジェクターにつなげたまではよかったのですが。

何を勘違いしたのか、私は持参したフラッシュメモリーをポートに差込み、スライド用のファイルをコピーしてノート本体に移そうとしました。その直後!


「そのデータは既に存在しています。置き換えますか?」



という(こんな感じ↑)コメントが出たので、速攻



「はい。」



をクリックし、スライドを再生させるためにデスクトップからファイルを開きました。




あれ?





編集したはずの写真やスライドの順序がぐちゃぐちゃだよ
はて?






やってまった。




確かにUSBに保存したファイルは元デスクトップに保存されていたファイルと共通のものだったのですが、しかしそちらがより新しく編集されたものだったか?



デスクトップに保存されたデータだったのですね。



がっくり。
そして手持ちの武器が9割方なくなった状態で、私は自分の活動・職場・エピソードなどをほぼ一時間語りつづけました。
会場、サムかったじょー。



しかしやはりやってみて、失敗してみるといろいろ学べますね。
まず、プレゼンなど大事なデータは使用するPC以外のメディアにも必ず同じ時点で保存すること。
そして今回のようにテーマが決まっていなくてただ「あなたの活動について話してください」という場合は、短時間で任国の基礎データをスライドなどで発表する。(これも最初は珍しがって見てくれるけれど、項目を選んで手短にしないと飽きられる)次に発表した項目に関連した分野で、その国の抱いてきる問題を定義し、場合によってはそれに対してその国が行なっている対策や日本の援助の有無、政策と絡めた現状とその背景を伝える。背景を語れるのは現場で活動した隊員にしか語れない部分も大きいと私は思うなぁ
自分の活動をその話題に絡めて話せれば、話に一本筋が通っていて聴衆も聞きやすいかな?
(そしてさりげなく自分がしてきたことも伝えられる
もし絡められなかったら、2部に分けて活動のことをさらっと話してもいいし。


話をするときや話を聞くときって、いろんな種類の興味を持った人がいるから、何についてどの程度話して、どれくらいを感情を表情にだそうか迷いませんか?

多分今回与えていただいた「帰国報告会」という話す機会は、聴衆の殆どがOB/OGでしたから、皆さん「隊員が遭遇するであろう苦労」についてもうご存知なんですね。そんな彼らが知りたいと思って下さるのは、「じゃあ、自分の任国とこの面ではどうちがうのかしら」であったり「私の行った国ではこんな問題があったけれど、その点についてはどぉ?」と、自分の任国、もしくは見識の広い方であればあるほど、例えば「教育は?」「産業は?」「ボランティアの派遣実績は?」「どういう歴史をたどってそのような問題を抱え込むことになったの?」というその国の存続自体に関ってくるような核的なことだったりするようで。

確かに、そんな皆さんからの質問で、会自体の質も高まりますよね

えっと、以上のことは「こうなのかなぁ」と思ったことでして、私が学んだことはといいますと↓


コメンテーターよりもリポーターに徹する、というのでしょうか。
自分がこう思ったあー思ったということは、ちょこっとしまって

こうでしたよ、あーでしたよという情報伝達役をかってでる。
そういうことも大切なのだーと学んだのでした。


出前講座、頼まれる方たくさんいらっしゃると思うので、
ちょっとでも参考になれば幸いです



私は学生を相手にするときはパッション全開ですよ。
0

富山県OBに向けて帰国報告会  お仕事

 今日は楽しい帰国報告会の日です!
 
 今回の指令は
 
 質疑応答も含めて、一時間しゃべってこい! ビシッ!
 


 一時間もしゃべってていいだなんてなんて親切なのかしら♪
 ってことで以下の予定でいきます。
 
 うまくいくかなぁ。

続きを読む
0

出前講座  お仕事

 行って来ましたよぉー♪
 
 最高に楽しい1時間30分ほどでした。
 
 いただいた時間は一時間。その中で終わらせられなかったのは、次回があるとしたら課題となりました。

 内容としては以下の感じです。
 
 1.挨拶
 2. 協力隊応募動機
 3.協力隊って? 井戸掘ってる人ばっかりじゃないですよってとこ。
 4.活動先だった学校の様子
 5.作ったワークシートを使って英語で授業♪ 
   (学生、ひぃひぃ言ってました。)
 6.マーシャルで出会った友人による英語での「マーシャルで行われた原爆実験」の講義  え?通訳…。 気合で乗り切りました
  
 私からのメッセージ
 自分の母国語で勉強をできるという当たり前の幸運
 世の中には英語で勉強をしている学生がいるという当たり前な見えない事実
 日本の食物自給率を例に、世界経済と自分は繋がっているんだよ!という主張(勝手)
 
 ワークシートの内容(項目)
 1.面積
 2.人口
 3.首都
 4.宗教
 5.貨幣
 6.GNP
 7.農林水産業に携わる人口率
 8.平均年齢
 9.幼児死亡率
 10. 識字率

与えたのは、マーシャル諸島共和国・日本国・富山県のそれぞれについて。
富山県のGNPについては1家庭が一月に生産する平均純収入に12をかけた数字を使用しました。ありゃ! ちょっと多めにでたなー。
生徒には正確な比較ではないけれど目安にしてほしいといったので、大丈夫でしょう。

項目はすべて英語、そしてその答えを英語で私と友人が読みます。
ですから生徒は、その項目は日本語で何を指すのか、そして私たちが言う英語を聞き取って、答えを書かなければならなかったのです。

 はは 
 終えた後、かなり疲れてましたよ。
 これでマーシャルの生徒の毎日の大変さ、またはストレスが少しはわかってもらえたかしら。
 うむむ。
 

 僕はマーシャルでいろんな人に出会って、自分がいかに世界基準で見た知識の分野で低い位置にいるかを知りました。
 それでしょげ返っていた僕に、ひとりのシニアボランティアの方がボソッと言ってくれたのです。

 あーそんなの関係ないよぉ。今の時点まででどのくらいの知識が詰まっているかだけの話だから。大丈夫大丈夫ー。

 そーっすかぁ…。 しょぼん
 
 とその時はしていたのですが、
 そしてその経験をしたかしないかで、かなり頭の回転数に差が開いているんだろうなぁとも思ったのですが

 誰も苦労なしには 知識はえてないさー

 ということなのではないでしょうか。

 うむむ。
0

眼をひらけ。  日記





ぼくは 過去のわたしに とらわれている。






バカヤロー!







0

(無題)  

世界遺産、白川郷に行ってきましったぁー!

Liz大喜び。
その後温泉にも入って、極楽極楽♪
同伴した母・叔母・母の友人も超リラックス全開♪

私は運転手としていい働きしましたよぉ!


クリックすると元のサイズで表示します
0

雨晴海岸と獅子舞  日記


今朝はLizと今後の予定について話し合いました。

気がかりだった点

勉強や今後の準備に使う時間をいつ持つか。
Lizが富山で何をするか。
私はどこまで一緒に行動するか。
Lizが大切な友達だということ。


一緒に行動したくても事情があって出来ないのはしょうがないです。
ただ、来てくれたんだということ。
この時間を出来るだけ大切にしたいという気持ちを忘れずにいることは私にとってはとっても大切。


午前中は個人個人の時間。家事は彼女の洗濯物があるときは手伝ってもらいます。
食事の準備や片付けは基本二人で。
日本について2日目ということで、まだ時差ぼけが抜けません。
私の両親もLizを気に入ってくれたようです。



私はというと、ブレーキを踏みながらふかしていたエンジンを明日からサードぐらいまでもってきます。


一日中英語。
思ったよりも消耗が激しいっス。そして自分の勉強の足りなさ目の当りにさせられます。


トントントン。 ぶぉん
0

See you again!  

Lizが到着!

名古屋で3泊してから富山に向かう予定だったのですが、

さみしい

ってことで、急遽予定変更して富山へ!

クリックすると元のサイズで表示します

行きたいところがいっぱい。
そりゃそうだ!外国ですもの。

大きな観光地としては、京都散策・広島平和記念公園。

古い建物・日本の自然・風土をみたい。
3週間のホームステイの予定。

何回かは喧嘩もするかな?




試験。
駄目でしたぁー。
やはり英語と専門科目のうちの1つが悪かったということで。

しかしその後先生からご連絡をいただき、対策を練ろう!とのことでした。



しっかり!


応援してくださったあなた様! rokoしゃん

ごめんしゃい。。。。。次、がんばりやす。



0

安倍首相辞任  日本の動き


ごちゃごちゃな日本の政治。

どんなことにせよ、動きがあるのはいいこと。






ただ、

その混沌をどこかから俯瞰的に見ている存在がある

のを感じる。









だれ?







0




AutoPage最新お知らせ