日々  日記

今日も一日、終了。

月曜は武道の日、今日ネーム入りの道着が来ました。
いえーぃ☆


いよいよ明後日から、越中おわら風の盆が始まります。
今晩は、前夜祭最終日。

隣町の武道館に通っている私は、八尾方面に帰る気になれず。今夜は実家に戻ってきました。


昨晩、母も無事毛勝山から戻り、安堵の一息。

なぜか、毎日緊張の繰り返し。
疲れているのかな。

明日から忙しいぞー!


0

母  お仕事


わたしにとって母というひとは、絶対的な存在。

どんなにいやみ事などを言われても、決して私を見放さない人。


ふと、思う。
彼は、私をそんな風に思って接していたのかもしれないな。



そして、今。
違う人に、まるで母のように接することを求められている。



わたしで、よいのだろうか。
勤まるだろうか。
受け止められるだろうか。

周りの理解を得られるだろうか。

ふたたび、感情におしくるまれるようなことにならないだろうか。


どこまで耐えられるだろう。
どうか、周りの理解が得られますように。




明日、母がちゃんと登山から帰ってきてくれればいいけれど。
娘の私は、いつも心配している。
0

再起  日記



あることで、所長と話をしました。

所長の話を聞き、
わたしの話を聞いてもらい、
必要なことを話し合いました。

私がしたいことは、困難ではあるけれど、
今の勤め先でなくてもできることも伝え、

では、この会社のために働き、
継続して、支援が非常に困難な利用者さんへ支援を続行していくためには、

どうしても必要な環境条件も伝えました。


思っていることをすべて話しました。


また、元の気持ちで仕事を続けられそうです。
皆さんの目には、私の行動が間違ったように映るかもしれない。



それでも私は、私の人生をやっていくのです。



その中で、どのようにじぶんも周りも幸せに暮らしていくか。
その方法を、学び探していることろです。



 
0

(無題)  日記


仕事がチョイしんどいです。

何に悩んでいるか、

なんかいろんなこと。


しごと、したいのにする気にならない。


家で本を読んでいたい。
いろんな本。

本のむし。


自分の仕事が何につながっているのか。


その実感が持てない、のが一番大きいかもしれない。

私は、やりたいことがはっきりしているから、



本当は給料なんて、どうでもいいと思ってた。
家賃が払えて、本が買えて、生活できて、姪と甥に時々何か買ってやれて、
友達とカフェにいけるだけあれば。(あと貯金と奨学金返還か。)


だけど、今。仕事に熱意と誇りが持てないいま、


その憂さ晴らしというか、モチベーションの維持装置が
給料になってくる。



それって…?




0

しょうらい  日記

さて、お盆休み1日目の今日。

集落では、納涼祭がひらかれ、先祖の霊を迎えるしょうらいの火を焚きました。

今年は、昨年にも増して、燃やす木の量も多く、
高さは8メートル越えと十分。

朝の8時に集合し、11時半までかかって、竹の木3本1くくりを三角立てし、横組みを施し、飾りの竹の葉や木の枝をふんだんに、飾りつけました。

納涼祭は、6時から始ります。
公民館前に、テントを立て、焼いた肉・岩魚・鮎や焼きそばを中にいる集落の関係者の方々にふるまいます。

8時を過ぎたらしょうらいに火を入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

それはもう、ものすごい火の熱、勢い。
まるで竜が生まれ、天に昇っていくように焔がくゆり上がります。
そして焔が火の粉を生み、空へ放出されていくさまは、
まるで、普段は見えない火の精霊が、
この世に誕生した瞬間を、
一瞬だけわたしたちひとに見せてくれている、そんな感じです。

今日は、母方のお墓参りにも行きました。
母と駅前でランチを食べ、スーパー銭湯に行きひとっ風呂浴びて、マッサージを受けてから向かいました。

母は、
「ここの墓に来ると、妙に落ち着く気がする。」
と言いました。


昨日、担当している利用者さんに殴りかかられました。
3発。
よけようとすると、なお興奮すると思ったのでよけませんでした。
青タンができると、家族が心配するだろうなと一瞬思いました。
そして、これで今よりさらに、この方への支援について、同僚スタッフの理解と協力が得られる機会かなと思いました。

いいかげんいしてくれ。

正直に言うと、殴ってやりたかった。

お腹のことも、立場の違いも関係なく、
感情のままに横っ面を張り倒して、罵倒していい加減にしろと言いたかった。

なぜ冷静でいられるでしょうか。

たかだか27歳で子供を育てたことのない私が、会社で一番難しい利用者を担当し、
市の相談員が、「うまく距離をとることが大切」と言っている相手の
身の上を心配し、深入れし、挙句の果てに殴られ、
我慢し、言い聞かせ、その上ほかのスタッフから、

「本人から話を聞いて、ちょっとerikoに一言をいてやらなきゃな、と思って電話した。」

って…。 


かってにやってくれ。

だれか担当できるならやってくれ。

もっと相談にのって、担当者のメンタルも尊重してくれ。

せめて冷静に、現状確認してから、ラインにそって口をだしてくれ。


はっきり言う。

こんなことのためにこの会社に入ったんじゃない。

でも、何か大切なことを学ぶことにつながっている、そう思う。


母からは、
相手と距離が取れないようなら、辞めたほうがいい。

話を聞いている限りでは、周りのスタッフのレベル自体が低い。もっと大きな会社で一度働いてみたらどうか。

の2点でした。

お盆のうちに、

いま、この会社でできること、これからやりたいことを整理しよう。


今日の納涼祭、みんなの笑顔が見られて、すごくたのしかった。
1


クリックすると元のサイズで表示します

はな ひらく…
1

明日を楽しみに今日を生きては  日記



会いたい人に会えないのは、

さみしい。
クリックすると元のサイズで表示します

だからって

時間は待ってくれないのよね。



そのほうがいいのかしら。
1

空架ける  

こんばんは☆


今日のそらは、奇跡が足音をたてています。


満天の星空




昨日、はじめて代休を取りました。
日曜出勤の代休です。



平日の昨日、家でのんびりしていたら、家主さんが農作業のため、集落に上がってこられていて、私を見てびっくり☆


「今日はどうしたん?休みけ?」

「いや、代休もらったー。」

「えっ!代休あるんか!?」

「えっ!!! う、うん…。」


わしのような若者は、やはり代休をとらんほうが評価が上がるのでしょうか。。。

でも、マーシャルで無理をして、胃炎になったこと。
もうどうしたらいいのかわからない!と泣きながら国際電話で家族を心配させたことを、今の職場の人たちは知らない。

無理ができないし、したくない。
今より、周りが見えなくなって、きっと孤立してしまう。それが怖い。


ひとは、おろかなほど、欲望に純粋であると。 

だれしも。
1




AutoPage最新お知らせ