2015/6/25

古伝技フリースタイル組手(短刀術、座技、座技呼吸法の複合組手)  分類なし



本日は目から鱗が落ちる経験をしました。

品川中延の稽古の際に古伝技のフリースタイル組手を行った時の事です。

この組手は座った状態での短刀術と座技と呼吸法を合わせた組手であり、昔の座り技が創設された頃に、あったであろう状況を模擬的に再現した組手です。

古伝技組手では、相手が短刀を抜かせないために手首を押さえに来るという状況が頻出します。
そのため、意外と座り技の型がそのまま決まりやすいのです。

以前に合気系柔術の道場で習った四段の技に、相手が袖や胸を掴みに来た際に対角線上に交差で腕をつかみ片手で四教を掛け、上方に突き上げた後に、自己の腰側に落とす(右手で掴んでいる場合は右腰側)と言う技がありました。ご指導頂いた当時は、その様な様式の型、所作の型であると言う認識で実戦的であるという認識は、あまりありませんでした。(片手で四教をかけるのは面白いなとは思いましたが)

ところが本日の古伝技の組手の際に、相手が私の左手を両手で掴んだ際にとっさに出たのがこの型でした。相手が私の左手を両手で掴んだので、左手にて掴み返し片手で四教を掛け、左の腰側に落としました。そうすると相手の急所のわき腹がちょうど私の前に出てきます。短刀(模擬刀)を抜いていた右手でそのまま脇腹を突く事ができました。相手の崩しと、急所の位置取り、フリーの片手での短刀による突きがスムーズに行えました。

現代的な考え方では様式的な動きと思っていた型が、当時の状況を再現すると非常に実戦的と分かった好例でした。

以前にもこの古伝技の組手では、力の出し方の鍛錬や様式的な物と考えがちである座技呼吸法が、このルールの下では非常に使える技である事が認識できたりと発見が多いです。
※短刀を抜かせないために、相手が両手を押さえに来るという動きはこのルールでは頻出する。そこを座技呼吸法で返し崩した相手を短刀で打つと言う事ができる。

合気道はその技法が剣や短刀などの武器の動きから来ていることは昔から知っていましたが、当時の状況を再現した組手を行う事で、知っているだけから実感を持てたに昇華できたのは大きな収穫です。

知識として知っているだけなのと、実際に経験し、使用し、使えることを確認し納得したことの間には大きく差があると思います。

このルールは、伝統技の実用性を再確認できるという点で大変面白いと思いますので、どんどん取り入れて行きたいですね。組手で対戦頂いた辻田さんには感謝です!

0

2015/6/13

実践武術合気道組手(顔面攻撃あり)  分類なし

顔面攻撃を認めた「実践武術合気道組手」ルールの様子です。
まだまだ研究中であり、当会で通常行う「フルコンタクト合気道」ルールに比べると技術的には未熟ですが、面白いルールだと思います。

上級者(有段者)の練習には、取り入れてみたいですね。個人的には好きなルールですが、あまり練習したいという人が居ないのが難点です。

確かに厳しめのルールですので無理をさせず、競技レベルのアップに勤めて、希望者が出るのを地道に待ちましょう。

その内少人数でも良いので、このルールでトーナメントがしたいですね。

ちなみに対戦相手の田村選手は楽しそうでした。流石です。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ