X [iksa]

辺見康孝(ヴァイオリン)と松村多嘉代(ハープ)によるユニットX [iksa](イクサ)
ヴァイオリンとハープによる未知の可能性を追求!

 

X [iksa]

辺見康孝(ヴァイオリン)と松村多嘉代(ハープ)によるユニット。2006年10月にデュオとしての初共演以来、これまでに海外公演を含め数多くの公演を行っている。オリジナル曲やオリジナルアレンジ、新作の委嘱などヴァイオリンとハープによるアンサンブルの可能性を追求する。レパートリーはクラシックから現代音楽、またポピュラーや映画音楽などジャンルの垣根を越え、オリジナル曲やオリジナルアレンジにも挑んでいる。2008年に『X[iksa]』、2010年に『Wa〜和』、2012年に『くるみ割り人形』などのCDアルバムをリリースしている。 ホームページはこちら

最近の記事

 

最近のトラックバック

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

Takayo MATSUMURA


松村多嘉代
      (まつむらたかよ、ハープ)      ブログはこちら

Yasutaka HEMMI

辺見康孝       (へんみやすたか、ヴァイオリン)     ブログはこちら

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ