共和金型製作所HPへ戻る

2012/6/11

篠田麻里子のスピーチ  

先日、AKB48の総選挙の模様を放映していましたね。
娘が見ていたので、私も少しだけ見ました。
私自身はAKB48って実はよくわからなくて、名前と顔が一致するのが五人くらいです。

私が見たのは、篠田麻里子のスピーチの時なんですが、良いこと言っていましたので、ここに紹介します。

こんなにも素敵な順位をありがとうございます。
こうやってみなさんのあたたかさや、ありがたみを本当に感じられるのもこの総選挙だと思ってます。
私はこの総選挙が嫌いではないです。
自信があるからではありません。
自信はないですし、今日までこの日が来るまではすごい不安でした。
眠れない日もありました、だけど、こうやって皆さんのあたたかい声援とあたたかい気持ちがぶつかる 今日の日を、この緊張感を味わえる今日の日を、自分にとっても成長出来る日だと思っています。

後輩に席を譲れと言う方もいるかも知れません。
でも、私は席を譲らないと上にあがれないメンバーは、AKBでは勝てないと思います。
私はこうやって 皆さんと一緒に作り上げるAKB48というグループが大好きです。
だからこそ 後輩には育って欲しいと思ってます。

悔しい気持ち、すごくあると思います。
正直、私も今びっくりして少し悔しいです。
でも、そうやって悔しい力をどんどん先輩、私たちにぶつけて来て下さい。潰すつもりで来て下さい。
私はいつでも待ってます。
そんな、心強い後輩がでてきたならば、私は笑顔で卒業したいと思ってます。

最後に、この票数は、今日までの私の1年間の評価ではなく、今日から来年までの篠田麻里子への期待だと思ってます。
この、来年はもっともっと期待されたいと思ってますけど、この期待を胸に今日から頑張っていきます。
よろしくお願いします。


私はこのスピーチを、単なるアイドルのスピーチではなく、実はすべての人間にとって重要なスピーチだと感じました。
仕事、スポーツ、学業など、あらゆる分野において、このスピーチの意図する部分はあてはまります。

自分の人生をより良いものにするために、全力でぶつかっていきたいなあと思います。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ