2006/9/25

天然舞茸と偽物について  天然舞茸

今日は天然舞茸の話です。

最近では本当に「幻のきのこ」になってきました。

まず絶対量が少ないうえに、偶然のようにしてしか発見できません。
そのかわり、一箇所に群生するので、一度に何十kgも採れます。

年に何度かしか採れないうえ、毎年減る一方です。
そのため、どうしても欲しいというお客様が多く、今朝12kg入荷しましたが、即完売の状態です。
次はいつ入るか、全く予想ができません。(下手すると今年は終了かもしれません。)

目当ての茸を探しに行き、当たればついでに採るという感じです。

舞茸ですが、スーパーにあるビニールハウスでおが屑栽培のものは区別がつくと思うのですが、「原木栽培舞茸」というのがあります。

菌を山に植えたもので、もちろん秋にしか出ません。
スーパーの舞茸よりは、比較にならないほど旨いのですが、やはり本物の天然ものにはかないませんし、半額以下の相場です。

ただ、この「原木栽培舞茸」を天然ものと称して販売している業者がいるので、皆さんも注意して欲しいです。

見た目も素人さんから見ると一緒に見えるのでしょう。
この手の話は多いです。

中国産松茸にスプレーで松茸のにおいを着け、「国産」と称して売った等、現在中国産の香茸、あみ茸、ちち茸など出回ってます。

相場より安すぎるものは、よく考えて購入しましょう。

私達も「原木栽培舞茸」扱っていますが、ネットでの販売はしていません。(その手の悪徳業者と混同されたくないからです。)

天然舞茸をご予約のお客様で、お送りできない際、代替品としてお勧めはしますが、もちろん「本物」ではないことを確認いただいています。

原木栽培舞茸に罪はありません。
立派な美味しい茸ですので誤解なさらぬよう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ