●蝶のインデックス><●蝶撮影総括:2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2012年
■最近写真を追加したチョウ[記事には未掲載分]: 【蝶-45】アゲハ(7/15)【蝶-33】スジグロシロチョウ(6/2)【蝶-17】チャバネセセリ(5/16)

2015/3/29

【蝶日記】昭和記念公園と草花丘陵  蝶日記

■ 2015.3.28@昭和記念公園
天気が良いので、昭和記念公園へ越冬ムラサキツバメを探
しに行きました。
昨秋ムラサキツバメが見られたあたりを散策するも、ウラギ
ンシジミしかいません。
仕方ないので、他のマテバシイを見上げて歩いていくと、シ
ジミが飛びました。シジミとしては大型ですが、ムラサキツ
バメほどではありません。
クリックすると元のサイズで表示します
ムラサキシジミ
残念。しっぽが無かったです。止まったところを見てもムラ
サキシジミでした。

桜は、木によってはまだほとんど咲いていませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
サクラ

結局他には、キタキチョウを見た程度で帰宅。気温が上がっ
た割には、チョウは見かけませんでした。

■ 2015.3.29@草花丘陵
翌日は、天気予報が曇りにもかかわらず、午前中は日が出て
いたので、草花丘陵へ行ってみました。先週のコツバメエリア
とは山頂を挟んで反対側です。
残念ながら、到着と同時に曇ってしまい、テングチョウを二頭
見かけただけで、他のチョウには会えませんでした。。。車を
止めた河原に戻る途中、モンシロチョウとモンキチョウとすれ
違いました。いずれも止まる気配は無しで速攻で視界から消え
てしまいましたが、今年初見なので良しとしましょう。。。

仕方ないので、野鳥でも、、、
クリックすると元のサイズで表示します
ホオジロ
気のせいか、若々しいです^^

というわけで、ほとんど収穫のない週末で残念でした。
来週はいよいよ4月。桜も満開になると思いますので、チョウ
ももっとたくさん出てくることを期待します。

今日も読んでいただきありがとうござました。

関連ブログ:
・前回の蝶日記は:2015年始動!@草花丘陵
2

2015/3/22

【蝶日記】2015年始動!@草花丘陵  蝶日記

各所でコツバメ、ミヤマセセリ、ヒオドシチョウ等の写真
がアップされましたね。いよいよチョウのシーズンスター
トです。
例年だと、コツバメ、ミヤマセセリ、ヒオドシチョウ、キ
タキチョウ、テングチョウあたりが見られるはずの草花丘
陵に行きました。

■ 2015.3.22@草花丘陵
いつものエリアに足を踏み入れるといきなり黒っぽいチョ
ウが視界を横切ります。見失いましたが、ミヤマセセリか
テングチョウだったと思います。他にチョウはいないので、
次のエリアに向かいます。

例年コツバメの沢山いるエリアに入ります。早速出会いま
した。
クリックすると元のサイズで表示します
コツバメ

クリックすると元のサイズで表示します
テングチョウ

丘陵を登っていくと、テングチョウが沢山います。

頂上に着くと、いつもいるミヤマセセリはいませんでした
が、相変わらずの迫力の飛翔でバサバサと降りてきたのは、
クリックすると元のサイズで表示します
ヒオドシチョウ 画面からはみ出る迫力^^;

クリックすると元のサイズで表示します
シハイスミレ 相変わらず可憐です

よわよわしく飛んできて、顔を隠すように止まったのは、
クリックすると元のサイズで表示します
ルリシジミ

コツコツしていたのは
クリックすると元のサイズで表示します
コゲラ

ミヤマセセリを探しますがいないのであきらめて、丘を下
ります。道中、見つけたのは、
クリックすると元のサイズで表示します
ニリンソウ

コツバメのところに戻ってきて、表面が撮りたくて、飛翔
写真にチャレンジ
クリックすると元のサイズで表示します
コツバメ 飛翔 一枚だけ表が写っていました^^

ついでにこの子も
クリックすると元のサイズで表示します
キタキチョウ 飛翔

越冬チョウと言えば、この子も複数頭飛び交っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
キタテハ

オオイヌノフグリもきれいでした。
クリックすると元のサイズで表示します
オオイヌノフグリ

というわけで、なかなか楽しいチョウ散歩始動でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今年もぜひぜひよろしくお願いします!

関連ブログ:
・昨年の始動は:2014年始動:長淵&狭山丘陵
・前回の蝶日記は:秋の石垣島(後半)
・昨年の総括は:2014年総括

2

2015/3/15

【蝶-106】タイワンキチョウ  生物写真(主に蝶)

タイワンキチョウは八重山諸島や台湾に住むキチョウの仲間で
す。実際、ミナミキチョウと区別がつきづらい個体も多く、私
もいまいち自信がないです。
一番わかりやすいポイントと言われている、裏・前翅の中室内
の黒点です。これが3個であれば、タイワンキチョウで、2個
だとミナミキチョウと言われています。しかし、2個のタイワ
ンキチョウもいることがあるとの記載があり、結局他の部分を
見ながら総合的に判断するしかありません(それがほとんど表
面側なのでフィールド写真で判断するのはとっても困難)。
ということで、タイワンキチョウっぽい画像を整理してみたの
ですが、結果として、私の在庫にはミナミキチョウと断言でき
る写真はありませんでした。残念^^;

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2013.12.7 多摩動物公園昆虫生態園

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2014.11.24 石垣島
下の個体は、例の黒点が2個の個体。前翅の黒い部分の張り出
し具合から、タイワン・・・と同定

ほぼ周年で発生(八重山諸島)
食草はマメ科のアカハダノキ、ハスノミカズラなど

[蝶106、シロチョウ11]


1



AutoPage最新お知らせ