2010/9/19

秋の到来☆  生活

寒いです。
今晩は韓国料理を食べに外食しましたが、お店を出るととっても秋らしい冷たい風が・・・。
もう7月中旬からは涼しい日が多く、最高でも25度行くかどうか。。。
朝は本当に寒いです。。。温かいお茶が気持ちを和ましてくれます。
うちの前の公園の木々はまだ沢山の緑の葉を揺らしていますが、気持ち色が薄くなったような。。。
これがたぶん来月末には全て茶色くなり、地面を覆うようになってしまう。
midoriは冬産まれなので夏よりは冬の方が好き♪
でも主人は夏産まれなので、、、これから来る極寒の季節に怯えつつあります。。。

最近のスーパーの果物コーナーも秋物にバトンタッチ。
チェリーやイチゴがイチヂクや桃、柑橘系フルーツに変わりました。
でもmidoriが食べたいのはポメロなんだよぉぉぉ〜〜〜!!!ザボンのことです。
日本でもそんなに見た事なかったけど、こっちではすんごい大きいザボンが売られます。
まだ出てないみたい。。。ってかザボンって秋冬もの???え?夏???
仕方なくルビーグレープフルーツにしておきました。。。
日本に比べて果物はフランスはお得!好きなフルーツを好きなだけ買える☆価格も安い☆
〜ユーロ/キロで売られている。
と言う事で、今日の買い出しでもグレープフルーツを始め、イチヂク、桃、イチゴを買って来ちゃった♪
最近は朝食に果物を食べるようになってしまった。。。
朝食に果物なんてなんかちょっと優雅である。。。
これからの寒い日々、家の中でゴロゴロしながら果物をつまむといういつもとなんら変わらないグータラ生活をエンジョイしようと思います♪
0

2010/9/5

アルザス陶器☆  ショッピング

今日、お昼からスフレンハイム(陶器の村)に行ってきました。
天気も良く、道路も空いてて結構早く着いたスフレンハイム。
母と姉の旅行時にも連れて来てあげたかったな。主人の仕事の都合上来れなかったので、変わりに私が頼まれた物を買う事に。。。
ここに来るのは3度目で、もうお決まりのお店があるのでそのお店に直行。
母から頼まれていたクグロフ型の置物やタバコを吸う主人の為の灰皿、伝統的な壁飾りを購入。
写真↓↓↓左上から・・・アルザスの鳥であるコウノトリの絵が描かれた灰皿。丸みがかわいい。
その下を飛ばして小さい茶色いハートの壁飾り。柄は鳥と花。
真ん中の大きなハートは伝統的なモチーフである壁飾り。
「幸福」を意味する物で、結婚や誕生日などのお祝いの品になるようです。
その右にはクグロフ型。今回は淡い色目をチョイス。ピンク1つは我が家の玄関にある先輩クグロフ型達に仲間入り。残りの3つは実家へ。
大きなハートの両隣にある丸い壁飾り。青色はニワトリ、茶色はハートと花の柄です。
これお気に入り。何故かというと、お店にいるとなぜかハート型に目がいくのは当たり前。
ハートはアルザスの食器や家具にはかかせないモチーフだからね。
でもよく見ると丸型もあるじゃん!!!
沢山のハートにまぎれて丸型もあるのよぉ〜!でもストラスブールのお土産屋さんとかにはハート型しか置いてないことが多い。というか丸いのは見た事無いかも!
せっかく陶器の村に来たのだから安く変わった物を買うのは必然!
ストラスブールからスフレンハイムまで車以外でどう行くかはよく分からないが、確かバスがあったはず。。。
ぜひストラスに旅行に来た際はここにも寄ってアルザス陶器を買いまくって欲しい♪
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ