2012/3/31

買った本、気になる本  徒然

 ようやく年度末の嵐が過ぎ去りました。今後の反省ならびに対策を考えております。

 あまりに疲れたので、昨日、新しい眼鏡をzoffで買いました。しかし、zoffの店員さんたちって、どうしてみんな兄弟みたいに似ているのでしょうね。

 そして、こんな本も買いました。

『百一夜物語』



マグレブ地方の説話集。千一夜物語の姉妹版と云われたりするそうです。

本屋で気になったけれども、買わなかった本。

『股間若衆 男の裸は芸術か』木村直之



・・・・やっぱり面白そうだから、月曜日に買おうと思います。

0

2012/3/20

books  徒然

よく熱を出す体質なのですが、先週末、熱+頭痛で寝込みました。で、あまりにみじめだったので、つい、衝動的に買いました。


これはゴージャスな金魚のようなミトンの本。つま先から編む技法を使っています。トルコとかの手法ね。
おまけにtoe upの靴下の技法も紹介されており、ミトンの模様を靴下に応用することもできます。
自分のオリジナル靴下又はミトンを編みたい方におすすめです。縁取り模様の技法も紹介されていて、なかなか楽しい本です。



こちらは棒針レースの本。レース単体ではなく布と合わせるデザインが中心でした。ドイツ語ですけど、編み図が付いているので問題なしです。ショールのエジングとかにも応用できそうです。


0

2012/3/15

ねんどまつ  徒然

 羊毛への愛を高らかに宣言して、しばらく雲隠れしておりました。編まなくてはいけないものや、編んだ物や、編む材料などが色々あるのですが、いかんせん年度末でしてね、毎日が綱渡りというか、テトリスというか、お買い物ゲームというか、わやわやなのです。こんなに綱渡りな毎日は法律事務所にいたとき以来ですわ。実はそれほど嫌いではないのですが、疲れますね。
0

2012/3/3

羊毛愛  徒然

 クリックすると元のサイズで表示します
ジャコブ君とてとて

 ここ数年羊毛への愛が高まっているのですが、ここにきて、羊の種類にも気をかけるようになってきました。きっかけはラベリや、Piecework magazine Dec/Nov 2011の記事です。希少種の羊についてとても興味深い内容でした。要するに、機械化と大量生産に合わない、その地方独自の品種の羊なのですわ。記事のたとえが面白くて、希少種の羊毛を知らないということは「お店で売っているバニラとチョコレートのアイスクリームしか知らないで、一度もイチゴやラム・カスタードやピスタチオのアイスの味を食べずに過ごしているようなもの。それに本当に好きなアイスはチョコレート・チョコチップかもしれない」ようなことらしいです。そうよ!その通りよ!ビターキャラメルな毛糸にめぐり会えるかもしれないわ!

 それから、riihivillaのミトンを編んでみて、finnsheepの毛糸のなんともいえない良さを知ったのですよ。俄然希少種の毛糸に興味を持ち始めてしまいましてね。こんな素敵なサイトを見つけてしまいました。
 sheepfold 
イギリスの希少種の毛糸を販売しています。羊の紹介もあります。

個人的に興味があるのはJacob種Manx loughtan種のような角が自己主張している羊です。なんだか凄いのよ。でも毛はとても柔らかいという。うーん憎い奴。

このヒトも気になります。↓角のねじねじが凄い。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/3/2

FO  knit

完成していました。

クリックすると元のサイズで表示します

Riihivilla のキットです。
2号棒針で編みました。

夏に西武百貨店の催事場で買いました。
一見固そうな糸なのですが、全然ちくちくしなくて暖かい。
滑りにくい糸なので編み込みし易くて、なんだか腕が上がったような気分になります。
フィンランド羊の毛で草木染めだそうです。何とも言えない色合いがきれいでね。うっとりですわ。
finnsheepというのはこういう方々です。
本気でフィンランドに行きたくなりました。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ