2013/10/27

プロト工業化の時代  徒然

斎藤修 著 日本評論社 
以前、頂いた本です。思いっきり専門書です。その時ざっと斜め読みして放置しておりました。
『黒の過程』を読んで、フランドルの歴史について知りたいなと思ったので、家にあるその手の本といったらこれかしら、と。
個人的に興味があるのがいわゆるcottage industry 家内制手工業 なので、それの例などを読んで楽しみましたよ。この時代の紡ぎ車ってどういう形だったのかなあとか想像したりして。英国から羊毛を輸入して毛織物産業が発達といっても、その羊毛は種類別に分かれていたのかなあとか、どういう種類の羊の毛なのかなあとか、それを洗うのにどういう方法を取っていたのかなあとか、知りたいことが沢山あります。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ