2016/7/19

オショサン跳んだ  ドロミテ

1st Sella 2533m Gluck Verschneidung W+


クリックすると元のサイズで表示します

W+と言うには垂直すぎ?


クリックすると元のサイズで表示します

ていうか、抜け口被ってるし


クリックすると元のサイズで表示します

実はココで、本峰の岩と1m程離れてるので、ジャンプします!


クリックすると元のサイズで表示します

山頂ではお決まりの、登頂者が記すための雑記帳あり
(実は空だったけど)


クリックすると元のサイズで表示します

下降は歩いても可能ですが、前に転んだらさようなら

着実に行くなら懸垂か?


クリックすると元のサイズで表示します

右から順番に、1st 2nd 3rd 三本の Sellaタワーが並びます




2016/7/18

ヴァカンスは激しめで  ドロミテ

クリックすると元のサイズで表示します

Colac 2715m Via ferrata


クリックすると元のサイズで表示します

麓の町からの姿も美しいColacには、山頂までビアフェラータのケーブルを辿って行くことが出来ます


クリックすると元のサイズで表示します

この山はその山頂に立つことが出来るだけでなく、裏側に降りる周回コースからは、切り立ったマルモラーダ南壁や、緑豊かな Sen Nicoloの谷が眺められます


クリックすると元のサイズで表示します

1日掛かりの本格的な登山でもあるので、クーデターの長旅疲れが溜まっていたお客様には、チョット辛かったみたいですけれど・・・


クリックすると元のサイズで表示します
以下の画像は昨年の山行記録より


クリックすると元のサイズで表示します

感覚的には、ケーブルを使ってアプローチして、剱岳みたいな岩山を自分で安全確保を取りながら山頂まで登って下り、お花畑の草原をハイキングをしながら帰ってくる


クリックすると元のサイズで表示します

標高差のある街までは再びケーブルで下山して、午後には自分の登った山頂を眺めつつ、カフェで優雅にエスプレッソか?はたまたビールを一杯ひっかける♪


クリックすると元のサイズで表示します

と、言った感覚ですね


クリックすると元のサイズで表示します

個人的には、三ツ星ビアフェラータだと思います


クリックすると元のサイズで表示します

Canazeiに来たら、数あるお勧めの中でも


クリックすると元のサイズで表示します

ぜひとも行っていただきたい、コースの一つですね


ドロミテにはこうして、展望台観光やハイキングだけでなく、例えばクライミングが苦手でも楽しめるコースもあり、様々な年代や技術に応じた、間口の広い楽しみ方が出来るのが魅力です。

また終日雨が降ることも滅多に無いため、短い日程であってもついつい疲れがたまってしまうくらい、何かしら毎日遊べるのもスバラシイのです!






2016/7/17

こんなことも、あるらしい  ドロミテ

ニースのテロ攻撃に、トルコのクーデター・・・

不穏な気配のヨーロッパですが、カタール経由のお客様には影響なく、定刻にベネチア空港へ到着。

けれど同日ベネチア空港着の予定でも、ドンピシャでイスタンブールに飛んだお客様は、航空会社の機転で別の地方都市アンタレアに着陸し、終日トルコ国内への足止めを余儀なくされました。

空港の閉鎖によって、タイムスケジュールは混乱中。

仕方なく、こちらはこちらで一旦Canazei(カナツェイ)まで戻り、一足先にクライミングを開始することになりました。

寒気が抜けきらないものの、天候は着実に安定してきて、雲は多めでも青空が広がります。



クリックすると元のサイズで表示します

トルコの方のフライト状況が解らないこともあって、日曜日でも渋滞に嵌らず、早めに降りられそうな11ピッチのルートを選択しました(何せベニスまでは、車で片道2時間半!)



クリックすると元のサイズで表示します

先日もとても寒い日に登った、Grande Cir 2592m 南東カンテですが、これがなかなか面白い


クリックすると元のサイズで表示します

イタリア語のガイドブックにしか載っていないこの辺りのルートですが、今日は隣の岩峰にもクライマーの姿があり、同じルートにも、後続が二組ほどやってきました


クリックすると元のサイズで表示します

時間は無くとも、エーデルワイスを愛でたり、化石を探す余裕はあったりして?


クリックすると元のサイズで表示します

ヴァカンスシーズンのしかも週末とあって、Sella周辺にある人気ルートは軒並み混雑しており、下山すら渋滞なので、所要時間は計れません。

その点ここなら、概ねの所要時間が読めたからです。


ただしルートの標高差は250m、距離は280mと、案外複雑なルーファイを必要とすることから、半日コースだとも言えない。

2ガイド1ゲストと、やはりルート状況も知っている私もフォローに入ることにより、(まだ慣れないドロミテ初日のお客様には申し訳ないのですが)スピードアップを図っていただきます。

何せ今朝にはイスタンブールに移動しているお客様のフライトが、その後どんなカタチで動くのかは、当のご本人すら解らない状況なのです。
(イスタンブール〜ベニス間のフライト時間は、たったの2h)


クリックすると元のサイズで表示します

初めは日本の岩と違うドロマイトの感触に戸惑いを見せたお客様ですが、登るラインや支点回収を補助することで、クライミングに集中していただき、昼過ぎには賑わう山頂にゴールイン!


クリックすると元のサイズで表示します

下山して振り返ると、後続のクライマー3人は、山頂からまだ数ピッチ下で登っています


幸いトルコからは、「19:35にベネチア空港に降りられる」という連絡も入り、余裕を持った行動が出来ました。



普通は島国の日本人が、クーデターに遭う確率なんて、そうあるものではないと思うのですが・・・

異国でよくわからない暗い空港に降ろされ、田舎町をバスでホテルに移動、右も左も解らないまま情報も無く、深夜に起こされて正規のイスタンブールへ飛び、今度は終日かけて搭乗手続きの長蛇の列に並んで漸くフライトを得ることで、ベネチア空港へ。

更にこのCanazeiには、日付けも変わろうかという時間、やっとのことで荷を下ろしたお客様には、大変お疲れ様でした。


ベネチアまで行ったり来たり。クライミング後、再び往復5時間以上の峠越えを含んた運転をしたクノも、やっぱりお疲れ様でした。

とにかく無事に、メンバーが揃いましたね。






2016/7/16

つらら?  ドロミテ

クリックすると元のサイズで表示します

標高が高いので雪解けを待つため一日置いた、 Sass Pordoi 南壁へ向かいます


クリックすると元のサイズで表示します

山上駅の向こうに広がる、Piz Boeの頂も、新雪を乗せて寒々しい


クリックすると元のサイズで表示します

雲が多くて陰るため、あまり南壁っぽくはないですね


クリックすると元のサイズで表示します

こんな環境でも、健気に咲く花はあるものです


クリックすると元のサイズで表示します

前回の私は、Piaz Arete Y を登っているので、今回は丁度誰も取り付いていなかったこともあり、Via Maria W+へ


クリックすると元のサイズで表示します

Mariaが三ツ星で最も人気があるはずなのに、何故かこの日は貸し切りで、両隣の PiazとGrossの方が渋滞中? 

取り付きに着いたのは最後から2番目くらいだったのに、3人でもゴールはトップで抜けました。



クリックすると元のサイズで表示します

このゴンドラの、手が届きそうな距離!


途中つららが垂れてたような気がしたのは・・・気のせいだったかな






2016/7/14

雹か霰か  ドロミテ

雨が終わってから、ドロミテでは急激に冷え込み、朝になってみると、山は粉砂糖を吹いたように雪を纏いました。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ十分寒気の抜けない気温の中


クリックすると元のサイズで表示します

午後から南壁を選んでクライミングへ


クリックすると元のサイズで表示します

しかし日差しがイマイチだと、南向きでもやっぱり寒い


クリックすると元のサイズで表示します

時折・・・冷たい氷の粒が落ちてくるクライミングでしたが、無事終了


クリックすると元のサイズで表示します
「ナンカクレヨ、ナンカクレヨ」


一般登山道があって昼は多くの人でにぎわう山頂も、夕刻ともなれば、迎えてくれたのはカラスだけでした


クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、21時まで明るいんだし、のんびり下りましょ


クリックすると元のサイズで表示します

こんな夕暮れ時の役得は、峠から日没が見られたこと


クリックすると元のサイズで表示します

アヒルたちも、マイホームへご帰還です



2016/7/13

ザックにはハイネケン  ドロミテ

こちらに来て以来、雨が終日降るなんてことはなかったのに、ここ数日の天気の悪さには困ったもの。

そこで車で2時間半、常夏のArcoに降りてきました。


さすがは湖で泳ぐリゾートだけあって暑い!


クリックすると元のサイズで表示します

1ピッチ目、雲って入るけれど日差しも降り注ぎ、川面がキラキラ



ところが、2ピッチ目。

凄まじい雷雨に見舞われ、懸垂で逃げたもののズブ濡れに。


同じく敗退組が集まった軒先では、ハイネケンの缶が回ってきた?

ぬるいけれど、こんな時には、冷えてないビールって、美味しいもんだな。


と、妙なことに感心する。


クライミングフェスティバルやワールドカップ会場にもなるArcoは、登山用具店が軒を並べている街でもあり、お昼はピザにカプチーノ。

午後はお買い物三昧で、Canazeiに戻りました。




2016/7/11

Cinqe Duta  ドロミテ

クリックすると元のサイズで表示します

午後から雷雨の予報ということで、朝一のケーブルでファイブフィンガーへ


クリックすると元のサイズで表示します

岩峰は、キノコにょきにょきにも見える?


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大気は案外落ち着いていたので、更に中指まで縦走


クリックすると元のサイズで表示します

登ったら登った分だけ、降りるのにも時間が掛かるのが、ドロミテ流


16時、峠を下る車の外は、激しい雷雨に変わりました。





2016/7/10

がいどるーと  ドロミテ

Piz Ciavazes  8p  Y⁻ Via delle

クリックすると元のサイズで表示します

比較的やさしめで、下山も近い、便利なルート(だからガイドルート?)


クリックすると元のサイズで表示します

でも1ピッチだけ6⁻があって難しく、先行パーティーのカムがピカピカだったカップルは、ココで断念して下降していってしまった


クリックすると元のサイズで表示します

確かによく磨かれてツルツルで、上部は残置も無く濡れてたから、カムが信用できないと、チョット厳しかったかも


クリックすると元のサイズで表示します

でもこうやってみんな、成長していくんですよね



2016/7/8

未公開プロジェクト?  ドロミテ

本日もガイド仲間で、天候が安定すれば、幻の(?)4番目のセラタワーに行く約束をしていましたが。

予報悪化で比較的逃げやすい、1st Sella のスポーツルートへ。


クリックすると元のサイズで表示します

1st Sella Tower Icterus  6p  6c+ の、1ピッチ目?のはず



クリックすると元のサイズで表示します

しかしあろうことか、何処でもさらっと突っ込む男塾ガイドが・・・頑張ってる?


6c+で?

そんな訳はない。

何故か7b〜b+(5.12b)くらいは軽くあるって話じゃないですか?


マジ・・・?

問答無用でロープは引かれ。


もう、指折れるでしょ?てな極小、しかも縦カチの連続です。

いや、これ、明らかに5.12越えてるでしょ?


アップ何もしてないんですけれど!


なぜかこんな日に限って、滅多にというか、まずは居ないはずの日本人パーティーが、周囲でクラシックルートを登ってたりする。


が、なりふり構っていられるもんじゃなし。

もう声出しまくりの奮闘です。



クリックすると元のサイズで表示します

この方は更に6c+リードしたって、全くのヨユウ?


すぐに本来のラインに戻り、上半分はリードを交代しましたが・・・最初の死闘が祟って、指が開いてきます


別の意味で(?)奮闘。



後日どうにも気になり調べても、全く出てこない。

1st Slla南壁の、ど真ん中を、何処までもダイレクトに貫くこの謎のライン・・

どうやらまだ、未公開プロジェクトのようです。




2016/7/7

思うこと  ドロミテ

外は安定した晴れ。

クノたちは今回のお客様のメインディッシュである、Sas Ciampacへ。


この壁には昨年プライベートで登った17ピッチのフリールートもあるのですが、それでは流石に厳しすぎるので、偵察で登った11ピッチのクラシックルートです。

一緒に誘われはしたが仕事だし、私の方でもまた別個で難しそうなルートの予定があるので、明日のパートナーに迷惑をかけないためにも、行動は控えないといけない。


なんかタイクツ。

一緒に出て車を回収すればよい話だが、そこへ行くには峠越えが2回もある。

送って迎えに行けば、計4回の峠越え・・・ヴァカンスシーズン最盛期の。

と、それはそれでよろしくない。



クリックすると元のサイズで表示します


今回2カ月出ることによって、私の岩登りに来られるお客様にも、ご迷惑をお掛けしている。

こういった事情もあり、昨年は一カ月で、プライベートのクライミングを切り上げることにした。

フランスへ発つクノ、国内へ戻る私、と、ベネチアの空港で分かれることになり、残り一カ月は国外と国内それぞれに仕事をして過ごした。

が、それもまた自然だとは言えない。

単身赴任なんて不自然だ。



かと言って、私には私のお客様、そして共通のお客様も居るのに、国内の仕事を2か月間も空けて良いものなのか?

自分はココじゃ役にも立たないのに?


かと言って、初めのころに志した目的。

マッターホルンやモンブランではない、広大なこのアルプスの様々な顔を、多くの人に知ってもらいたい。

そんな気持ちは変わらない。


出発直前の事件が、更にそのことを強く誓わせる。


あんな経験値も無い、口ばかり大層で資格だけは持つ、そんな輩に、アルプスのことをいい加減に語られたくはない。

正しいカタチで、この世界を知って欲しい。

少しでも多くの人に、自分にも無縁の世界なのではなく、自分にも登れる世界だと知り、楽しんでほしい。


なのに、それとは裏腹に、遠くドロミテまで来てくれたお客様へ、私には出来ることが無い。


クリックすると元のサイズで表示します



ここでは壁の大きさから、登れば登るだけ様々な判断が求められ、それらが自分に還って来ることによって、経験値が付いていく。

それはこの職業にある限り、またそれがどのような職業であっても必要で、かつ持ち続けなければならない向上心によって行われる。


だから、これからこのアルプスを基盤とし、活躍していくための経験値を得ようとする仲間の手伝いが出来、そしてまた共に登れることは、とても嬉しい。


また同時に、とても哀しい。

相反することなのに。



かつて感じたこともなかったのに、今常にヨーロッパアルプスに居ることで感じる、一つの疑問。

そして疎外感。



「ナゼ私は、ココに居るのだろうか?」

自分にとって必要な力を付けていくことは、結果として、お客様にとっても必要だから?

実力もない癖に、と、これから先も、言われることの無いように?

私は結局最後まで、ココに居る彼らと一生涯、同じことは出来えない立場なのに?




と、考えるほどにエンドレス。

複雑な心が混ざり合って、抜けるような青空と壁を、眺めて過ごす。


そんな時間が嫌い。

だから、動き続けて居たいのかもしれない。








2016/7/6

Piazと Maria  ドロミテ

昨日は一緒に行かないと車がないため、私の偵察したフェラータに出掛けるクノ達を駐車場で見送り・・・

ガルデナpassで、結局は持ってきたそのままに、読む暇も無かった小説を、日がな一日クノ達が戻るまで読みふけっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
で、今日は男塾ガイドさんと連れだって、ポルドイ南壁へ


こちらさんも夫婦で偵察巡業中?なため、このポルドイ南壁は外せません。

天気と合わせると、何となくまた一緒になったクノ一行が、隣の超人気ルート、Via Maria。

私たちはその横のPiaz Areteを登ることになる。

クリックすると元のサイズで表示します

なんか多少取り付きは違ってたみたいですが、この相方なら、まぁ何処でも登れるでしょ?


クリックすると元のサイズで表示します

クノたちも隣で、着実にロープを延ばしていきます


クリックすると元のサイズで表示します

さすがは男塾?なんかロープ延びてくなぁ・・・

と、思いきや、数ピッチは軽く終了点すっ飛ばしていく。

やるなぁ


クリックすると元のサイズで表示します

私もガンバだが、毎回数ピッチ分延ばしてくれるものだから、なんか楽させて貰ってる気も?


クリックすると元のサイズで表示します

しかしこのルート、ロープーウェイ近過ぎでしょ?


ケーブルとルートが近くなる都度、ゴンドラの乗客たちから手を振られ、こちらも応えてました。

クリックすると元のサイズで表示します

これはドロミテにしちゃ〜素晴らしくアプローチも下山もストレスレス!

快適なルートです


クリックすると元のサイズで表示します

マルモラーダも美しく、ロケーションも申し分なしです


クリックすると元のサイズで表示します

2本のルートは、私たちのAreteが、一旦下って Mariaに合流

既に登攀が連日ながら、お客様も頑張ってます


クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにこの2本のルートは、Piazと Maria

私たちの昨年借りたアパートのオーナーのお爺ちゃんが、ガイドでこのルート拓いたPiazで、その妻が Mariaなんです。

しかも今、男塾ガイド夫妻が借りてるアパートのオーナーも、紹介したわけでもないのに同じオーナーさんだった?

なんて、不思議なご縁があるのです。


クリックすると元のサイズで表示します

ラストスパート?頑張ってますね

私たちは、しばらく待ちましたが寒くなったので、一足先に帰りました。



2016/7/4

Sellaの裏山偵察徘徊  ドロミテ

昨日はパートナー替わって、男塾ガイド夫妻とセラpassで遊び、今日は彼らがトレッキングなので独りだし、何しようかな?

ファラータも見て歩かないといけないのに、岩が登りたい一方のクノは、全く下見する気がなく、事前に偵察しておく課題は、まだまだあります。

お客さんとクノは、セラpassからファイブフィンガーに出掛けたので、私はガルデナpassまで運転して、前から気になっていたこの周回コースへ。


クリックすると元のサイズで表示します
これが入口のトレッキングマップ


右寄りの大きな岩峰を、左から巻いて登るラインが、ヴィアフェラータです。


クリックすると元のサイズで表示します

朝のうちは空いていたpassも、一旦宿へ戻った間に、列を成す対向車にバスやバイクに自転車、狭いヘアピンカーブが着実に増えた交通量で大変なことに!

間の悪いことに、昨日は昼近くまで、どの峠も全て自転車レースで閉鎖されていたため、今日の峠道は凄まじい交通量となっているのです。


私の免許は、ワーホリ時代に左ハンドルマニュアル車で取ったものながら、カナダの道はほぼシフトチェンジは必要なし。道は何処までも真っすぐか、山道であっても道は広々。

何より、このヴァカンスシーズンのドロミテとは、交通量が桁違いです。


どんなルートを登るよりも、心臓バクバクで目的の駐車場にゴールイン!

じゃない・・・ここがスタート地点です。


クリックすると元のサイズで表示します

三ツ星超人気コースだけあって、岩はツルツル、しかも濡れてる


降りてきたガルデナの峠道が、だんだんと足元になっていく。

簡単な岩場であっても、ケーブルに掛ける自己確保のカラビナは、しっかり掛け替えないと不安を覚える高度感です。


クリックすると元のサイズで表示します

一旦ハイキング道を進み、次のセクション、滝の右がルートですが・・・

なんだか行列が?渋滞のようです。


クリックすると元のサイズで表示します

お客連れのガイドが準備していたので、先に行く

ヴィアフェラータは、各自がハーネスに落ちた際のショックアブソーバーが付いた専用の道具を付けます。

最近はガイディングのためにも、簡単にケーブルに掛けて確保の出来る道具が出ており、お客さんは自らの手で自己確保を取るとともに、ガイドにもそれとは別で確保されています。


クリックすると元のサイズで表示します

勉強のため、よく観たかったが、なかなか来ないので諦めました


クリックすると元のサイズで表示します

深い霧の中へと続く人の列?何処が先頭だかは解らない


クリックすると元のサイズで表示します

変な足場で待たされるのも嫌なので、しばし滝のそばで待機してみたが、あまり変わり映えもしないので諦めてスタート


クリックすると元のサイズで表示します

足元の靄が晴れると、下・・・凄いんですけれど


クリックすると元のサイズで表示します

いやいや・・前も凄いんですけれど


クリックすると元のサイズで表示します

昔ヤマケイさんの「デコデコてっぺん」て漫画で読んだ、まさに富士登山潜入記?です


何が?って、渋滞すると圧倒的に、暇なんですね。

「ねぇ、あとどの位なの?」

「さぁ?俺もよく解んないや」

「あんた何処から来たの?」

「日本だよ」

「イタリアは初めて?」

「いや、毎年来てるかな」

(このドロミテでは、日本人は珍しい。多くはツェルマットかグリンデルくらいにしか居ないから)


とかなんとか・・・やることはせいぜい、杭が来るたび通過でカラビナを掛け替えて行くくらい。

周囲は深い霧で、なんにも見えない。


クリックすると元のサイズで表示します

だから、アトラクション的な吊り橋なんかに、至ろうものなら?


近くに並んでたイタリア兄ちゃんなんか、弾けてガンガン飛び跳ね、吊り橋を揺すってたし。

赤いジャケットの男性は、道具が両の足に絡まって動けず、焦った挙句、一瞬だけど両方のカラビナ外してたし。

それを近くで休んで眺めてたドイツ系の男性陣は、ひっそり顔を見合わせていた。


つまり、みんな、ヒマなんです!


そう、皆が同じケーブルを辿る故、ヴィアフェラータの難点は、追い抜きはもちろん、Uターンが不可能なこと。

迎えの時間が気になる私は、どちらかと言えば戻りたいのだけれど、そうもいかないのです。


クリックすると元のサイズで表示します
 
前に居た男性から「さぁお終いだよ?脱出だ!」と、声を掛けられるが、ケーブルが無くなっただけで、やっぱり霧の中


そのうち小屋が見えてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

ガスが晴れだすと・・・何気にスゴイ景観かも


クリックすると元のサイズで表示します

突然広がる別天地


クリックすると元のサイズで表示します

人気があるのも、頷けるコースです


クリックすると元のサイズで表示します

いやいや、これはもう、登る壁だらけじゃないですか?


クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにコチラ以降は、晴れた翌日に、同コースをクノとお客様が辿った際の、画像です

もう遠くの岩山から近くの壁まで、何処もかしこも岩だらけ?


クリックすると元のサイズで表示します

・・・だけに、下山も半端なく、怖いんですが

(モチロンお客様は、ショートロープで+αの確保付き下山です)


周囲のみんなが装備解いてたので、私も何気に全部外してスッキリしてから下りだしたら、とっても怖かったデスネ。

(単独だから余裕無くって、私の撮った、下山時の画像はアリマセン)


クリックすると元のサイズで表示します

この下山した谷にだって、クライミングルートはあるんです!


ヴィアフェラータには、アトラクション的なものと、こういった本格的な登山仕様まで、様々なコースがありますが、普段から登山をする方には、こういった本格仕様コースがお勧めです。


ただし念のため、下山時も装備は解かないように?

・・・した方が、無難です。




2016/7/2

珍しく  ドロミテ

1st Sellaに出て行ったクノ達とは別で、黒猫ガイドさんと二人、何処か登ろうと出掛けます。


「午後まで持つけど午後は雷雨」という予報の割に、1st Sellaには既にモクモクと雲が湧き・・・


峠でやる気満々で準備するクライマー横目に、揃って慎重派の私たちは、「う〜む・・・辞めときますか?」

と、マルチピッチの岩場のあるFreaに向かう。


やっぱり似た者同士の思考は行動もやっぱり同じらしく、Sella辞めてFrea行って戻ってきたクノの車と行き違う。「濡れてたよ!」


「ムム!じゃ、やっぱりこうなったら、風の抜けるセラpassしかないね」

て、訳で、選択肢ないので、結局は似たような場所で登ることになる。


クリックすると元のサイズで表示します

ま、相手がいるだけメッケモン?


午後にはフランスへロングドライブして帰る黒猫氏を見送り、のんびりしてたら、あっと言う間に凄まじい雷雨が到来。

粘って登っていたクノたちが、ズブ濡れで帰ってきました。


天気予報って、当たるんだなぁ。。。

Sellaの岩峰トップで、これに遭ったら、さぞかし恐ろしいことになっただろう。





2016/7/1

little finger  ドロミテ

本日はちょっぴり寒いけど、安定した天気が期待できたため、超オススメ1Dayコースの、ファイブフィンガーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

サッソルンゴ、中央が五本指のファイブフィンガー


クリックすると元のサイズで表示します

その天を差す小指を登ります


クリックすると元のサイズで表示します

クノ以外で、唯一私の安心して登れるのが


クリックすると元のサイズで表示します

同期生(?)の彼らです


クリックすると元のサイズで表示します

ガバの連続に、みんなでノリノリ♪(約一名を除き)


クリックすると元のサイズで表示します

青空ならもっと最高ではあるけれど、ココはやっぱり、文句なしの「快適!」


クリックすると元のサイズで表示します

&「総合力!」も、きっちり問われる、ドロミテならではのルートです







2016/6/30

岩と雪の上でしか遇わないけれど?  ドロミテ

クリックすると元のサイズで表示します

特に申し合わせたわけでもないのですが


クリックすると元のサイズで表示します

時を同じくしてCanazei・Doromite に集まったメンバーで


クリックすると元のサイズで表示します

1st Sella へ


クリックすると元のサイズで表示します

男塾系ガイド!ランナウトを物ともせず、突っ込みます!


クリックすると元のサイズで表示します

姉さまも、果敢にフォロー


クリックすると元のサイズで表示します

2ルートに分かれて登れば、撮りあいっこもできて便利です


クリックすると元のサイズで表示します

2足の草鞋猫系ガイド・・・まったり(お仕事?)してます



クリックすると元のサイズで表示します

みんなでこれからも、遊べる日が続きますように








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ