く・・・・・・西入かぁ〜〜〜〜っ!!

都営浅草線ユーザーによる私設の管弦楽団、快特印旛日本医大フィルハーモニー管弦楽団です。音楽活動のほか、実用研究、ファミコン大学経営、国鉄愛国党旗揚げなど様々な活動をしている。ホームページのほうもご覧あれ。

 

カレンダー

2005
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

本日の冷やかし度

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

過去ログ

検索



このブログを検索

東京都最新ニュース

朝日新聞ニュース

推薦図書

玄人のひとりごと 南倍南勝負録  ビッグコミックススペシャル


玄人のひとりごと 2 南倍南勝負録 (2)  ビッグコミックススペシャル


玄人のひとりごと 3 南倍南勝負録  ビッグコミックススペシャル


南倍南勝負録 玄人(プロ)のひとりごと 4 (ビッグコミックススペシャル)


南倍南勝負録 玄人(プロ)のひとりごと 5 (ビッグコミックススペシャル)


玄人のひとりごと 6  倍南、ラスベガスへ行くの巻  ビッグコミックススペシャル


南倍南勝負録 玄人(プロ)のひとりごと 9 (ビッグコミックススペシャル)


玄人(プロ)のひとりごと (10)


五月原課長のつぶやき 1 (ビッグコミックススペシャル)


五月原課長のつぶやき 2 (ビッグコミックススペシャル)


五月原課長のつぶやき 3 (ビッグコミックススペシャル)


五月原課長のつぶやき 4


五月原(セクハラ)課長のつぶやき 5 栄枯編 (ビッグコミックススペシャル)


ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

懐かしの急行加賀屋号

☆運行経路

 「急行なつかしの加賀屋号」は実用車庫出発後、途中ダメガヤに停車
して、学長を乗せる。


○浦和美園
 サッカー開催時は、牛と馬しか通らない埼玉アウトバーンを
利用して、独裁者100点のお一人土屋先生の遺作である埼玉高速
鉄道浦和美園駅と、サッカー場周辺を散策。折りしもこの日は
夜に浦和レッズVSバルセロナ戦が開催される日であった。

○岩槻〜
 岩槻から始まり鴻巣まで、計3軒の大きなカーショップを廻り
実用号のワイパーを求めるも珍車ゆえ、在庫がどこにもない。結
局は実用車両センター(ディーラー)に行かねばならないようだ。

○桶川
 昼食は第一おたることおたる寿司桶川店へ。学長は初めてのご
来店となる。平日で時間帯もずれていたためゆっくり食べることが
できた。これでかねてからトラウマになっていたアトムボーイの
思い出を団員一同払拭できたことであろう。

○加賀屋〜峠茶屋
 国道17号線最大の車窓名物。今回も加賀屋の撮影に失敗し
、次回への課題となったが峠茶屋は周辺がグループ企業である
ということが発見できた。

○ダメガヤ到着
 目的地ダメガヤに到着。とりあえず、いまどき珍しい120円を切る
ガソリンスタンドで燃料補給。この後再びお代わりをしにこの場に戻る。

 
○K-mart
前回の運転時に、悲運の閉店という姿で発見された心のふるさと
K-martであるが、激安の古着チェーンが新たに入っていた。店内は
売り場面積が半分になり、残りが作業場になった。衣類は確かに安
いのだが腹の出ている我々に適合するものはなく、早々に退散。
駐車場では運転手さんのご好意で建物をバックに停めてもらい記念
ヘッドマークを取り付け撮影会。ここでも多くのファンが集まった。

○某R大
 R大操車所に実用号を停めしばしの散策。新しくなった運動場や
パドマ【食堂】をガイドさんの説明を元に見学。ずいぶん無駄に進
化したものだ。

○玉打ち
 R大操車所を出庫し次なる目的地ダメガヤ娯楽エリアに向かう。
まずは球友会で玉打ち。久しぶりのせいか、学長はまったく玉が前
に飛ばず。その後は新規に登場していたダーツに挑戦。素人技が
炸裂した。(優勝は社長)
 その後は富士書店、万代書店と回るも最近はファミコンの研究は
あまりやっていないのでいつもより早めに退散。

○貴族の森
 塩ラーメンのスパゲティ屋が定休日なので、第2の定番地サラエボへ。
しかし、名前が「貴族の森」に変わっており一瞬他へ移動しようしたが社長の決断で入ってみることに。冷静に見れば建物は昔と変わっておらず、
単なる改装のようだ。
 メニューはパスタの種類が減っているようだが、9995円の名物珈琲や105円の大盛りも健在でサラエボ時代とは変化がない。ピザを一枚と各自大盛りスパを頼み大満足であった。☆3つ。

○BOOK OFF桶川店
 いつもより早めにダメガヤを出発する。一時はあがっていた
雨が再び強く振り、視界がかなり悪くなってきた。さすがのクリン
ビューもお手上げで、運転手さんの慎重運転が続く。
 車内では加賀屋号の定期運転時に流れていた幻の恥テープが
流され、乗客の笑いを誘う。伝説の焼き芋やとこいやこいやが
腹を痛める。
 しばらく走行の後、こちらも定番の停車場BOOK OFF桶川店で
しばしの休息。しばらく来ない間に本棚が新しくなり漫画の数が
増えたようだ。結局誰も採用がないまま出発をする。その後国道17
号線を離れ、大宮方面を経由して帰る。途中ローソン大宮公園店で
休息をしこれまた土屋先生の遺物の有料道路(150円)を経由する。
このときすっかり今日はサッカー開催日であったことを一同思い出す。
まぁ埼玉アウトバーンが混雑する貴重な姿を見ることができて良し
としますか。

○終着
 行きと同じように、学長をダメでおろし実用車庫へ入庫する。
今回もめまぐるしい街の変化を見ることができ、大きな収穫であったことだろう。また数年後に運転されるなつかしの加賀屋号の運転に期待をし
筆をおきたい。今度こそは塩ラーメンですな。
 



 




 

投稿者:快速特急印日フィルハーモニー管弦楽団
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ