く・・・・・・西入かぁ〜〜〜〜っ!!

都営浅草線ユーザーによる私設の管弦楽団、快特印旛日本医大フィルハーモニー管弦楽団です。音楽活動のほか、実用研究、ファミコン大学経営、国鉄愛国党旗揚げなど様々な活動をしている。ホームページのほうもご覧あれ。

 

カレンダー

2005
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

本日の冷やかし度

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

過去ログ

検索



このブログを検索

東京都最新ニュース

朝日新聞ニュース

推薦図書

玄人のひとりごと 南倍南勝負録  ビッグコミックススペシャル


玄人のひとりごと 2 南倍南勝負録 (2)  ビッグコミックススペシャル


玄人のひとりごと 3 南倍南勝負録  ビッグコミックススペシャル


南倍南勝負録 玄人(プロ)のひとりごと 4 (ビッグコミックススペシャル)


南倍南勝負録 玄人(プロ)のひとりごと 5 (ビッグコミックススペシャル)


玄人のひとりごと 6  倍南、ラスベガスへ行くの巻  ビッグコミックススペシャル


南倍南勝負録 玄人(プロ)のひとりごと 9 (ビッグコミックススペシャル)


玄人(プロ)のひとりごと (10)


五月原課長のつぶやき 1 (ビッグコミックススペシャル)


五月原課長のつぶやき 2 (ビッグコミックススペシャル)


五月原課長のつぶやき 3 (ビッグコミックススペシャル)


五月原課長のつぶやき 4


五月原(セクハラ)課長のつぶやき 5 栄枯編 (ビッグコミックススペシャル)


ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

つくばエクスプレス 駅前探検の旅 第2回北千住南口

 足立区で一番乗降客が見込まれる
北千住駅。JR、地下鉄、東武、つくば
の4線が乗り入れますますの混雑が
予想される。
 今回のつくば開業を期に、南口に新しい
乗り換え口が新設され乗降客の分散化
が図られた。第2回はこの新南口を見てみ
よう。

クリックすると元のサイズで表示します

 東武側からつくば口の改札を望む。
左はJRで、思ったよりも広い空間
が広がる。千代田線以外はスムーズ
な乗り換えが期待できる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 東武の改札口。流山おおたかの森
にもあったが見慣れぬタッチパネルの
券売機と、この列車案内。

クリックすると元のサイズで表示します

北千住の謎のスペース。
どこの会社に割り振られているのかは
分からないが、何らかの出店が予想される。

投稿者:学長

つくばエクスプレス駅前探検シリーズ(1)かしわオオタカの森

 8月24日、茨城・千葉と東京を結ぶ新た
な鉄道つくばエクスプレスが開通した。
とりあえずあまり恩恵は受けないが、
沿線の駅の一部を紹介してみよう。

 第一回は、柏オオタカの森駅で、
つくばエクスプレスと東武野田線が
交わるところである。野田線も開通
を期に豊四季〜初石の間に新たに駅
舎を新築し、同時開業とした。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは駅舎内にある横断幕。
地元民らしき方も写真を撮っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

つくばエクスプレスの改札。夕方にも
かかわらず試乗の人で混雑中。

クリックすると元のサイズで表示します
はたらく車の新シリーズ。
移動交番車ナリ。

クリックすると元のサイズで表示します
西口からつくばの駅舎を望む。
広場を整備してから開通したほうがよかった
と思うのだが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

コンビにはおろか、建物すらない。
なんだか昔のお台場を思い出す。

クリックすると元のサイズで表示します

西口から東武、つくばの両駅舎を望む。
とりあえず駅前広場の整備が急務かな。

クリックすると元のサイズで表示します

東口から東武の駅舎を望む。
こちらはやや駅前ロータリーが整備され
バスが数本来るが、建物は何もない。

クリックすると元のサイズで表示します

車で見にくる地元民もちらほらと。

クリックすると元のサイズで表示します
はるかかなたの建物がおおたか病院。
しかし駅から行くには遠すぎる。

クリックすると元のサイズで表示します
一応マンション、住宅建設予定地とな
っているがいつできるやら・・・。

<まとめ>
とりあえずテレビもねぇ、ラジオもねぇ
じゃないけど駅前に建物一つない。まぁ
これからおいおいという感じだが、少し
開業を前倒しした感じがある。今後の発展
に期待するとともに、何もないおおたかの森を
記録するのはいまのうちに。


投稿者:学長

宮城県南部沖地震

 今回遠征の往路で、学長は南福島、茂田
井氏とYRP氏は富岡周辺で遭遇した宮城県
南部沖地震。幸いにも全員が無事合流で
きたわけだが、これもまたよき思い出と
して残すために資料を残しておきたい。



【参考資料】

○宮城県南部沖地震(リンク切れの際はご了承ください)

河北新報
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe172/index.htm

朝日新聞
http://www2.asahi.com/special/050816/

共同通信社
http://topics.kyodo.co.jp/miyagi/


※要旨

(1)地震発生
 午前11時46分ころ発生。震源地は、宮城県
沖(北緯38.1度、東経142.4度、牡鹿半
島の東80km付近)で、震源の深さは約20k
m、地震の規模(マグニチュード)は6.8と推定。

(2)交通機関
 地震発生から、宮城県内JRは21時ごろまでほぼ
全滅。代行バスは一切でず。仙山線、東北本線(仙台
〜利府)は19:00前に復旧。東北新幹線は架線切断
のため、復旧は深夜になった。
 

(3)携帯電話
 地震発生から通話制限がされ、かかりにくい状態
が続いた。各社の制限度数は以下の通り。

ドコモ・・・最大約90%
 KDDI・・・最大80%
ボーダフォン・・・最大50%

いずれも東北地方。

 
<集合の流れ>

●学長
 乗っていた電車が南福島までは到達できたが、
復旧の見込みがないことから福島駅まで旧4号線
を歩く。福島駅に着いても、状況は変わらず併走
する高速バスで16:30に仙台市内入り。
 その後21:30まで時間をつぶし、仙石線つつじ
ヶ丘駅で合流。

●茂田井・YRP
 スーパーひたちは原ノ町で運転打切り。その後
後続の普通列車に乗り換え仙台を目指すも、山下
駅から先がまったく動かない。運転再開を待つも
メドがたたないゆえ、仙台の巨匠に山下まで迎え
に来てもらう。

●仙台の巨匠
 当初は電車での出勤を予定していたが、偶然にも
車で出勤することになり、これが大きな明暗を分けた。
もし予定通り出勤していたならば、茂田井・YRP氏との
合流は午前様だったかもしれない・・・。

 
投稿者:学長
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ