2009/3/31


おおよそ20日振り、ホームコースでの朝ラン春爛漫!
桜に菜の花、芝桜にユキヤナギ…
ピンクに黄色に紫、白…
色鮮やかな河川敷
暖房器具などのない“いにしえのひと”は、寒く厳しい冬を乗り越えたあとの、色とりどりの景色を見て何を思ったのか?
感激極まりなかったことだろう
な〜んてことを、思いながら春風に包まれながらの60分ジョグ

60分ジョグ
広瀬川河川敷コースロング3周+α(約12.1km) 59分47秒
周回コースまでの500m:2分39秒(5分18秒/km)
1周目:17分11秒(4分59秒/km)
2周目:16分57秒(4分55秒/km)
3周目:16分53秒(4分54秒/km)
周回コースからの500m+西部公園トリムコース400m×2周:6分08秒(4分43秒/km)

◇◆◇ 3月の累計走行距離 100.0km ◇◆◇
0

2009/3/30

定額給付金  トレーニング日誌

大阪より早朝の4時に帰宅しました。
朝ランなど荷物が多くなるので“ひらりん@夫人”とふたりで自家用車で行きました。
金曜日の午後に出て、大阪の1時間手前で風呂のある多賀SAで休憩、翌日(週末割引適応初日)に茨木ICから流出
ところでオイラのクルマは小型貨物(4ナンバー)、高速道路会社の区分では「普通車」に属するんですが、当日のラジオからは、「今日から“乗用車”の休日割引が適応になりました…」を連呼
あれ? もしかしてこのクルマって対象外?
別に、たまたま出張の日が、適応初日の土日になっただけで、別に安くならんでも… と半ば負け惜しみ気味に流出
結果は、駒形インターから流入して上信越、長野、中央、名神と約500km走って1,550円!
たまたまタイミングがあっただけとは言え、やっぱ嬉しい!

でも、環境も考慮しながら地域経済活性化を狙うのであれば、新幹線などの陸上長距離交通機関を安くするとか、たまに乗る乗用車ではなく、物流を担っている貨物車・大型乗用車の通行料金を安くしたほうが、巡り巡って地方の経済の活性化に繋がるような気がするのですが…?


さて、定額給付金の知らせが来ました。
皆さんは何に使うのでしょう?

もしこれを見ている方がいたら、少額でも構いません、是非totoを購入しましょう!
totoオフィシャルページ⇒http://www.toto-dream.com/

totoの正式名称は「スポーツ振興くじ」、全国の総合型地域スポーツクラブの活動支援のほか、校庭の芝生化、トップアスリートの競技力向上などを助成しています。
totoスポーツ振興助成⇒http://www.naash.go.jp/sinko/index.html

皆さんが金メダリストを育てるとともに、もしかしたら6億円当たるかも…

ちなみにオイラは、スポーツ振興と農業振興に使うつもりです。
農業振興って…
直売所で食材買うしか思いつかない…
0

2009/3/29

ランニング学会大会2日目  トレーニング日誌

クリックすると元のサイズで表示します2日目はモーニングランで始まり
公の懇親会、その後の私的な懇親会…
寝不足、朝ラン、難しい話、パワーポイント…
睡魔の条件が出揃う…

後のことはどうあれ、久しぶりの朝ランに興ずる
ひとりで走るのもいいけれど、こうして多くのひとと走るのも格別
まさに「友情なくして、ランニングなし!」

大阪の川沿いを約8kmのジョギング
ポラールの時計によると、8.4km走行

さて学会大会は一般発表に始まり、各種講演
約4年前、カヌーコーチの講習会で都合により受講できなかった、東京大学の八田先生の講演「疲労物質ではない乳酸からみたランニング」も
当時の講演資料、先生の書籍では、いまひとつ分からなかったことがクリアになりました。
だからって、ひとには説明できないけど…
ここでも、やはりLTレベルの向上トレーニングも然ることながら、最大レベルの向上トレーニングの可能性を示唆

このような科学的な話になると、ランニング学会なのに、市民ランナーのコーチングスタッフとしてではなく、カヌーのコーチングスタッフとして耳が傾いてました。

午後は、市民公開シンポジウム
鏑木氏によるトレイルランニングの話、ランニングイベントの話、アミノバリューランニングクラブの話…
共通しているのは、急増する市民ランナーとしてのマナーアップなのかな?

例えばトレイルランニング、登山道の崩壊や他の入山者への配慮が問題に
でも、それはトレイルランに限ったことではない筈
ここ数年のハイキングブームによりマナーの悪いひとは数知れず…
1年365日のうちのたった1日、参加者1,000人前後のイベントにいちいち目くじらたてるのもどうかと…
むしろトレイルランのイベントを活用して、マナーアップを啓蒙してはどうでしょう。
トレイルランナーが入山者の鏡となるような活動ができれば、入山者全体のマナーアップに繋がるのでは?
運営側はたいへんでしょうが、そんな活動を望みますし、可能な限りは応援したいと思います。

同時に市民ランナーのマナーアップも問題になることでしょう。
特に全国所帯の「アミノバリューランニングクラブ」、目立つなってったって充分目立ってます!
せっかくの大所帯、なにかムーブメントを起こせないでしょうか?
例えば…
マラソン大会でいつも気になるのが、給水の使い捨てカップ
かと言って、リユースにもできないだろうし、マイカップ持って走るのも…
何かいいアイディアないですかね。
まぁ、給水カップは無理としても、多くの大会でゴール後に振舞われる「汁物」の類
これをいただくための“マイ器”なんてどうでしょう。
“アミノバリュー”と“ランニング学会”のロゴ入れて…

ひとを原始にいざなうランニング、こんな時代だからこそ、一過性のブームとすることなく、多くのひとが生涯スポーツとして気持よく楽しめる環境を望みます。

◇◆◇ 3月の累計走行距離 87.9km ◇◆◇


0

2009/3/28

ランニング学会大会1日目  トレーニング日誌

第21回ランニング学会大会に参加しました。
会場は大阪学院大学
今回のテーマは「ランニングにおける経験と科学の融合」
1日目の多くが、ランニングのフォームに関するレポート
いかに同じエネルギーで一歩を1cmでも大きくするか
そのためのプラオメトリックスの可能性や、走技術…
LTレベルの向上トレーニング偏重から、最大レベルの向上トレーニングの導入…
なんか聞いたことがあるような…
そう! 昨年の「リディアードトレーニング」そのもの!
まさに経験と科学の融合?

クリックすると元のサイズで表示します海外招待講演は、ランニングを専門とするスポーツライターのマイケル・サンドロック氏
過去の世界トップランナーのトレーニング方法や取組む態度を講演
印象的だったのは、ロバート・ド・キャステラ氏の言葉「練習はキツクしていくのではなく、洗練されたものにしていく」

ところで、マラソンはなぜ42.195kmになったか?
1904年(?)のオリンピックで、当時の英女王がゴールを城の前で見たいと言ったことからゴール地点を変更したとのこと…

懇親会での彼の言葉「友情なくして、ランニングなし!」に感動

クリックすると元のサイズで表示しますまた、懇親会には、翌日講演するトレールランナー鏑木毅さんも登場
同じ群馬県なのに、大阪でやっと交流を持つことができました。

0

2009/3/25

酷い筋肉痛  トレーニング日誌

土曜日のボウシングエクササイズ、日曜日の強化練習陸トレで、腹筋〜大胸筋周辺が未だ酷い筋肉痛…
しかも、荒川マラソンで作った右足のマメが破れて、さらにヒビ割れのキズとなり、ここ数日は足を着くだけで走る激痛
やっとキズは落ち着き、なんとか走れるように

夕方のクラブ練の時間は小雨模様
でも誰か来るかも…
10分待っても誰も来ない…
せっかく来たことだし、少し走っておく
カラダが揺れると、大胸筋の筋肉痛がぁ!

5kmジョグ
西部公園・うぬき橋往復コース4周(約4.8km) 27分35秒(5分42秒/km)

◇◆◇ 3月の累計走行距離 79.5km ◇◆◇


0

2009/3/22

突風の中での強化練  トレーニング日誌

月一恒例、カヌーワイルドウォーター強化練習会
会場は幸手市行幸湖
本日の予定は
午前
@ランニング
A60分ロング漕
午後
Bインターバル漕[(急漕200m+緩漕100m)×8]×3セット
Cランニング

がッ!
60分ロング漕を始めて間もなく、強風では済まされない突風が吹き荒れる
水面は大きくうねり、白波が立つ
パワーのない子は、風に対して艇が横を向いたまま、風圧で縦に向けることができない
ってことは横から波を受けるわけで…
案の定、“沈”
このような状態で、続けられるわけもなく、乗艇トレーニングは中止し、午後は陸上トレーニングに変更

メニューは
@インターバル走[(急走300m+緩走200)×8]×2セット
A補強トレーニング(各24回×4セット)
V字腹筋
スクワット(イス立ち座り)
腕立て伏せ(足をイスに乗せて)
背筋(捻り系)
パドルプルアップ

オイラももちろん参戦!
インターバルは300m往って、100m進んで折り返し(200m緩走)、300mを逆に… の繰り返し
当然向い風(奇数回)、追い風(偶数回)の繰り返し
ちなみにタイムは
 1セット目    2セット目
1本目 60秒    66秒   
2本目 58秒    61秒   
3本目 67秒    65秒
4本目 60秒    61秒
5本目 74秒    69秒
6本目 62秒    63秒
7本目 71秒    71秒
8本目 62秒    60秒
向い風がボディーブローのようにジワジワと効き、ボロボロな結果

補強トレーニングも
V字腹筋は4セット目の20回でワークアウト
腕立ては3セット目でワークアウト…
体力激落ち…

あッ、あまり笑わせないで、腹筋が攣る〜


ところで東京マラソン、この風じゃぁ大変だぁ〜
0

2009/3/21

ハードな一日  トレーニング日誌

前日は懇親会で“お開き”の筈が…
伊勢崎に戻ってから、個人的な仲間内で第4部?!
懇親会で“お開き”と思っていたから序盤からBeerのみながらハイペース
さらに4部、3人で焼酎ボトルを2本空け…

そして本日午前中、初心者ランニング教室、視神経を通じて脳に刺激が強すぎるほど青空が眩しい…
午後は長瀞、カヤック3艇を譲って下さる方が居られて、引き取りに
譲っていただいたMさん、本当に有難うございました
いつか、この艇で始めた人がオリンピック選手にでもなったら嬉しいですね
これでクラブ艇も8艇揃い、来年度のカヌークラブ立上げに更に一歩前進!
あとは、会員を集めなきゃ…

長瀞では、久々(数か月〜数年振り)に見る顔、顔、顔…
思わず弾む会話、イカンいかん、次があるから早く帰らねば…

交通ルールを厳守しながら(?)もスっ飛んで帰宅
夜は恒例になりつつある、ボクシングエクササイズ
オイラは眠い目こすりながらも3回目の参加、おッ! 我ながらサマになってるやん!?
ってか、自分で格好いいと思ってればシアワセ!
約1時間半のレッスン
にしても、普段使わない筋肉を酷使する訳で…
翌日が心配…
0

2009/3/20

市民ランナーの祖、山西教授最終講義  トレーニング日誌

クリックすると元のサイズで表示しますMy、いやOur師匠、群馬大学の山西哲郎教授が退官を迎え、本日市民公開最終講義を行いました。
200万年前に始まったとさてる二足歩行、いや二足走行、手が自由に! 遠くを見渡せることから脳が発達!
「走ること」は200万年前に戻って再び進化すること!(のようなことを言っていたような…)
「“速く走ること”は垂直思考、“ゆっくり走る”ことは水平思考、いろいろなモノが見えてくる」
「“走ること”は“鍛える”から“癒す”に…」
「なぜ走るのか?」「希望があるから走る」なるほど! なるほど!
ここには書ききれないほどの「哲学」な言葉の連続、悲しいかなオイラの文章力では表現できない… スゴい共感するんだけど、表現ができない。
「走ること」を表現する“言語”がまだ身に付いていないんですね。

後半は実技、もちろん!裸足ラン! 参加者全員“荒巻原人”
そして山西先生発案(?)の“癒しのみち”、市民ランナーをはじめ、数百人が約1.7kmのコースをランニング! 圧巻です。
改めて、山西先生の人気、人望が窺えました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますそしてお楽しみの懇親会
山西先生、本当に有難うございました。先生に出会えたお陰で、何とか生き延びられました。(冗談抜きで!)
懇親会でも先生を“かけはし”に、いろいろな方と交流を持てました。
先生が三途の川を走って渡るまでに、少しでも成長し、立派な山西チルドレンとして、ヤマニシズムを伝承すべく、「ランニング言語」を磨いて行きたいと思います。
“親の心、子知らず”今後とも、いろいろご協力願うとは思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

0

2009/3/16

春の訪れ  トレーニング日誌

フルマラソンの翌日は、お出かけ日和のポカポカ陽気
でも悲しいかな年度末、来年度に向けての準備におおわらわ
筋肉痛にも負けずに、あっちこっちチャリで駆けずり廻る
そんな中、ふと見つけた「春の訪れ」
伊勢崎西部公園のハナモモ(左)と、ハクモクレン(右)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
春だなぁ〜
もう10日もすれば、桜も咲き出す?!
0

2009/3/15

東京・荒川マラソン  2008-2009マラソン大会参戦記

クリックすると元のサイズで表示します練習不足ゆえ、今回の目標は3時間10分、但し後半ペースダウンしないこと
40km持久走の感覚
どうせなら、色々と実験
@実験1 ぷちカーボローディング
  1週間前から米を減らして野菜を多く、3日前から米主体
A実験2 メロンパン作戦
  後半の空腹を防ぐため、4時間前に朝食、軽くともカロリーの高い優れものメロンパンを2時間後に食す
気象コンディションは良好、“アミノバリューランニングクラブ”のコーチングスタッフTシャツで走る

号砲‐スタート37秒
スタートラインを切っても、渋滞で目標ペースに持ってゆけず
5km:23分44秒(23分07秒:4分37秒)
でも焦らず慌てず
背中に追い風を感じるものの、ペースを維持
10km:45分58秒(22分14秒:4分27秒)
順調にペースを刻む
15km:1時間8分17秒(22分20秒:4分28秒)
20km:1時間30分35秒(22分18秒:4分28秒)
案の定、折り返しを過ぎると向い風
その中でもペースを維持
25km:1時間52分50秒(22分15秒:4分27秒)
このままペースを維持して35kmまでは行こう
30km:2時間15分11秒(22分21秒:4分28秒)
35km:2時間37分07秒(21分56秒:4分23秒)
向い風でお腹が冷え、トイレをもよおす
でも40kmまではスプリットを計測したい
メロンパン作戦、空腹感を防ぐ意味では成功するも、タイミング的に課題を残す
40km:2時間59分02秒(21分55秒:4分23秒)
40km過ぎ、トイレは治まりラストスパート!
がっ、いきなりハムストリングのが痙攣を起こす
騙し騙しながらもゴール
ゴール:3時間08分45秒(9分43秒:4分25秒)
結果、自己ベストに次ぐタイム

走っていると「アミノ頑張れ〜!」の声援が!
えっオイラに!?
これはヘタな走りはできない… おかげで当初の目標を達成
ご声援いただいた皆さん、有難うございました


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ