2013/3/24

ランニング学会大会二日目  トレーニング日誌

ランニング学会大会二日目はポスター発表から
エネルギー摂取量の不足を伴う運動は骨の脆弱化を招く、マラソン記録と12分間走テスト距離の相関、ローカルなマラソン大会を成功させるには… などに関心を持ちました

本日は2つのシンポジウム
まずは「競技としてのランニングへの取組」として高強度トレーニングの意義を問う内容
強度により区分けし、世界のランナーと日本人ランナーの比較
女子実業団の現場での報告がなされました

目標のレースペース以上の高強度のトレーニングをどの位の量、頻度で、どのタイミングで実施するのか…
もとより、未だにその区分けの定義の統一見解がなく、ランニング学会として、将来のトレーニング立案のためにも統一することに意義があるという提言(?)がなされました
ここでは詳しく記載しませんが、生涯スポーツとしてランニングをサポートしている身よりも、むしろトップアスリート育成を視野に入れたカヤックのトレーニングにおいて大変参考になる内容でした
しかもシンポジウム後のランチョンセミナーにおいては心拍計活用術
確かに、平地のトラックを周回するわけではなく、外的要因がペースに与える影響が多いアウトドアスポーツにおいて、これらの機器はトレーニングするうえで有効ですね
ほんと、現役時代にこれらの知識、テクノロジーに出会っていれば… と悔やまれます
まッ、しょうがないですね

キーノートレクチャーは「脂質異常症予防のための運動、生活活動を科学する」
エクササイズガイド2006が普及していない現状において、もっと日常の生活活動を重要視し食後の血中脂肪を下る効果を検討した結果が報告されました
筋肉量増による基礎代謝量増はそれほど期待できないなど、一見ショックな報告もありましたが、週末に15分程の活動をすることで、その後の血中脂肪が下がる報告など、まだまだ検証は必要ですが身体活動の実践において自由度が拡がった内容でした

クリックすると元のサイズで表示しますそして今大会最後のプログラム、シンポジウム「ランニングとの再開、そして生涯ランニングへ」
シンポジストのおひとり、深尾真美さんです
小学生から競技をはじめ、周囲の期待と自身のギャップに違和感を感じながらの競技生活
そして競技への未練を未だに持ち続けている深尾さん
色々と思うこともあるようで…
でも未だに走り続けていますね
「身体の衰えとともに、心も頑張り切れなくなる 身体はうまく出来ていることを知った」「走ることが手段ではなく、走る事自体が楽しい、気持ちいい」「走れることのありがたさに喜びを感じる」など、重く感動のある言葉をいただきました
高崎にご親戚が居られるとのいことで、よく群馬にも来ています
また、ボクの実家近くで開催されている「館山若潮マラソン」にも毎年のように参加しています
なんか勝手ながら親近感を得ることができました
大学や病院に所属している訳でもなく、いちランニング愛好者の分際でも会員として扱っていただけるランニング学会
今年も、多くの出会いがありました
知識との出会いも大切ですが、地域スポーツを盛り上げて行く身として、この人との出会いこそがクラブをサポートするうえで大切なのではないかと改めて感じた二日間でした

0

2013/3/23

ランニング学会大会初日  トレーニング日誌

第25回ランニング学会大会に参加しました
今回のテーマは「生涯スポーツとしてのランニング」

2日間の大会のテーマとなる基調講演は「ジュニアからシニア、そしてグランドシニアへ」
ジュニアのランニングにおいて、いかにして「ドキドキ、わくわく」を伝えるのか事例を交えた貴重なヒントをいただきました
一方グランドシニアにおいて、何から始めるか? という切り口から大きく2つのアイディアをいただきました
ひとつは「立つことから始めてみる」
発表者のお知合いの方で、そのようか方が居たそうです
その方曰く「パンツが履けなくなったらおしまいだよ」
寝たきりになることなく、ある朝そっと亡くなったそうです
立つだけでも意味があり、アクティブなライフスタイルを始めるのに決して遅いということはないということが伝わってくるエピソードです
ふたつめは「ウォークブレイク」という概念
ランニング中、積極的に歩こう! というものです
それにより、もっと長い時間身体を動かすことが出来、持久力向上、タイム向上、オーバートレーニング防止につながるというものです

ポスター発表では、ボク自身が最近ランニングのサポートをする際、ピッチと接地時間をテーマにしているので、接地時間、シューズの影響、ピッチとストライドによる報告に関心を持ちました
その他、マラソンレースから%VO2maxを予測してトレーニングに活かす報告、早朝絶食状態でのトレーニング効果、ウォーミングアップ強度の検討、走・跳・投補運動が認知仮題に及ぼす違いなど、現場で活かせる内容でした

クリックすると元のサイズで表示します午後は招待講演、あの野口みずき選手を育てた藤田監督です
2004年のアテネを焦点に逆算して、参加する大会を選んだ話、今シーズンの国内マラソン大会の感想、日本人ランナーが世界で戦って行けるのか、マラソンに適した性格(?)などインタビュー形式で語っていただきました
中でも「目標を達成するためにやらなければならないことはやる やれる身体をつくる」という言葉が印象的でした
今の実業団選手を見ていると、質、量ともに低下しているように感じるとか…
マラソンをやると決めたらマラソンの練習をする それに耐えられる身体をつくる
野口選手はウェイトトレーニングで有名ですが、補強により頑丈な身体を創ることで、故障が予防できるという理にかなった考え方に基づいていると感じました

パネルディスカッションは義務教育期のランニングについてです
持久走に対する好意的態度は、小学校6年生位から減退、特に苦手な子は顕著です
現状での学校教育の場におけるランニングはいい状態とは言えない(=不人気な運動)ようです
でも、義務教育での体育の授業が改善しなければ、今のランニングブームは一過性に終わってしまう危機感があります
そこで、まず現状の問題点を明らかするとともに、成功事例が発表されました
問題点の中で印象に残ったのが「持久走」と「長距離走」の違い、成功事例では自分のペースで走ることを中心にした指導、それを可能とするアイディアを伝えていただきました
6年生から好意的態度が減少すると前述しましたが、一方では4年生位までは好意的態度が大半を占めていました
では、その好意的態度をいかにして維持するのか、フロアを交えてのディスカッション
地域として、親子で考えを共有する、もっと大人がランニングを楽しむ姿を見せ、家族ぐるみ・地域ぐるみでランニングを好きな子を育てるなどの意見が出されました
小学生対象のかけっこ塾を開催している身にとって、現状の問題点を知れたことは大きな収穫でした
同時に、では地域のスポーツクラブとして何ができるのか、重たい課題をいただきました

初日最後のプログラムは「ファンラン」
@アスリートと走ろう A子供と走るには B皆で楽しく走ろう C心拍計体験ラン
の4グループに分かれて開催
ボクは身の程知らずにも“アスリートと走ろう”に参加
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
元オリンピック代表大崎さんと元世界選手権代表早田さん
東京学芸大学キャンパスの桜並木をくぐりながらグランドへ移動
股関節周りのストレッチを重点的に行い、リズムを合わせてペース走(?)
4分/kmグループと4分30秒/kmグループ
故障中でほぼ2か月走っていない身にはハードです
しかも自身のピッチより遅いし…
でも何とか最後までついてきましたョ
で、初日のプログラムは終了
お楽しみ懇親会へ…
0

2013/3/20

ソメイヨシノも今にも…  トレーニング日誌

今日は午前中、「ふれあいスポーツプラザ」にて体力測定の補助
道中の波志江沼環境ふれあい公園のソメイヨシノ、今にも咲きそうです
クリックすると元のサイズで表示します
西部公園、ラブリバー親水公園の早咲きの桜も満開!
ユキヤナギも咲き出して… この分だと4月14日(日)のエコマラニックのキャッチコピーは“花いっぱい”ではなく“新緑眩しい”かな…?

久々に朝トレしたので、お昼はガツンと定食を切望
以前から気になっていた「早起食堂」デビュー
ミックスフライ定食、このボリュームで750円、メインのアジ、イカのフライもさることながら、お新香、小鉢が美味しい!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
殆んど外食しない身で無責任な発言ですが、こういうお店がいつまでも続いて欲しいものです
またひとつ、まちなかの魅力を発見しました!


今朝のトレーニングメニュー
 ・ストレッチポール ベーシック7
 ・体幹の安定性を高めるトレーニング(2種目 各10回×1)
 ・体幹を安定させながら下肢に動きを伝えるトレーニング(5種目 各10回×1)

 ・ウェイトトレーニング
   左肩リハビリトレーニング(2.5kg) 2種目各12回
   腹筋 腹直筋、腹斜筋 各12回×5セット
   スクワット(31.0kg) 12×5セット
0

2013/3/18


予報に反して、心地良い天気
年度末、休日返上で仕事の予定も、相方がサイクリングに行くと言うので、ちょっと午前中だけ便乗!

島村周回コース
今日の相棒はオーストリッチ+リクセンカウルのフロントバッグの使い勝手確認のためフォールディングバイク
写真左は、境島村利根川水辺プラザ公園の河津桜(かな?)
中央と右は、いせさき市民のもり公園の河津桜、まさに満開!
平日と言うのに、多くの人で賑わっていました
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ちなみに明日はここではつらつ健康教室地域開催グループの教室
これから、嵐になるとか…
花散らしの嵐にならないことを期待

で、心癒されたところで、午後から仕事
ようやく、今ひと段落 ふぅ〜


本日の走行距離 約44km
0

2013/3/14

懐かしぃ〜  トレーニング日誌

今日はクラブの法人化に伴い、電子入札新規登録やら金融口座開設に奔走
銀行、法務局、郵便局、市役所…

で、行先で懐かしぃ〜書籍発見!
なんと1989年の自転車最新アルバム
もちろん、もはや最新ではありません…
表紙をめくると最初の特集が、「ハワイアイアンマンレース」
当時憧れの日本のトライアスリートの草分け(?)、中山俊之選手も健在
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

さらにページを進めると、クロモリフレームがメインの中に、チラホラと新素材アルミフレームが誇らしげ
でも、MTBにしろ、フレームはみ〜んなホリゾンタル
ボクが当時乗っていた、片倉シルクのランドナーも掲載

もっとゆっくり浸っていたかったのですが、次から次へと忙しない一日
残念ながらざッと目を通しただけでタイムオーバー
今度行くときは、ゆっくりと向き合いたいものです
好きな人には、プレミアもの!
ちなみに、置いてあるのは中央郵便局の図書コーナーです


今朝のトレーニングメニュー
 ・ストレッチポール ベーシック7
 ・体幹の安定性を高めるトレーニング(2種目 各10回×1)
 ・体幹を安定させながら下肢に動きを伝えるトレーニング(5種目 各10回×1)

 ・ウェイトトレーニング
   左肩リハビリトレーニング(2.5kg) 2種目各12回
   腹筋 腹直筋、腹斜筋 各12回×5セット
   スクワット(28.5kg) 12×5セット
0

2013/3/13


身体はHOTでも爪先冷え冷えの今朝のバイク錬、から一転して日中は初夏の陽射しの一日でした
季節は確実に進んでますね

さて、今朝のラジオでコメンテーターが言っていた、食料自給率の基準を「カロリーベース」から「生産高」ベースに変えてくと言う話
筋肉自給率、人力エネルギー自給率の向上を心掛ける一般人として無責任な裏付けなしの所見を申し上げます

まず前者の問題点、野菜とかカロリーの少ない農産物の自給率が高くても反映されないとか、家畜の飼料の自給率が反映されてしまうとか、ひとり当たりの摂取カロリーが一日2,500kcalであるとか、花卉の栽培は農産物として扱われないとか…

言われてみると確かに乱暴な気がします
でも、家畜の飼料の自給率の考え方は残してほしい気もします
いくら○橋産の豚肉、国産牛肉たって飼料が… じゃねぇ〜
多少高くても地のモノを飼料として育った地の畜産物を食したいものです
さらにひとり当たりの一日の摂取カロリーですが、そんなに摂取してないですョね
実はこれ、廃棄されている食材、ひとり当たり一日約700kcal分が上乗せされてるとか…
ラジオではさらっと流されちゃったけど、この数字こそが大問題じゃね?
花卉の生産高が農産物として反映されていないというのは、もともと食料ではないのでそもそも自給率という指標のうえで同じ土俵にあげるのは如何なものかと…

ま、それはさておき、恐らくウチのカロリーベースの食糧自給率は高いと思われます

次いで後者の問題点、「生産高」と「ヒトが食する」とはそもそもイコールじゃないでしょ!?
ってか、やっぱ輸入飼料により生産された国内の畜産物をあたかも自給率が高いように言って欲しくはない…
「生産高」が高くなればいいのか…?
これじゃ農業従事者(敢えて農家と言わず…)は、儲かる生産に集約され、行過ぎた果てには、庶民の日常の食糧の供給に不安を感じるようになるどではないかと危惧します

なんとか、この辺の折り合いを付けた指標がないものかと…
万物再生を感じた春、そんなことを考えた一日でした


今朝のトレーニングメニュー
 ・バイク練
   広瀬川サイクリングロード
    西部公園〜島村〜西部公園(約26.3km) 
    55分46秒(28.4km/h)
0

2013/3/12

桜、咲き始めました  トレーニング日誌

今日の午前は「はつらつ健康教室地域開催」、市民のもり公園です
公園名物河津桜、咲き始めました
4回目の教室、今日のウォーク&ジョグは、咲き始めた桜並木を縫うアップダウン
この教室を機に、そして春の訪れとともに、徐々に人力移動にシフトした皆さん
上り坂も下り坂も難なくこなしました
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、その前には、最低限の補強トレーニング


今朝のトレーニングメニュー
 ・ストレッチポール ベーシック7
 ・体幹の安定性を高めるトレーニング(2種目 各10回×1)
 ・体幹を安定させながら下肢に動きを伝えるトレーニング(5種目 各10回×1)

 ・ウェイトトレーニング
   左肩リハビリトレーニング(2.5kg) 2種目各12回
   腹筋 腹直筋、腹斜筋 各12回×5セット
   スクワット(28.5kg) 12回×5セット
0

2013/3/8

朝バイク  トレーニング日誌

クリックすると元のサイズで表示します今日は、朝から暖かでしたね
こうなればローラーは卒業です
久々の朝バイク、まずは控えめに島村往復
やっぱ風を切って走るのは気持ちいい!
控えめな割に、途中で脚攣ったりして…
西部公園からの帰り道、ウチの近くの公園のハクモクレンの蕾、今にも破裂しそう(?)です
このまま、本格的に春が訪れて欲しいものですが…


今朝のトレーニングメニュー
 ・バイク練
   広瀬川サイクリングロード
    西部公園〜島村〜西部公園(約25.9km) 
    54分19秒(28.6km/h)

0

2013/3/7

国内最大級!  トレーニング日誌

クリックすると元のサイズで表示します今日の午後は、市委託事業、5月に開催される“はつらつウォーク”のコース素案作成
当初、健康管理センター発着で周辺の史跡をと計画していたものの、予想される参加人数と道路環境から断念、関係者で知恵を絞りに絞りコースを再度設定
ウォーク開催当日に開催中の“花と緑のぐんまづくり2013in伊勢崎”に便乗
波志江沼から、石山観音を訪れるコースです
奈良時代に開山され、後に市重要文化財に指定された鰐口です
急ごしらえのコースとしは、なかなか見応えのある行程です

さて、今朝のトレーニング相変わらず、でも各所の痛みが増すわけではなく、多分順調に快方に向かっているのでしょう…


今朝のトレーニングメニュー
 ・ストレッチポール ベーシック7
 ・体幹の安定性を高めるトレーニング(2種目 各10回×1)
 ・体幹を安定させながら下肢に動きを伝えるトレーニング(5種目 各10回×1)

 ・ウェイトトレーニング
   左肩リハビリトレーニング(2.5kg) 2種目各12回
   腹筋 腹直筋、腹斜筋 各12回×5セット
   スクワット(28.5kg) 12×4セット
0

2013/3/6

春の足音  トレーニング日誌

クリックすると元のサイズで表示します水曜日午前中は“カラダいきいき塾”、第一、第三週は、ノルディックウォーキング
西部公園界隈には春の足音が聞こえ始めています
西部うぬき橋から広瀬川を覗くと、大きな鯉が恋の季節を迎えています(?)
紅梅は満開状態!
モクレンも今にも咲き出す勢い!

ボクもその勢いに便乗したいのですが…
まッ、ボチボチ行きましょう
今朝のメインはバイク錬
今までよりも10分延長、40分ローラー踏んでみました
早速内腿が筋肉痛です…


今朝のトレーニングメニュー
 ・体幹の安定性を高めるトレーニング(2種目 各10回×1)

 ・バイク錬
   ローラー40分 (負荷+2、50T×19T)

 ・ストレッチポール ベーシック7
 ・体幹を安定させながら下肢に動きを伝えるトレーニング(5種目 各10回×1)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ